硫化水素 入手方法。 JIS K 1435:1986 硫化ナトリウム

硫化水素を発生させる薬品の販売規制は可能?

硫化水素 入手方法

日本工業規格 JIS K 1435 -1986 硫化ナトリウム Sodium Sulfide Na 2 S ・ xH 2 O Na 2 S FW : 78. 05 1. 適用範囲 この規格は,工業薬品としての硫化ナトリウムについて規定する。 引用規格:5 ページに示す。 種類 種類は,次のとおりとする。 1 1 種 固形又はフレーク状のもの 2 2 種 結晶のもの 3. 品質 硫化ナトリウムの品質は, 4. によって試験し,次の表の規定に適合しなければならない。 0 以上 45. 0 以下 1. 0 以下 1. 0 以下 2. 05 以下 0. 001 以下 4. 試験方法 4. 1 一般事項 試験において共通する一般事項は, JIS K 0050(化学分析方法通則)による。 2 試料採取方法 試料採取方法は, JIS K 1200(かせいソーダ試験方法)の 3. 1 に準じる。 この場合, 試料は約 200g を洗浄,乾燥した共栓広口瓶に採取する 1。 注 1 硫化ナトリウムは,二酸化炭素を吸収し,また,湿気の影響によって潮解しやすいので試料採 取は速やかに行い,試料採取後は直ちに試験すること。 3 供試液の調製方法 試料約 20g を 0. 1mg まで量り取り,全量フラスコ 1 000ml に移し入れ,水約 200ml を加え,振り混ぜて十分に溶解し水を標線まで加えた後,ろ紙でろ過し供試液とする。 これを 4. 7 の 試験に用いる。 4 全硫化ナトリウム 1 試薬 試薬は,次のとおりとする。 4 26 に規定するもの。 b 酢酸 JIS K 8355[酢酸(試薬)]に規定するもの。 2 K 1435-1986 c でんぷん溶液 JIS K 8001 の 4. 3 2 に規定するもの。 4 22. 2 に規定するもの。 2 操作 操作は,次のとおり行う。 この場合,指示薬は,でんぷん溶液とし,操作中の液がご く薄い黄色になってから加える。 滴定の終点は,青が消える点とする。 3 計算 全硫化ナトリウムは,次の式によって算出する。 100 100 1 50 90 003. 5 亜硫酸ナトリウム 1 試薬 試薬は,次のとおりとする。 1 に規定するもの。 4 1 a による。 c 塩酸 JIS K 8180[塩酸(試薬)]に規定するもの。 d でんぷん溶液 4. 4 1 c のもの。 4 1 d による。 2 操作 操作は,次のとおり行う。 a 三角フラスコ 200ml に供試液 50ml を全量ピペットで量り取る。 c 沈殿をろ過し,十分に水洗後,ろ紙と共にコニカルビーカー200ml に移す。 この場合,指示薬は,でん ぷん溶液とし,操作中の液がごく薄い黄色になってから加える。 滴定の終点は,青が消える点とする。 3 計算 亜硫酸ナトリウムは,次の式によって算出する。 100 20 1 25 30 006. 6 チオ硫酸ナトリウム 1 試薬 試薬は,次のとおりとする。 a 炭酸亜鉛乳液 JIS K 8111[塩化亜鉛(試薬)]に規定する塩化亜鉛 40g 又は JIS K 8953[硫酸亜鉛 七水和物(試薬) ]に規定する硫酸亜鉛七水和物 82g を水約 400ml に溶解した後,ろ過し,ろ液に 指示薬として JIS K 8001 の 4. 数回傾斜後,アスピレーターを用いて減圧でろ過し,沈殿を数回水で洗浄し,得られた沈殿を水 500ml に加え混合したもの。 この乳液は,10 日以上貯蔵してはならない。 注 2 JIS K 8624 [炭酸ナトリウム(10水塩) (試薬) ]に規定する炭酸ナトリウム(10水塩)又は JIS K 8625 [炭酸ナトリウム(無水) (試薬) ]に規定する炭酸ナトリウム(無水)を用いて調製し たもの。 b ホルムアルデヒド液 JIS K 8872[ホルムアルデヒド液(ホルマリン)(試薬)]に規定するもの。 c 酢酸 4. 4 1 b による。 d でんぷん溶液 4. 4 1 c による。 4 1 a による。 2 操作 操作は,次のとおり行う。 a 全量フラスコ 250ml に供試液 50ml を全量ピペットで量り取る。 b 炭酸亜鉛乳液 80ml を加え,十分にかき混ぜ 30 分間静置後,水を標線まで加えてからろ過する。 c 三角フラスコ 300ml にろ液 50ml を全量ピペットで量り取り,水 50ml を加えた後,ホルムアルデヒ ド液 5ml,酢酸 1+4 5ml を加え酸性とする。 終点は,青が現れる点とする。 3 計算 チオ硫酸ナトリウムは,次の式によって算出する。 100 100 1 81 0015. 7 炭酸ナトリウム 1 試薬 試薬は,次のとおりとする。 5 1 a による。 4 28. 4 に規定するもの。 4 K 1435-1986 c メチルオレンジ JIS K 8001 の 4. 3 1 に規定するもの。 4 20. 4 に規定するもの。 