神奈川 県 ナンバー プレート。 図柄入りご当地ナンバープレート一覧!あのゆるキャラも登場!

神奈川県の運輸支局(陸運局)一覧|自動車の登録,車検手続きなど|管轄ナビ

神奈川 県 ナンバー プレート

出典: 車のナンバープレートには、従来の地名の他、ご当地ナンバーなどの普及もあって、現在では多くの種類の地名がナンバープレートの地名に採用されています。 ご当地ナンバーの採用では居住地の地域が特定されたりするリスクや、元々、採用されていたナンバープレートの地名が気に入っているなどとして反対される地域もありますが、全国的には、ご当地ナンバーは続々と採用されています。 東京都では世田谷ナンバーや杉並ナンバー、神奈川県では湘南ナンバー、南の鹿児島県では奄美ナンバー、東北の宮城県では仙台ナンバーなど、主要都市の多くの地名がナンバープレートに採用されており、全国区となる地名のナンバーや人気の高い地名のナンバーもあります。 こんなに多くの地名がナンバープレートに採用されていると、気になるのが人気のナンバープレートの地名はどこなのだろうか?ということですよね。 多くの有名都市が採用されているナンバープレートですが、人気となっているナンバープレートの地名はどこなのでしょうか? 気になるナンバープレートの地名を、ランキング形式にしてまとめてみました。 ご当地ナンバーの地名はランキングに影響する? ご当地ナンバーは多くの数が採用されていますので、ナンバープレートに採用されている地域名のランキングにも大きな影響を与えそうです。 ここでは、注目のご当地ナンバーをチェックしてみたいと思います。 今までに導入されたご当地ナンバーは、これだけ多くの地名が採用されています。 新地域名 旧地域名 対象市町村 仙台 宮城 宮城県仙台市 会津 福島 福島県会津若松市、喜多方市、耶麻郡猪苗代町・西会津町・磐梯町・北塩原村、南会津郡下郷町・只見町・檜枝岐村・南会津町、大沼郡会津美里町・金山町・三島町・昭和村、河沼郡会津坂下町・柳津町・湯川村 郡山 福島 郡山 福島 福島県郡山市 盛岡 岩手 岩手県盛岡市、滝沢市、八幡平市、紫波郡紫波町・矢巾町 平泉 岩手 岩手県一関市、奥州市、西磐井郡平泉町、胆沢郡金ケ崎町 那須 宇都宮 栃木県那須塩原市、大田原市、那須郡那須町 高崎 群馬 群馬県高崎市、安中市 前橋 群馬 群馬県前橋市、北群馬郡吉岡町 成田 千葉 千葉県成田市、山武市、富里市、山武郡芝山町・横芝光町、香取郡神崎町・多古町 柏 野田 千葉県柏市、我孫子市 川越 所沢 埼玉県川越市、鶴ヶ島市、坂戸市、入間郡毛呂山町・越生町 川口 大宮 埼玉県川口市 越谷 春日部 埼玉県越谷市 杉並 練馬 東京都杉並区 世田谷 品川 東京都世田谷区 つくば 土浦 茨城県つくば市、つくばみらい市、守谷市、常総市、古河市、筑西市、桜川市、下妻市、結城市、坂東市、結城郡八千代町、猿島郡五霞町・境町 諏訪 松本 長野県諏訪市、茅野市、岡谷市、諏訪郡下諏訪町・富士見町・原村 金沢 石川 石川県金沢市、かほく市、河北郡内灘町・津幡町 岡崎 三河 愛知県岡崎市、額田郡幸田町 豊田 三河 愛知県豊田市 一宮 尾張小牧 愛知県一宮市 春日井 尾張小牧 愛知県春日井市 伊豆 沼津 静岡県熱海市、伊東市、三島市、伊豆市、伊豆の国市、下田市、田方郡函南町、賀茂郡河津町・西伊豆町・東伊豆町・松崎町・南伊豆町 富士山 沼津 静岡県富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、駿東郡小山町 富士山 山梨 山梨県富士吉田市、南都留郡富士河口湖町・西桂町・忍野村・山中湖村・鳴沢村・道志村 鈴鹿 三重 三重県鈴鹿市、亀山市 堺 和泉 大阪府堺市 倉敷 岡山 岡山県倉敷市、笠岡市、浅口市、井原市、小田郡矢掛町、浅口郡里庄町 下関 山口 山口県下関市 奄美 鹿児島 鹿児島県奄美市、大島郡瀬戸内町・龍郷町・喜界町・徳之島町・天城町・伊仙町・和泊町・知名町・与論町・大和村・宇検村 こう見ると、各都道府県の県庁所在地がご当地ナンバーになっているパターンが多いように思います。 やはり、人口密集地ですし、地域をアピールする意味合いでも各都道府県が採用しやすいという面もあるのでしょう。 あとは、各地域の有名な地名などが採用されることが多く、東京都の高級住宅街が立ち並ぶ地域である世田谷や、小江戸川越と親しまれる埼玉県の川越ナンバーや、美しい海や景色に恵まれた鹿児島県の奄美などもご当地ナンバーなどに採用されています。 あと、珍しいケースは富士山ナンバーで、静岡県と山梨県の両県で採用されているご当地ナンバーがあり、両県が富士山ならば我が県だ!と、いうところで譲れないところもあったのでしょう、両県をまたぐご当地ナンバーは珍しいケースです。 