ウィリアム ジェイムズ サイディズ。 [B! 人工言語] ヴェンダーグッド語

ウィリアム・ジェイムズ・サイディズ

ウィリアム ジェイムズ サイディズ

はじめに 史上最高の天才と謳われた神童 1898年、アメリカで生まれたサイディズは、親からの英才教育を受け、当時から整備されていたはずの学校教育を完全に逸脱した成長を見せます。 当時から史上最高の天才と言われ、当然かのようにハーバード大学へ進学。 その年齢は実に8歳。 後に数学者となる数々の天才たちに頭脳で打ち勝ち、誰もが20世紀の数学界を支える天才だと期待しました。 しかし、成人してからは特に成果を挙げることはなく、長い隠遁生活を送ることとなってしまいます。 「神童の没落」とも謳われ、記事を書いたザ・ニューヨーカーを訴え勝訴するものの、それを置き土産にするかのごとく、1944年に46年の生涯を閉じました。 父親で心理学者のボリス・サイディズから英才教育 心理学者という職業柄、自らの科学的好奇心に趣くところもあったのでしょう。 家庭環境という運命に翻弄され、その卓越した頭脳を社会に還元できなかった、非業の天才だといえます。 「IQ」でインターネット検索をしていた際、「史上最高の神童は誰か」という記事に辿り着き、ジョン・フォン・ノイマンなどと共に出てきたのが今回紹介するサイディズです。 科学という世界においてはノイマンほど著名な実績は残していませんが、英才教育の在り方について考えさせる好例であると思います。 8歳でハーバード大学に入学 既に7カ国語を習得 1898年、アメリカ・ニューヨークに生まれたサイディズは、心理学者であった父・ボリスの英才教育を早期から受けます。 サイディズは、1歳になる前からその類い稀なる頭脳の片鱗を見せていました。 しかし、サイディズはここから加速度的に更なる成長を見せます。 3歳でタイピングを覚えたサイディズは、4歳になると何とホメロスの原書を読み始めます。 この1年間の成長は凄まじく、ここから青年期に入るまでにサイディズは卓越した成長を見せることになります。 ホメロスの原書を読んでから4年後、8歳にして彼はハーバード大学へ合格します。 こうなるまでの4年間で、サイディズはアリストテレスの論理学を習得し、心理学者であったボリスを数学の学力という面で追い越します。 数学といった理科系のみならず、この時点で彼は母国語の英語をはじめ、ロシア語、フランス語、ドイツ語、アルメニア語など7か国語を習得する恐るべき語学マスターにもなっていました。 更に、サイディズ自身が開発した言語「ヴェンダーグッド語」を開発し、人工言語として世へ広めようとしています。 これらを全て、一般の人が小学2年生であったはずの年齢でこなすほどの天才だったのです。 当初、ハーバード大学は、サイディズの学力を「合格」と認めていながらも「年齢」を理由に入学は拒否されます。 最終的にサイディズがハーバード大学で数学を学ぶことが出来たのは、11歳のときでした。 そんな驚異のエピソードを持つサイディズは、ハーバード大学入学後も、数学教授の前で講義を行う、ロジャー・セッションズなどの当時在籍していた後の数学者に頭脳面で勝利する、などその才能は高く評価されていました。 そんなサイディズに転機が訪れたのは16歳のとき。 当時、大学を卒業していたサイディズは、大学で授業を受け持つことになりました。 しかし、この講義に不満が続出。 辞職をしてしまいます。 サイディズは後に、再び1人の学生としてハーバード大学のロースクールに入学しますが、これも途中で中退してしまいます。 人生に迷走したサイディズは、科学への知的好奇心を失ってしまったのでしょう。 この後、彼が再び表舞台に帰ってくることはありませんでした。 青年期に数々の伝説を残し、20世紀最高の数学者としてプロスペクトであったはずのサイディズは、数学を含めた科学界で何の業績も残すことなく、第二次世界大戦で世界がヒートアップしていた1944年に、その生涯を終えることとなりました。 英才教育の在り方を投げかける材料としてのサイディズ サイディズの死は、決して温かみを持って迎えられることはなかったでしょう。 サイディズは、「大人になってから成功しなかった人物」の代表格として挙げられ、英才教育の在り方を投げかける材料となりました。 現在では我が子に高い頭脳を獲得して欲しいと幼児教育が盛んとなっていますが、こういった世間の風潮に対する反例として残ったことは、サイディズの一番の功績なのかもしれません。 皮肉なことに、彼は数学の世界、科学の世界で影響を与えたというよりも、教育の世界で影響を与えたのではないでしょうか。 早期からの英才教育の意味、そしてそれによる精神的な弊害、社会適応の重要性、このような点をサイディズは世間に投げかけてくれたのではないでしょうか。 そしてそれが、現在の教育に少しでも反映されているとするならば、彼は教育という世界において全世界中の人々に影響を与えているのかもしれません。 サイディズは確かに科学の世界では業績を残せなかったかもしれませんが、大人になってもその頭脳が卓越していたことは事実であり、この点は素直に評価すべき点だと思います。 もしサイディズに人並みの、いや必要最低限の社会性があれば、20世紀の科学の世界に偉大なる爪痕を残し、最も人類が発展したこの100年間において、更なる進歩を導いてくれたかもしれません。

