梅雨 時候。 梅雨の候の読み方と意味!時期はいつ?時候の挨拶例文も!

時候の挨拶 6月上旬~下旬 書き出しと結び|カジュアル・ビジネス

梅雨 時候

くちなしが甘い香りを漂わすころとなりました• 麦の穂も色づく季節を迎え、いよいよご壮健のことと存じます• 水田に映る青空がすがすがしいこのごろ、お元気で活躍中のことと思います• 今年も衣替えの季節を迎えますが、お変わりありませんでしょうか• 衣替えの時季を迎え、道行く人々の装いにも夏らしさが感じられるころとなりました• 初夏のさわやかな風が心地よい好季節となり、ますますご活躍のことと存じます• やわらかな初夏の日差しが心地よいこのごろ、お健やかにお暮らしのことと存じます• 木々の緑が日ごとに色を深めていく昨今、いよいよご清祥のことと拝察いたします• 雨に濡れ、木々の緑も深みを増すこのごろ、ご機嫌いかがでしょうか• 梅雨入りを控え、不安定な天候が続いておりますが、お障りなくお過ごしでしょうか 中旬• 梅雨明けが待たれるこのごろ、つつがなくお暮らしでしょうか• 長雨の続くこのごろですが、相変わらずお忙しくご活躍のことと拝察いたします• 梅雨の晴れ間に夏の気配が感じられるころとなりましが、お元気でお過ごしでしょうか• 梅雨も明けたかのような夏らしい天候が続いておりますが、ご平安にお暮らしでしょうか• 夏至を過ぎ、梅雨明けも近づくころとなりましが、いかがお過ごしでしょうか• 梅雨明けも間近となり、いよいよご清栄のことと存じます• 田を渡る風もさわやかな頃となり、皆様にはますますご健勝のことと存じます• 6月末とは思えないほど暑い日が続いておりますが、体調をくずされてはいませんか• 雨後の新緑がいっそう色濃く感じられる昨今、いよいよご清栄のことと存じます• 雨上がりの緑がすがすがしい昨今、貴社におかれましては一層ご隆盛のこととお慶び申し上げます カジュアルな書き出しの挨拶 気心の知れた相手に送る手紙に適した挨拶文です。 保育園・学校のおたよりや、メールの書き出しなどにもご利用ください。 今年も衣替えの季節になりました• 暖かくなり、街でも半袖を来た人の姿が目立つようになってきました• 初夏を迎え、街路樹の緑もますます青々としてきました• 田んぼに張られた水がきれいな青空を映すころとなりました• あじさいが可憐な花を開き始めたこのごろ、お元気でいらっしゃいますか• そろそろ梅雨入りが近いようですが、お変わりなくお過ごしですか• 梅雨前線が近づいてきているようですが、お元気でお過ごしでしょうか• 梅雨入り前とは思えないような、さわやかで過ごしやすいお天気の日が続きますね• 6月に入り、心なしか湿っぽい風の吹く日も増えてきましたが、お変わりありませんでしょうか 中旬• 連日の雨ですが、元気でやっていますか• 雨続きですが、運動不足になっていませんか• 今年は空梅雨なのか、雨が少ないですね• ぐずついたお天気の日が続きますが、お変わりありませんでしょうか• ここのところ梅雨寒の日が続きますが、体調など崩していませんか• 梅雨に入り、街中で色とりどりの傘を見るのがちょっとした楽しみです• 雨粒をのせたあじさいが可愛らしいこのごろ、お変わりありませんか• 今年もおいしい旬のさくらんぼがお店に並ぶころとなりました• もうすぐ父の日、プレゼントは決めましたか 下旬• 早いもので今年もそろそろ半分が過ぎようとしていますが、いかがお過ごしでしょうか• なぜか忘れられがちな父の日ですが、お父さんに日頃の感謝を伝えましたか• 梅雨の晴れ間の青空がうれしいこのごろ、お元気でお過ごしでしょうか• 今日は梅雨の中休みで、きれいな青空が広がっています• 長雨が続くこのごろですが、出不精になっていませんか• 梅雨明けが待ち遠しい今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか• 雨上がりの木々の緑がすがすがしいこのごろ、ご機嫌いかがでしょうか• 梅雨も明けたかのような暑い日が続きますが、お達者でお過ごしですか• そろそろ海や山が恋しい季節、早く梅雨が明けてほしいですね• 梅雨明けも近づき、海開き・山開きが待ち遠しいこのごろです 6月の結びの挨拶 6月の結びの挨拶では、梅雨の天候に触れながら相手を気遣う言葉をかけるのが定番です。 夏に向けての前向きなメッセージを贈るのもよいでしょう。 向暑(こうしょ):暑い季節に向かうこと。 梅雨(つゆ):6月上旬から7月上旬頃にかけての雨期。 また、その雨や気象状況。 衣替え(ころもがえ):季節の変わり目に、衣服をその時季に合ったものへと替えること。 一般に、6月1日に夏物へ、10月1日に冬物へと衣替えする。 梅雨冷え(つゆびえ):梅雨の季節の冷え込み。 とくに、思いがけず急に冷え込むこと。 梅雨寒(つゆざむ)ともいう。 五月雨(さみだれ・さつきあめ):陰暦5月頃に降る長雨。 梅雨の別称。 空梅雨(からつゆ):ほとんど雨の降らない梅雨。 照り梅雨とも。 梅雨晴れ(つゆばれ):梅雨の期間中に一時的に晴れること、あるいは梅雨が明けて晴れること。 また、それらの晴天。

