鶯谷 風俗。 東京の異界「鶯谷」の現状を調べるべく、徹底調査を試みた!

鶯谷でNS・NNすれば稼げますか?若くないけど働けるお店は?

鶯谷 風俗

鶯谷にはラブホテルが多い意外な理由とは? JR山手線の上野と日暮里の中間駅である鴬谷。 1日平均乗車人員は25,000人程度(2017年調べ)と少なく、影が薄い存在ですが、マニアの間では ディープな風俗街として知られています。 北口駅前にはラブホテルが軒を連ね、改札を出てすぐに利用することも可能。 高速道路のインターチェンジ付近のごとくラブホテルが密集し、週末にはカップルの姿を多く見かけます。 鶯谷にラブホテルが乱立するようになった背景には、太平洋戦争が関係しています。 終戦後、東京大空襲で焼け野原となったこの地域には、職を求めて上京した労働者に泊まる場所を提供するため、簡易の宿泊場が造られました。 その後、日本の景気が回復すると、宿泊客は徐々に減少。 宿泊場が連れ込み宿に鞍替えしたことで、この界隈には立ちんぼが出没するように。 やがて、連れ込み宿はラブホテルに姿を変え、駅前には現在の光景が広がったという経緯があります。 鶯谷の風俗事情 鶯谷ではデリヘルやホテヘルなどの 無店舗型風俗が活況です。 ラブホテル街のイメージが強いため、若者には敬遠され、住んでいるのは高齢者がほとんど。 そのためか、風俗のジャンルも他とは一線を画したお店がほとんどです。 その代表例が、 熟女店です。 一般的な熟女店では在籍女性の主流は30代後半ですが、鶯谷では 40代以降が主流。 30代後半はまだ若妻の部類で、50を優に超えた 超熟女も見かけます。 風俗では年増は敬遠されがちですが、鶯谷ではそれが武器に。 自分の娘ほどの若い女の子と遊ぶのは気が引ける男性にはぴったりです。 遊ぶ客も中年男性が多く、四十路女性と言えばほぼ同年代。 同級生感覚で遊べることも人気の理由のひとつです。 最近は熟女ブームの影響か、30代前後の男性も目立つようになりました。 母親のような年齢の女性を抱くのは抵抗がありそうですが、熟女好きに言わせると 気配りや 包容力に癒されるのだとか。 仕事などで疲れた時に熟女店を利用し、愚痴を聞いてもらいながら一緒に缶ビールを飲む……そんなカウンセリング感覚で利用する方も多いようです。 熟女店以外に、鴬谷に多いのが 韓デリ。 鶯谷にはなぜか韓国人女性が在籍するデリヘルが数多く存在しています。 韓デリは お泊りコースを利用する客も多いため、必然的にラブホテル街以外では営業が成り立ちません。 そのため、親和性が高くなると考えられます。 また、以前ほどは見かけなくなりましたが、鴬谷では 立ちんぼも健在。 ラブホテルの前を通ると、そうした女性から声を掛けられることもしばしばあります。 たまに男性が立っていることもありますが、これは女の子を紹介してくれるブローカー。 料金が安いうえ、デリヘルではご法度の本番プレイができるため、一部マニアから今でも根強い支持を集めています。 ちなみに、鶯谷のラブホテルは1時間3,000~5,000円程度とちょっとしたレンタルルーム並みの安さ。 部屋が古く、風呂は狭く、アメニティグッズが少ないなど宿泊向きではないところがほとんどです。 そのため、カップルでの利用にはあまりオススメできないと言えます 鴬谷やその周辺にはがたくさんあります。 変わったプレイやマニアックなプレイがしたい方はチェックしてみてください。 鶯谷は風俗以外にも魅力がいっぱい 風俗街のイメージが先行する鶯谷ですが、それ以外にも魅力はあります。 駅前北口には、リーズナブルな料金で飲める居酒屋がたくさん。 イマドキのオシャレさはありませんが、レトロな佇まいで、好きな方ならたまらないかも。 中年世代が多い土地柄のせいか、鴬谷に喫茶店も多数存在しています。 中でも行列を作るほど人気のお店が『デン』。 中身をくりぬいた食パンにグラタンをたっぷりと入れたグラパンは人気ドラマ『孤独のグルメ』にも登場し、全国区の知名度を得ました。 また、鶯谷は数多くの文人が住んだ街としても有名です。 明治時代を代表する俳人の正岡子規は終の棲家としてこの地に住み、その跡地は現在『子規庵』という博物館として開放されています。 その他にも鶯谷には昭和の爆笑王、林家三平の記念館である「ねぎし三平堂」があります。 演芸好きなら、一度足を運んでみるといいでしょう。 数多くの観光スポットがあり、見直されてきた鶯谷。 由緒ある神社やお寺も多く、最近は外国人観光客も増えているようです。