ナンバープレートの地名別人気ランキング 出典: このように、多くの種類があるナンバープレートの地名ですが、人気のある地名はどのような地名のナンバーなのでしょうか? ランキングはご当地ナンバーが占めてしまうのか?それとも、従来からあるナンバーがランクインするのでしょうか? 早速、ナンバープレートの地名ランキングをチェックしてみましょう。 第1位:湘南ナンバー 神奈川県を代表する地名として湘南はあまりにも有名な地域です。 サザンオールスターズやチューブなどで有名な江ノ島海岸や辻堂海岸、鎌倉市や逗子市近辺の材木座海岸など、海岸線の景色も美しく、夏になると多くの若者が海水浴に押し寄せる地域でもあります。 湘南ナンバーができる前は、神奈川県のナンバープレートの地名で断トツの1位だった横浜ナンバーを押しのけ、神奈川県での人気No1にとどまらず、全国の人気ランキングでもNo1となりました。 第2位:品川ナンバー 言わずと知れた、昔より長らく人気となっているナンバーの地名としても有名です。 やはり、東京23区内の中心地となる地域のナンバーとあって、都会的な印象も多くおしゃれなナンバーとしても評判が高いのが品川ナンバーの特徴です。 女性からの人気も高く、高級住宅街が多い地域でもあるので、ステータスを求めるために地域内に住んでいなくても何とかして品川ナンバーを取得しようとする人もいるようです。 やはり、高級車を所有している人が多く住んでいる地域のため、高級車に付いていると似合うナンバーだという印象も多いようです。 第3位:横浜ナンバー 湘南ナンバーが登場する前には、神奈川県のナンバープレートの地名で圧倒的な人気を誇っていたのが横浜ナンバーです。 ですが、湘南ナンバーの登場で神奈川県でのナンバープレートの地名ランキングで首位を明け渡すこととなりました。 ただ、神奈川県といえば?と、聞かれると、他県の方はまず間違いなく横浜と答えるでしょう。 やはり、その知名度の高さからも人気のナンバープレートの地名だといえるでしょう。 みなとみらい21や横浜駅もそうですし、交通網も発達しているので便利ですし、プロ野球やJリーグの公式の球場なども多くあるのが横浜市の特徴でもあります。 第4位:富士山ナンバー 日本一の山と言えば、誰もが答えることのできる富士山。 ご当地ナンバーとしてデビューした富士山ナンバーですが、静岡県と山梨県の両県で採用されている、とても珍しいご当地ナンバーです。 富士山ナンバーで希望ナンバーを取る人が、変更可能なアラビア数字まで「223(フジサン)」と語呂合わせをする希望ナンバーの申請が急増したくらい話題性の高いご当地ナンバーでもあります。 あとは、富士山の標高であると言われている3776mに因んだ「3776」も人気の希望ナンバーだと言われています。 第5位:神戸ナンバー 今や100万ドルどころか1000万ドルの夜景と称されるほどの夜景で有名な都市が兵庫県の神戸市です。 その兵庫県を代表するナンバープレートの地名が神戸ナンバーです。 ご当地ナンバーが人気上昇中の中、品川と横浜とともに従来から人気ナンバーの地名だった神戸ナンバーが堂々の5位にランクインとなりました。 大阪府、京都府 、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県の2府4県とされる関西地域で人気の大都市として有名な神戸市を中心とする神戸ナンバーが全国のランキングで五指に入るのは納得の結果だといえるでしょう。 ナンバープレートの地名人気ランキングの傾向まとめ これだけ、話題となるご当地ナンバーが数多くデビューしているのですから、もっと多くのご当地ナンバーが5位以内に入っていると思っていましたが、トップが「湘南ナンバー」だったのは良かったものの、同様にランクインした「富士山ナンバー」と2つだけにとどまり、従来からの人気ナンバーに押される形となりました。 ランキング順位 ナンバープレートの地名 6 世田谷 7 なにわ 8 札幌 9 大阪 10 奄美 6位以降も上記のとおりとなっていますので、やはり、人気が高いご当地ナンバーがあることは事実ですが、なかなか、従来からの人気の地名には勝てず、従来からある認知度の高い地名のナンバーに分がある結果となりました。 今まで慣れ親しんできた地名のナンバープレートの方が良いと思う方が多いということも、このような結果になったことの要因ではないでしょうか。 私がいつも利用している一括査定サイト 私はいつも、車を売る時は以下2つの一括査定サイトに登録するようにしています。 複数サイトに登録しておいた方が、 多くの業者で価格競争をさせることができるので、高額査定に結びつく確率がアップするからです。

