会社辞めたい うつ。 【年寄りしかいない】若手が辞める会社5つの特徴!と改善する3つの逆転策

会社を辞めたい時の理由は?うつや疲れた、やりがいがないなどでも大丈夫?

会社辞めたい うつ

仕事を辞めたいけど言えないままでいるとどうなる? ホンネを隠しながら働くのは無理 辞めたいというを隠している状態で働くのは、その本人と会社双方にマイナスがあります。 まず、本人に至っては、辞めたいと思っているぐらいなのでそれ相応のストレスが会社にあると思いますが、その状況に身を置き続ける事自体がかなり辛いことです。 そして本音を隠すというのは、自分にも他人にもウソをつく行為になります。 特に社内でも中の良い同僚や、お世話になっている上司に対して、ウソを騙しているという状態を長く続けるのは、普通の人であればかなり精神的に辛いはずです。 また、辞めたいと思っている会社で高い成果を出すのは難しいと思います。 モチベーションが下がった状態では、ここ一番のがむしゃらな頑張りはできず、積極性もなくなってしまうため、目に見えて成果が落ちてくる場合が多くなります。 こうなると、本音を隠している辛さに加えて、成果のプレッシャーがさらにのしかかってくるため、過酷かつ出口の無い状況になると思います。 結果的に、うつになってしまう場合もあり、心も体も壊してしまう場合があります。 こうなると仕事以外にも多くの物をうしなってしまう危険性もあるのです。 自分を責める必要は全く無し! 特に若い方に多いのですが、辞めたいという気持ちを持った自分に対して、後ろめたさ、会社に対する裏切り、自分の甘えなどと捉えて自分で自分を責めてしまう場合です。 これには様々な要因があると思うのですが、会社側が社員に対して引き止めをしたり、辞めることに対して批判的な言動をする場合があり、それによって自分が悪いことをしているという思い込みをしてしまう場合があるのですが、それを真に受ける必要はありません。 確かに、優秀な人が退職すれば会社は困るでしょうし、残って欲しいという思いは理解できるます。 そして辞めさせない方法として過剰なプレッシャーを掛けたり、損失をその人のせいにしたりする場合があります。 また、競合他社への転職を阻止しようとしたり、様々な制約を主張してきます。 そして、このような対応は、とくに20代の若い人材に対して行われる力技なのです。 圧倒的な上下関係を逆手にとってプレッシャーをかけるという、正にパワハラだと思って下さい。 辞めたいと言えない相手は誰? 「職業選択の自由」は分かったけれど、とは言えそう簡単に問題が解決するわけではなく、やはり相手によって切り出しずらい状況があると思います。 では、そのパターンごとに対処法をご説明します。 親に言えない 仕事を辞めるというと、確かに親は心配をすると思います。 それは会社からの理不尽な引き止めなどとは違い、純粋にあなたを心配してのことですからきちんと受け止めて説明しなければなりません。 この場合、仕事を辞めるという事実だけではなく、そこに至った理由と、今後の計画をセットにしてい説明することが重要です。 親というのは子供の人生が心配なので、安心できるような説明をすることが重要です。 そのためにも、まずは退職理由でその会社の何が良くなかったのか、自分にとってどんなデメリットがあったのかを説明します。 その次に、その反省を踏まえてどのような転職を先を探そうとしているかをきちんと説明します。 もし、対面での話会いが難しいと感じた場合、手紙を書くこともおすすめです。 簡単に会える距離に住んでいたとしても、あえて手紙を綴るのです。 「大切な事なので、きちんと自分の気持ちと、考えていることを知ってほしくてあえて手紙にしました」という言葉を添えることで、言葉よりも重みを持たせて伝えることができます。 上司に言えない これは、先ほど紹介したようなパワハラパターンに該当しますが、この段落では具体的な対処法をご紹介します。 まずあまり冷静に話ができないような上司の場合、直接言わずに第三者(人事、もしくは上司の上司など)に先に伝えることもおすすめです。 そして、正直に上司に切り出して逆鱗に触れることが怖いことを伝え、上手く間を取り持って欲しいことを伝えるのです。 これによって第三者が介入することになるので、上司に歯止めがかかった状態になります。 夫婦の場合 このパターンは、特に旦那さんが奥さんに対して転職を言い出しにくいパターンが想定されます。 生活を共にしている相手への配慮として、くれぐれも事後報告にならないように注意がひつようです。 夫婦の場合は、転職自体をどうこうというよりも、ある日決まったことのように転職を伝えられた方が、「何故それまで何の相談もしてくれなかったのか?」という不満を持つ可能性が高いです。 つまり、悩みや大事な意思決定の際に自分への共有や相談が無いことへの不満なので、事前に自分の気持ちや悩みをきちんと共有しておくことが重要です。 