足 が よく つる 原因。 土踏まずがつる7つの原因!しっかり予防して痛みをなくそう!

こむら返り(腓返り)・足がつる原因と予防・対処│マグネシウムデータベース

足 が よく つる 原因

足がつるとは? 足がつる状態を医学的には有痛性痙攣 有痛性筋痙攣:クランプ と言います。 足がつるの「つる」という部分も漢字で書くと『攣 つ る』となり、痙攣の『攣』という字を使います。 つまり足がつっている状態というのは有痛性=痛みを伴う筋肉の痙攣が起きている状態です。 3人に一人が日常的に足がつる経験あり アンケートによると20代から60代以上まで約半数以上の方が足がつった経験があるそうです。 50代以上の方では「毎日足がつる」、「週に数回足がつる」「週に2~3回足がつる」など日常的に足がつる方が約3割いることがわかります。 「毎日足がつる」は3%と低い数字ではありますが、あの足の痛みが毎日あるのは相当な苦痛であることが想像できます。 毎日足がつるようであれば、何かの病気が原因の可能性もあります。 気になる方は一度病院で診察をすることをおすすめします。 また、何の病気がなかったとしても、毎日寝ているときに足がつる方は寝不足にもなり、それが原因で体調を崩すことも考えられます。 20代、30代では若干比率は少なくなるものの約2割の方が日常的に足がつるという結果が出ています。 足がつる原因は主に、筋肉疲労、水分ミネラル不足、冷えなどがあげられます。 高齢者になると若い人に比べて足がつるリスクは高まりますが、若いからといって油断はできないようです。 アンケート協力 足がつる=こむら返りじゃない よく足がつることを指してこむら返り(こぶらがえりという地方もあるようです)といいますが、こむら返りはふくらはぎがつることを指します。 しかし、足がつるのはふくらはぎだけでなく• 足のすねがつる• 足の裏がつる• 足の甲がつる• 太ももがつる• 太ももの裏がつる• 足の指がつる など、ふくらはぎ以外の部位でも足がつることはあります。 足がつるのはどんな時? 夜中、就寝中に足がつる方が多いようですが、寝ている時に足がつるだけでなく、• 朝方に足がつる• 運動中に足がつる• 運動したあとに足がつる• ゴルフの最中に足がつる• ランニング中に足がつる• 伸びをした時(足をのばした時)に足がつる など人によって足がつる個所も時間や状況も様々です。 睡眠中にこむら返りが起きる人もいれば、スポーツをしている最中にこむら返りを起こす人も良くいます。 準備運動をしないでプールにいきなり入って足がつっている人を見たことをある方もいるのではないでしょうか? 足がつるのは病気の可能性も 足がつるということ自体は健康な人でも起こることがあります。 長時間運動をして疲れていたり、運動不足や立ち仕事の多い方、お年寄り、また妊娠中にもおこりやすいようです。 しかし、あまり頻繁に起こるようだと病気が原因の可能性もあります。 足がつる病気で代表的なものには下記のようなものがあります。 糖尿病• 脊柱管狭窄症• 閉そく性動脈硬化症• 椎間板ヘルニアや変形性腰痛症などの腰痛• 腎疾患(腎臓病)• 肝硬変 などがあげられます。 上記のような病気が原因で足がつる場合は、病気を治すことや病気の治療を行うことが足のつりの予防につながっていきます。 足がつる場合病院は何科? ふくらはぎがつるこむら返りなど、足がつるのは、冷えや筋肉疲労などで健康な人や若い人にもおきるものです。 その多くは一過性のものなので治療の必要は特にないようです。 ただ、頻繁に足がつるようでしたら上記に挙げた病気の可能性もあるので、病院で診てもらいましょう。 そこで何科を受診すればよいかということになりますが、 整形外科、神経内科、内科が良いそうです。 足がつるのに加えて、腰やおしり、下肢に痛みやしびれがあるときには整形外科を受診するのが良いかもしれません。 外科的な病気が原因で足がつる 外科的な病気で考えれるのは• 変形性腰椎症• 椎間板ヘルニア• 下肢静脈瘤 などがあります。 