次の

日暮里・西日暮里・鶯谷風俗街

鶯谷 風俗

NS・NNとは風俗業界特有の隠語です。 NSとは《No Skin》の略で、コンドームなしの事でNNとは《Nama Nakadashi》の略で生中出しの事です。 風俗は性的サービスを行いますがきちんと届け出をしている正規のお店であったとしても、日本の法律上、本番行為は禁止です。 そのため、本番行為を示唆するコンドームや中出しといったワードは隠語にて使われます。 原則的にはどのタイプの風俗店でも本番行為は禁止なのですが例外的にソープランドに限り、黙認されています。 ですので、NSやNNはほぼ ソープの現場で使われる用語となります。 デリヘルでも韓デリ(韓国人ばかりではないが)と呼ばれるお店や一部の激安店では本番が当たり前となっていますがあまりこういった隠語を使う事はあまりありません。 ただ、鶯谷駅周辺のデリヘルに関してはこういったお店が数多くあり、隠語を使う場面も多々あるようです。 鶯谷の風俗事情 鶯谷と言えば東京都心部でありながら、そこだけ異世界のような雰囲気を漂わせる風俗街です。 とはいっても主にデリヘルに限定されます。 風俗の王様、ソープランドや箱ヘルはほとんどありません。 近くに吉原があるので、きっちり住み分けができています。 ちなみにここで言う「鶯谷」とは鶯谷駅周辺のラブホテル街の事で、明確にここからここまでという線引きはありません。 実は「鶯谷」という地名は存在しないのです。 ただ古くからウグイスの名所だった事で駅名などに使われただけであり、地名ではありません。 その鶯谷周辺のラブホテルを中心に営業するデリヘルをいわゆる「鶯谷のデリヘル」と呼ぶのですがこれがデリヘルの中でもすごく異質な存在です。 近年では少しずつ色々なデリヘルが開業してきていますが そもそも鶯谷は主に激安店に特化した地域でした。 さらに、安い値段で本番行為ができるのは当たり前という風潮だったため、働いている女の子のレベルも低く手取りも少ないといった状態でした。 その中でも次第に高級店や業態の違う手コキ店性感マッサージのお店も増えてきて少しずつ雰囲気は変わってきています。 しかし、「本番行為ができる地域」という古くからの利用者が持つイメージは変わらず その点だけは現在も引き継いでいます。 NS・NNは稼げる? ゴムナシ、生中出しですが、結論から言えば稼げるでしょう。 本番行為の料金設定などはないので女の子次第ですが大体安くて5000円、高くて1万円(NNの場合)が相場です。 仮に通常のお仕事で60分を3本こなして18000円の手取り。 そこに全て5000円で本番をとったとすると15000円。 その日の手取りが33000円となります。 60分が6000円、本番が5000円の仮定でもこの計算なのでもう少し多くてもおかしくありません。 ちなみに 本番が5000円というと安いと思われるかもしれませんが利用者の立場からするとこのくらいになってしまうのです。 例えばソープに行った場合、合計で2~3万円で本番行為ができます。 それに対して、デリヘルでもホテル代に基本料金を払ったうえ追加料金で5000円も払うとほぼ2万は超えてしまうのです。 事実、ルックスに自信のない嬢は5000円を下回る金額でNSやNNに踏み切ることも珍しくありませんし1万円クラスの追加料金はNNで当たり前というのが現状です。 これを安いと思うか、妥当な価格だと思うかは人それぞれですがまずは NSやNNでの本番行為の危険性も理解したうえで判断してみてください。 なお、前述しましたが繰り返しますと、 本番行為は違法です。 ソープランドでは営業形態の違いから黙認されグレーゾーンになっていますが、デリヘルや箱ヘルでは立派な違法行為となります。 ここでは「稼げるか稼げないか」について記載しただけで 本番行為を推奨しているわけではありません。 