「言えない状況」ごとの対処法 「言えない」の背景には人それぞれの環境や状況が関係している場合が多くあります。 実際の言えない状況ごとにその対処法をご紹介していきます。 新卒の場合 「石の上にも3年」とうい美徳は今尚顕在ですが、たしかに新卒という立場では会社に退職を言い出すのはハードルが高いと思います。 また入社初年度ともなると、最も高いハードルと言っても過言ではないと思います。 例えば他の会社への転職であれば、内定をもらい、次の会社が決まった状態で伝える。 または何か諦めきれない夢に向かうのであれば、退職後の留学や活動開始準備を整えること。 大切なのは、退職に対する本気度を示すことです。 注意点として、新卒として就職し、1年経たずに退職する場合、明らかに会社に迷惑をかけていることになります。 何もできない新人に教える手間と給料コストだけがかかり、そのきちんと返すことなく辞めるのですから、それなりにお叱りを受ける事は覚悟し、誠心誠意謝罪する姿勢は持たなければなりません。 仕事を引き継ぐ相手がいない 会社の中でも中核としてい働いていた方であれば、自分の退職後も業務に支障が出ないように引き継ぎのことなども踏まえて考えなければいけない場合があると思います。 この場合、黙って引き継げる環境を待っていても永遠にその機会が巡ってこない場合がありますので、思い切って会社に退職の意向を伝えることをおすすめします。 そして、後を引き継ぐ人を見つけるまでの2ヶ月~3ヶ月間を猶予期間として受け入れることで、会社に対して最低限の配慮はできていると言えます。 注意点として、もし転職活動をして転職先が決まっている場合は、入社日を調整するはずですが、この入社日を先に決めてしまうと今の会社の要望に答えられない場合も出てきます。 転職先から内定が出たら、入社日を確定させる前には退職を申し出て、引き継ぎの猶予期間をきちんとすり合わせてから入社日を確定させるようにしましょう。 管理職の場合 管理職などであなたを慕う部下や同僚が多い場合、あなたの退職に影響されて他の社員までが会社を辞めてしまうというケースもあるかと思います。 会社からすると一度に何人もの退職者が出るんは痛手になるのですが、こればかりはきにしても仕方ありません。 もし、あなたが他の社員を引き抜いて一緒に転職しようとしているのであれば別ですが、あなたが退職することで、他の社員にっとってその会社で働く意味がなくなってしまうのであれば、それは会社とその社員達との問題です。 社員一人ひとりに対して会社自身が働く理由を提供出来ていなかったことが問題だと思います。 もし会社がそのリスクを理由に残存を申し出てきたとしても、あなたにはあなたの人生がありますし、根本的な問題の解決にはならず、その社員達はいずれ辞めていくことになるのではないでしょうか。 もし、会社と自分を慕う社員達に最後に奉仕できるとすれば、会社に変わって早まった退職は控えるように部下に促すことと、残る部下達に対して、彼らがモチベーションを持って働けるような環境作りを会社との間に立って調整してあげることくらいだと思います。 この場合、たしかに心苦しいとは思うのですが、自分の身を守るためには仕方のないことです。 反対に経営者というのは、倒産や借金のリスクを背負いながら、上手くいけば大きな報酬を得る(ハイリスク・ハイリターン)わけなので、もし雇われる側が本来の権利が行使できないとなるとこれはフェアとは言えないと思います。 また、社員が1人いなくなると、会社はその分の人件費を払わずに済むので、時には自ら身を引くことが、会社の救いになることも事実なのです。 期待されているから言い出せない 会社からの期待を背負っている場合は言い出せ無くて悩むこともあると思います。 重要なポストやプロジェクトを任されていたり、重役に可愛がってもらっている場合、その好意に答えられない申し訳なさと、裏切っているようで怖さを感じることがあると思います。 このような場合は、多少時間をかけてでも言い出せる環境を作ることは重要です。 例えば、自分が抜けた後を任せる後任の育成や、その後任が周囲に認めてもらえるように実績を積むサポートをすることです。 少しドライな言い方をすると、会社というのは本音であなたでなければダメだと思っているわけではありません。 要はそのポジションに穴を開けたく無いのと、しかるべき人をそこに据えたいのです。 つまり会社からするとあなたの退職は「予定が狂う」ことになるのですが、その予定の狂いをあなた自身が埋め合わせすることができれば問題は無いのです。 方法として、例えば部下の中から見込みのある人材を選び、理由を伝えた上で今現在のあなたの仕事を徐々に任せていきます。 仕事で何か良い成果が出た時には、実際にはあなたがやったことだとしても、あえてその手柄を部下の功績のように見せていくことも重要です。 