特に腰痛や下肢の痛みやしびれがないようであれば、まず神経内科や内科を受診してみましょう。 内科の病気が原因で足がつる 内科の病気で足がつる原因となるものには、主に• 糖尿病• 肝臓病• 腎不全 などがあげられます。 これらの病気は代謝異常がおこるため、足がつりやすくなります。 このホームページでは病気が原因ではないけど、足がつって困っている方になるべくわかりやすい表現で足がつる理由(原因)や治し方、予防、対処法を紹介していきたいと思います。 自分の足がつってしまう原因を考えて、自分にあった治し方、予防、対処法を見つけてください。 足がつる理由(原因) 足がつる原因は主に水分不足、ミネラル不足、疲労、冷えなどがあげられます。 しかし、足のつりは人によっておこる場所も時間も様々です。 足がつる原因を足がつる状況から調べてみました。 足がつる体のメカニズム それではまず、足がつるとは体の中でどのような作用が起きているのか考えてみましょう。 いわゆる足がつるという現象は医学的には有痛性痙攣 有痛性筋痙攣:クランプ と言います。 つまり足がつるのは痛みを伴う筋肉の痙攣ということになります。 筋肉の痙攣は筋肉の収縮が無意識に起こることですが、痛みを伴わない痙攣はピクピクと収縮と弛緩を繰り返す場合で、痛みを伴う場合は弛緩する時間がなく、収縮だけが続く場合です。 これが足がつっているときの状態です。 少し難しくなりますが、こちらの「」のページでより詳しく説明しています。 それでは足がつる原因を状況別に見てみましょう。 夜中に足がつる理由(原因) 夜中や朝方に足がつる方は多く、就寝中にこむら返りの激痛で目をさまし寝不足になる方もいるようです。 日ごろの食生活(ビタミン・ミネラル不足など)、夜間に気温が低下することや布団による重み、日中の足の疲労などが関係してくるようです。 こちらの「」のページで睡眠中のこむら返りについてもう少し詳しく説明しています。 妊娠中に足がつる 妊娠中にはじめて足がつるのを経験する人もいるように、足がつるのは妊娠中のマイナートラブルです。 妊娠による骨盤のゆがみや鼠蹊部を圧迫されることにより足の血流がわるくなることが関係しているようです。 こちらの「」ページでもう少し詳しく説明しています。 スポーツ・運動中に足がつる 日ごろから運動をしている人が試合の最中に足がつることもあれば、普段運動不足のお父さん方がゴルフの時に足がつったり、日ごろの運動量にかかわらず運動中に足がつることはあります。 筋肉疲労をはじめ、汗をかくことにより水分とミネラルが急激に不足することなどがあげられます。 こちらの「」ページでもう少し詳しく説明しています。 薬の副作用 薬の副作用が原因で足がつる場合もあります。 副作用でこむら返りが起こる可能性がある主な薬には下記のようなものがあります。 カルシウム拮抗薬• 抗甲状腺薬• フィブラート系の高脂血症治療薬• 女性ホルモンおよび男性ホルモンなどのホルモン剤• インシュリン• 利尿薬 など 薬を服用していて、寝ているときなどに頻繁に足がつる、こむら返りが起こるようなら一度医師や薬剤師に相談してみましょう。 こちらの「」のページで薬剤師さんが薬の副作用と足のつりについて詳しく説明しています。 冷えが理由で足がつる ミネラル不足や筋肉疲労以外にも足がつる原因に冷えも関係しています。 体の冷えは血行不良の原因となり、筋肉を収縮させます。 さらに血流が悪くなることによりミネラルのバランスも崩れます。 そのために足がつりやすくなります。 こちらの「」のページでもう少し詳しく説明しています。 足がつる予防 足がつるのを経験している方は、あの激痛が起こらないようにと願っているはずです。 日ごろどういったことに気をつければ足がつらなくなるのか調べてみました。 足がつるのを予防するのに大事なのは ミネラル・水分をしっかり摂る 日頃から適度な運動をする 足腰を冷やさない などがあげられます。 バランスの良い食生活で足のつりを予防 足がつることに限りませんが、バランスの良い食生活というのは健康な体作りの基本です。 