次の

神奈川県警察/自動車の保管場所(車庫)証明等の手続き

神奈川 県 ナンバー プレート

希望ナンバー制度とは 自動車のナンバープレートに自分の希望する番号をつけることができる制度です。 申し込むことができる自動車は次のとおりです。 希望できる番号の対象と種類 4桁以下のアラビア数字の部分のみが自由に選べます。 希望番号の種類は、抽選の対象となる「抽選対象希望番号」と、その他の「一般希望番号」です。 抽選対象希望番号 抽選対象希望番号は次のとおりとなりますが、地域ごとに異なりますのでご注意ください。 また、事業用及びレンタカーについては抽選対象外となっております。 月曜日~金曜日受付分を翌週の月曜日にコンピュータによる抽選を行います。 全ての地域で抽選対象希望番号となっている番号(登録車・軽自動車共通) 1 7 8 88 333 555 777 888 1111 2020 3333 5555 7777 8888 神奈川県内では「登録車の横浜ナンバー」のみ、下記番号が追加されます。 2 3 5 6 9 10 11 18 33 55 77 111 123 1000 1001 1010 1122 1188 1212 2525 7000 8000 8008 申込み方法 希望番号の予約申込み方法は、次の3通りです。 各地域の「希望番号予約センター」窓口(所在地等一覧参照)に出向いて申込む方法。 「希望番号予約センター」は運輸支局等や軽自動車検査協会事務所に近接して設置されています。 インターネットにより申込む方法。 その場合は、「希望番号申込サービス 」へアクセスして下さい。 各地域の「希望番号予約センター」あてに、郵送又はFAXにより申込む方法。 (別途手数料500円(税込)が掛かります。 ) 詳細は「希望番号予約センター」へお問合せ下さい。 電話による申し込みはできません。 希望ナンバープレートは注文製作となるため、予約済証交付日より起算して4営業日から交付可能となります。 但し、軽自動車の字光式ナンバープレートのみ5営業日から交付可能となります。 自動車の登録(届出)は、ナンバープレートの交付可能日を待って行うことになります。 (交付可能日は予約済証に記載されています。 ) 【注意事項】• 希望番号で登録(届出)するためには、その登録(記入)申請の前に予約手続きが必要となります。 抽選希望番号の場合は、先ず抽選に当選する必要があります。 抽選希望番号に当選された方は、抽選対象希望番号受付証に記載されている有効期間内 (抽選日から起算して6営業日以内)に抽選対象希望番号受付証を持参のうえ、希望番号予約済証の交付を受けて下さい。 希望番号予約済証に記載されている 有効期間内(交付可能日から1ヶ月間)に登録(記入)申請を行い、希望番号の交付を受けて下さい。 有効期間を過ぎると失効となります。 希望番号予約済証が交付された後に申込者の都合により解約した場合、希望番号による登録(届出)手続きができなかった場合、希望番号予約済証の有効期間が経過し効力が失われた場合などは、 ナンバープレート代金の返還はできませんのでご了承願います。 その他申込み方法の詳細につきましては、各地域の「希望番号予約センター」へお問合せ下さい。 希望ナンバープレート代金• 希望ナンバープレート代金は予約の際に支払うことになります。 希望番号は通常のナンバープレートと異なり、注文製作となるなどの理由から下記の価格となります。 1枚の場合は半額となります。

