アイビス 肌 の 塗り 方。 【メイキング】デジタルでギャルゲ塗り講座【アイビスペイント】

【超簡単!】アイビスペイントでグラデーション塗りをする方法

アイビス 肌 の 塗り 方

ギャルゲ塗りとは? ギャルゲ塗りとは『ギャルゲー 恋愛シュミレーションゲーム)』のイラストで多く使われる技法で、そこから名前が付けられています。 アニメ塗りを元にエアブラシや筆などのペンツールでほんのり影を描き込み、消しゴムツールやエアブラシなどで丁寧にぼかしてグラデーションを作り影色をなじませます。 パキッとした塗りとなめらかな塗りの二つが調和する、見栄えのあるイラストが描ける塗り方です。 ギャルゲ塗り以外の塗り方も以下の記事で詳しく解説しています! 1. キャンバスの作成・基本操作 キャンバスの作成 アイビスペイントを起動します。 キャンバスサイズの選択シートが表示されます。 キャンバスサイズが小さいほどレイヤーの上限数が増えます。 サイズやレイヤーの上限数はスマートフォン スマホ ・タブレットによって異なります。 POINT キャンバスを横向きにする 新規キャンバスで選択したサイズは縦長ですが、以下の操作で横長のキャンバスに変更できます。 デジタルのお絵かきアプリ ソフト では、アナログの紙と違い、レイヤーという透明の層を使い分けることによってイラストを作成していきます。 線画、色塗り、など工程ごとや、髪、肌などのキャラクターパーツごとに別のレイヤーに描くことが多いです。 塗る前の準備 下描き・ペン入れ・塗り分け キャンバス上に、好きなペン・ブラシで下描きを描くか、または紙に描いたアナログの線画を写真で撮った画像などを取り込みます。 1 大まかに形をとる まずは全体の大きさやバランスが把握できるように、大きく形をとりましょう。 特にスマホの場合は画面が小さく、細部を描くときに拡大するため全体を見ながら描くことができません。 細部ばかりを見ながら描いていくとどうしても構図やデッサンが狂ってしまうため、はじめにしっかり決めておくことが大切です。 2 下描き 1 の線を参考に下描きをします。 1 よりも細かく、このあとペン入れをするときに迷わない程度に描き込んでおきます。 3 ペン入れ 2 のレイヤーの上に新規レイヤーを作成し、ペン入れをします。 ブラシの種類は「Gペン ハード 」など、はっきりした輪郭で描けるブラシを使うと、この後の塗り分けの工程が楽になります。 4 塗り分け 肌、目、口、髪、帽子・服など、色や質感などが違うパーツごとにレイヤーを分けます。 これで色塗りの前準備ができました。 肌を塗る 肌部分に大まかな影 シャドウ を入れて、その影より少し幅の狭いのクッキリした影を描いていきます。 ガウスぼかしで影をグラデーションにしてなめらかにする事で、女の子の肌の柔らかさが表現できます。 (1)シャドウの着色 レイヤーウィンドウ (下部アイコン右から2番目)を開いて、肌レイヤーの上に新規レイヤーを追加しクリッピングをオンにします。 不透明度調整バナーの上にある「クリッピング」を押してオンに。 ) 簡単にシャドウになる部分を塗っていきましょう! (2)シャドウのぼかし 肌を塗り終えたら、ツール選択ウィンドウの「フィルター(FX)」から「ガウスぼかし」を選択。 シャドウのレイヤーをぼかしていきます。 (作例ではぼかし半径42px) 不透明度は15%にしました。 (3)クッキリとした影を入れる ぼかしを終えたら肌レイヤーとシャドウレイヤーの間に新規レイヤーを追加してクリッピングをオンにします。 不透明度は20%に設定しました。 「ペン(フェード)」ブラシを使い、先ほど塗ったシャドウと同じ色でクッキリした輪郭の影を入れていきます。 (4)影のぼかし シャドウが完成したら「ガウスぼかし」で作業レイヤーにぼかしを入れていきます。 (作例ではぼかし半径14px) これをやることにより柔らかい肌が表現できます。 髪を塗る ギャルゲ塗りは透けるような髪の塗り方が特徴の一つです。 今回はエアブラシ(標準)を使ってグラデーションをかけ、透け感を表現していきます。 (1)髪のベースを塗る レイヤーウィンドウを開いて髪レイヤーの上に新規レイヤーを追加します。 クリッピングをオンにし、髪にグラデーションをかけます。 濃い茶色で光源を意識して上部・毛先を明るく、中央が濃くなるようなグラデーションをかけました。 そしてその下、毛先部分に髪の奥行を表現するために別の色(今回はエメラルドグリーンで)のグラデーションをかけます。 ブレンドモード (レイヤー下の「普通」表示のバナー)から「オーバーレイ」を選択します。 不透明度は40%に設定しました。 Point 既に塗り終えた色を変更したい場合、フィルター FX の「色相・彩度・明度」を使い、それぞれの数値を変動させれば簡単に色が変更できるのでとても便利です。 (3)髪の質感 新規レイヤーを追加・クリッピングをして、髪の束感や質感を表すために更に奥の影を描き込んでいきます。 先ほどの影より細かく影を入れると柔らかそうな女性らしい髪質が表現できます。 (4)ハイライト レイヤーウィンドウを開き新規レイヤーを追加しブレンドモードから「加算・発光」を選択します。 不透明度は15%に設定しました。 髪に対し横に太くハイライトを入れたら消しゴムで上下からなじませるように丁寧に削り、天使の輪を作ります。 服の着色 (1)服の影を塗る レイヤーウィンドウを開いて、服レイヤーの上に新規レイヤーを追加しクリッピングをオンにします。 不透明度は10%に設定しました。 (2)影入れ・ぼかし シャドウを入れたらツール選択から、ぼかしツールで所々にぼかしを入れていきます。 この繰り返しです。

