無印良品 株価 掲示板。 無印良品に行ったついでに良品計画(7453)株の業績と株価分析をしてみました!

無印良品の家の評判ってどうですか? (総合スレ)|注文住宅 ハウスメーカー・工務店掲示板@口コミ掲示板・評判(レスNo.1

無印良品 株価 掲示板

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

(株)良品計画【7453】:株主優待

無印良品 株価 掲示板

今回は、国内外で「無印良品」やMUJIブランドの商品・店舗を展開する良品計画の株価と業績についてみていきます まずは無印良品を展開する良品計画という会社について説明します。 株式会社良品計画とは? 株式会社良品計画とは、無印良品やMUJIブランドの商品、店舗を展開する小売企業。 家具、雑貨、衣料品、食品など幅広い商品を国内外のショッピングセンター内実店舗「無印良品」で扱うほか、海外では「MUJI」ブランドの店舗を展開。 1983年に第一店舗目を東京青山に無印良品の直営店舗を出店して以降、西友の店内で出店拡大。 店員向けのわかりやすい図解式の業務マニュアル MUJIGRAM を作成しており、無印良品の生産性向上に役立っているとして、メディアなどでも取り上げられたりしてきました。 0%増、営業利益11. 5%増、経常利益9. 1%増、四半期純利益24. 1%増、潜在株式調整後の一株あたり四半期純利益688. 19円、一株当たり純資産7000. 33円 となりました。 細かく見ていきましょう。 1ポイント上昇しているとのこと。 上が前年、下が今年です。 比較すれば一目瞭然ですが、国内の利益が前年比で減少しています。 100円ショップなどと売っているものの質に大差がないにもかかわらず高い価格水準となっており、顧客離れを起こしていました。 つまり、「客単価を下げて客数をあつめる」という戦略です。 既存店売上はこの間、おおむね前年比10%増を挟んで推移しています。 しかし、人件費増などの影響もありますが、利益は逆に落ちている。 もう少し経過をみる必要がありますが、あまりポジティブではないようにみえます。 第一四半期が前年比101. 8%、第二四半期は前年比97. これが同社の業績の下押し要因となる可能性があります。 中国では景気が減速傾向を示しております。 その点についてはよくよく見ていった方が良いと思います。 5倍となっています。

次の

良品計画[7453]2ch掲示板 株価の反応/市況まとめ

無印良品 株価 掲示板

今回は、国内外で「無印良品」やMUJIブランドの商品・店舗を展開する良品計画の株価と業績についてみていきます まずは無印良品を展開する良品計画という会社について説明します。 株式会社良品計画とは? 株式会社良品計画とは、無印良品やMUJIブランドの商品、店舗を展開する小売企業。 家具、雑貨、衣料品、食品など幅広い商品を国内外のショッピングセンター内実店舗「無印良品」で扱うほか、海外では「MUJI」ブランドの店舗を展開。 1983年に第一店舗目を東京青山に無印良品の直営店舗を出店して以降、西友の店内で出店拡大。 店員向けのわかりやすい図解式の業務マニュアル MUJIGRAM を作成しており、無印良品の生産性向上に役立っているとして、メディアなどでも取り上げられたりしてきました。 0%増、営業利益11. 5%増、経常利益9. 1%増、四半期純利益24. 1%増、潜在株式調整後の一株あたり四半期純利益688. 19円、一株当たり純資産7000. 33円 となりました。 細かく見ていきましょう。 1ポイント上昇しているとのこと。 上が前年、下が今年です。 比較すれば一目瞭然ですが、国内の利益が前年比で減少しています。 100円ショップなどと売っているものの質に大差がないにもかかわらず高い価格水準となっており、顧客離れを起こしていました。 つまり、「客単価を下げて客数をあつめる」という戦略です。 既存店売上はこの間、おおむね前年比10%増を挟んで推移しています。 しかし、人件費増などの影響もありますが、利益は逆に落ちている。 もう少し経過をみる必要がありますが、あまりポジティブではないようにみえます。 第一四半期が前年比101. 8%、第二四半期は前年比97. これが同社の業績の下押し要因となる可能性があります。 中国では景気が減速傾向を示しております。 その点についてはよくよく見ていった方が良いと思います。 5倍となっています。

次の