天山広吉。 天山広吉 入院がヤバい!肺の中に入っていたものとは?画像ツイート

【画像】天山広吉の肺の異物はピーナッツ?誤嚥性肺炎の原因は老化?

天山広吉

この学校には西村修やウルティモ・ドラゴン、金原弘光など、後にプロレスラーとなった人も結構通っていたんですね。 ほとんどの生徒が身長の規定に足りずにデビューできませんでしたが、天山や西村のように180センチ以上の生徒はそのまま正式に新日プロの新弟子になっています。 西村はその生来の要領の良さから上手く立ち回っていたみたいでしたが、逆に天山は先輩レスラー(特に橋本真也や獣神サンダー・ライガー)からのイジメの標的にされたそうです。 実際、天山は厳しい練習とイジメに耐えかねて一度は合宿所から逃げ出しています。 その後、新日本プロレス学校時代の友人である金原から説得されて出戻りしましたが、本来入門は後である小原道由の後輩にされてしまったそうです。 よりにもよって小原の後輩いびりは相当のものだったようです。 もう後戻りのできない天山は必死で猛練習とイジメに耐えたんでしょうね。 何か嫌なことがすぐに会社を辞めてしまうような私には到底無理ですよ…。 新人時代の天山は顔に爪楊枝を刺されたり、砂浜に首から下を埋められたりしている写真が載っていましたね。 とはいえ、天山は比較的早くからプッシュされています。 ヤングライオン杯を制覇してヨーロッパへ海外遠征に出発し、1995年1月に帰国してからは会社からトップ戦線にマッチメイクされています。 海外に出るまでは90キロ台のスリムな体型でしたが、カルガリーのブッカーである大剛鉄之助氏の元で肉体改造に着手して120キロまで増量することに成功。 一部でヤバい注射の存在が噂されていますが、実際のところはどうだったんでしょうね? この時期の天山へのプッシュは凄かったです。 帰国してすぐに橋本の持つIWGP王座に挑戦。 2月には蝶野正洋、ヒロ斉藤とユニットを結成し、いきなりタッグマッチながら長州力からフォールを奪っています。 そういえば、スランプから復帰したばかりの武藤敬司もシングルで破っていますね。 トップ戦線でしっかりと実績を残していた天山ですが、この時期は精神的に相当しんどい時期だったようです。 パンプアップして増量した肉体も、見る見る萎んでいったのが印象的です。 元・週刊ゴング編集長の金沢克彦氏の著書にも、当時の天山の苦悩が語られています。 天山は金沢氏に「ホントはしんどくてたまらんのです。 」と泣きながら電話したそうですから、ジェラシーと欲望が渦巻く新日プロでスピード出世していくことは精神的・肉体的に過酷な環境にいたことが分かります。 特に橋本なんかは尋常じゃないハードなキックを叩き込んでいましたし、垂直落下DDTでも故意的に脳天から落とされたりしていましたもんね。 その他にも、佐々木健介もまったく遠慮しないラリアットをブチ込んでいました。 可哀想に…。 2000年代に入って上の世代が次々と新日プロを退団し、天山らの世代がトップとなる機運が高まります。 IWGP王座も獲得し、G1クライマックスも連覇するなどしています。 しかし90年代中盤から酷い目に遭わされていた天山は、この時期辺りから慢性的に怪我に悩まされていたようです。 天山プレス(ムーンサルトプレス)に失敗し、脳天からマットに落ちて昏倒。 さらに小島聡と史上初となるIWGP・三冠王座のダブルタイトル戦では脱水症状を起こしてTKO負けするなどの失態を見せています。 総合格闘技ブームに押されて会社の業績は急降下し、会社内は筆頭株主であるアントニオ猪木氏による強権発動でゴタゴタ続き。 そのうち会社は天山の後輩である中邑真輔、棚橋弘至、柴田勝頼らの売り出しに力を入れ始めます。 当時IWGP王者だった天山はデビュー2年にも満たない中邑に敗れて王座から転落。 その後も明らかに中邑世代の踏み台的なマッチメイクをされるようになり、当時協力関係にあった全日プロのシリーズにフル参戦するなど次第にランクを落としていきます。 H』なるユニットを結成していますが、大きな話題を呼ぶことなく翌年に解散。 天山自身も慢性的な頚椎の怪我により長期欠場に追い込まれています。 結局、会社からの要求に対して「ふざけんな、やってられるか!」と逆らえない性格なんでしょうね。 恐妻家としてバラエティに出演していましたが、これは演出ではなく本当だったのかも。 会社への不満はあったんでしょうが、移籍したりフリーになるという選択肢は許されなかったのでは、と勘繰ってしまいます。 三銃士世代と中邑・棚橋世代に挟まれた不運もありますが、長らくトップ下で活躍したバイプレーヤーでもあります。 真の意味でトップに立つには人が良すぎたのかも知れませんね。

