収益 に 重大 な 影響 が 出 ない よう ads txt ファイル の 問題 を 修正 し て ください。 Googleアドセンス (AdSense)「要注意:www.cygnus.comファイルの問題を修正してください」の表示を消す方法

アドセンスから「要注意

収益 に 重大 な 影響 が 出 ない よう ads txt ファイル の 問題 を 修正 し て ください

ある日、Googleアドセンスの管理画面に 「要注意 — AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads. txt ファイルがあります。 」 「要注意 — 収益に重大な影響が出ないよう、ads. txt ファイルの問題を修正してください。 」などと表示されるようになってしまったので対処法を調べてみました。 ads. txt ファイルの設定は必須ではないそうです。 なので、必ず対処しなければいけないわけでなはなく、あくまでも推奨です。 でも、将来的に考えて今のうちに設置をしておいた方が良いと思います。 理由は、一番最後のところに記載しておきましたので、とりあえずは、設定方法を見ていきましょう。 ここでの対処法が有効なのは、独自ドメインでご自身で契約したサーバーで運用している方で、アドセンス以外の広告ネットワークを使用していない方が対象です。 状況によっていろいろ細かい注意事項があるようですが、その辺は調べていませんので、すみませんが他のサイトでお調べください。 コンテンツ• Googleアドセンス「ads. txt ファイルの問題を修正してください」の対処法 手順は以下の2ステップです。 手順1:ads. txtファイルのダウンロード まずは、の管理画面へ移動して、上に表示されている「今すぐ修正」をクリックします。 サマリーのページへ移動したら、 ダウンロードをクリックして、ads. txtファイルをダウンロードします。 手順2:ads. txtファイルのアップロード ダウンロードしたファイルは、FTPソフトを使ってサイトのルートドメインへアップロードします。 txtへアップロードするという意味です。 以上が、ads. txtファイルの設定方法でした。 意外と簡単ですね。 でも、設定が反映されるまでには数日かかるそうなので、気長に待ちましょう。 そもそもads. txtって何? ads. txtは「アズテキスト」と読むらしいです。 アズテキストは広告詐欺を減らすための仕組みとして考えられました。 広告詐欺というのはどういうものかというと、実際にはサイトを持っていないにも関わらず、広告枠があるかのようになりすました悪意のある第三者が広告主へ偽の広告枠を売るといったものです。 アドセンス広告っていろんなサイトの広告枠に表示されているので、広告主が実際に広告が表示されているのかどうかを直接確認することってできませんよね。 そのため、ads. txtを設置することで、あなたのサイトが正真正銘、広告枠として存在するサイトだと証明するためのものなのだそうです。 だから、設置をしておいた方が良いということですね。 以上が、Googleアドセンス「ads. txt ファイルの問題を修正してください」の対処法でした。