次の

ウィリアム・ジェームズの名言

ウィリアム ジェイムズ サイディズ

世の中には天才と呼ばれる頭の良い人は沢山いますが、たぶんウィリアム・J・サイディズを超える天才はいないのではないでしょうか。 46歳で早世した稀代の大天才、サイディズの数奇な人生を紹介していきましょう。 IQ300!?天才サイディズ 一般的に人の頭の良さを示すのに使われるのが知能指数(IQ)。 今回紹介するサイディズのIQはなんと250~300と言われています。 IQ検査の方法はいくつかあり、日本で行われている検査では145~160が最高点と言われています。 通常は一定の数値以上の点数は表示されません(例:「160以上」と表示)。 130以上の割合は全体の2%程度で、「非常に優れている」と評価されます。 彼のIQが桁違いのレベルか分かって貰えるでしょうか。 1898年、サイディズはロシアからのユダヤ人系移民の子としてニューヨークに生まれます。 父親のボリス・サイディズはハーバード大学で心理学を教える心理学者で、母親のサラは医者でした。 サラは学校教育を受けていませんが、夫の個人レッスンを受けて医学部に進みました。 教育熱心な両親の下、サイディズの才能は生後直ぐに顕れています。 生後8ヶ月ではスプーンの使い方を、1歳では綴りを覚え、2歳では新聞を読み始め、3歳では英語とフランス語のタイプを覚えています。 6歳の時には7ヶ国語を習得し、7歳でハーバード大学医学部の解剖学の試験も合格。 そして8歳で MITの入学試験にも合格しています。 サイディズがハーバード大学に入学したのは11歳になってからでした。 これは当時のハーバード大学の入学生の最年少記録。 9歳の時には入学レベルの学力は認められていましたが、若すぎるとの理由で入学できなかったのです。 入学直後、彼が大学の数学クラブで行なった高等数学の講義は全米で話題になり、偉大な数学者になることを嘱望されたのです。 16歳でハーバード大学を卒業したサイディズは同大学院に進学します。 天才過ぎて… この後、彼の素晴らしい経歴に翳りが見えてきます。 学生グループからのいじめをきっかけに、両親はサイディズを南部の名門ライス大学の数学教育助手を兼ねた博士研究職に就かせます。 しかし自分よりも遥かに年上の学生に教えることにストレスが溜まり、ハーバード大学のロー・スクールに復学。 今度は成績優秀だったにも関わらず、ロー・スクールを中退して 政治活動ののめり込み、逮捕までされてしまうのです。 サイディズの父親は彼を刑務所に収監されないように精神療養所へ幽閉し、改心しないと精神病棟に送ると脅しをかけたのです。 その後のサイディズは両親や学界から離れ、ニューヨークで平凡な仕事に就きます。 市職員にも採用されますが、なぜかその成績は低かったとも言われています。 一般市民として働きながら、少なくとも8つの匿名を使って歴史や趣味、ブラックホール理論など幅広い分野の出版や寄稿をしています。 大衆誌は興味本位に彼の私生活を面白おかしく書き立てたのです。 7年の裁判を経て、彼は最高裁でプライバシーの侵害で雑誌社に勝訴します。 しかし、その年、46歳の若さで小さなアパートの自室で孤独死します。 死因は奇しくも父、ボリスと同じ脳溢血でした。 彼の生涯には多くの人々が強い関心を寄せています。 知識や学歴だけが幸せの条件ではないことを教えてくれる事例。 人間の脳のピークは20歳の時だと聞いたことがある。 サイディズは本物の天才だったのかな?それとも作られた人工的な天才? 天才の早期教育はアメリカよりもロシアで進んでいたんじゃないのかな。 彼の父がやっていた幼児英語教育を試してみたい。 成功していたのならば、誰だって天才になれるのでは? 父ボリスが教え方の天才だったのかもしれないよ。 事実、学歴のない奥さんを指導して医者にまでしているのだから。 私はこんな父親は要らない。 知識よりも愛情が欲しい。 彼は尊敬に値する人物です。 彼が社会的に成功しなかったことをマスコミが悪く書き立てるのは下品だと思います。 彼を悪くいう人のほとんどは嫉妬だよ。 彼の経歴を知れば、彼のIQが300という話が納得できる。 サイディズの晩年は一般人であろうと努力をしていたのではないかな・・ 学界に残っていればノーベル賞を取っていただろうね。 ここまで頭が良いと私たち普通の人々の会話にもストレスを感じると思う。 う~ん それは一理ある。 周りの人のIQが35~50の人ばかりであるのと同じ状態かな・・・ 幼児教育だけでは超天才は生まれない。 絶対に遺伝的な要素もあったのでは。 彼は最終的に40ヶ国語が話せたらしい。 天才中の天才であることは間違いない。 何を基準に「天才」の話をしているの?結果的に彼は社会になんら偉業を残していないのよ。 彼は才能があり過ぎて不幸になってしまった。 彼のような超天才は社会の理解があってこそ、その才能を発揮できる。 理解がないと精神病扱いされてしまう。 知的な成長と心の成長とは異なるんだよね。 人々はそこを勘違いする。 超人だね。 彼が今の時代に生きていたらもっと活躍できたと思う。 彼がまだ生きていたら115歳以上だよ。 こんな高齢でも天才ぶりが発揮できるかな。 誰かサイディズになる方法を教えてくれ! 彼の好奇心は旺盛だったのかな。 彼は万能の天才って感じがする。 ニュートンのIQはサイディズより低かったと言われるが、人類に対する貢献はニュートンの方が遥かに大きい。 役立たずの大天才ね。 どうしてユダヤ系の人はこんなに頭が良いのだろうか・・・ サイディズの天才ぶりは彼の両親の偉業だという人もいます。 幼児期から受けた早期英才教育の成果との主張です。 しかし、サイディズと同じメゾットを受けても、彼のようなスーパー天才が育つ訳ではありません。 サイディズの知性の発達は超人的でしたが、それに精神の成長が追いつかなかったのかも知れません。 彼が学界を離れ社会主義や無政府主義などの政治活動に傾倒したのは、普通の子供が10代に経験する反抗期とも考えられます。 そして、大天才が選択した平凡な余生は、子供の頃に失ったゆとりを取り戻すために必要だったのでしょう。 wikipedia. npr. 勉学は強制的に「させられた」だけでスポーツや音楽など10代で興味を持つものを与えられなかったのではないかと思う。 現代でゲーム機を持たず友人とゲームを楽しむことができなかったらそれだけで周囲からハブられる危険性ってあるわけで・・・大人になってから「そういえば小学校時代に流行ったあのゲームソフトで・・・」なんて職場の同僚と懐かしむ会話すらできなかったら生きていきにくい。 そういう一見すると余分というか横道というか、そういうものの価値を親が理解していただろうか。

