ナルト ハサミ。 よ~いドン!となり人間国宝さん 兵庫県宝塚市 中山寺駅 切れ味抜群高級ハサミ&最強チャンバラ家族

がっちりマンデー!ナルトシザーを紹介!ヘアスタイリスト憧れのハサミ界のベンツ!

ナルト ハサミ

値段は数千円で買えるものから1本数十万円もの価格がつくものまで、幅広い種類があります。 どんなハサミを買うとしても手軽に購入できる金額ではないので、なるべく自分にピッタリのハサミを選びたいですよね。 今回は美容師に人気のハサミメーカーをご紹介。 値段の高いハサミであれば当然メリットも多くなりますが、大切なのは自分に合ったものを選ぶということ。 学生の人やこれからサロンデビューする人、ハサミを新しく買い替えようという人はぜひ参考にしてみてください。 INDEX 美容師が使うハサミの種類 美容師が普段カットに使っているハサミは、大きく分けて3種類あります。 ベーシック 日常生活で使用するハサミのように、ハサミの足部分の両方に刃がついています。 美容師が使う中で最もポピュラーな形のハサミ。 ベースカットやブラントカットに用いられます。 セニング いわゆるスキバサミ。 足部分の片方が櫛になっているので、髪の長さはそのままに髪の量を調節したい時に用いられます。 スライド 足の片方にしか刃がついていないハサミのこと。 髪の毛を滑らせながらカットするのに用いられます。 髪のボリュームを抑えたり動きのあるスタイルが作れるのが特徴的。 関連記事: 初心者の人も手に入れやすい! ハサミービギナーにオススメのメーカー ヒカリ 美容業界ナンバーワンの流通量を誇る「ヒカリ」を知らない人は、いないかもしれませんね。 「ヒカリ」は現在では一般的になったハマグリ刃など、今までとは異なる刃の角度や研磨法でハサミ業界に革新をもたらしてきました。 元美容師の社長が完璧なハサミをつくろうと設立された同社のハサミは、すべてを手作りで製作するほどのこだわり。 まずはセーム皮でハサミの汚れを綺麗に拭き取る ティッシュで拭き取ってもOKですが、こびりついた油汚れはなかなか落ちにくいのでセーム皮で拭き取ることをおすすめします。 ハサミはとても切れやすいので、指を切ってしまわないように注意が必要! 油をさす ハサミを開いた状態でネジの下の部分、そして支点の部分に油をさします。 この時油は1~2滴でOK。 全体的に油が行き渡るよう、セーム皮を用いてまんべんなく馴染ませて下さい。 油を使って開閉をスムーズにするためにとても大切なポイント!特に丁寧に行うようにしましょう。 ネジを調整する ハサミを数回開閉して、ネジの硬さを確認して下さい。 ネジが緩すぎても硬すぎても扱いにくいので、刃の真ん中辺りから刃同士が擦れるような程度が丁度良いです。 手入れがすべて終わった後には、切れ味をチェックしましょう。 ティッシュを切ってみて、刃先が滑らずに進めばOK。 自分で手入れをするのが難しい場合には、ハサミメーカーで手入れをしてくれることもあります。 一度メンテナンスをしてもらうようにしましょう。 関連記事: まとめ 美容師としての最高のパフォーマンスを発揮するためには、自分に合った道具選びが重要です。 ハサミはきちんとメンテナンスをすれば数十年使用できるものもあるので、メーカーのアフターフォローも重要視したいところ。 最近では、ハサミをレンタルするシステムを導入しているメーカーもあるので、それらを利用してみて使い心地を確認してみても良いかもしれませんね。 一生付き合っていける相棒を見つけられるように、ぜひ購入前にたくさんのハサミを見て自分にぴったりなものを見極めて下さいね。