次の

肌の塗りは1影を極めろ! 肌の塗り方講座

アイビス 肌 の 塗り 方

アニメ塗り 影を付ける ブラシ塗りは、アニメ塗りで基本的な明暗を分けた後に、ブラシ表現とグラデーションで仕上げる塗り方です。 まず、各パーツに下塗りをします。 ベースとなる肌のレイヤーの上にクリッピングでレイヤーを作り、影色を塗ります。 この影レイヤーを1影 イチカゲ と呼びます。 アニメ塗りでは影の濃さに合わせて1影・2影と明暗を広げ、リッチな表現に仕上げます。 影の描写は立体感が自然に強調されるため、リアルテイストに仕上がります。 可愛らしさを出したい女性キャラクターの場合は 光源を意識しつつ、顔はなるべく平面的に捉えると良いでしょう。 シンプルな鼻 鼻の影はトレンドや絵柄によって表現方法が変わりやすいポイントです。 90年代は鼻の「く」の字で表現されることが多いですが、現在は「点」などのシンプルに描く方法が好まれています。 今回は、「点」状の鼻に合わせ、影を小さく塗ります。 まぶたも忘れずに まぶたの影やまつ毛の落ち影を入れると、より リッチな表現になります。 こちらでアニメ塗りの肌塗りは完成です。 ブラシで陰影を馴染ませる アニメ塗りが終わったら、ブラシツールで肌の陰影を描き込んでいきます。 アニメ塗りでは元の肌色と影色の境がくっきりと分かれています。 この工程では、肌と影の境目をグラデーションとぼかし表現で 柔らかくしていくイメージで進めます。 大きめのエアブラシを選択し「柔らか」のモードで塗ると自然なグラデーションになります。 グラデーションのコツ グラデーションの色はアニメ塗りの影よりも薄い色を選択します。 自然なグラデーションをかけるには• 光源を意識する• 大きく陰影をつける という2つのポイントを押さえます。 チーク チーク 頬紅 を1影レイヤーの上に作り、色を乗せると血色がよくなり 女性的な柔らかな質感が強調されます。 陰影のグラデーションと同様に、大きく柔らかいエアブラシを使うと良いでしょう。 肌塗りの工夫 ひと手間加えると、ぐっと仕上がりがUPするポイントをご紹介します。 クリスタの「滑らか水彩」で、 1影を馴染ませつつ広げるように塗るのがオススメです。 ポイントは入れ過ぎないことです。 量が多いとハイライトの意味がなくなってしまいます。 オーバーレイで肌を明るくし、 大きめの柔らかいエアブラシでふわっと乗せる感じで光を入れるとイラスト全体が明るく仕上がります。 首や腕の塗り グラデーションとオーバーレイで陰影を付けます。 顔と同様に、大きめの柔らかいエアブラシで描写を加えます。 肌の影の差が気になる場合は、1影レイヤーと肌レイヤーの間にグラデーションをかけ、少し馴染ませると全体の見え方が整います。 脚の塗り方 脚を塗る際には、 太ももの円錐型のフォルムと柔らかさを表現することが重要なポイントです。 影をブラシ状の消しゴムでぼかして進めます。 他の肌塗りと同様にグラデーションで影とベース色の差を馴染ませ、オーバーレイで明るさをプラスします。 フォルムの強調 脚は、ハイライトと反射光でパーツの形を強調します。 ハイライトは「透明水彩」で軽く描いて表現し、反射光はハイライトよりも暗い色を使って仕上げます。 こちらで肌塗りは完成です。 動画をチェックして理解度UP 動画では、実際の筆の動きや全体の流れをご紹介。 是非チェックして理解を深めてくださいね。