次の

【初心者ブロガー用】3分で簡単にwww.cygnus.comファイルの問題を修正する:エックスサーバー編

収益 に 重大 な 影響 が 出 ない よう ads txt ファイル の 問題 を 修正 し て ください

「要注意-ads. txt ファイルが〜」の対処法を簡単にまとめた この表記がされている方は「まずいんじゃないか」って思いがちかもしれないですが、「Google アドマネージャーヘルプ」には下記のような表記がありました。 ads. txt の使用は必須ではありませんが、使用することをおすすめします。 ads. txt ファイルを使用すれば、特定のドメイン、アプリ、動画から配信されたと見誤らせるような偽の広告枠から、自社のブランドを保護することができます。 認定販売者を宣言することで、偽の広告枠に奪われる可能性のあった広告収益を獲得し、収益を増やすことができるようになります。 要するに 必須ではない?ようです。 「収益への重大な悪影響を防止できる可能性があります」と書かれており、偽物の広告枠への流出を防ぐことができるようになり、運営者、閲覧者それぞれにとっていい話ということのようです。 ちなみに広告が配信されなくなったという記事も見かけたので、対応しておくほうがいいのかなとはお人的に思っております。 対処法 自分も詳しく説明できるほどではないので、要所要所簡単に書いていきます。 テキストファイルの作成 まずテキストファイルを作る必要があります。 名称は 「ads. txt」で保存しておき、文字コードは 「UTF-8」である必要があるので注意。 テキストエディタに関してですが、自分はMacの標準の「Text Edit」もしくは「CotEditor」を使ってやっています。 Macの場合はリッチテキストではなく標準テキストで行う必要があるようです。 Windowsの方はテラパッドなどで可能。。 続いて下記の文字列をテキストエディタに記載しておきます。 google. com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0 この 16桁数字「0000000000000000」の部分は自身のGoogle Adsenseの運営者IDを記載します。 作成したファイルは、デスクトップなどわかりやすいところへ保管しておくと作業がしやすいです。 Google Adsenseの運営者IDを引っ張ってくる IDはGoogle Adsenseを開き、自分のアカウント情報が記載されているページへ行きます。 ここのページでは下記のような情報が載っているので、「サイト運営者ID」の「pub-」の右横にある数字をそのままテキストエディタへ記載した16桁の数字の部分に書き換えていきます。 0の16桁は消しておきましょう テキストエディタの内容は上の内容で終わりです。 ads. txtをアップロード 先程作成したテキストファイルをサーバーにアップロードする必要があるので、自身が使うサーバーでアップロードします。 自分はエックスサーバーを使用しているので、そちらの方法をまとめておきます。 まずファイルマネージャーの方へログインします。 すると運営しているブログファイルがでてくるので、該当するものをクリックします。 この次のページで先ほど作成した「ads. txt」ファイルをアップロードします。 「ファイルを選択」をクリックし、作成した「ads. txt」を選択してアップロード。 アップロードする際は下のファイル名の文字コード部分を 「UTF-8」に選択しておく必要があります。 アップロードすると上のように「ads. 編集画面の下の方の文字コードを 「UTF-8」を選択して保存します。 主に行う作業は以上です。 正しく表記されているか確かめる ここまでやった作業がきちんとできてるかを確かめる必要があるので、下記のチェックツールなどを使って調べます。 エラーなど特に問題がなければ、下の方に このような形で表示されます。 utf-8で作成してください。 」というエラーが出ました。 「ちゃんとUTF-8で作成したはずなんだが。 」と思いましたが、結構多くの方がでているようでした。 そちらの解決策もあったので合わせて記載しておきます。 txtがある場所 に「. htaccess」という項目があるかと思います。 その「. htaccess」内に下の文字列を追加します。 表記場所は「 BEGIN WordPress」の上位で良いと思います。 自分はこの上に記載しました。 自分の場合ですが、これをすることでうまく機能したようです。 まとめ 調べながらやると結構時間がかかってしまいましたが、終わってみれば結構簡単に解決することができました。 自分が時間がかかったのは、修正してもなかなかエラーの文字が消えない現象。 かなり悩まされましたが、キャッシュ系の話だったみたいで前回書いた記事の「ハード読み込み」をすることで解決しました。 何度もやり直してるのにうまくいかない方は、もしかしたたそちらが原因の可能性もあるので、一応編集するたび更新してみるのをおすすめします。 ハード読み込みについてはこちらなどで詳しく書いていましたので参考にしてみてください。