みんながやっているから、と大っぴらに本番をして処罰の対象となった場合は自己責任ですのでご理解ください。 NN・NSの危険性 「プライベートはいつも生だし」 そう考えているのは甘いとしか言えません。 デリヘルは1日に何人もの相手をするお仕事です。 しかも、もし貴女がプライベートでセックスする相手が誠実な男性だとすればコンドームがなくとも危険性は少ないですがデリヘルで相手をするお客さんの多くは 不特定多数の相手とセックスをしている相手です。 そういったお客さんとゴムなしでセックスを続けると性病のリスクは一般人の何倍あるのか想像もつかない程です。 ちなみによくこんな主張をする男性がいます。 「性病はセックスだけでなくフェラやオーラルセックスでも感染するから性行為の最初からずっとコンドームを付けないなら性病防止としては効果がない。 」 上記の事を理由に、最初からずっとコンドームを付けるのは現実的ではないから、効果がないならコンドームなんていらないという結論に持っていこうとするのです。 これは 半分正解で半分は嘘です。 直接的な膣への挿入以外でも性病が感染するのは間違いありませんが 感染率が一番高くなるのは生で挿入した時です。 性病の感染は避けられない! そう思うくらいの気持ちがなければNN・NSでのお仕事はするべきではないでしょう。 また、あえて記載する必要もないとは思いますが ピルの服用はNN・NSどちらでも必須条件です。 若くないけど稼げるお店は? 一般的に、風俗業界では20代の後半くらいから若いとは言われなくなります。 26~30歳くらいまでが人妻店と一般店の境界線ですね。 20代前半を超えた女性が風俗嬢として若い女の子に負けない程に稼ぐには方法が2つあります。 まずは高級人妻店での勤務です。 【華恋人(カレント)】や【あなたに逢いたくて】等の高級人妻店は通常のデリヘル店よりも高いくらいです。 30歳を超える嬢が多く在席していますがもちろん高級店なので、ただ老けただけではなく落ち着きと安らぎを与えてくれる嬢が多数在籍しているはずです。 ルックスや接客に自信があるならこういったお店で若い嬢にも負けずに稼ぐ事ができます。 次に、デリヘルの中でもマッサージに特化したお店です。 【ハイブリッドマッサージ鶯谷】や【鶯谷アロマーニ】等は性的サービスよりもマッサージにウエイトを置いています。 利用者は当然マッサージ好きなので外見の可愛らしさよりもマッサージの腕前と癒しを求めて利用します。 必ずしも若い嬢が稼げるという事ではありません。 むしろある程度経験を積んだ女性の方がいいという方も大勢います。 また、基本的なサービスの中に性的な内容があまり含まれていないので、うまくセックスアピールができればオプションでかなり稼ぐ事も可能になります。 ただ、こういったお店は今まで培ってきた性経験があまり役に立ちません。 入店後に講習を受け、きっちりと技術を身に着け、さらに実践の中で磨いていく必要があります。 もし、過去にマッサージ店等での勤務経験や資格を持っていればかなりの武器になるでしょう。 ちなみにルックスにも自信がないしマッサージも面倒くさい。 人妻店でNN・NSをして稼ごう、これからそんな流れで働こうと思っている方は注意が必要です。 そもそも一般店よりも価格が低い人妻店を利用する人は安く遊びたいと考えているお客です。 そんなお客が大枚はたいて本番交渉してくるでしょうか? 相場は5000円~と前述しましたが、激安人妻店の場合はその限りではありません。 むしろ5000円がマックスと考えるべきでしょう。 0円S着は当たり前、あわよくば生で挿入しようとし2~3000円くらいの追加料金でゴムなしを要求されます。 追加料金が発生すれば少なからず基本のお給料よりは手取り総額が増えるのは事実ですが、 性病などの危険性を考えるとリスクに見合っていない金額ではないかと思います。 (そもそも本番は禁止行為です).