そうして、後釜の候補となる部下が実際の業務をこなせるようになり、周囲からの理解をえられるようになれば晴れて退職するこを止める人はいないでしょう。 逆に、きちんと後処理をして辞めていくあなたに対して会社の信頼を壊すこともないですし、あなたのおかげで抜擢された部下からは一生の恩を感じてもらえる可能性もあります。 言えない状況を解決するには? 言えずに悩んでいることを人づてに伝える 自分から言い出せない場合は、相手から聞き出してもらう方法もあります。 まず、信用できる社内の友人に仕事を辞めたいと思っている事と、それを言い出せ無くて悩んでいることを相談するのです。 そうなると、かなり高い確率でその情報は自分の上司の耳に入ることになり、上司からすれば放置できない問題なので、向こうから「最近どうだ?なんか悩みがあるんじゃないか?」なんて言って言い出すきっかけを作ってくれることになります。 コツは、いかに自分が会社の為を思って悩んで位いるのか(辞めたい自分を責めているぐらいの温度感でもいいと思います。 )を社内の友人に伝えることです。 そうすることで、ただ辞めたいということだけが上司に伝わるのでは無く、責任感や悩んでいる度合いまで伝えてもらうことです。 この方法のメリットは、言い出すきっかけを相手が作ってくれるという事と、いきなり面と向かって伝えた場合に、最悪の場合敵対関係を作ってしまうのを回避できるということです。 人は、直接本人から聞くよりも、あえて人づてに聞くことでそれを本音だと思い込みます(口コミ効果ともいいます)。 その時に会社のことをきちんと考えていて、自分と会社の間で苦悩していることが伝われば、相手に同情的な心理を与えることができるのです。 次の会社が決まっていれば引き止めずらい 転職活動というのは、退職が決まっていなくても始めることはできます。 現在では会社に退職を伝えてから転職活動をはじめる方が稀で、殆どの方はまず転職活動をして、次の会社に内定をもらってから会社に退職の報告をするのが一般的です。 そして、言いづらい場合は先に転職先を決めてしまった方が退職がスムーズになります。 その理由をご説明します。 自分自信が踏ん切りが付く• 「仕事が見つからなかったらどうしよう」という不安がなくなる• 「次がも決まってます」と言われたら、会社は「辞退しろ!」とは言えない• もし会社が強引なやり方で引き止めてきても、次の会社が対処法をアドバイスしてくれる もし、次の会社がまだ決まっていない場合、会社は「まだ引き止める余地がある」と理解します。 これは、私自信が管理職として部下を引き止めていた経験からも間違いありません。 もしくは、本気で辞めたいわけではなく、「それぐらい深刻に悩んでいるんです」という相談と取る場合もあります。 しかし、次が決まった状態で相談されるとその本気度を理解し、引き止めを諦めるのです。 まとめ 退職の言い出せない状況においての対処法や考え方、心の持ちようなどを説明してきましたが、なによりも重要なのは、「悪いことをしている」という認識を捨てることです。 一時のストレスを理由に、不本意な人生に我慢を続けてしまうことが無いよう、皆さんが自分の理想のキャリアを実現して頂きたいと思います。

次の

うつで会社を休んでいます。でも辞めたくない。

会社辞めたい うつ

私の体験談をご紹介 給料が上がらない会社にいても将来はありません。 学歴もスキルもない私が、 転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。 学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。 なぜなら、転職エージェントは 転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。 転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。 自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。 どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のがおすすめです。 まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。 求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。 無料で90秒で簡単に登録できます。 うつ病になりやすい人の特徴• 真面目• 完璧主義• 几帳面• 他人の目を気にしやすい• 責任感が強い• 頑張り屋 真面目、完璧主義、責任感が強い人は無理な頼まれごとでもなんとかこなそうと頑張ってしまいます。 