エレベーター ストラテジー。 春之先生インタビュー 2018/02/23 作家インタビュー|BL情報サイト ちるちる

エレベーター・ストラテジー (on BLUEコミックス)

エレベーター ストラテジー

同期入社の高杉渉(たかすぎわたる)と小柳尋(こやなぎじん)は犬猿の仲。 ある深夜、エレベーターで2人きりになるやいなや、小柳は高杉を壁に押しつけ、股間と乳首をまさぐり始めた!嫌いな同僚からなんでこんなこと…と抵抗するも、高杉の屹立した股間は瞬く間に絶頂へと達してしまう。 会社のエレベーターや応接室での行為がクセになる… 「エレベーター・ストラテジー」のここが面白い 不器用な攻めの「好き」って気持ちが見えるシーンにキュンとする 毎日が深夜残業 休日返上は当たり前という都内のIT会社で働きすぎってほど働いている主人公の高杉渉28歳・・・ そんな彼を 「仕事ができないヤツ」と見下すのは 同期の小柳 渉は 嫌味を言う小柳に負けじと言い返す男気はあるけど 事実 小柳のほうが仕事が早いんだよねー・・・ 完全に小柳に負けちゃっているの!! なのに・・・ひとり残業の最中 その小柳とエレベーターに二人きりになって 壁ドンされて 自分のイチモツを握られちゃうのだ!! いやいや・・・ これ 普通は怒っていいところだぞ!! でも・・・これ BLだからね・・・そこは 流されちゃって気持ちよくなっちゃうんだよねー?えへへ!! 「能率性に欠ける」「要領が悪い」という意地悪な言葉を渉に浴びせながら 攻める手を休めない小柳 渉は 嫌いな相手にいいように触られてイッちゃうって・・・ 情けなくなっちゃって泣いちゃいますー・・・ そんな渉の泣き顔を見て いじわるスイッチがオンとなった小柳は 狭いエレベーターの中で 渉に挿入までしてしまう! そして 渉が感じている表情を見て 小柳が 「かわいい」って言っちゃうんです・・・ ふふふ・・・これね!!これが 小柳の本音なんだよねー!!! 小柳は 渉のことが好きで いつも見てて・・・ でも不器用だから片意地張った言い方しかできなかったんですよねー!! 不器用で 普段はいじわるばかり言う攻めがエチの最中に見せる 受けへの「好き!」って気持ちがあふれる「セリフ」にキュンってなっちゃいました! 受けは 普段 いじわる言う攻めにプンプン怒っているんだけど 結局 許しちゃうんだよねー 受けが 攻めの不器用さを理解しているっていうのが 素敵だと思います ケンカップルなんだけど エチになると甘えたり 甘えられたりってなっちゃうふたりに萌えれる素敵な一冊となっています お家エチにたどり着かないふたりが盛る場所は会社! 会社のエレベーターで初めて体をつなげたふたり・・・ でも つきあうことになっても エレベーターエチは継続のままで・・・ 会社内でも 「夜中になると 最上階でエレベーターが止まっているけど 幽霊の仕業らしいよ」って噂までたっちゃう!! 私個人的には 密室プレイに萌えをそこまで感じない人なんですが 最中に急にエレベーターが動き出したりしてハラハラするシーンもあって なかなか面白かったです! しかし・・・ この会社ビル 防犯カメラとかないのかな?って思った!!笑!! 普通は ついているもんなんですけどね!! もしかして 防犯カメラに撮られているっていうのもコーフン材料だったのかも!! そこまで妄想すると なかなか美味しい!!ぐふふ・・・ エチシーンは 多めだと思います! 渉の過去のヘンタイカレシが登場したりして ほんのりストーリー性もある 最初は 不器用で意地悪ばっかり言っていた攻めが 最後には甘えたさんになっちゃいます! この作品にご興味を持った方は 下のストアボタンから試し読みページに行っていただければ・・・と思います サンプルボタンを押すと即立ち読みができますよ!! 電子書籍を試し読み NEW6月24日 6月23日 6月22日 6月20日 6月19日 6月16日 6月16日 6月13日 6月12日 6月11日 6月8日 6月7日 6月7日 6月7日 6月7日 6月7日 6月4日 6月3日 6月2日 6月1日 5月30日 5月26日 5月25日 5月25日 5月24日 5月23日 5月21日 5月21日 5月12日 5月7日 5月6日 5月6日 5月6日 5月2日 5月1日 5月1日 4月30日 4月30日 4月30日 4月29日 4月27日 4月21日 4月19日 4月15日 4月9日 4月8日 4月3日 4月2日 3月31日 3月31日 3月27日 3月25日 3月20日 3月17日 3月13日 2月29日 2月25日 2月22日 2月22日 2月6日 2月3日 1月13日 1月13日 2月29日 12月22日 12月12日 11月15日 11月13日 10月2日 9月21日 9月12日 9月9日 8月17日 8月5日 8月1日 7月15日 こんにちは、海ホタルさん。 この本読んだんですねー!私も買いました。 以前号外onBLUEを購入した時に4話目が掲載されていて気になっていて購入予定リストにも残してました。 高杉はエレベーターで抱かれた頃から割と冷静に小柳の言わんとしてることをちゃんと理解できるようになっていますが、改めて通しで見るとなかなか小柳の毒舌が酷くてキツくて私なら無理!と思いましたよ。 あれは仕事は出来ても年配の上司なんかに噛み砕いて説明出来ないタイプですよね。 高杉は時間がかかっても説明してくれそうな真逆なタイプですね。 元彼の粘着ストーカーもなかなか気持ち悪くて小柳がやり込めた所はすっきりしました。 って言ってるところ、1話目と比べたら全然違う。 ぎゅんぎゅんするわー。

