じん るい の みなさま へ 攻略。 料理レシピ

『じんるいのみなさまへ』は本当にハートフル日常系百合なのか、百合愛好家が菅沼Pを小一時間問い詰めてみた

じん るい の みなさま へ 攻略

ホテル内の寝室前でイベントを発生させる ホテルの外に出て下記の箇所でイベントを発生させる• 工事現場前• ホテルの階段を上ったエリア• 同人ショップ前 大通り下側 ホテル付近の2か所を探索すると出現• 同人ショップ前 大通り上側 ホテル付近の2か所を探索すると出現• ゲーセン前 マップ右側 ホテル付近の2か所を探索すると出現• ゲーセン前 マップ左側 ホテル付近の2か所を探索すると出現• ゲーセン前 マップ左上側 ホテル付近の2か所を探索すると出現。 木に隠れて見つけづらいので注意• ゲーセン裏 ゲーセン前 マップ左上側 探索後に出現 工事現場前のイベントでアイテム「鉄板」を獲得 同人ショップ 大通り下側 前のイベントでアイテム「シュレッダーダスト」を獲得 同人ショップ 大通り上側 前のイベントでアイテム「ハッキングツール」を獲得 ゲーセン前 マップ右側 のイベントでアイテム「ピックガン」を獲得 ゲーセン前 マップ左側 のイベントでアイテム「電子ライター の石 」を獲得 電子キー解除デバイスを作りにホテルに戻ろう! ホテルに戻ってイベントを発生させる イベント後、レシピ「電子キー解除デバイス」を獲得 ホテルの作業机で「電子キー解除デバイス」を作成する 電子キー解除デバイスを使って海方面の建物を調べよう! ホテルの外に出て下記の箇所でイベントを発生させる• 海へ向かう通り沿いのポイント5か所• メイド喫茶前• メイド喫茶左• 外貨交換所上• ラジオホール前• ラジオホール上• 駅ビル右• 自販機前 海へ向かう通り沿いのポイントでのイベント後、アイテム「カップ麺」「100円硬貨」「鉄板」「ベンガラ」「木材」を獲得 メイド喫茶前のイベントでアイテム「アルミパイプ」を獲得 メイド喫茶左のイベントでアイテム「可変抵抗器」を獲得 外貨交換所上のイベントでアイテム「エンビパイプ」を獲得 ラジオホール前のイベントでアイテム「ツェナーダイオード」を獲得 駅ビル右のイベントでアイテム「ベンガラ」を獲得 自販機やゲーセン付近でお金を探してみよう!.