無理なことでも頑張ってしまうので心身ともに負担が大きいです。 そして、少しでもうまくいかないことがあると自分を責めてしまいます。 また、他人の目を気にする人もうつ病にかかりやすいです。 常に自分の評価が気になるので他人によく思われようと無理してしまいます。 その結果、ストレスを抱えてしまい精神が病んでしまいます。 これらの性格の人に共通するのはストレスを溜め込みやすいことです。 うまくストレスを回避して、発散させる工夫をすることが大切です。 知人がうつ病だった時の症状を紹介します。 知人は営業マンだったのですが厳しいノルマや長時間労働、上司からのパワハラでうつ病になりました。 その時に下記のような症状が起きたそうです。 電車で過呼吸気味になる• 電車を降りてから会社まで歩いている途中で涙がボロボロこぼれてしまう• 頭がぼーっとして回らない• 人ごみの中で一人取り残されたかのように離人感がある• 真夏の日差しが暖かく感じる• いつでもどこでもノルマのことが頭から消えず、夢にもでてくる• 興味や喜びの感情が抜ける• 食欲の低下、味がわからない• 不眠になる• 著しい疲労感、休日は寝て終わってしまう• 死にたいと思うようになる• 周りの音がうるさいと感じるようになった 上記のようなことがほぼ毎日のように続いていればうつ病の可能性が高いと言えます。 この状態を続けていてはかなり危険ですので早急に対処する必要があります。 幸い知人は会社を辞めてこれらの症状がなくなったそうです。 今の会社は環境がよくて毎日楽しく過ごせているそうです。 金銭問題• お世話になった上司がいる• 土日休みで転職活動ができない・疲労感でそれどころじゃない• 人の目が気になる• 決断しきれない• すぐに辞めたら転職しづらいと感じる• つらいのは私だけじゃないはず• 我慢して働かなければならないといけないという固定概念 会社を辞めたいと思っていても辞められない人は、これらのことがあてはまる人も多いのではないでしょうか? うつ病を発症しているときは正常な判断ができないものです。 「ここで辞めたら根性なしだ」「すぐに辞める自分はダメなやつ」などと自分を責めて無理して頑張ってしまいがちです。 また、会社の人から「みんな辛くても頑張っている。 」「そんなんじゃこの会社を辞めても新しい会社でやっていけないぞ」などと辞めさせないように説得してきます。 その結果、ズルズルと辛いと感じながらも働き続けてしまうのです。 合わせて読みたい 会社でうつになる前にできること 相談する まずは家族や友人などに相談してみましょう。 客観的な意見を聞くことができますし、自分の悩みを話すことで心が軽くなります。 そうすること自分のストレスが少しは和らぐでしょう。 もし、社内に相談窓口があれば相談してしてみるのも良いでしょう。 問題解決に向けて動いてくれる可能性があります。 退職を検討する もし、相談しても問題が解決に向かわない場合、退職を検討した方が良いでしょう。 このまま働き続けても状況はよくなりません。 あなたが行動しない限り何も変わりません。 毎日が辛いままですし、健康面で被害がでる可能性があります。 無理して働き続けると最悪の場合、うつ病になるのでそうなる前に食い止めなければなりません。 辛い思いをしてまで働く意味はありません。 会社なんて山ほどあるのですから広い視野を持って他の会社を探してみるのも良いと思います。 「辞めることで会社に迷惑がかかるんじゃ」と後ろめたい気持ちになってしまう人もいるかもしれません。 しかし、そんなことを考える必要はありません。 あなたは悪くありません。 あなたが悪いのではなくて、辞めたくなる環境を作っている会社が悪いのです。 会社は従業員が安心して働ける環境を作る義務があります。 あなたは辞めることに罪悪感も感じる必要はありません。 会社でうつ病になった後にできること もし、すでにうつ病になってしまった場合にできることを紹介します。 まずは、今すぐにうつ病の原因となった会社から離れる必要があります。 自分自身の健康を第一に考えて行きましょう。 病院へ行き傷病手当金をもらって休職する 精神科の先生の診断書があれば、会社に籍を置いたまま休職するという手段を取ることができます。 そして多くの会社では 「傷病手当金」というものを受給することができます。 傷病手当金とは、病気やケガで就労が困難な場合に本来の給料の 3分の2受け取ることができる制度です。 傷病手当金は最大1年半受給することができます。 これは生涯のうちで通算1年半なので、6ヶ月で復帰した場合は残り1年ということになります。 この1年半を使い切ってしまうと、 病気やケガで再度休むことになっても傷病手当金の申請はできないので注意が必要です。 また、退職後でもうつ病が治っていなかったら継続受給できます。 