次の

【超簡単!】アイビスペイントでグラデーション塗りをする方法

アイビス 肌 の 塗り 方

スポンサーリンク アイビスペイントでアナログ絵に色塗りする手順 アイビスペイントでアナログ絵に色を塗るとき、写真にとった線画を抽出するかしないかで、ちょっと違った操作になってきます。 今回は、簡単な「線画抽出しないでそのまま塗る方法」について紹介してきますね。 取り込み方についてはコチラで詳しく解説していますので、わからなかったら参考にしてやってみてください。 ちょっと暗すぎるかな?と思ったら、「ペンや消しゴム」のマークをタップしてツールメニューを開きます フィルターをタップして、出てきたメニューの一番上の「明るさ・コントラスト」を選択します。 明るさを右に上げていくと、画像がどんどん明るくなっていくので、ちょうど良いところに合わせましょう。 コントラストを上げると、白と黒の差がはっきりしていきます。 白くし過ぎて線画が薄くなってしまうときは、ほんの少し上げてみるといいかもしれません。 上げ過ぎると線がギザギザになって変なので、ほどほどに。 このとき、つい真っ白にしたくなるかと思うのですが、真っ白より少し手前の、紙の質感などがちょっと残ったくらいの明るさにしておくと良い感じに仕上がるのでオススメです。 これで準備は完了です。 笑 どんなものか今はよく分からなくても、手順通りに進めていけばちゃんと塗れるので、深く考えずにまずはやってみましょう! まずは、先ほどのレイヤーメニューを開いた状態の画面を見てみましょう。 この「1」とか「2」とついた四角が「レイヤー」呼ばれるものです。 一番上は今は無視してOK。 取り込んだアナログ絵があるレイヤーは「2」になっていますよね。 このレイヤーが選択されているのを確認してください。 選択されているのがわかったら、右下の「普通」という部分をタップしてみてください。 そうすると、次の画像のようにメニューが出てきます。 その中から、「乗算」をタップしましょう。 青く選択されたら、また右下の文字(「普通」から「乗算」に変わっていますね)をタップしてメニューを閉じます。 これで、取り込んだ画像の線画だけ使って色を塗ることができるようになりました。 …と言われてもよくわからないと思うので、試しに、アナログ絵のレイヤーの下の「1」のレイヤーを選択して、ペンでグリグリっと色を塗ってみてください。 こんな感じに、ちゃんと線を残して色が塗れていますよね。 上にレイヤーを作って塗ってしまうと、アナログ絵が消えてしまいますので気を付けていきましょう。 塗り方は人により好みがあると思いますが、私の場合の手順をざっくりご紹介しますね。 まず、先ほどグリグリっと書いた線を消して、「1」のレイヤーに肌色を塗っていきます。 最初はベースの色をべたっと塗るだけです。 ペンの種類は「ペン(フェード)」を使っています。 バケツなどは使わず、アナログと同じようにペタペタと塗りました。 次に、「肌色を塗ったレイヤー」の上に新しくレイヤーを作ります。 肌色レイヤーを選択したまま、左側の「+」をタップすると、一つ上に新しいレイヤーが出来ます。 新しいレイヤーが出来たら、それを選択して、左下の「クリッピング」というボタンをタップします。 その状態でその新しいレイヤーに「肌の影」を塗っていきます。 クリッピングをすると、下のレイヤーに何かが描いてある部分にだけ、色を塗るようになるので、はみ出したりしないんです。 次に、また先ほどと同じ手順で、肌の影レイヤーの上に新しいレイヤーを作り、クリッピングしましょう。 