2 操作 操作は,次のとおり行う。 a 三角フラスコ 200ml に供試液 50ml を全量ピペットで量り取る。 注 3 よう素フラスコを用い水シールして空気を遮断する方法又は通気性の少ない防湿性の薄膜シー ルを用いて空気を遮断する方法でもよい。 c ろ過後,煮沸し冷却した水で沈殿を十分に洗浄して,沈殿をコニカルビーカー200ml に洗い入れる。 終点は,赤からだいだい黄に変わる点とする。 3 計算 炭酸ナトリウムは,次の式によって算出する。 30 006. 8 鉄 (Fe 2 O 3 として) 1 試薬 試薬は,次のとおりとする。 a 塩酸 4. 5 1 c による。 b 硝酸 JIS K 8541 [硝酸(試薬) ]に規定するもの。 c アンモニア水 JIS K 8085 [アンモニア水(試薬) ]に規定する 28. d 過硫酸アンモニウム JIS K 8252 [過硫酸アンモニウム(試薬) ]に規定するもの。 f 鉄標準液 0. 04g に硝酸 1+6 約 10ml を加えた後,少量の水で 溶かし,全量フラスコ 1 000ml に洗い入れ水を標線まで加える。 その溶液 10ml を全量ピペットを用 いて全量フラスコ 1 000ml に量り取り, 硝酸 1+6 約 10ml を加えた後, 水を標線まで加えたもの。 5 K 1435-1986 2 操作 操作は,次のとおり行う。 a ビーカー500ml に試料約 5g を 0. 1mg まで量り取り, 水 250ml を加え, かき混ぜて十分に溶解した後, 塩酸を加えて弱酸性とする(塩酸の使用量を Aml とする。 e この中から,10ml(Fe 2 O 3 の含量が 0. これを試験 溶液とする。 注 4 JIS K 8001 の 5. 2 c に規定する共通すり合わせ平底試験管又はこれと同等のもの。 f 別に,塩酸 Aml 及び硝酸約 1ml を蒸発皿に取り,水浴上で加温して蒸発乾固した後,塩酸 2+1 約 15ml を加えて全量フラスコ 50ml に洗い移し,更に水を加えて 50ml とする。 以下, e のとおり操 作する。 g 次に,ビュレットから鉄標準液 0. 1ml まで読み取る。 3 計算 鉄(Fe 2 O 3 として)は,次の式によって算出する。 100 5 1 01 000. 000 01 : 鉄標準液 0. 表示 硫化ナトリウムの容器には,次の事項を表示しなければならない。 1 名称 2 種類 3 製造業者名又はその略号 4 製造年月又はその略号 5 正味質量 引用規格: JIS K 0050 化学分析方法通則 JIS K 1200 かせいソーダ試験方法 JIS K 8001 試薬試験方法通則 JIS K 8085 アンモニア水(試薬) JIS K 8111 塩化亜鉛(試薬) 6 K 1435-1986 JIS K 8180 塩酸(試薬) JIS K 8252 過硫酸アンモニウム(試薬) JIS K 8355 酢酸(試薬) JIS K 8541 硝酸(試薬) JIS K 8624 炭酸ナトリウム(10 水塩) (試薬) JIS K 8625 炭酸ナトリウム(無水) (試薬) JIS K 8872 ホルムアルデヒド液(ホルマリン) (試薬) JIS K 8953 硫酸亜鉛七水和物(試薬) JIS K 8982 硫酸鉄 III アンモニウム・12 水(鉄みょうばん) (試薬) JIS K 9000 チオシアン酸アンモニウム(試薬) 化学製品部会 ソーダ・塩素専門委員会 構成表 氏名 所属 (委員会長) 松 野 武 雄 横浜国立大学 細 川 恒 通商産業省基礎産業局 松 井 司 通商産業省基礎産業局 大久保 和 夫 工業技術院標準部 中 村 進 工業技術院化学技術研究所 鈴 木 正 信 通商産業省通商産業検査所 小 島 益 生 財団法人化学品検査協会 森 下 弘 日本曹達株式会社 井 上 良 生 徳山曹達株式会社 高 久 真 日本化学工業株式会社 茂 木 俊 男 大東化学株式会社 三 笠 宣 幸 三協化成株式会社 半 澤 金 男 日本ソーダ工業会 佐々木 一 郎 日本無機薬品協会 上 野 章 日本理化学薬品株式会社 平 尾 玄 雄 板硝子協会 斉 藤 敏 明 日本製紙連合会 別 能 恒 夫 日本化学繊維協会 渡 辺 哲 男 三井東圧化学株式会社 田 中 郁 衛 化成品工業協会 松 隈 義 則 日本石鹸洗剤工業会 (事務局) 石 毛 和 之 工業技術院標準部繊維化学規格課 根 岸 喜代春 工業技術院標準部繊維化学規格課.

次の

【プロレス】木村花さん 硫化水素発生させ自殺か

硫化水素 入手方法