これは退職日まで被保険者期間が連続で一年以上あるというのが条件です。 なので、まだ現在の会社に入って一年未満という方は、条件を満たすまで辞めずに休職することで日にちを稼ぐのが得策です。 経験談ですが、うつになる職場は一ヶ月足らずで症状が出てきます。 なので、「まだこれくらいしか働いてないから…」と我慢して働く必要はないと思います。 もう一点、大事なのが「最終出勤日」に設定している日に引継ぎなどで出勤してしまうと継続受給ができなくなってしまう点です。 この二点さえおさえておけば、仕事を辞めた後でも給料の3分の2を受け取ることができるという点は大きなメリットです。 申請書類は会社が用意してくれて、会社に提出することになります。 自分の会社の就業規則や保険組合のHPを見て確認しておきましょう 傷病手当金を受け取れる条件• 健康保険加入者であること• 連続する3日間を含み4日以上仕事ができないこと この3日間を「待機期間」と呼び、支給の対象になりません。 待機期間が過ぎた4日間以降が支給の対象となります。 なお給料の「支払いがあったかどうか」は関係ないのでこの4日間を「有給休暇」とすることをオススメします。 休業した期間について給与の支払いがないこと もし支払いがあった場合は、その分調整されて支給が少なくなります。 休職期間に入ってしまったら有給休暇は調整され無意味になってしまいます。 なので、初めから辞めるつもりなら有給は先に消化してしまった方が良いでしょう 私はこの2点を後になって知ったので4日間無給の状態と有給を残した状態での退職となってしまいました。 これが失敗したと思っている点です。 ちゃんと調べて給料日前に有給申請すればよかったのです。 傷病手当金は申請が通るまで約3ヶ月はかかるので 「最後の給料の金額」はとても大事です。 退職代行サービスを使う 退職をしたくてもうつ病により出社が厳しい場合は退職の手続きができない場合があると思います。 また、会社に辞めるとなかなか言いにくい場合もあると思います。 例えば、今までに何度も辞めたいと伝えているが受け入れてもらえなかったり、会社の人間が怖くて言い出しにくい場合などです。 このような時に助かるのがです。 これは、 退職のプロがあなたに変わって退職の手続きをしてくれます。 会社が辞めないように引き止めにあっても退職のプロがスムーズに退職成功へと導いてくれます。 そして、会社の人と顔を合わさなくても辞めることができるので精神的な負担がかかるずに辞めることができます。 費用は3万〜5万と安くはない金額ですが、スムーズに辞めることができるのであれば十分に価値があると思います。 退職代行サービスの中でもおすすめなのが「」です。 退職代行EXITは退職代行サービスの中でも一番信頼ができます。 今まで2500人以上の退職を成功させてきた実績もあるので安心です。 NHK、テレビ朝日、TBS、フジテレビ、日経新聞、朝日新聞、毎日新聞などのメディアでも取り上げられており、知名度もダントツです。 うつ病で会社を辞めても社会復帰はできる? 失業保険を上手く使おう 傷病手当を継続受給で仕事を辞めた場合、すぐに失業保険を受けることはできません。 なぜなら傷病手当金を受給しているということは「労働不能」と医師に判断された状態にあるからです。 失業保険では「労働の意思及び 能力があるにもかかわらず、職業につけない状態」であることを「失業」と呼んでいて、労働不能者はそこに該当しないのです。 失業保険の受給期間は原則として離職から1年間のうちの所定日数分です。 所定日数は人によって違います。 被保険者であった期間 年齢 1年未満 1年以上5年未満 5年以上10年未満 10年以上20年未満 20年以上 30歳未満 90日 90日 120日 180日 ー 30歳以上35歳未満 120日 180日 210日 240日 35歳以上45歳未満 150日 240日 270日 45歳以上60歳未満 180日 240日 270日 330日 60歳以上65歳未満 150日 180日 210日 240日 引用 : うつ病でですぐに働けず、1年以上経過してしまった場合、受給はできません。 しかし 受給期間延長制度を利用することが可能です。 この制度は病気やケガを理由に30日以上働けない場合、最大3年間+元々の1年間で計4年間に受給可能期間を増やすことができます。 この制度の申請は働けない期間が30日以上経過した日から1ヶ月以内が期限になっています。 この手続きを取らないと失業保険がおりない可能性が出てくるので必ずやりましょう。 うつ病が寛解したら、「労働可能の医師の診断書」を提出すること失業保険を得ることができます。 傷病手当金と失業保険を合わせることで、最大で二年程度は手当をもらいながら休め、 十分に寛解してから転職活動をすることができるということが保証されています。 なので焦らず、ゆっくり療養すれば良いのです。 