次の

『じんるいのみなさまへ』の攻略・キャラクター・ストーリーネタバレまとめ

じん るい の みなさま へ 攻略

秋葉原は東京都にあるオタクの聖地だ。 世界有数の電気街から電脳の街、サブカルチャーの街と時代の流れに乗りながら変化してきた。 アニメ、ゲーム、マンガ、同人誌、PCなどさまざまな分野に特化したお店が多々あり、とりあえず秋葉原へ行けば欲しいものが手に入る。 そんなオタクの聖地を舞台としたゲームが『じんるいのみなさまへ』だ。 本作はある日ホテルの一室で目覚めた5人のヒロインが荒廃した秋葉原でサバイバルするガールズアドベンチャーゲームだ。 探索をして必要な道具を見つけ出したり、生き物を捕まえて料理したりすることもある。 サバイバルと百合、かけ離れたジャンルの2つが生み出すゲームプレイのコンセプトは今までに体験したことがなく、新鮮に感じる。 わけもわからず混乱する彼女らはとりあえずサバイバル生活をすることに。 本作は仲睦まじい彼女たちによる、女の子たちだけのゆる~いサバイバル生活を楽しめる。 荒廃した秋葉原には彼女ら以外誰もいない。 みんなで仲良く助け合い、楽しい毎日を過ごすためにどんな状況でも彼女たちは明るく真っ直ぐ、全力でサバイバル生活を楽しんでいる。 重大な問題が発生して生活に支障が出たとしても彼女らはなんとなく乗り切ってしまう。 きっとサバイバルを楽しみながら生活している彼女たちだから乗り越えられるのであろうと思う。 秋葉原で目覚めた5人のヒロインたちはロケーションを利用してサバイバル生活を送り、フィールドを探索する際は主人公の1人である京椛を操作する。 フィールド内には採集、探索、狩りといった各スポットが存在していて、それぞれスポットごとに出現しやすいアイテムが決まっている。 集めた素材は料理やクラフトに使用でき、それぞれサバイバル生活のなかでは重要だ。 料理にはそれぞれ探索を有利に進められる特殊スキルがあり、探索する際の時間短縮効果や採集の増量効果で有利にアイテムを集められる。 クラフトではストーリー進行に欠かせないアイテムを作成し、困難を乗り越えて絆を深めていく。 次の目標を頼りに目的地を探すとストーリーが進む。 可愛いヒロインの日常を描いた地味なストーリー このゲームの最大の売りは何と言っても百合であろう。 本作における百合要素は荒廃した世界であるという現実を忘れられるほどプレイヤーの心を癒してくれる。 ゆるいサバイバル生活のなかで彼女たちに絆が芽生え、物語の終盤には結婚というワードが出てくるほどなのでしっかり百合要素を堪能できる。 序盤から中盤はサバイバル生活のなかでゆっくり環境を整え、少しずつ食事を豪華にしていく過程が描かれていくのみで、物語の展開は少なく地味だ。 と言っても地味なのは序盤のみであり終盤では驚かされるような展開が待ち構えている。 環境変化の少ない状況下で繰り広げられる百合は安心感があり癒される。 ヒロインたちが目覚めて荒廃した秋葉原を目にしたとき、景色を見て驚くもののすぐに受け入れる反応はあまりにも不自然だ。 しかし、何か裏があるように感じさせる作りは非常にわかりやすく同時に物語へプレイヤーを引き込んでいく。 さまざまな伏線が多く張り巡らされており、ストーリーはサバイバル要素と比べるとよくできている。 物語の黒幕からして彼女らの置かれていた現状から考えても納得のいく回答が得られるだろう。 サバイバル生活はトラブルを乗り越えてこそだと思う。 しかし、作中すべてにおいて都合が良すぎる。 幾度として彼女らの前にトラブルが生じるのだが、すべて苦労することなく何事もなかったように解決する。 食糧難で困っているときに巨大な魚が現れたり、たまたま見つけた肥料を畑に使用したら巨大な大根が育ったこともあった。 たまたま巨大な魚を見つけることもある。 本作における5人のヒロインは個性豊かで可愛い見た目をしている。 それぞれ得意なことを活かして協力し合う様子がほのぼのしていて癒される。 荒廃した秋葉原に取り残された彼女たちがサバイバルする設定だが、キャラクターのほのぼのした百合ならではの雰囲気で穏やかなゲームプレイとなっている。 性格も個性豊かでキャラクターデザインも優れているのできっと自分に合ったお気に入りのキャラクターが見つかるだろう。 お気に入りの子が見つかるはず。 緊張感のないサバイバル体験 『じんるいのみなさまへ』はADVとサバイバル要素を掛け合わせたゲームプレイでヒロインの過酷な日常を追体験できる。 本作はジャングルで行う潜入ミッションの過酷さを追体験できる『METAL GEAR SOLID 3』に近い。 しかし、あくまで本作のサバイバル要素はシステムの中核を担うものではなく、物語を演出するためのシステムだ。 クラフトで作り出したものでさえほとんど使い道がない。 