次の

鶯谷 よしの

鶯谷 風俗

NS・NNとは風俗業界特有の隠語です。 NSとは《No Skin》の略で、コンドームなしの事でNNとは《Nama Nakadashi》の略で生中出しの事です。 風俗は性的サービスを行いますがきちんと届け出をしている正規のお店であったとしても、日本の法律上、本番行為は禁止です。 そのため、本番行為を示唆するコンドームや中出しといったワードは隠語にて使われます。 原則的にはどのタイプの風俗店でも本番行為は禁止なのですが例外的にソープランドに限り、黙認されています。 ですので、NSやNNはほぼ ソープの現場で使われる用語となります。 デリヘルでも韓デリ(韓国人ばかりではないが)と呼ばれるお店や一部の激安店では本番が当たり前となっていますがあまりこういった隠語を使う事はあまりありません。 ただ、鶯谷駅周辺のデリヘルに関してはこういったお店が数多くあり、隠語を使う場面も多々あるようです。 鶯谷の風俗事情 鶯谷と言えば東京都心部でありながら、そこだけ異世界のような雰囲気を漂わせる風俗街です。 とはいっても主にデリヘルに限定されます。 風俗の王様、ソープランドや箱ヘルはほとんどありません。 近くに吉原があるので、きっちり住み分けができています。 ちなみにここで言う「鶯谷」とは鶯谷駅周辺のラブホテル街の事で、明確にここからここまでという線引きはありません。 実は「鶯谷」という地名は存在しないのです。 ただ古くからウグイスの名所だった事で駅名などに使われただけであり、地名ではありません。 その鶯谷周辺のラブホテルを中心に営業するデリヘルをいわゆる「鶯谷のデリヘル」と呼ぶのですがこれがデリヘルの中でもすごく異質な存在です。 近年では少しずつ色々なデリヘルが開業してきていますが そもそも鶯谷は主に激安店に特化した地域でした。 さらに、安い値段で本番行為ができるのは当たり前という風潮だったため、働いている女の子のレベルも低く手取りも少ないといった状態でした。 その中でも次第に高級店や業態の違う手コキ店性感マッサージのお店も増えてきて少しずつ雰囲気は変わってきています。 しかし、「本番行為ができる地域」という古くからの利用者が持つイメージは変わらず その点だけは現在も引き継いでいます。 NS・NNは稼げる? ゴムナシ、生中出しですが、結論から言えば稼げるでしょう。 本番行為の料金設定などはないので女の子次第ですが大体安くて5000円、高くて1万円(NNの場合)が相場です。 仮に通常のお仕事で60分を3本こなして18000円の手取り。 そこに全て5000円で本番をとったとすると15000円。 その日の手取りが33000円となります。 60分が6000円、本番が5000円の仮定でもこの計算なのでもう少し多くてもおかしくありません。 ちなみに 本番が5000円というと安いと思われるかもしれませんが利用者の立場からするとこのくらいになってしまうのです。 例えばソープに行った場合、合計で2~3万円で本番行為ができます。 それに対して、デリヘルでもホテル代に基本料金を払ったうえ追加料金で5000円も払うとほぼ2万は超えてしまうのです。 事実、ルックスに自信のない嬢は5000円を下回る金額でNSやNNに踏み切ることも珍しくありませんし1万円クラスの追加料金はNNで当たり前というのが現状です。 これを安いと思うか、妥当な価格だと思うかは人それぞれですがまずは NSやNNでの本番行為の危険性も理解したうえで判断してみてください。 なお、前述しましたが繰り返しますと、 本番行為は違法です。 ソープランドでは営業形態の違いから黙認されグレーゾーンになっていますが、デリヘルや箱ヘルでは立派な違法行為となります。 ここでは「稼げるか稼げないか」について記載しただけで 本番行為を推奨しているわけではありません。 