就労移行支援に通う 長い間働くことから離れていると「戻るのが怖い」と思うことや「生活リズムが崩れてしまった」という場合もあるかもしれません。 そんな時は「就労移行支援」に通いながら転職活動をするということをオススメします。 就労移行支援とは生活リズムや働く感覚を戻すためや就職活動のサポートを受けることができる「社会復帰の訓練所」のようなところで、仕事の斡旋もしてくれます。 給料は出ませんが毎日同じ時間に通い、仕事をするとこで「今の自分にできること」を実感できますし、現在では様々な資格を取れる就労移行支援センターも少なくありません。 転職エージェントを使い転職する 今すぐに転職がしたいという場合は転職エージェントを利用するのがおすすめです。 なぜなら、転職エージェントは転職をスムーズに行うためのサービスが充実しているからです。 転職のプロがあなたに合った求人の紹介、履歴書の添削、面接対策などサポートが充実しているので効率よく転職活動が行えます。 私自身もを使って3ヶ月で転職に成功することができました。 まとめ• 辞める前に傷病手当金を受けながら休職して寛解してから転職活動をしよう• 傷病手当金の4日間の待機期間は有給休暇にした方がお得• 治りきる前に辞めても傷病手当金は継続できる!• 辞めたら1ヶ月以内にハローワークに失業保険受給期間延長の申請を。 就労移行支援を上手く使えば社会復帰がしやすくなる• 自立支援医療を受けていれば医療費は1割負担の上限2500円。 初診の時に医師に聞いておこう。 いかがでしたか。 苦しい中で働いているときは様々なことが頭をよぎり、一歩を踏み出せないかと思います。 ですが、一歩踏み出さないと状況は悪化し続けます。 勇気を出して踏み出すことが幸せへの第一歩だと思います。 これを読んでいる皆さまが心が安らぐ日が来ることを祈っています。 【学歴なしスキルなし 】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ 転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり 損しています。 なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。 ましてや、 私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。 私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。 私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。 毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。 収入が低いので女性にもモテませんでした。 優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。 そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

次の

会社を辞めたいのはうつ病が原因かも?とるべき最適な行動とは?

会社辞めたい うつ

Contents• 「仕事辞めたい」と思うのはうつの始まりなのか? 「仕事を辞めたい」と思うと、色々なネガティブ感情が芽生えます。 だるい• 仕事の気持ちが乗らない• 会社へ行きたくない• 食欲がわかない• 憂鬱になる 上のように考える機会が増えると、仕事以外の時間でも気分が落ちてきます。 この状態がひどくなるとうつ病になるのです。 ただ、正直な問題はうつ病初期というのは見極めることが難しいです。 というのも、ただただ落ち込んでいる場合もあるからです。 女性の場合であれば、ホルモンバランスなどの崩れでうつ病と遜色ないレベルで落ちこむこともあります。 うつになる可能性は十分にある 「 仕事を辞めたい」という感情でうつ病になる可能性は十分にあります。 ただ、うつ病にかかる要因というのは、まだはっきりと研究でも定められていません。 なので、だんだんとうつ病になる人もいれば、いきなりうつ病にかかる人もいます。 基本的には脳内の神経物質である、• セロトニン• ノルアドレナリン• ドパミン 3つが減ることでうつ病にかかると言われています。 ですが、この3つの神経物質が減るだけでうつ病にかかるかはまだ説明するのが難しのです。 結局、まだまだ解明できていない病なので、どう転んでもおかしくないということになります。 辛い仕事を辞めたいと思うのは普通 とはいうものの、仕事を辞めたいと思うのは社会人であれば 誰にでもある感情になります。 多くの人はこういった感情をひそかにため込み、上手く発散しているだけなのです。 仕事に対して全くストレスを感じていない社会人はいません。 