次の

アドセンスで「要注意

収益 に 重大 な 影響 が 出 ない よう ads txt ファイル の 問題 を 修正 し て ください

ads. txtって何? 何のための修正? まず、問題の表示が以下です! そもそも、「 ads. txtファイルの問題」とはなんぞや、 「 ads. txtファイル」はこのブログ(サイト)に表示されている 広告枠を買ってくれる広告主に、この広告枠は詐欺ではないよと知らせるためのものです。 もうちょっと補足すると、この背景には広告を載せたい広告主を騙して、本当は存在しない(表示されない)広告枠を買わそうとする等いわゆる詐欺行為を行う業者が存在し、偽の広告で広告主から広告費を騙し取っているという実態があります。 これは、広告主が自分の広告がどのサイトにどのように表示されているかを逐一確認しにくいという、現状の広告表示の仕組みを利用した詐欺行為です。 「 ads. txtファイル」を設置することで、広告主が広告枠を買おうとする際に広告枠が偽物の場合は情報が一致しないため偽物とバレます。 つまり偽物の広告枠を買わなくてすみます。 また広告枠を提供する側(つまり私たちブログの所有者)は、不正な広告枠を提供しているという不本意なブログ(ドメイン)にならずにすみます。 もし、詐欺に利用されてしまうとブログ(ドメイン)の価値が下がるだけでなく、自分名義の広告なのにクリックされても収益は詐欺業者に入るという事態になるのです。 「 問題」とは、その「 ads. txtファイル」が設置されていないよと言うことで、「 修正」とは「 ads. txtファイル」を設置することです。 GoogleAdSenseのヘルプサイトにある説明です。 txtファイルのことが詳しく解説してあります、興味のある方はのぞいてみてください。 txtファイルの入手も不要です) ads. txt ファイルの入手と設置方法 ads. txt ファイルの入手はGoogleAdSenseの管理画面で行います。 設置は自分が運営しているブログ(正確には、そのブログをアップロードしているサーバー)で実施します。 ads. txt ファイルの入手 一番簡単な方法は、要注意表示の帯の中にある [ 今すぐ修正] をクリックする方法です。 ブラウザの下段に、テキストファイルがダウンロードされた旨が表示されます。 *ダウンロードの表示は利用しているOSやブラウザによって異なります。 *通常は「ダウンロード」フォルダに保存されます。 ダウンロードされたテキストファイルの表示 ダウンロードフォルダにある「 ads. txtファイル」 をデスクトップに移動させます *移動させなくても操作はできますが、わかりやすい場所に移動するほうがお勧めです。 これで「 ads. txtファイル」の準備は完了です。 *上記の画像に表示されているコードはダミーです。 *途中に全角が挿入されたり、改行があるとNGとなるため記載には注意が必要です ads. txtファイルをサーバーに設置(アップロード) では、このフィアルをブログ(サイト)をアップしているサーバに設置します。 *複数のサイトを運営している場合は、それぞれのサイトへアップロードが必要です。 *アップロードは FTPソフトを利用して、サーバーに直接アップロードします。 ここで大事なのは、 運用するドメインのルートディレクトリー(一番上の階層)にアップロードする ことです。 画面下方の[ ads. txt設定]をクリックします。 ドメイン選択画面が表示されます。 該当のドメインの[ 選択する]をクリックします(グーグルアドセンス契約している該当ドメインが複数ある場合は全てのドメインに対して同じ操作が必要です) [ ads. txt設定の追加]のタブをクリックします。 *サンプルでは設定一覧のタブに既に設定内容が表示されていますが、まだ一度も設定をしていない場合は表示はありません。 設定画面が表示されます。 完了すると、設定一覧に表示されます。 「pub-」から始まる ID で表示されます。 *サイト運営者 ID は第三者に公開しても問題はありません、不正に使われることもありません。 要注意表示の消失 テキストファイルの設置後、「要注意」の表示が消えるまでには2日ほどかかるようです。 *もう少し長くかかる場合もあるようです、少し気長に待ちましょう。 最後に、現時点では対処しなくても大丈夫 なお、この操作は現時点では対処しなくても、たちまち広告が非表示になったりすることはないようです。 FTP操作(ファイルをアップロードする)が不安、上手くできないと思った場合は対処は保留で大丈夫です。 つまりちょっと辛口ですが、この記事を読んでテキストファイルってなに?とか、FTPについて操作方法が書いてないからやり方がわからないな〜とか、サイトのルートレベルのドメインって意味がわからないなあ?とか思った場合は操作しない方が無難です。 *GoogleAdSenseの仕様が変われば話は別なので、定期的にはメールや管理画面の表示を確認してくださいね。 りんごからのお知らせ こんにちは、Ringoです。 岡山県真庭市というところで、非常勤のデザイン講師をしながら、ブログ&アフィエイトビジネスに奮闘中です。 この ブログと連携して 「ゆとりのシニアライフを実現させる」をテーマに メルマガを配信、シニア&初心者向けにネットビジネスの進み方をお伝えしています。 経済的にも心にも 「ゆとり」をもたらす収入をゲットしませんか! ブログを作ったけどアクセスが無い!、アフィリエイトの成果が出ない! そんなあなたは必見ですよ SNSやネット活用の実践講座を交えた実りいっぱいの無料メルマガです。 岡山県真庭市で非常勤のデザイン講師をしながら、ブログ&メルマガを利用したネットビジネスに奮闘中です。 このブログでは、老後の 「ゆとり」を生む資金作りのノウハウを配信しています。 今だけ無料で 『資金づくりの種類や手法をわかりやすくまとめたレポート』をお渡し、無料で受け取りたい!ということであれば、今すぐ 「りんごのメルマガ」にご登録ください。 登録後、特典の受け取り方法をご案内するメールをお送りいたします。 *特典を受け取った後にメルマガを解除いただいても構いません。 *解除に対しての手数料もかかりません。 ただ、メールを読み続けていただくと、シニアライフに嬉しい 「お小遣い」を獲得できるノウハウを紹介。 無理なくコツコツと老後の資金を増やしていくためのお得な情報をお届けします。 SNSやネット活用の実践講座を交えた実りいっぱいの無料メルマガです。 よろしければ、この記事やブログに関する 感想・聞いてみたいこと・要望などなどお聞かせください。 運営者の りんごです。 2016年4月岡山県真庭市に引っ越し、デザイン系講師のかたわらブログ制作& ネットビジネスを副業として収入を得ています。 パソコンインストラクターや、コールセンターでのサポート経験を活かし、個々のスキルとスピードに合わせたサポートを心がけています。 子育てを卒業!自分のために時間とお金を使える!! でも、「夢見るシニアじゃいられない」と感じているそんなあなたに伝えたい情報です。 「ブログやアフィリエイトって、聞いたことあるけど若者(わかもの)や強者(つわもの)しか手を出してはいけない気がして」と思っていませんか? 「頑張ってみたけど、若い人の勢いについていけず挫折し諦めた」それでも大丈夫! ちょっと勇気を出して扉をあけてみてください。 お手伝いできれば嬉しいです。 Googleアカウントの新規作成方法を、スマフォ版とPC版(パソコン版)でそれぞ... Yahoo!JAPANIDの登録方法をYahoo! ヤフー)のサービスを初めて利... googleアカウント作成時に、電話番号の確認を求められる画面が出てくることが希... この記事では、Wordpressの人気無料テーマ「Cocoon」でのアドセンス広... らくらくスマートフォンに保存した画像データをUSBケーブルを使って一括でまとめて... インターネットビジネスについて、その内容をわかりやすく解説しました。 ネットビジ... 人気無料テーマ「Cocoon」を利用してブログのサイドバーをカスタマイズします。...

次の