とはいえ本作でプレイヤーが体験するのはサバイバルではなくキャンプだ。 農作業用のクワや狩猟用の罠をクラフトできるが、それらが壊れることはなく、さらに生存に必要な塩が常備されているうえ、水も水道から手に入ってしまう。 電気、水道、寝床の揃った環境下では食事の心配だけすればいいと思いきや、本作では食事ですら心配の必要がない。 食事をしないまま次の日を迎えると空腹のペナルティが与えられ、探索にかかる時間が2倍になるが、それ以外のペナルティがなくゲームオーバーも存在しない。 また、素材を集めても食事以外に使うあてがないため、探索がほとんど意味をなしていない。 結果、サバイバル独特の緊張感がまったく味わえない形になってしまっている。 街は荒廃しているが設備は生きている。 本作で描かれる秋葉原は荒廃していて殺風景だ。 秋葉原の再現度は高いものの、描写距離が短く秋葉原駅からUBX(秋葉原に実在するUDXを模した高層ビル)を眺めると見事にボケてしまい、まるで近視体験をしているような感覚に陥る。 これは演出なのかハードの性能をうまく活かしきれなかった結果なのかはわからないが、遠くにある採集スポットが確認しにくいのでプレイしていて非常に辛い。 フィールドの作りは不親切で「ホテルに帰ろう」というクエストが発生してもホテルの入り口が一度も指示されないなど問題が多い。 マップは飾りでざっくりした秋葉原を示しているだけだ。 現在地や目的地は明記されていないので、行くべき場所がわからずプレイヤーは混乱するだろう。 ストーリーから切り離されたサバイバル体験 サバイバルとアドベンチャーのゲームプレイはうまくマッチしていない。 2つのゲームシステムが別々のゲームとして存在しているためだ。 本作は5人のヒロインの日常を追いながらストーリーが進んでいくが、彼女らがサバイバルしているのを眺めるのみでプレイヤーは本当のサバイバルを体験できない。 本作ではストーリーの進行に合わせて次々にサバイバル要素がアンロックされていく。 しかし、ストーリーで教わったゲームプレイを活かすようなシチュエーションがまったく用意されてない。 ストーリー上で薪の代わりにペーパーログを作ることがあったが、日常的に使用するアイテムであるのにも関わらずそれ以降作ることは一切なかった。 ストーリーで学んだ知識を活かす場面はゲームプレイとしてほとんど出てこない。 作中プレイヤーができるようになるサバイバル要素は釣り、狩り、農作業、クラフトの基礎的なことのみで、すべての基礎的な要素を完全に解放するにはストーリーの最終章まで進める必要がある。 このため、ゲームプレイでサバイバルを楽しむのはほぼ不可能に近い。 ゲーマーのヒロイン永里那が「ゲームで得た知識はサバイバルでも役に立つ」と発言するシーンがあるが実際に役に立っている。 ゲームで得た知識を活用してサバイバル生活を送る彼女を見ていると本当にそう思わざるを得ない。 ヒロインたちの会話は実践で役に立つものも多く雑学として知識になるが、その知識をサバイバルの場面で活かすことができずゲームプレイから得るものはない。 たしかに本作の中で雑学は増えるがゲームプレイから得られるものはない。 ストーリー進行におけるキャラクターの状態や所持品は実際のゲームプレイで得たものを反映していない。 すでに所持しているアイテムをもう一度収集させられることもあり、ストーリー以外の探索を無意味なものにしている。 またストーリーを進行させるにしても目的地に行くだけだ。 クエストを進めるだけだとサバイバルをするタイミングがまったくなく、指示された目標を達成するだけであっという間にエンディングを迎えてしまう。 3Dで描写された秋葉原は忠実に再現されていて、荒廃した世界でのサバイバルやストーリーにはとても期待していた。 しかし実際のストーリは地味なもので、ゲームプレイはお粗末でわかりにくい部分が多い。 ストーリーとサバイバル要素は反発し合いゲームとしてうまく融合できていない印象を受けた。 ただ主人公の5人のヒロインが醸し出すゆるい雰囲気のみが癒してくれた。 ヒロインたちの明るく前向きな掛け合い• 可愛いキャラクターデザイン• 実践で使えるサバイバルの知識 短所• 行き先が指示されないなど、あまりに不親切• グラフィックの粗さ• 地味なストーリー• 意味をなさないゲームプレイ 総評 5人のヒロインが荒廃した秋葉原で繰り広げるストーリーは地味で、サバイバル要素も単なるアンロックに終始して広がりがない。 サバイバルしなくてもいいゲームシステムは百合であることからすれば容認できるが、実際に所持している素材を無視してストーリーが展開したり、ただ目的地に行くだけでストーリーが進んだりとゲームプレイが演出につながっておらず、全体の印象を悪くしてしまった。