うつ病を軽視しすぎるのもダメですが「うつ病になるかも」と思いすぎるのも気を付けてください。 「私はうつ病かも」と思い続けるだけでもうつ病になるリスクは上がります。 人の感情というのは大きく体に影響するからです。。 ストレス性胃腸炎などが身体が心に反応している最たる例になります。 「私はうつ病かも」と変に心配しすぎるのではなく、客観的に自分の心を判断することが重要です。 病は気からということわざもあながち間違ってはいませんね。 「仕事の辞めたい」はうつ?セルフ診断方法を紹介 ここでは仕事でうつになっているか判断するセルフ診断方法を紹介します。 「自分はうつ病なのではないか」と思うだけでも気持ちというのは萎えるものです。 なので、自分がうつ病か判断したい場合、まずはコレから紹介する診断方法を実践してください。 簡単!うつ病チェックリスト ここでは簡単にうつ病か判断できるようにチェックリストを用意しました。 これから紹介するチェックリストを過去の2週間前と比べて変化があったかを確認してください。 チェックするリストは以下になります。 チェックリスト• 体がだるく疲れやすいですか• 騒音が気になりますか• 最近気が沈んだり気が重くなることはありますか• 朝のうち特に無気力ですか• 議論に熱中できますか• 眠れないで朝早く目覚めることがありますか• 事故や怪我をしやすいですか• テレビを見ていて楽しいですか• 息がつまって胸苦しくない• のどの奥に物がつかえている感じがしますか• 自分の人生がつまらなく感じますか• 仕事の能率が上がらず何をするにもおっくうですか• 以前にも現在と似た症状がありましたか• 本来は仕事熱心できちょうめんですか 出典: これらの質問を自分に投げかけて、ネガティブな要素が5つ以上あればうつ病の可能性があります。 注意点としては、あくまでセルフ診断なので、詳しく見極めるには限界があります。 「自分がやばい」と思ったときは病院で診断してもらうようにしてください。 また、うつ病などのセルフ診断をさらに細かくチェックできるホームページもあります。 仕事でうつ病になるきっかけ4選 ここでは仕事でうつ病になるきっかけを紹介します。 基本的に仕事でうつ病になるのは以下の4つが多いです。 パワハラなどのハラスメント系• 業務内容が多すぎる• 給与が低くて割に合わない• 職場内でのいじめ もしこの4つのどれかに当てはまる人は注意が必要になります。 また、今が大丈夫でも知らずのうちに心にストレスが溜まっていることも。 なので、これらに当てはまる方は転職など、うつ病にかかる前に転職を視野に入れておいてください。 それぞれ詳しく解説していくので、気になる項目は参考にしてください。 パワハラなどのハラスメント系 まず、うつにるきっかけの1つとしてパワハラなどのハラスメント系です。 パワハラであれば以下の対応をされた時になります。 理不尽に怒鳴られる• 仕事をふられまくる• 仕事を貰えない• 八つ当たりされる 他にも様々なパワハラになる要素はあります。 全てのハラスメント系に当てはまるのは、された側の心に負担が大きくかかるということです。 実際、パワハラなど改善できれば良いです。 しかし、上司から人事の評価を脅されるなど、たくみに上の立場を利用されて改善ができないのも珍しくありません。 なので、基本的にうつ病になりそうなのであれば、 転職を考えるのがベストです。 【補足】会社都合で退職を狙おう できるのあれば自己都合で退職ではなく、 会社都合で退職するのが良いです。 結局、会社都合で辞めるのが、一番会社の上司にもダメージを与えられるからです。 ダメージを与えられるということは、原因であるハラスメントをする上司に注意がかかります。 また、会社都合の退職ができれば、失業手当なども早くなるかつ、支給額も増えます。 なので、ハラスメント系の方は労働基準監督署などに相談してください。 そして、どのように対策をするべきか知っておくのが良いです。 業務内容が多すぎる 業務内容が多すぎてもうつ病になる可能性が高いです。 例えば、残業時間が多すぎて、家に帰ってすぐ寝てすぐ出社という生活を送っていませんか? 法律では基本的に 1ヶ月45時間、 1年間で360時間の残業時間を超えればアウトと定められています。 人によってはサービス残業が多くて、法律を気にする暇もない人もいます。 そんな際は、改善できないと見切りをつけて早めに転職を考えてください。 サービス残業が馴染んでいる会社を改善するのは至難の業です。 うつ病になってしまうきっけにもなるので、早めに対処してください。 給与が低くて割に合わない 次に、給与が低くて割に合わないという問題です。 人によっては、働きながらアルバイトを考えている方も少なくはありません。 こういった人は当然ですが、心を休めるタイミングがないです。 