JP2008004334A - 硫化物系固体電解質の製造方法 - Google Patents JP2008004334A - 硫化物系固体電解質の製造方法 - Google Patents 硫化物系固体電解質の製造方法 Info Publication number JP2008004334A JP2008004334A JP2006171191A JP2006171191A JP2008004334A JP 2008004334 A JP2008004334 A JP 2008004334A JP 2006171191 A JP2006171191 A JP 2006171191A JP 2006171191 A JP2006171191 A JP 2006171191A JP 2008004334 A JP2008004334 A JP 2008004334A Authority JP Japan Prior art keywords solid electrolyte sulfide lithium based solid ball mill Prior art date 2006-06-21 Legal status The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed. Granted Application number JP2006171191A Other languages Other versions Inventor Masao Aida Minoru Chiga Kenji Sasaki 健志 佐々木 実 千賀 真男 相田 Original Assignee Idemitsu Kosan Co Ltd 出光興産株式会社 Priority date The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed. 238000004519 manufacturing process Methods 0. 000 title claims abstract description 10• 239000002203 sulfidic glasses Substances 0. 000 title abstract description 7• 239000011805 balls Substances 0. 000 claims abstract description 33• 239000002245 particles Substances 0. 000 claims abstract description 20• 239000000843 powders Substances 0. 000 claims abstract description 15• 239000002994 raw materials Substances 0. 000 claims abstract description 8• 239000007784 solid electrolytes Substances 0. 000 claims description 38• 229910003726 AI2O3 Inorganic materials 0. 000 claims description 13• 229910052698 phosphorus Inorganic materials 0. 000 claims description 13• 238000009836 production method Methods 0. 000 claims description 10• 000 claims description 10• 000 claims description 9• 239000011574 phosphorus Substances 0. 000 claims description 9• 229910052717 sulfur Inorganic materials 0. 000 claims description 9• 239000011593 sulfur Substances 0. 000 claims description 9• 000 claims description 8• 229910052744 lithium Inorganic materials 0. 000 claims description 8• 000 claims description 7• 229910004359 ZrO2 Inorganic materials 0. 000 claims description 7• 238000010298 pulverizing process Methods 0. 000 claims description 7• 000 claims description 5• 229910052732 germanium Inorganic materials 0. 000 claims description 5• 229910052710 silicon Inorganic materials 0. 000 claims description 5• 150000004763 sulfides Chemical class 0. 000 description 23• [S-2] GLNWILHOFOBOFD-UHFFFAOYSA-N 0. 