楽天 パートナー エリア。 【楽天モバイル】データ制限モードをオン⇔オフする方法

【バンド3】楽天モバイルが遅い原因と理由!auパートナーエリアのデータ容量を使い切った

楽天 パートナー エリア

以前も記事にしましたが、まだあまり知られていない……というより、楽天側からはほとんど情報が出されていないのであらためて紹介。 楽天モバイル(MNO)は新規参入の事業者であるが故に、エリア整備がある程度進むまでの暫定的な措置として、KDDI(au)と国内ローミングの契約が交わされています。 海外にスマートフォンを持っていったときに現地の携帯電話を通じて通信できる「国際ローミング」と同じように、日本国内で楽天モバイルがまだ使えない地域ではauの電波を使えるということです。 この「楽天モバイルのエリア外でも、auの電波を使える」という説明自体は間違っていません。 ただ、今の大手3社の感覚でどこでも繋がるかというと、それは少し違います。 auのエリアすべてを楽天モバイル回線の国内ローミングで使えるわけではないからです。 余談ですが、このページすごいんですよ、悪い意味で。 ローミングの詳細どころか、「サービスエリアに関する注意事項」を開かない限りはauやKDDIとは一言も出てきません。 下手したら、あまり隅々まで見ない人なら「ああ、地図のピンクの部分が楽天モバイルのエリアなんだな。 2色あるのはなんだろう、速さが違うのかな?」で終わりかもしれません。 しかし、ローミングは2社間での取引。 楽天側から出てくる情報がアテにならなくても、もう一方の情報を見てみれば詳細が分かります。 KDDIが公開している「楽天モバイル株式会社サービスへのローミング提供について」()というページを見ると楽天モバイルと交わされている契約内容が簡潔にまとめられていて、「基本は800MHz帯」つまりBand 18(Band 26)のみの貸出であることが分かります。 そして、大まかな理解としては「まず東名阪は楽天が自前で整備、ほかはローミングでスタート」という理解で良いものの、KDDI側の説明を読むと東名阪以外でもローミングを提供しない「局所的なトラヒック混雑エリア」があることが読み取れます。 つまり、「まだ楽天のエリアではないけれど、auのローミングも受けられず圏外になってしまう場所」が、auのエリア内でも実はあるということです。 一方で、東名阪エリアでも早期の整備が難しい「地下鉄、地下街、トンネル、屋内施設や観光名所等の一部」ではローミングを行うようです。

次の

パートナーエリアの楽天モバイル・無料・重大発表が話題

楽天 パートナー エリア

楽天UN-LIMITで使える機種と使えない機種、エリアと対応バンドについて• 2020年4月11日• SIMフリー端末なのに、楽天モバイルのRakuten UN-LIMITで使えない? 同じ機種なのに、使えたり使えなかったり・・・ Rakuten UN-LIMITに対応する最低条件は何なのか? Rakuten UN-LIMITのパートナーエリアはau回線なので、パートナーエリアで使用するには au端末が有利となります。 ドコモやソフトバンクの端末では、たとえSIMフリーであってもauのバンドに対応していないことが多いので、その場合はパートナーエリアでは使うことができません。 機種によって使えたり使えなかったりと報告がバラバラなのは、このためです。 そもそもバンドとは? バンドとは携帯電話が通信で使用している周波数帯のことで、それぞれのキャリアによって使用しているバンドが異なります。 各キャリアの主要バンド• ドコモ: バンド1, バンド3, バンド19• ソフトバンク: バンド1, バンド3, バンド8• 楽天モバイル: バンド3, バンド18 Rakuten UN-LIMITのパートナーエリアで使うには、基本的に auに対応する端末が必要です。 例として、Huaweiでは以下のモデルがそれに該当します。 P30 lite Premium HWV33• P20 lite HWV32 この内、P30 liteはUN-LIMIT対応モデルとしてリストアップされている通りすべての機能が使えますが、P20 liteは対応モデルではないので通話やSMSなど一部機能は使えません。 これはauのバンドには対応しているものの、ファームウェアがUN-LIMITに対応していないのが原因だとみられます。 iPhoneに関しては、iPhone 8以降のモデルは主要バンドにすべて対応していますが、キャリアのSIMフリー解除モデルでは使えないという報告もあるので、できるだけAppleの販売するSIMフリー版を使用したいところです。 参考 というわけで、パートナーエリアでRakuten UN-LIMITを使うのであれば、UN-LIMIT対応モデルかauの端末かiPhoneが必要になります。 楽天エリアだけで使うのなら、ドコモでもソフトバンクでも(機種によっては)対応しますが、現状では楽天エリアは限定的なものとなるため、あまり現実的ではありません。 幅広いバンドに対応するiPhoneですが、Rakuten UN-LIMITではiPhoneをサポート対象外としています。 実際に使えない機能もあるので、iPhoneユーザーがメインの回線としてここを選択することはあまりおすすめできません。

次の

楽天モバイル本格スタート!パートナー回線エリアのデータ容量と消費後の速度をアップグレード!

楽天 パートナー エリア

楽天モバイルと契約した人は、忘れずにインストールしておきましょう。 データ残量を確認しよう 「my楽天モバイル」のホーム画面にパートナー回線・高速モードのデータ残量が表示されます。 データ制限モードで容量を抑えたい場合は、右のボタンをオンにしましょう。 私の場合、制限モードに切り替えられるのに気づかず、高速モードの容量を全て使い切ってしまったので注意ですね。 高速モードの容量をデータチャージしたい場合、左のボタンを押しましょう。 高速モードを使い切り、制限モードでも最大1Mbpsでデータ通信できるので充分使えます。 いざというときは、データチャージも活用してみてください。 楽天回線エリアだと高速でデータ使い放題なので、基地局が増えると良いですね。 通信速度を計測 ホーム画面で下へスクロールすると、「通信速度計測」と「回線エリア」の確認ができます。 自分が数んでいるエリアが「楽天回線に対応しているのかどうか」、「通信速度はどれくらいでるのか」を確認してみてくださいね。 濃いピンクが楽天回線エリア、薄いピンクがパートナー回線エリアです。 まだ楽天回線エリアは狭いので、契約前に確認してくださいね。 ただしアプリダウンロードや高画質の動画再生は難しいですね。 個人的にはUN-LIMITの内容に満足しています。 基本料金が1年間無料なのでも大きいですね。 ただ、楽天回線エリアが早く広がってほしいなという気持ちがあります。 1年後、全国で楽天回線エリアが使えるようになっていることを願ってこの記事を終わります!.

次の