この画像を見ると、影レイヤーにクリッピングされているような感じがしますが、ちゃんと元の肌色レイヤーにクリッピングされているので大丈夫です。 この新しいレイヤーにはハイライトや頬の赤みなどを描きました。 これで肌は完成です。 次に、肌の上に新しいレイヤーを作ります。 ココには、髪の色を塗ります。 これを各パーツごとに繰り返して塗っていくと、大体こんな感じに仕上がりました。 目のハイライトなど、線画より上に描きたいものがあれば、アナログ絵より上にレイヤーを作って描きます。 背景は、一番下のレイヤーに描くと人物の後ろにだけ描けるので楽ですよ。 これ、気になりますよね。 そんな時は、ツールメニュー(ペンや消しゴムマークになるところ)から、キャンバスを選択します。 そのなかから、トリミングを選びましょう。 あとは、赤い枠を切り抜きたい範囲に合わせて決定するだけ。 余計な隙間を切り取って無くすことができました。 そこで、簡易的に線画の色を変更してみます。 まず、アナログ絵のレイヤーの上に新規レイヤーを作り、クリッピングします。 次に、新しく作ったレイヤーのモードを「スクリーン」にします。 そこに線画に使いたい色を塗ってください。 線画の色が変わりましたね。 これが一番簡単な方法ですが、これだと濃い色を塗った部分などは線画の色も濃くなってしまったりするので、絶対に綺麗に出来るわけではありません。 これでかなり印象が変わったと思います。 もっときっちり線画に色を付けたいなら、線画抽出して塗った方が良いですね。 これで完成です! スポンサーリンク アイビスペイントで色塗りするコツ、アナログ絵の場合は? この、取り込んだ画像をそのまま使って色塗りする方法は、完璧なデジタル絵を描きたいときには不向きですが、アナログ絵の雰囲気を残した仕上がりにするにはとても手軽でイイ感じです。 この塗り方をする時の私なりのコツをご紹介しますね。 例に出したイラストの線画を、試しに真っ白に調節してみると、こんな感じに仕上がります。 これはこれで綺麗で良いですし、もちろん好みで選んでOKです。 ですが、この仕上がりを目指すなら、線画抽出をして塗った方がやりやすいかな、と私は思うので、この方法で塗るならアナログ感を残した方が個性的な良い絵になる気がしています。 例に挙げたイラストでもちょっと塗り過ぎたかな?と感じますね。 もうちょっとラフに、水彩で塗るような感じの方が、よりアナログ感を活かせて良いと思います。 こんな感じに、罫線ありノートにシャーペンでザっと描いた絵に塗るのも簡単で良いですね。 ちょうど良い絵が無く、謎の落書きですが…笑 ノートの落書きに色を塗ったような感じが良い雰囲気です。 アイビスペイントでアナログ線画に色塗りする方法まとめ この画像を乗算にして色を塗る方法は、• ちょっとスマホでの色塗りを体験してみたい• ガッツリ描くほどではないけれど、色を付けたい• アナログで塗ったような作品に仕上げたい という場合にピッタリな塗り方です。 特に私はアナログでのペン入れが苦手なので、シャーペンの落書きにササっと塗って満足することが多いです。 笑 実際にアナログで塗るより、間違いを戻せたり、はみ出さないように影を塗れたり、慣れると便利ですからね。 また、ここで紹介したのはあくまでも私個人の好みの塗り方です。 「こうするべき」というものでは無いので、一つの参考として見ていただけたらなと思います。 それでは、楽しくお絵描きしていきましょう!.

次の