000 description 20• 239000000047 products Substances 0. 000 description 11• 000 description 10• 238000003701 mechanical milling Methods 0. 000 description 8• 238000005365 production Methods 0. 000 description 8• 239000003792 electrolyte Substances 0. 000 description 7• 239000001308 nitrogen Substances 0. 000 description 7• 000 description 7• 229910052757 nitrogen Inorganic materials 0. 000 description 7• 239000003960 organic solvents Substances 0. 000 description 7• 000 description 6• 000 description 5• [OH-] WMFOQBRAJBCJND-UHFFFAOYSA-M 0. 000 description 5• 239000000203 mixtures Substances 0. 000 description 5• 000 description 5• 000 description 4• 150000002500 ions Chemical class 0. 000 description 4• 239000011521 glass Substances 0. 000 description 3• 000 description 3• 150000002894 organic compounds Chemical class 0. 000 description 3• 238000000746 purification Methods 0. 000 description 3• 000 description 2• -1 amide compounds Chemical class 0. 000 description 2• 238000000227 grinding Methods 0. 000 description 2• 238000004089 heat treatment Methods 0. 000 description 2• 150000002484 inorganic compounds Chemical class 0. 000 description 2• 229910010272 inorganic materials Inorganic materials 0. 000 description 2• 239000002904 solvents Substances 0. 000 description 2• 239000000126 substances Substances 0. 000 description 2• 229910052815 sulfur oxides Inorganic materials 0. 000 description 2• 000 description 1• 000 description 1• 238000002441 X-ray diffraction Methods 0. 000 description 1• 000 description 1• 239000004199 argon Substances 0. 000 description 1• 238000000498 ball milling Methods 0. 000 description 1• 239000007795 chemical reaction product Substances 0. 000 description 1• 238000004140 cleaning Methods 0. 000 description 1• 238000001816 cooling Methods 0. 000 description 1• 000 description 1• 239000007789 gases Substances 0. 000 description 1• 239000010410 layers Substances 0. 000 description 1• 159000000002 lithium salts Chemical class 0. 000 description 1• 239000000463 materials Substances 0. 000 description 1• 238000000034 methods Methods 0. 000 description 1• 150000002898 organic sulfur compounds Chemical class 0. 