次の

おすすめBL「エレベーター・ストラテジー」春之

エレベーター ストラテジー

都内IT会社で働く高杉渉は毎日残業休日出勤!社会の歯車一直線! そんな高杉をよそに、同期だけど年下の小柳尋(じん)は鬼のように仕事が早く残業なんてしたことがない。 「結構どんくさいんですね、ただでさえ要領悪いんだから自己管理ちゃんとして下さい」 となんやかんやでいちいち憎たらしい口を聞いて渉に突っかかってくる。 そんな花金のある日、上司の一声で飲みに行くことになった同僚たちだが、渉は休日出勤はしたくないと一人残業に熱を入れる。 ちょっと一服と、栄養ドリンクを買いに社内の自販へ赴くと帰ったはずの小柳が現れた。 朝の言いようにまだムカついている渉は、嫌味を言いながら逃げるとさっさとエレベーターに乗り込んで仕事に戻ろうとする。 渉を追いかけながら小柳は、エレベーターの制御パネルの鍵をこっそり持ち出していて… (『エレベーター・ストラテジー』春之) わっふるわっふる(死語) こんな感じで、 三話までは平々凡々! ところがドッコイ最初から仕込んでいたのか、この展開に持っていく予定だったのか、 四話で新キャラが登場して大変面白いことになります。 単純に、 エレベータープレイでしょ〜?と思っていただけに、横っ面を叩かれた気分。 すみませんでした、左の頬も差し出します。 単純にネタバレしてしまうと、 渉の過去の男(変態エリート既婚子持ちおじさん)が絡んできます。 ただそれだけではなくて、話の一番最初のあたりとぐるっとそこでつながって あぁ〜!!! という気持ちよさがありました。 しかしまあ、エレベータープレイは性癖かしらね。 でも戦略だから、追い込んでくっちまおう!と思ったのね、やあね最近の若い子は。 ちなみに、エレベーターほとんど毎日複数回、ホテルに数回、会社の応接室で一回、ラブラブになってからわたるんのおうちで…らしいです。 書いてあるのは6回くらいだけど。 ロン毛フェチ刈り上げフェチ 今回、表紙ではこんな頭してますけど これが、最中に乱れて張り付いて…ホブッフォフッ… 受けが、女形になってるロン毛は嫌なんだけど、こういうちゃんとおしゃれな男のロン毛は最高ですわほんまに。 「受け」または「攻め」の 皮をかぶった人形ではなくて、きちんと働き生活し暮らしを続けている人間の行動描写が強い。 最後の方でやっと部屋に上げてもらえる小柳くんだが、渉の部屋は適度に汚くて生活感があって落ち着いて…一つ間違えば結ばれることはなかったであろう二人なのでこのまま幸せに暮らしてほしい。 と、真面目なことを言っているのにふと頭を過るのは.

次の

エレベーター・ストラテジー (on BLUEコミックス)

エレベーター ストラテジー

丸々表題作。 187P。 口が悪くてなぜか渉にだけ攻撃的な尋に突然エレベーターで襲われる。 体の関係から始まった2人だけど実は尋はずっと渉が好きだった。 そんな尋を受け入れて恋人同士になるが、一つ気になるのは渉の元彼の存在。 粘着質な元彼に尋とキスし てる所を写真に撮られて脅され首に噛み跡をつけられてしまう。 それに気づいて逆上した尋の用意周到な仕返しが見事でスカッとします。 挿入中もカウパー汁が飛び散ってます。 また修正技術も素晴らしく超甘めです。 春之先生、素敵な作品をありがとうございます.

次の