足がつる予防においても栄養バランスは重要になります。 特にミネラル不足は足がつる原因となりますが、ミネラルだけでなく、水分、ビタミンも足がつる原因となるので、しっかり摂れるような食生活を心がけましょう。 特に足がつる予防に役立つビタミン・ミネラルは下記のようなものがあります。 マグネシウム(アーモンド、ひじきなど)• カルシウム(牛乳、切干大根など)• ビタミンB1(卵、豚肉など)• ビタミンE(ナッツ類、抹茶など) サプリメントを活用して足のつりを予防 仕事が忙しく外食やインスタント食品を食べる機会が多くある方や、食べ物に好き嫌いが多いなど、なかなかバランスの良い食生活が難しいという方はサプリメントを活用するのも一つの方法です。 上記に挙げたビタミンやミネラルのサプリメントを上手に活用しましょう。 適度な運動とストレッチ どんなに日ごろから運動をしている人でも足がつることはあります。 運動することにより汗をかき、ミネラルや水分が不足することに加えて筋肉の疲労もおきることから足がつりやすい状況になるからです。 スポーツ、運動中の足のつりを予防するにはこまめな水分補給、できればミネラル分を含むスポーツドリンクなどが良いでしょう。 また、運動前と運動後の準備運動も足がつる予防にとても役立ちます。 普段、運動をしない人が、急に体を動かすと、普段から運動していない人に比べて足はつりやすくなります。 これは筋肉疲労に関係しています。 普段から筋肉を使っていないので、すぐに筋肉が疲労し足がつりやすくなるのです。 ですから、日頃から適度な運動というのは足がつる予防に役立ちます。 また、ただ運動をして筋肉をつけるのではなく、ストレッチも取り入れて柔軟な筋肉をつけるよう心がけましょう。 足がつる予防についてはこちらの「」のページで詳しく説明しています。 足がつる治し方・対処法 日ごろから予防をしても足がつってしまった時に、少しでも早く足がつるのを治したいものです。 足がつった時に少しでも早く治す対処法を調べました。 足がつった時の対処法の基本は下記の2点です。 ゆっくりストレッチ(つった場所を伸ばす)• 足がつった箇所を温める。 ストレッチと温める以外には漢方薬と消炎鎮痛剤を使用する方法もあります。 足がつった時の治し方、対処法については「」のページで詳しく説明しています。 足がつる原因人気記事• 夜中や朝方など就寝中に足がつって目が覚めた!という経験は誰にでも1度はあるのではないでしょうか。 運動中... 29,172ビュー• 足がつるのは夜寝ている時が多いかもしれませんが、運動をしている時にも足はつりやすくなります。 妊婦さんや... 14,791ビュー• 夜間就寝中に突然足がつって目が覚めるという体験を、成人であれば誰もが一度は経験をしたことがあるかと思います。... 14,374ビュー• 病気の治療を目的に服用する薬の副作用が原因で足がつる、こむら返りが起きる場合もあります。 ここで気になる... 9,955ビュー• なんだか最近、足をつることが多い...そういったことでお悩みではないでしょうか。 突発的にこむら返りで起こる激痛... 7,753ビュー 足がつった時の対処法人気記事• ひざ下の前側にある、脛 すね は後ろ側にあるふくらはぎと同様につりやすい部分のひとつです。 下肢前面から足先... 29,860ビュー• 太ももの前側はふくらはぎと比較して、つる頻度としては多くない方です。 しかし、筋肉が広範囲にわたっているため、つ... 23,919ビュー• 太ももの裏は、筋肉の総称であるハムストリングスと呼ばれる3つの縦に長い有名な筋肉から構成されています。 これらは... 19,532ビュー• 日頃からどんなに足がつる予防を心がけていても、足がつってしまうことはあるでしょう。 足がつってしまったら... 18,757ビュー• こむら返りはふくらはぎがつることを言います。 ふくらはぎ以外でも足の裏や足の指、太ももなどがつることもありますが... 13,234ビュー.