次の

選手プロフィール一覧 | 新日本プロレスリング

天山広吉

天山広吉選手が許せません。 僕は中学生の頃、新日本プロレス所属の天山広吉選手に夢中でした。 そこまで天山選手に入れ込んだ理由は一つ、その圧倒的カリスマ性と徹底したヒールな生き様でした。 どの位夢中だったかというと興行でやってくれば天山選手を大きな声で応援し、プロレスごっこをする時は絶対に天山選手のポジションは渡さなかったし、教科書の落書きにも入場時につけている角のようなものを必ず書き加えていました。 また数え切れない程書いてきたお陰で本名の次に「天山広吉」という文字を書くのが得意になりました。 今でも4桁パスワードは「1030(てんざん)」とする事があります。 そんな大好きだった天山選手とこの間たまたま読んだ雑誌で数年ぶりに再開しました。 しかしそこにいる天山は笑顔でした。 激しく動揺しつつもなんとか心を落ち着かせてインタビュー内容を確認すると子煩悩なパパの姿、ヒール時代の苦労話、休みの日のパチンコ話を笑顔で語っていました。 たしかにプロレスがエンターテイメントなのはわかっています。 ですが僕の心を掴み、振り回し、めちゃくちゃに引きずりまわしたあのキラキラ輝いていた天山がこのような事を言うというのはとてもじゃないけと受け止める事ができません。 あの頃の天山はどこにいってしまったのですか? それとも変わらないといけないのは僕の方なのでしょうか。 最近、YouTubeでザ・シークとフレッド・ブラッシーのインタビュー取材を見ました。 特にシークの場合は、デトロイトの郊外にある周りには林と草地が生えてる、その中にぽつんと一軒だけ建っている自宅でのインタビューでした。 60代後半のシークでしたが、玄関の前で近寄りがたい一方的にシークがしゃべるインタビューが続き、家の中をただカメラだけがナレーション付きで映していました。 そこには、やっぱり「ザ・シーク」が存在していました。 ブラッシーは、相変わらず「やすりで歯を研ぐ」パフォーマンスを見せていました。 カメラのこちら側に存在する「ファンの目」を意識するプロフェッショナルの姿がそこにはあると感じました。 ビジネスとプライベートは別と割り切るのは簡単ですが、プロがわざわざプライベートを公開するのは「ファンの目」があることを少しは計算したほうがいいと私は思います。

次の

楽天ブックス: リングの記憶 第三世代〜天山広吉×小島聡×永田裕志×中西学〜

天山広吉

【Twitter画像】天山広吉の肺の異物混入の正体は何? ヤフーニュースはこのように伝えています。 新日本プロレス所属の人気レスラー・天山広吉(48)が24日、自身のツイッターを更新。 肺の中に異物が混入したため、入院していたことを告白した。 23日のツイッターで「明日からちょろっと入院して来ます。 大したことないやつなので1日だけで帰れます!!でも万が一もあるし……とりあえず頑張って来ます」と入院することを明かしていた天山。 「いつの間にか、肺の中に異物が入り込んでいました。 コイツのせいでなんか苦しいと思ったわ。 今日無事に、気管支鏡で取ることが出来ました!!ご心配をおかけしてすみませんでした」とファンに報告するとともに問題の「異物」の写真を公開した。 ファンからは「そんなん入るん!?」「ホッとしました」「お大事になさって下さい」など、いたわりのコメントが寄せられている。 yahoo. いったいこの正体は何なんでしょうか? 天山広吉の肺の混入した異物はたけのこの里?アーモンド?差し歯? 天山広吉さんが、肺の中に異物が入り込んだとTwitterで投稿されました。 結局それが何なのかについては言及されていませんでしたが、ネット上ではこのような考察をされている方がいました。 たけのこの里…ですか!? — みき RURUaGOGO アーモンドの欠片に見えます。 これが肺に入ったら苦しいなんてもんじゃないと思いますけど、そこは流石プロレスラー。 — 新日ファン kanfuruzai23 これ、差し歯ですよね。 — ハヤ武士 hayabushi プロテインの塊か何か?ですかね。 😃💦 — ぽん 6xt4E4GcDyzrGFb いったい正体は何で、そもそも何か原因はあるものなのでしょうか。 誤嚥性肺炎 誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や食べ物などと一緒に 誤嚥され、気管支や肺に入ることで発症する疾患です。 誤嚥性肺炎を起こすのは、高齢の人や、脳梗塞の後遺症やパーキンソン病などの神経疾患を抱えている人が多いです。 saiseikai. 高齢者に多いということですが、のど周りの筋力が低下すると、誤嚥のリスクは高まるようです。 しかし、天山広吉さんののど周りの筋力が低下しているのは考えにくいです。 そうなると、誤嚥でよくあると言われるのが「ピーナッツ」です。 ピーナッツは、硬くてツルっとしているので、気管に入りやすいようです。 またレントゲンには写らないので診断が難しいため、診断がついたら全身麻酔で気管支鏡を使って取るようです。 Twitterでも気管支鏡を使ったと言っているので、恐らく今回の画像のものはピーナッツではないかと思われますね。

次の