000 description 1• 238000005096 rolling process Methods 0. 000 description 1• 239000011343 solid materials Substances 0. 000 description 1• 238000003756 stirring Methods 0. 000 description 1• 000 description 1 Classifications• Y— GENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS• Y02— TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE• Y02E— REDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION• さらに詳しくは、微粒子状の硫化物系固体電解質粉末を効率よく製造する製造方法に関する。 現行のリチウムイオン二次電池には、電解質として有機系電解液が用いられている。 有機系電解液は高いイオン伝導度を示し二次電池としての性能は優れるものの、電解質が液体でかつ可燃性であるため、電池として用いた場合、漏洩、発火等の本質的安全性が懸念されている。 次世代リチウム二次電池用の電解質として、より安全性の高い固体電解質の開発が望まれている。 リチウム二次電池用の固体電解質を製造する方法として、メカニカルミリング法等の機械粉砕による製造法が知られている。 特許文献1には、Li 2S:68〜74モル%及びP 2S 5:26〜32モル%の組成からなる硫化物系ガラスを、特定温度で焼成処理するリチウムイオン伝導性硫化物系結晶化ガラスの製造方法が開示されている。 この特許文献1には、出発原料の混合物を硫化物系ガラスとする方法として、メカニカルミリング処理が開示され、メカニカルミリング処理において、大きな機械的エネルギーが得られるという観点でボールミルの使用が好ましいと記載されている。 さらに、非常に高い衝撃エネルギーを効率良く発生させることができるため、遊星型ボールミル機を使用するのが好ましいと記載されている。 実施例では遊星型ボールミルが用いられ、白黄色の粉末である硫化物ガラスを得ている。 ところが、特許文献1に開示の方法で硫化物系固体電解質を製造すると、メカニカルミリングに用いる容器の壁面やボール表面に反応物が固着して、生成物の取り出しが困難になる場合があった。 このため、メカニカルミリング法により工業的に硫化物系固体電解質を製造しようとすると、目的物の製造歩留まりが悪くなったり、次の製造時のコンタミネーションの原因になることが懸念された。 さらに、目的物の製造歩留まりを高めるためには、再度の粉砕が必要となり、効率よく目的物を製造する上で障害となった。 また、特許文献1には、得られた粉末の粒径についての記載はない。 発明者らは、鋭意研究の結果、特定の機械的エネルギーを加えて反応させることにより、反応容器又はボールに付着する生成物の量を著しく低減できることを見出し、本発明を完成させた。 本発明によれば、以下の硫化物系固体電解質の製造方法が提供される。 2.前記硫化物系固体電解質が、硫黄、さらに、リチウム、リン、ケイ素、ゲルマニウムから選択される2種以上の元素を含む1に記載の製造方法。 3.前記ボールミルにおいて、硫化物系固体電解質と接触する部分が、アルミナ、ジルコニア、又はアルミナ及びジルコニアからなる1又は2に記載の製造方法。 本発明によれば、歩留まりが高く効率的な、一段階の反応による、硫化物系固体電解質の製造方法を提供できる。 本発明の硫化物系固体電解質の製造方法は、ボールミルを用いた機械粉砕により一段階で固体電解質を製造する。 本発明の製造方法で使用されるボールミルとして、転動ボールミル、振動ボールミル、遊星ボールミル等が使用できる。 さらに、本発明の製造方法は、ボールミルを用いた機械粉砕において、原料(仕込み材料)1kgに対して、1秒あたり0.02〜1kJの機械的エネルギーを加える。 加える機械的エネルギーが0.02kJ未満では、反応速度が著しく遅く反応時間が長くなる恐れがある。 このため、製造の効率化を達成することができない。 一方、加える機械的エネルギーが1kJを超えると、反応容器又はボールに付着する内容物の量が多くなり、取り出しが困難になる恐れがある。 また、反応容器又はボールに付着している内容物は粒径が大きいので、再度粉砕しないと電池用の固体電解質部材に適する粒径とはならない点で、製造効率の低下を生じる恐れがある。 好ましくは1kgに対して、1秒あたり0.1〜0.5kJの機械的エネルギーを加える。 80質量%未満であると、移送時の詰まりの原因となる恐れがある。 この場合、より小さいボールを使用する必要があるため、粉体の移送が必要となる。 