みんながやっているから、と大っぴらに本番をして処罰の対象となった場合は自己責任ですのでご理解ください。 NN・NSの危険性 「プライベートはいつも生だし」 そう考えているのは甘いとしか言えません。 デリヘルは1日に何人もの相手をするお仕事です。 しかも、もし貴女がプライベートでセックスする相手が誠実な男性だとすればコンドームがなくとも危険性は少ないですがデリヘルで相手をするお客さんの多くは 不特定多数の相手とセックスをしている相手です。 そういったお客さんとゴムなしでセックスを続けると性病のリスクは一般人の何倍あるのか想像もつかない程です。 ちなみによくこんな主張をする男性がいます。 「性病はセックスだけでなくフェラやオーラルセックスでも感染するから性行為の最初からずっとコンドームを付けないなら性病防止としては効果がない。 」 上記の事を理由に、最初からずっとコンドームを付けるのは現実的ではないから、効果がないならコンドームなんていらないという結論に持っていこうとするのです。 これは 半分正解で半分は嘘です。 直接的な膣への挿入以外でも性病が感染するのは間違いありませんが 感染率が一番高くなるのは生で挿入した時です。 性病の感染は避けられない! そう思うくらいの気持ちがなければNN・NSでのお仕事はするべきではないでしょう。 また、あえて記載する必要もないとは思いますが ピルの服用はNN・NSどちらでも必須条件です。 若くないけど稼げるお店は? 一般的に、風俗業界では20代の後半くらいから若いとは言われなくなります。 26~30歳くらいまでが人妻店と一般店の境界線ですね。 20代前半を超えた女性が風俗嬢として若い女の子に負けない程に稼ぐには方法が2つあります。 まずは高級人妻店での勤務です。 【華恋人(カレント)】や【あなたに逢いたくて】等の高級人妻店は通常のデリヘル店よりも高いくらいです。 30歳を超える嬢が多く在席していますがもちろん高級店なので、ただ老けただけではなく落ち着きと安らぎを与えてくれる嬢が多数在籍しているはずです。 ルックスや接客に自信があるならこういったお店で若い嬢にも負けずに稼ぐ事ができます。 次に、デリヘルの中でもマッサージに特化したお店です。 【ハイブリッドマッサージ鶯谷】や【鶯谷アロマーニ】等は性的サービスよりもマッサージにウエイトを置いています。 利用者は当然マッサージ好きなので外見の可愛らしさよりもマッサージの腕前と癒しを求めて利用します。 必ずしも若い嬢が稼げるという事ではありません。 むしろある程度経験を積んだ女性の方がいいという方も大勢います。 また、基本的なサービスの中に性的な内容があまり含まれていないので、うまくセックスアピールができればオプションでかなり稼ぐ事も可能になります。 ただ、こういったお店は今まで培ってきた性経験があまり役に立ちません。 入店後に講習を受け、きっちりと技術を身に着け、さらに実践の中で磨いていく必要があります。 もし、過去にマッサージ店等での勤務経験や資格を持っていればかなりの武器になるでしょう。 ちなみにルックスにも自信がないしマッサージも面倒くさい。 人妻店でNN・NSをして稼ごう、これからそんな流れで働こうと思っている方は注意が必要です。 そもそも一般店よりも価格が低い人妻店を利用する人は安く遊びたいと考えているお客です。 そんなお客が大枚はたいて本番交渉してくるでしょうか? 相場は5000円~と前述しましたが、激安人妻店の場合はその限りではありません。 むしろ5000円がマックスと考えるべきでしょう。 0円S着は当たり前、あわよくば生で挿入しようとし2~3000円くらいの追加料金でゴムなしを要求されます。 追加料金が発生すれば少なからず基本のお給料よりは手取り総額が増えるのは事実ですが、 性病などの危険性を考えるとリスクに見合っていない金額ではないかと思います。 (そもそも本番は禁止行為です).

次の