次の

足がつる・こむら返りの原因・予防・対処法

足 が よく つる 原因

「足がつる」と一口にいっても、「左足がつる」「右足がつる」「両足がつる」であったり、アキレス腱やふくらはぎというように部分が気になったり、貧血やめまいを伴っていて検索するケースもあるようです。 【目次】• 人間の足は、ふくらはぎの筋肉が縮むとアキレス腱が伸びる構造になっていて、筋肉が縮む時に、アキレス腱にある腱紡錘(けんぼうすい)という器官が働き、腱の伸びすぎを防ぐため、筋肉に「それ以上縮むな!」と指令を出しています ポイントは、 アキレス腱だったんですね。 冷え・運動・脱水3つともアキレス腱にある「腱紡錘(けんぼうすい)」の働きを弱めます。 そこで、何かをきっかけで筋肉が異常に収縮を続けてしまうと足がつってしまうのですが、寝ている時もふくらはぎの筋肉が少し収縮していることが多く、しかも腱紡錘が低下しているため、睡眠中は足がつりやすいのです。 によれば、足がつる原因には、加齢や筋肉疲労などがありますが、「汗を多くかいたか、かいていないか」、つまり「脱水」が足のつりやすさを決めているそうです。 足を動かす時には、脳からふくらはぎに指令が送られ、ふくらはぎの筋肉が収縮することで、足を曲げています。 この動きに重要な働きを果たしているのが電解質のマグネシウムイオンなのだそうですが、マグネシウムイオンは汗をかいたときに一緒に排出されてしまいます。 によれば、電解質とは、体内の水分に含まれるナトリウムやカリウムなどのイオンのことで、体液に溶けこんでいて、全身の細胞の浸透圧を調節したり、筋肉の収縮、神経の伝達などを支えており、電解質は体機能の維持に重要なため、汗とともにたくさん失うと、「筋肉痛」「手足がつる」「こむら返り」「筋肉の痙攣」という症状を起こします。 汗をかいたことでマグネシウムイオンが不足すると、脳からふくらはぎへの指令が鈍ってしまい、筋肉が必要以上に縮んでしまい、足がつってしまうのです。 また、睡眠中に足をつってしまうもう一つの理由は、寝ているときの姿勢は足先が下の方を向いている状態にあることで、筋肉が縮んだ状態にあるためなのだそうです。 寝ている時に足がつることを予防するためには、寝る前に水分補給(特にマグネシウムイオンが含まれているもの)をするとよいそうです。 足がつってしまった時には、急に伸ばすと痛みが出るので、足のつま先をもって、ゆっくりと体に引き寄せるようにしましょう。 注意したいのは、夜寝る前にしっかりと水分補給をしているにもかかわらず、よく足がつる人なのだそうです。 その場合には、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)、、、、などの病気の可能性があるので、病院で検査してもらうことをおすすめします。 両足を上げて足首を曲げたり伸ばしたりして、片方の足だけが白く変わると疑いがあるそうです。 閉塞性動脈硬化症は、足の血管がを起こして詰まってしまい血流が悪くなる病気です。 閉塞性動脈硬化症の治療法としては、「1分歩いて3分休む」を10回セット繰り返し、1週間にこれを3回行い、3週間ほどで新しい血管ができて症状が改善し始めた患者さんもいるそうです。 こむら返りが頻繁に起きるようであれば、早めに病院にいくことをおすすめしています。 【関連記事】• 【関連記事】• ミネラルが含まれるスポーツドリンクでミネラル補給• こまめな着替えで、急激な体温上昇を抑える• 肝臓を弱らせないように、暴飲暴食を控える ことが重要なようです。 40代・50代の美容法• 40代・50代に必要な栄養• 40代・50代の健康・美容チェック• ギフトマナー• 健康ギフトにえごまそば• グループサイト•

次の

ふくらはぎがつる原因と対処法!病気の可能性はあるの?