次の

ウィリアム・ジェイムズ・サイディズ|リーダーとなるゾウ

ウィリアム ジェイムズ サイディズ

世の中には天才と呼ばれる頭の良い人は沢山いますが、たぶんウィリアム・J・サイディズを超える天才はいないのではないでしょうか。 46歳で早世した稀代の大天才、サイディズの数奇な人生を紹介していきましょう。 IQ300!?天才サイディズ 一般的に人の頭の良さを示すのに使われるのが知能指数(IQ)。 今回紹介するサイディズのIQはなんと250~300と言われています。 IQ検査の方法はいくつかあり、日本で行われている検査では145~160が最高点と言われています。 通常は一定の数値以上の点数は表示されません(例:「160以上」と表示)。 130以上の割合は全体の2%程度で、「非常に優れている」と評価されます。 彼のIQが桁違いのレベルか分かって貰えるでしょうか。 1898年、サイディズはロシアからのユダヤ人系移民の子としてニューヨークに生まれます。 父親のボリス・サイディズはハーバード大学で心理学を教える心理学者で、母親のサラは医者でした。 サラは学校教育を受けていませんが、夫の個人レッスンを受けて医学部に進みました。 教育熱心な両親の下、サイディズの才能は生後直ぐに顕れています。 生後8ヶ月ではスプーンの使い方を、1歳では綴りを覚え、2歳では新聞を読み始め、3歳では英語とフランス語のタイプを覚えています。 6歳の時には7ヶ国語を習得し、7歳でハーバード大学医学部の解剖学の試験も合格。 そして8歳で MITの入学試験にも合格しています。 サイディズがハーバード大学に入学したのは11歳になってからでした。 これは当時のハーバード大学の入学生の最年少記録。 9歳の時には入学レベルの学力は認められていましたが、若すぎるとの理由で入学できなかったのです。 入学直後、彼が大学の数学クラブで行なった高等数学の講義は全米で話題になり、偉大な数学者になることを嘱望されたのです。 16歳でハーバード大学を卒業したサイディズは同大学院に進学します。 天才過ぎて… この後、彼の素晴らしい経歴に翳りが見えてきます。 学生グループからのいじめをきっかけに、両親はサイディズを南部の名門ライス大学の数学教育助手を兼ねた博士研究職に就かせます。 しかし自分よりも遥かに年上の学生に教えることにストレスが溜まり、ハーバード大学のロー・スクールに復学。 今度は成績優秀だったにも関わらず、ロー・スクールを中退して 政治活動ののめり込み、逮捕までされてしまうのです。 サイディズの父親は彼を刑務所に収監されないように精神療養所へ幽閉し、改心しないと精神病棟に送ると脅しをかけたのです。 その後のサイディズは両親や学界から離れ、ニューヨークで平凡な仕事に就きます。 市職員にも採用されますが、なぜかその成績は低かったとも言われています。 一般市民として働きながら、少なくとも8つの匿名を使って歴史や趣味、ブラックホール理論など幅広い分野の出版や寄稿をしています。 大衆誌は興味本位に彼の私生活を面白おかしく書き立てたのです。 7年の裁判を経て、彼は最高裁でプライバシーの侵害で雑誌社に勝訴します。 しかし、その年、46歳の若さで小さなアパートの自室で孤独死します。 死因は奇しくも父、ボリスと同じ脳溢血でした。 彼の生涯には多くの人々が強い関心を寄せています。 