次の

じん るい の みなさま へ 攻略

ストーリー ある日、榛東京椛(しんとう きょうか)が目を覚ますとそこは見覚えのないホテルでした。 「あれ?ここはどこ?」 一瞬の疑問を覚えたのちに、「そういえば友達みんなで秋葉原まで観光しに来ていたんだったっけ」と、なぜホテルに泊まっているのかを思い出しました。 約束していた時間に寝坊で少し遅れてしまったものの、 「さあ、今日もみんなで秋葉原の街を観光しよう!」 と、その日どんなことをしようか考えただけでワクワクしてきます。 一緒に秋葉原に来ていた友達もすでに起床していることでしょう。 支度をして、みんなの元へ向かう榛東京椛。 しかし、秋葉原の街を見た瞬間、違和感を覚えます。 「あれ?秋葉原ってこんな街だった…?」 ホテルから勢いよく飛び出した榛東京椛の目の前に現れたのは、思い描いていた賑わいのある秋葉原の街ではありませんでした。 人が住んでいる気配はなく、そこら中に雑草が生い茂り、昨日まで見ていたような賑わいは全くありませんでした。 「昨日までいた人たちはどこに?秋葉原ってこんな感じだった?」 いろいろな思いが錯綜するものの、榛東京椛はとにかく気持ちを切り替えて、その日の旅行を楽しむことに決めたのでした。 エンディング ムツミは、榛東京椛たち一行に語りかけます。 「あなた方の希望はできる限り受け入れたい。 今後も、我々への状況報告は是非ともしていただきたいのですが…」 「それはもちろん応じます!」朱香がみんなを代表してムツミへ返答をします。 勇魚が戸惑いながらムツミへ聞き返します。 「でも…いいんですか?私たちに秋葉原自治区を納める権限を勝手に与えてしまっても…」 「宇宙移民が衰退しているのなら、なおのこと地球側と合流したいのではないでしょうか?」 ムツミは勇魚へこのように返します。 「その考えも確かに。 しかし今の我々は秋葉原自治区の独立を重んじています。 」 「だからこそ小規模なコミュニティでの独立運用が今こそ必要なのです。 」 この秋葉原旅行で宇宙避難民としてのムツミたちに協力体制であった榛東京椛たちのグループへ、秋葉原自治区の統治メンバーとして任せたいという気持ちがムツミにはありました。 こうしてムツミは榛東京椛たちの前から姿を消します。 幽々子が言います。 「向こうは私たちを助けてくれると言っていたが、私たちも向こう側をなんとか助けられるかもしれない」 「私たちの手でこの国を運営していこうね!」 こうして本作「じんるいのみなさまへ」はエンディングを迎えました。 裏技/テクニック コインロッカーの全ての扉を速攻で開けるテクニック 本作の第7章では、秋葉原駅の前にあるコインロッカーが開けられるようになります。 通常、コインロッカーを開けるには「100円硬貨」を使用しなければならない上に、コインロッカーの扉は全部で60個存在するため、かなりの量の「100円硬貨」が必要となります。 しかし、以下のテクニックを使用すれば、コインロッカーをすぐに全部開けることができるようになります。 まず、「100円硬貨」を10枚程度でいいので集めましょう。 そして、その日1日をセーブして終わらせます。 セーブが終了したら、持っている「100円硬貨」で開けられるだけのコインロッカーの扉を開けてください。 全て開け終わったら、メニューを開いてオプション画面からタイトルに戻る選択をしましょう。 タイトル画面に戻ったらセーブデータを再びロードして、再びまだ開けていないコインロッカーの扉を開けていきます。 また全て開け終わったら同様にタイトル画面に戻って、コインロッカーを開けます。 実は、コインロッカーを開けた後にセーブをせずタイトルに戻っても、コインロッカーを開けたということだけはセーブされています。 