足 が よく つる 原因

「足がつる」と一口にいっても、「左足がつる」「右足がつる」「両足がつる」であったり、アキレス腱やふくらはぎというように部分が気になったり、貧血やめまいを伴っていて検索するケースもあるようです。 【目次】• 人間の足は、ふくらはぎの筋肉が縮むとアキレス腱が伸びる構造になっていて、筋肉が縮む時に、アキレス腱にある腱紡錘(けんぼうすい)という器官が働き、腱の伸びすぎを防ぐため、筋肉に「それ以上縮むな!」と指令を出しています ポイントは、 アキレス腱だったんですね。 冷え・運動・脱水3つともアキレス腱にある「腱紡錘(けんぼうすい)」の働きを弱めます。 そこで、何かをきっかけで筋肉が異常に収縮を続けてしまうと足がつってしまうのですが、寝ている時もふくらはぎの筋肉が少し収縮していることが多く、しかも腱紡錘が低下しているため、睡眠中は足がつりやすいのです。 によれば、足がつる原因には、加齢や筋肉疲労などがありますが、「汗を多くかいたか、かいていないか」、つまり「脱水」が足のつりやすさを決めているそうです。 足を動かす時には、脳からふくらはぎに指令が送られ、ふくらはぎの筋肉が収縮することで、足を曲げています。 この動きに重要な働きを果たしているのが電解質のマグネシウムイオンなのだそうですが、マグネシウムイオンは汗をかいたときに一緒に排出されてしまいます。 によれば、電解質とは、体内の水分に含まれるナトリウムやカリウムなどのイオンのことで、体液に溶けこんでいて、全身の細胞の浸透圧を調節したり、筋肉の収縮、神経の伝達などを支えており、電解質は体機能の維持に重要なため、汗とともにたくさん失うと、「筋肉痛」「手足がつる」「こむら返り」「筋肉の痙攣」という症状を起こします。 汗をかいたことでマグネシウムイオンが不足すると、脳からふくらはぎへの指令が鈍ってしまい、筋肉が必要以上に縮んでしまい、足がつってしまうのです。 また、睡眠中に足をつってしまうもう一つの理由は、寝ているときの姿勢は足先が下の方を向いている状態にあることで、筋肉が縮んだ状態にあるためなのだそうです。 寝ている時に足がつることを予防するためには、寝る前に水分補給(特にマグネシウムイオンが含まれているもの)をするとよいそうです。 足がつってしまった時には、急に伸ばすと痛みが出るので、足のつま先をもって、ゆっくりと体に引き寄せるようにしましょう。 注意したいのは、夜寝る前にしっかりと水分補給をしているにもかかわらず、よく足がつる人なのだそうです。 その場合には、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)、、、、などの病気の可能性があるので、病院で検査してもらうことをおすすめします。 両足を上げて足首を曲げたり伸ばしたりして、片方の足だけが白く変わると疑いがあるそうです。 閉塞性動脈硬化症は、足の血管がを起こして詰まってしまい血流が悪くなる病気です。 閉塞性動脈硬化症の治療法としては、「1分歩いて3分休む」を10回セット繰り返し、1週間にこれを3回行い、3週間ほどで新しい血管ができて症状が改善し始めた患者さんもいるそうです。 こむら返りが頻繁に起きるようであれば、早めに病院にいくことをおすすめしています。 【関連記事】• 【関連記事】• ミネラルが含まれるスポーツドリンクでミネラル補給• こまめな着替えで、急激な体温上昇を抑える• 肝臓を弱らせないように、暴飲暴食を控える ことが重要なようです。 40代・50代の美容法• 40代・50代に必要な栄養• 40代・50代の健康・美容チェック• ギフトマナー• 健康ギフトにえごまそば• グループサイト•

次の