このアクセサリは使用できない可能性があります 急に。 iPhone「このアクセサリは使用できない可能性があります」の原因と対処法とは?

[iPhone7,8]このアクセサリは使用できませんは故障!?出たらどうするか?

このアクセサリは使用できない可能性があります 急に

スポンサーリンク ライトニングケーブルを端末が認識しないトラブル 私のライトニングケーブルの中にがうるさい奴が数本いるんですよ。 何だと。 うるさいな。 うぜえぇぇ。 OK か了解どっちかにしろ。 こちらはライトニングケーブルを挿してすっかり充電した気になっています。 なのに 30 分ほど放置してふと端末を手に取るとこんなメッセージが。 充電できてないやーん。 ケーブル断線だったらメッセージすら出ないでしょうから、これは端子部分に何かあるんでしょう。 ライトニングケーブルの端子部分に何かしらコーティングされており、それがライトニングかどうかを識別しているんでしょうか。 あるいは超薄い部品が貼り付いているのか。 それが何度も使ううちにコーティングが剥がれてしまう、あるいは摩耗で部品が劣化してしまい、端末側で反応しなくなってしまったと。 超簡単ですが大真面目。 所詮機械ですから微妙な接触不良で正常に動かない場合もあるでしょう。 ライトニングも然り。 ちょっと機嫌が悪いだけかもしれません。 一時的に上記のメッセージが出たとしても、時間を置いてみると普通に読み取ってくれることも多々あります(経験上)。 消耗品だし、どっちもダメなら黙って購入 冒頭述べたように、残念ながらライトニングケーブルは 消耗品という立ち位置です。 つまり「そのうち正常作動しなくなる」ということを前提に使用しないといけません。

次の

イヤホンは使えるのに充電マークがつかない!?水没、接触不良でiPhoneが充電できない時の対処法と修理について|iPhoneケースラボブログ

このアクセサリは使用できない可能性があります 急に

めっきりブログの更新が滞ってしまっています。 最近Appleの製品に際立って興味を持つ機能の追加が無かったり、日々リリースされるアプリも以前に使用していたことがあるものの2番煎じだったりで、「これは皆さん僕と同じで興味を持ってくれるかな?」とワクワクしながら記事を書けなくなっている部分があります。 楽しそうな製品やアプリがあればまた更新したいと思っているんですけどね。 さて、今日は楽しそうな製品やアプリの話ではなく、iPhoneが急に充電できなくなった時の対処法についてです。 僕のiPhoneが先日急に充電できなくなっていました。 アップデートなどがあったわけでもなく、昨日まで充電できていたiPhoneが朝になって突然完全に充電できなくなっていたんです。 しかもそのケーブルは Apple純正ケーブルであったり、Amazonなどの認証を受けたケーブルです。 そうなる以前にも充電に関する不調があったわけですが、その時はネットで出てくる既出の方法で騙し騙し使えていました。 しかし完全に充電できなくなってから 正確にはできなくなったと思い込んでいた は、既出の方法では充電できなかったのですが、 ある方法で充電が可能だと発見しました。 ただ、これは他に全く情報が無いので、僕だけの条件なのか、それとも他の人も同じなのに誰も気が付かなかったかが僕にはわかりません。 iPhoneが充電できなくなった対処法で、既出の方法では無理な方は最後の手段として試して欲しい方法です。 iPhoneが充電できなくなった時の対処法 既出 まず、iPhoneが急に充電できなくなった時の一般的な対処法です。 認証を受けていない充電ケーブルなどではOSのアップデートと供に使えなくケーブルもありますし、それ以外でも「このケーブルなら充電できるがあっちはできない」と言う話がネット上で多く見られます。 それらの人達の環境が全て事細かに乗っているわけではありませんが、多くの人が「相性があるみたい」と言います。 僕はこのケースには当て嵌まりませんでしたが、多くの人が対応できた方法でもあるようです。 iPhoneの再起動はスリープボタンの長押しで行います。 稀にスリープとホームボタンの同時長押しを再起動としている方がいますが、これはまた違います。 Lightningケーブルは基本両面使えるはずなんですが、充電できなくなった症状が出た場合、意外と片面しか認識しなくなる症状もあります。 一度ではなく何度も表裏逆にして挿すと充電出来る時があったりします。 iPhoneが充電できなくなった時の対処法 最終? 僕が基本的に充電できなくなったiPhoneを騙し騙し使っていたのが上記の方法。 ネットではコンセントを変えてみるなどの方法もありましたが、僕は全く当て嵌まりませんでした。 そしてある日、とうとう仕事中に全く充電できない日が訪れたわけです。 USB接続であろうがコンセントからであろうが同じく。 再起動も全く意味なし。 ありとあらゆる手を尽くしてもiPhoneが充電できない方は、最後の手段として 急速充電対応のアダプタ、もしくは急速充電に対応したモバイルバッテリー を使ってみてください。 この方法に気が付いたのは、仕事中に充電できなくなり、何をしても反応せずに「壊れた」と思い、一度は諦めたのですが、翌日新しいiPhoneを買いに行く前に家で試してみると充電できたからです。 最初は「あれ?時間経過で不調が治ったのか?」と思いましたが、家でも普通の充電機からでは無反応。 その充電できたケーブルを標準のアダプタで試すと無反応。 違いは何かと言えば、 アダプタが急速充電対応という部分。 まさかと思い、急速充電対応のモバイルバッテリーを使ってみると、そちらでも充電できました。 また、急速充電対応アダプタなどを使っても、経の細いLightningケーブルでは充電できないなどの不具合も発見しましたが、僕のiPhoneは急速充電アダプタ限定で何とか充電できています。 この症状が世界中で僕一人だけと言うのも考えにくいので、どうしても充電できない方は一度試してみてください 関連記事• カテゴリー• 201• 281• 145• 168•