次の

最高級ブランド「ナルトシザー」の評判と特徴!美容師や理容師から愛される理由

ナルト ハサミ

ナルトシザー 兵庫県宝塚市にある株式会社ナルトシザーが製造している、1つ十数万円もするヘアカット専用の高級バサミです。 その特徴は切れ味鋭く長持ちであるという事ですが、あまりにも切れ味が良すぎるので技術が無いと自然な仕上がりにする事は難しいと言う反面もあるそうです。 まさにナルトシザーを扱えること自体が、一流の美容師・理容師さんのステータスでもあるようです。 ナルトシザーの特徴とは? ハサミ界のベンツ「ナルトシザー」、最大の特徴は刃と刃の隙間が少し多いという事。 通常のハサミは刃と刃が擦れ合ってモノを切りますが、それだと刃と刃が多く擦れてしまうのですぐに刃がダメになってしまいます。 ナルトシザーの場合は刃に微妙な湾曲をつけることで刃と刃が接する点はたったの一点、刃と刃が擦れないように少し隙間を開ける事で切れ味が落ちるのを防いでいます。 理容ハサミ界のメルセデス ナルトシザー — キム kimukimu1966 刃の研磨工程は30工程以上 ナルトシザーとして認められる製品になるまで、刃の研磨工程は30工程以上に及びます。 基本の形にする研磨、磨きをかける研磨、切れ味を良くする研磨など、数多くの研磨工程を経てやっと世に出せる商品が出来上がります。 そこで大切になるのはやはり人間の感覚、刃の手触りや光沢だけで微妙な切れ味を見極めていきます。 刃の隙間の幅は約0. 03mm、紙一枚通るのがやっとという位の微妙な調整が施されます。 まさに 巧みの世界 ナルトシザー — キム kimukimu1966 最終チェックは濡れティッシュ 刃の研磨工程が終わりハサミの形に組み合わせたら、実際にウィッグをカットして切れ味を確かめていきます。 そして最後にチェックする工程は濡れティッシュを切る工程、最初の段階ではティッシュを切る事ができませんでした。 刃の調整のために少し研磨作業を行っただけで、さっきは全然切れなかった濡れティッシュがスパスパ切れるようになりました。 こうしてハサミ界のベンツ「ナルトシザー」が、またひとつ産声をあげました。 感想&まとめ 1つ十数万円以上するナルトシザーですが売上は年間で6,000丁以上、単純計算でも年間6億円以上の売上になります。 168•

次の

ヤフオク!

ナルト ハサミ

ナルトシザー 兵庫県宝塚市にある株式会社ナルトシザーが製造している、1つ十数万円もするヘアカット専用の高級バサミです。 その特徴は切れ味鋭く長持ちであるという事ですが、あまりにも切れ味が良すぎるので技術が無いと自然な仕上がりにする事は難しいと言う反面もあるそうです。 まさにナルトシザーを扱えること自体が、一流の美容師・理容師さんのステータスでもあるようです。 ナルトシザーの特徴とは? ハサミ界のベンツ「ナルトシザー」、最大の特徴は刃と刃の隙間が少し多いという事。 通常のハサミは刃と刃が擦れ合ってモノを切りますが、それだと刃と刃が多く擦れてしまうのですぐに刃がダメになってしまいます。 ナルトシザーの場合は刃に微妙な湾曲をつけることで刃と刃が接する点はたったの一点、刃と刃が擦れないように少し隙間を開ける事で切れ味が落ちるのを防いでいます。 理容ハサミ界のメルセデス ナルトシザー — キム kimukimu1966 刃の研磨工程は30工程以上 ナルトシザーとして認められる製品になるまで、刃の研磨工程は30工程以上に及びます。 基本の形にする研磨、磨きをかける研磨、切れ味を良くする研磨など、数多くの研磨工程を経てやっと世に出せる商品が出来上がります。 そこで大切になるのはやはり人間の感覚、刃の手触りや光沢だけで微妙な切れ味を見極めていきます。 刃の隙間の幅は約0. 03mm、紙一枚通るのがやっとという位の微妙な調整が施されます。 まさに 巧みの世界 ナルトシザー — キム kimukimu1966 最終チェックは濡れティッシュ 刃の研磨工程が終わりハサミの形に組み合わせたら、実際にウィッグをカットして切れ味を確かめていきます。 そして最後にチェックする工程は濡れティッシュを切る工程、最初の段階ではティッシュを切る事ができませんでした。 刃の調整のために少し研磨作業を行っただけで、さっきは全然切れなかった濡れティッシュがスパスパ切れるようになりました。 こうしてハサミ界のベンツ「ナルトシザー」が、またひとつ産声をあげました。 感想&まとめ 1つ十数万円以上するナルトシザーですが売上は年間で6,000丁以上、単純計算でも年間6億円以上の売上になります。 168•

次の