知識や学歴だけが幸せの条件ではないことを教えてくれる事例。 人間の脳のピークは20歳の時だと聞いたことがある。 サイディズは本物の天才だったのかな?それとも作られた人工的な天才? 天才の早期教育はアメリカよりもロシアで進んでいたんじゃないのかな。 彼の父がやっていた幼児英語教育を試してみたい。 成功していたのならば、誰だって天才になれるのでは? 父ボリスが教え方の天才だったのかもしれないよ。 事実、学歴のない奥さんを指導して医者にまでしているのだから。 私はこんな父親は要らない。 知識よりも愛情が欲しい。 彼は尊敬に値する人物です。 彼が社会的に成功しなかったことをマスコミが悪く書き立てるのは下品だと思います。 彼を悪くいう人のほとんどは嫉妬だよ。 彼の経歴を知れば、彼のIQが300という話が納得できる。 サイディズの晩年は一般人であろうと努力をしていたのではないかな・・ 学界に残っていればノーベル賞を取っていただろうね。 ここまで頭が良いと私たち普通の人々の会話にもストレスを感じると思う。 う~ん それは一理ある。 周りの人のIQが35~50の人ばかりであるのと同じ状態かな・・・ 幼児教育だけでは超天才は生まれない。 絶対に遺伝的な要素もあったのでは。 彼は最終的に40ヶ国語が話せたらしい。 天才中の天才であることは間違いない。 何を基準に「天才」の話をしているの?結果的に彼は社会になんら偉業を残していないのよ。 彼は才能があり過ぎて不幸になってしまった。 彼のような超天才は社会の理解があってこそ、その才能を発揮できる。 理解がないと精神病扱いされてしまう。 知的な成長と心の成長とは異なるんだよね。 人々はそこを勘違いする。 超人だね。 彼が今の時代に生きていたらもっと活躍できたと思う。 彼がまだ生きていたら115歳以上だよ。 こんな高齢でも天才ぶりが発揮できるかな。 誰かサイディズになる方法を教えてくれ! 彼の好奇心は旺盛だったのかな。 彼は万能の天才って感じがする。 ニュートンのIQはサイディズより低かったと言われるが、人類に対する貢献はニュートンの方が遥かに大きい。 役立たずの大天才ね。 どうしてユダヤ系の人はこんなに頭が良いのだろうか・・・ サイディズの天才ぶりは彼の両親の偉業だという人もいます。 幼児期から受けた早期英才教育の成果との主張です。 しかし、サイディズと同じメゾットを受けても、彼のようなスーパー天才が育つ訳ではありません。 サイディズの知性の発達は超人的でしたが、それに精神の成長が追いつかなかったのかも知れません。 彼が学界を離れ社会主義や無政府主義などの政治活動に傾倒したのは、普通の子供が10代に経験する反抗期とも考えられます。 そして、大天才が選択した平凡な余生は、子供の頃に失ったゆとりを取り戻すために必要だったのでしょう。 wikipedia. npr. 勉学は強制的に「させられた」だけでスポーツや音楽など10代で興味を持つものを与えられなかったのではないかと思う。 現代でゲーム機を持たず友人とゲームを楽しむことができなかったらそれだけで周囲からハブられる危険性ってあるわけで・・・大人になってから「そういえば小学校時代に流行ったあのゲームソフトで・・・」なんて職場の同僚と懐かしむ会話すらできなかったら生きていきにくい。 そういう一見すると余分というか横道というか、そういうものの価値を親が理解していただろうか。

次の