次の

梅雨の手紙!挨拶書き出し例文や結びの言葉

梅雨 時候

この記事の目次• 時候の挨拶でも「 梅雨」「 長雨」「 梅雨晴れ」「 梅雨寒」などは季節感を表すのに、もっともよく使われる言葉です。 梅雨という言葉は何となく気分が上がらないので避けたいと思う時には「 短夜」や6月を代表する「 紫陽花」などの花の名前を使うのもいいです。 また 空梅雨の年や地域などでは「 向暑」や「 深緑」「 初夏」なども使うことができます。 書き出しの例文 「通園途中に咲く紫陽花が雨に濡れて綺麗に咲いています。 お仕事に復帰されて忙しい日々でしょうね」 「今年は空梅雨が続き、じわじわと暑さを感じています。 変わりなく元気でしょうか?」 結びの例文 「雨が続いてうんざりとする毎日ですが、梅雨明けにお会いできるのを楽しみにしております」 「梅雨の時期、寒暖差がありますのでお体に気をつけてお過ごしくださいね」 このように、 話し言葉に近い感じで季節を感じる言葉を添えてあげるだけで、立派な時候の挨拶が完成します。 花や旬の食材などを使った時候の挨拶の例文 花や旬の食材を使えば、親しみの持てる オリジナリティーのある時候の挨拶が簡単に作れます。 6月から旬を迎える食材として「 枝豆」「 グリーンピース」「 枇杷」などがあります。 あなたや手紙を出す相手の 好物が旬を迎えていたら使ってみてはどうでしょうか。 花を使うのも手紙や文書に彩りが加わっていいですね。 6月中旬には「 紫陽花」だけでなく「 ユリ」や「 花菖蒲」なども花盛りを迎えています。 まとめ 6月中旬(11日~20日)は、雨が多い季節ですが植物は元気に生育する時期です。 雨の中に咲く紫陽花や花菖蒲を見ていると心がホッと和むものです。 日本には 季節感を大切にする言葉がたくさんありますよね。 手紙で時候の挨拶を交わすのもそんな日本の伝統的な文化です。 文書や案内文では、なるべく定型の言葉を使った方が無難ですが、親しい人への手紙などでは身近に感じた季節を書き表せば、それが時候の挨拶になります。 梅雨で外出ができない時には、日頃は電話やメールでやり取りしている人と手紙のやり取りをしてみるのも良いのではないでしょうか。 紹介した例文をちょっとアレンジするだけで、簡単に 6月中旬の時候の挨拶を作れますので、ぜひ参考にしてくださいね。 合わせて確認しておきましょう。

次の

7月の時候の挨拶|ビジネス・結婚式・お手紙に使える例文【上旬・中旬・下旬】 | 時候の挨拶と季節の挨拶

梅雨 時候

暑中見舞いを梅雨明け前に出すのは? 暑中見舞いのはがきは、基本的には 梅雨が明けてから出すのが一般的、なのですが。 こうもジメジメとした日が続くと、 いざ梅雨明け宣言されたところで 「ほんとに梅雨明けたの?」と勘繰りたくなってしまいます。 それに、自分の住んでいる地域で 梅雨明け宣言がされたとしても、 送り先がまだ梅雨の真っ最中、ということもあり得ます。 これは結構皆さん見落としがちなのですが、 自分の住んでいる地域の梅雨明けではなく 相手の住む地域の梅雨が明けて、やっと 「暑中見舞い」が出せるようになるんですね。 自分の所ではなく、相手の住む地域がどうなっているか?なんです。 なので、あまりそう思う方もいらっしゃらない とは思うのですが、なるべくなら 梅雨明け前には暑中見舞いのはがきは出さない方が無難、と言えます。 梅雨明け前の時候の挨拶とは? では、梅雨明け前の時候の挨拶って一体何があるのでしょうか? 暑中見舞いや残暑見舞いのように ~見舞い、というような時候の挨拶。 他に思い当たらないし、単なる季節の挨拶状になる・・・と思いきや。 実はこの時期だからこそ使える 時候の挨拶があるのを、ご存知でしょうか? 今のような梅雨真っ最中にピッタリの 「梅雨お見舞い申し上げます」 という時候の挨拶があるんです。 そもそも梅雨見舞いという言葉は、 普段あまり聞き慣れないですよね。 夏本番前でジメっとした今の時期に、 相手の体調を気遣い手紙やはがきを送るお見舞いなんです。 ・梅雨お見舞い申しあげます ・梅雨お伺い申し上げます ・梅雨の候 ・梅雨のみぎり ちょっと砕けた感じでよければ ・日々洗濯物の始末に追われ頭が痛いですが~ などでもいいかもしれませんね。 拝啓 梅雨が明けたかな、と思うとまた雨という日々が続きますね。 体調などくずされてはいらっしゃいませんか。 ~中略~ 思わぬ梅雨寒に、お風邪など召されませんように。 敬具 梅雨明け前という状況を考えると、雨が続くことで洗濯物が溜まって困る! という現実的な問題もありますし、梅雨冷えによる体調への影響も気になるところです。

次の