そのため、「100円硬貨」は戻ってきますがコインロッカーは開けられた状態となっているのです。 トロフィー「Dearハンター」を獲得するテクニック 「Dearハンター」というトロフィーは、ゲーム中にたくさんのアニマルたちを捕まえることによって取得できるものとなっています。 ただし、ゲーム中にどれだけの種類のアニマルが出てくるのか、どこにアニマルたちがいるのかはあまり明らかとなっていないため、「Dearハンター」のトロフィーはかなり獲得するのが難しいと考えられています。 まず、本作の第4章までストーリーが進むことで、動物たちを捕まえることができるトラップが手に入るようになります。 前提として知っておきたいのはトラップを設置する場所によって捕まえられる動物が異なるということです。 また本作では8個ほどトラップを仕掛けられる場所があるため、必ず全ての地点にトラップを配置しておきましょう。 また、同じ場所で捕まえることができるアニマルの種類は多くて4種類程度となっています。 キャラクター/声優紹介 榛東京椛(CV:佐東茉奈 榛東京椛(しんとう きょうか)は、本作「じんるいのみなさまへ」の主人公です。 常に笑顔を絶やさず、その場の雰囲気を明るくしてくれる存在で、表情が豊かかつ、オーバーリアクションな点が特徴的。 また廃れきった秋葉原を見て「まあ、いっか!」と思えてしまうという天然ぶりがゲームのオープニング時点で垣間みえていました。 好きなものはおばあちゃんと、アニメや漫画。 サブカルチャーが好きな女の子なので、今回の秋葉原旅行はかなり楽しみにしていました。 秋葉原を巡る旅行の中でも、アニメ・漫画が相当好きだと分かるような「オタクっぽさ」が垣間見えたり、まるでおばあちゃんのようにみんなに知識を披露するような姿が見られました。 そんな榛東京椛のキャラクターボイスを担当するのが、佐東茉奈さんです。 少弐勇魚(CV:椿ゆきの 少弐勇魚(しょうに いさな)は、主人公・榛東京椛と非常に仲の良い友達で、一緒に秋葉原に行った友達グループの中では面倒見のいい母親的な存在です。 メンバーの中ではかなりまじめな性格をしているのですが、一方でまじめすぎるところが本人としても悩みどころのようで、いつか「まじめキャラ」「お母さんキャラ」から抜け出したいと本人は考えています。 ただ、料理を作るのがかなり得意で、旅行中にもメンバーみんなに手料理を振る舞うといったイベントが発生。 「秋葉原旅行の間も勇魚の美味しい料理が食べたい!」 というみんなの期待につい答えてしまい、手の込んだ料理を作り、「やっぱり勇魚はお母さん」という見方をされてしまいます。 そんな少弐勇魚のキャラクターボイスを務めるのが「椿ゆきの」さんです。 椿ゆきのさんといえば、ゲーム「ブラウンダスト」のカイナ役のキャラクターボイスなどを担当されています。 小松和海(CV:星守紗凪) 小松和海(こまつ かずみ)は、主人公・榛東京椛に負けず劣らず元気で男勝りな性格の女の子です。 思ったことはすぐに発言してしまったり、直感的に行動をしたりする姿からは全く裏表がない人物であるということがわかります。 また、いわゆる「体育会系女子」で、秋葉原旅行でもハキハキ元気にグループのみんなをリードしていきました。 「ネガティブになっても仕方がないよ!」 という言葉は小松和海の口癖。 この言葉でグループのみんなはいつも励まされてきました。 そんな小松和海のキャラクターボイスを担当するのは「星守紗凪」さんです。 星守紗凪さんといえば、テレビアニメ「走り続けてよかったって。 」でカラオケの歌を担当したり「トウキョウ・リビング・デッド・アイドル」の如月役を担当したり、ゲームでは「毎日こつこつ俺タワー」のワイヤーツイスターなどのキャラクターボイスを担当されています。

次の