次の

iOS「このアクセサリは使用できません」→簡単な対処法はあるので試してみて

このアクセサリは使用できない可能性があります 急に

(その他の表示されるメッセージ) ・このアクセサリの充電機能はサポートされていません ・このアクセサリは充電に対応していません ・このアクセサリはこのiphone用に設計されていません 等 理由としては以下の4つが考えられます。 純正のアクセサリは決して安いものではないので、つい安い方に手が出てしまいがちですが、そもそも使えなければ意味がありません。 iPhoneに関しては純正品を購入するのが間違いなさそうです。 また、きちんとiPhoneに対応している製品かどうか見極めるために覚え置きたいのは「Made for iPhone」という表示ステッカー。 このステッカーが製品についている場合は、iPhoneで動作確認が行われている証拠です。 最低限この表示がされている製品を選ぶようにしましょう。 まずは接触不良を確認してみましょう。 他の充電器があれば付け替えてテストしてみましょう。 また、USBハブを使用していると電圧不足で使えない場合もあるようですので、ハブを外して試してみてください。 接触不良となる原因は以下の項目になります。 こうなってしまうとストレスを感じながら充電するよりも、新しいものを買ったほうがいいですね……。 お使いのiPhoneのiOSを確認するには、『設定 > 一般 > 情報 > バージョン』で確認できます。 iPhoneはフル充電から0%になるまで約500回使用すると、80%までしか充電できなくなり、その後はどんどんバッテリーが劣化していきます。 普段は気にしないようなことでも、こういったトラブルは発生するみたいですね。 こうなってしまった場合はバッテリーの交換をするか、長年使っているのであれば、機種変更など視野に入れてみてもいいでしょう。 ・別のデバイスで試してみる お持ちの充電器に対応している他のデバイスがあれば、付け替えて正しく作動するか確認してみましょう。 iPhoneの充電口が汚れている 充電口が汚れていたりホコリが付いている場合、接触が悪くなり充電ができなくなって表示される場合があります。 こういった場合に掃除をしたくなるものですが、金属部分を傷つけてしまったり、エアダスターなどで奥に飛ばしてしまう可能性があります。 またエアダスターを使う除去はAppleが非推奨としている方法となっているので、もしこれを試す場合は自己責任でお願い致します。 まとめ 以上、このアクセサリーは使用できませんを解決する方法のご紹介でした。 私も現在このトラブルに悩まされているのですが、原因は間違いなく「接触不良」とわかっています。 ですが、なかなかこういった周辺機器を購入するのも億劫な感じで、足が向かわないなんてときもありますよね。 Amazon使えばいい話なのですが……(笑) ですが、現在使用しているiPhoneがもうすぐ3年目に突入するので、バッテリーのほうも不安な状態ではあるので、そろそろ機種変更なども視野に入れていきたいと思います。 この記事がお役に立てたのであれば幸いです。

次の