次の

神奈川県のナンバーの種類

神奈川 県 ナンバー プレート

乗用車のナンバープレートに、アルファベット(英字)が入り始めました。 ナンバープレートの上段(右)に記される「分類番号」に、アルファベットが使われます。 アルファベット入りのナンバーが導入された理由は、手数料を支払えば大きく記される4桁の番号を好きな数字にできる「希望ナンバー制」で、人気が集中している一部の番号を使い果たしたからです。 一度使ったクルマのナンバープレートは、車両の特定にナンバープレートを使うなどの理由から再度使われることはありません。 そのため人気の数字が払底してしまう問題は以前から指摘されていました。 しかし分類番号へのアルファベットの導入によって、今後も利用者に希望のナンバーを提供できるようになりました。 国土交通省によると2018年1月に東京で初めて交付され、次いで神奈川や愛知で交付されています。 普通乗用車ですでに払底している番号は、いずれも3から始まる分類番号(3ナンバーの乗用車)の練馬の「…8」、横浜の「8000」などです。 名古屋の「…1」も人気が高く、分類番号とひらがなを使い切りました。 新制度が導入された後でも、番号が払底していなければ3桁とも数字の分類番号のままで交付されます。 アルファベット導入の方法とは? クルマのナンバープレートは、地名(クルマが登録された運輸支局などを表す文字や使用本拠の地理的名称)、ひらがな(事業用、自家用などの区別のための表示)、数字(一連指定番号)などで構成され、そのクルマが自動車登録ファイルに登録されていたり、クルマが検査を受け、安全性や公害防止の観点から保安基準に適合していることを表すものです。 分類番号は地名の横にある3桁の数字で、クルマの種別や用途を知ることができます。 アルファベットは分類番号の下2桁で使用でき、「30A」や「3AC」「5FH」などと表記されます。 利用者が希望のアルファベットを選ぶことはできません(2018年7月時点)。 使用されるアルファベットは、A、C、F、H、K、L、M、P、X、Yの10文字です。 国土交通省によると、希望ナンバーの払底回避のため、これまでいろいろな案が検討されてきました。 「ナンバープレートのひらがな部分をカタカナやアルファベットに変更する」「4桁の一連番号を5桁にする」などの案もありましたが、比較的容易に実施できる分類番号の変更が採用されました。 分類番号の先頭の数字はクルマの用途や大きさが分かるため、そのまま残されることになりました。 なお、軽自動車検査協会によると、軽自動車も2019年1月1日から分類番号が払底し次第、順次アルファベットを導入する予定です。

次の