なので、うつ病にかかってしまうことはよくあります。 他にも奨学金などの返済であったりで、手持ちに残るのはたった数万円という方も珍しくありません。 今の会社があきらか給与が低い設定にされている場合は転職はありです。 例えば、時給に換算すると、アルバイトの最低賃金よりも低いなどです。 また、役職に就いて業務が増えたけど、給与がそんな上がらずに萎える人もいます。 反対に、普通に評価されているけど、お金が足りない場合は日々の出費の見直しをしてください。 結局、今の会社が普通にもかかわらず、お金が残らないということは 出費が異常だということです。 こういった場合は生活を見直すしかありません。 むやみな転職を考えるのは辞めてください。 職場内でのいじめ 職場内でのいじめもうつに病になるきっかけの人は多いです。 やはり、いじめをされると、ショックを受けない人はいません。 今まで仲良かった人から無視される• 休憩中に仲間外れにされる• 飲み会に誘われない• いじりが人格否定 このようないじめをされれば、誰でも気持ちは保つことは難しいです。 いじめをされるとパニック要害や気分障害、引きこもりになったりするリスクや最悪自殺も。 なので、できるだけ早いタイミング退職を考えるのがベストです。 うつ病予備軍が仕事を辞める時にするべき行動 ここではうつ病になりかけの人がすべき行動を紹介します。 基本的にうつ病になる前に転職活動を進めてください。 変に抵抗したところで、うつ病を防げる保証はないからです。 うつ病予備軍がとるべき行動手順は以下になります。 退職意思を伝える• 引継ぎなどの相談• 退職願 or 退職届の提出• 離職票の手続き これはスムーズに退職できる流れになります。 それぞれ詳しく解説していくのでわからない部分がある方は参考にしてください。 step1. 退職意思を伝える まずは退職意思を伝えてください。 ポイントは 直属の上司に伝えることです。 というのも、この段階で他の上司に相談してしまうと、直属の上司から反感を貰う可能性があるからです。 この段階で信用を失ってしまうと、残りの出社する期間がさらに憂鬱になるリスクが高くなります。 step2. 引継ぎなどの相談 そして、次に引継ぎや挨拶周りなどをします。 あなたの今の業務をしっかりと引き継げる準備をしてください。 そして、このタイミングで取引先企業と関わりのある方は挨拶してください。 step3. 退職願 or 退職届の提出 円満退職をするのであれば 退職願を選んでください。 これは、あくまで退職願の方が信用で成り立っている届け出でだからです。 反対に、退職届は受け取った時点で、強制的に退職できる届け出になります。 信用もくそもありません。 退職願は口頭でも可能です。 しかし、どうしても記録に残らないので、言った言っていないなどの問題になるかもしれません。 なので、あくまでも紙に書いて提出する形を選んでください。 step4. 離職票の手続き 離職票の手続きは会社の人事にしてください。 基本的には会社側が用意した書類に、必要な情報を記入するだけいいです。 離職票を貰えないと失業手当などがもらえなくなります。 特に、退職してから数ヶ月のんびりしようと考えている方などは、必ず必要な工程になります。 めんどうな工程ですがさぼらないように注意してください。 また、自己都合を会社都合に後からハローワークでも変更ができます。 会社によっては自己都合しか認めないところもあります。 そういった場合は、あとからハローワークで変更するスタンスで良いです。 その際には会社都合を主張する証拠などが必要になるかもしれません。 パワハラなどの記録であったり、診断証明書などは事前に準備するのが大切です。 どうしても退職が難しいなら どうしても退職が難しいのであれば、 退職代行に依頼するのも検討してください。 実は、退職代行の費用は数万円からが一般的です。 「数万円は払いたくない」• 「お金がない」 と思うかもいるかもしれません。 ですが退職金などが入ってくることを考えると、そこまでの出費ではないです。 なので、よほどの辞めづらいと考える方は退職代行に頼るのが良いです。 退職の後は転職エージェントへ 退職する、またはした後は転職活動を始めないといけません。 ですが、人によっては 「 どのように進行させていけばいいかわからない」 と困っている人もいるはずです。 もし以下のように思うのであれば転職エージェントを利用してください。 転職する計画の立て方がわからない• 転職を上手く進めたい• 面接対策がめんどう ただし、転職エージェントもあくまで会社なので、求人を売り込んでくることもあります。 そんな時はできるだけサービスを複数利用するなどして、客観的な判断をできるように対策をしてください。 転職エージェントのおすすめランキングは以下になります。

次の