また、ボールミルによる粉砕時に、反応系内が蓄熱されることにより反応物の一部が変性することが懸念される場合がある。 この場合、好ましくは、冷却ジャケット等により反応系内の温度を制御する。 ボールミルにおいて、硫化物系固体電解質と接触する部分は、好ましくはアルミナ、ジルコニア、又はアルミナ及びジルコニアからなる。 具体的には原料を収容する容器、その中で撹拌するボール等である。 これらの部材/部分は、アルミナ、ジルコニア等で製造されていてもよいし、これらの物質で表面を被覆されていてもよい。 このようなボールミルを使用することにより、硫化物系固体電解質と接触する部分に付着する生成物の量をさらに低減できる。 本発明の製造方法により製造する硫化物系固体電解質は、有機化合物、無機化合物、あるいは有機・無機両化合物からなる材料等のリチウムイオン伝導性固体物質を用いることができ、リチウムイオン電池分野で公知のものが使用できる。 しかしながら、硫化物系固体電解質は、電池への適用の容易性の点で、硫黄の他、好ましくは、リチウム、リン、ケイ素、ゲルマニウムから選択される2種以上の元素を含有する。 高イオン伝導性の固体電解質部材が得られる点で、より好ましくは、硫黄及びリチウムと、リン、ケイ素、ゲルマニウムから選択される1種以上の元素を含有する。 本発明で使用できる硫化物系固体電解質の原料には、硫化リチウム、五硫化二リン、単体リン、単体イオウ、単体ケイ素、単体ゲルマニウム、硫化ケイ素、硫化ゲルマニウム等がある。 硫化物系固体電解質は、好ましくは、硫化リチウムと、五硫化二リン、及び/又は単体リン及び単体イオウを原料として製造される。 以下、これら好ましい原料について説明する。 硫化リチウム(Li 2S)は、特に制限なく工業的に入手可能なものが使用できるが、以下に説明するように高純度のものが好ましい。 硫化リチウムは、不純物である硫黄酸化物のリチウム塩の総含有量が0.15質量%以下、好ましくは0.1質量%以下である。 硫黄酸化物のリチウム塩の総含有量が0.15質量%以下であると、得られる電解質は、ガラス状電解質(完全非晶質)である。 即ち、硫黄酸化物のリチウム塩の総含有量が0.15質量%を越えると、得られる電解質は、最初から結晶化物であり、この結晶化物のイオン伝導度は低い。 さらに、この結晶化物について熱処理を施しても結晶化物には変化がなく、高イオン伝導度の固体電解質を得ることはできない。 従って、高イオン伝導性電解質を得るためには、不純物が低減された硫化リチウムを用いる必要がある。 硫化リチウムの製造法としては、少なくとも上記不純物を低減できる方法であれば特に制限はない。 例えば、以下の方法で製造された硫化リチウムを精製することにより得ることもできる。 これらの製造法の中では、特にa又はbの方法が好ましい。 上記のようにして得られた硫化リチウムの精製方法としては、特に制限はない。 好ましい精製法としては、例えば、国際公開WO2005/40039号等が挙げられる。 洗浄に用いる有機溶媒は、非プロトン性極性溶媒であることが好ましく、さらに、硫化リチウム製造に使用する非プロトン性有機溶媒と洗浄に用いる非プロトン性極性有機溶媒とが同一であることがより好ましい。 洗浄に好ましく用いられる非プロトン性極性有機溶媒としては、例えば、アミド化合物、ラクタム化合物、尿素化合物、有機硫黄化合物、環式有機リン化合物等の非プロトン性の極性有機化合物が挙げられ、単独溶媒、又は混合溶媒として好適に使用することができる。 洗浄に使用する有機溶媒の量は特に限定されず、また、洗浄の回数も特に限定されないが、2回以上であることが好ましい。 洗浄は、窒素、アルゴン等の不活性ガス下で行うことが好ましい。 さらに、好ましくは、洗浄された硫化リチウムを、洗浄に使用した有機溶媒の沸点以上の温度で、窒素等の不活性ガス気流下、常圧又は減圧下で、5分以上、好ましくは約2〜3時間以上乾燥する。 五硫化二リン(P 2S 5)は、工業的に製造され、販売されているものであれば、特に限定なく使用することができる。 尚、P 2S 5に代えて、相当するモル比の単体リン(P)及び単体硫黄(S)を用いることもできる。 単体リン(P)及び単体硫黄(S)は、工業的に生産され、販売されているものであれば、特に限定なく使用することができる。 上記硫化リチウムと、五硫化二燐又は単体燐及び単体硫黄の混合モル比は、イオン伝導性向上の観点から、通常50:50〜80:20、好ましくは60:40〜75:25である。 特に好ましくは、Li 2S:P 2S 5=70:30(モル比)程度である。 本発明の製造方法で得られた硫化物系固体電解質を所定の温度で熱処理すると、結晶化した固体電解質を生成できる。 このような結晶構造を有する固体電解質が、極めて高いリチウムイオン伝導性を有する。 昇温後、液中に硫化水素を3リットル/分の供給速度で2時間吹き込んだ。 続いてこの反応液を窒素気流下(200cc/分)昇温し、反応した硫化水素の一部を脱硫化水素化した。 昇温するにつれ、上記硫化水素と水酸化リチウムの反応により副生した水が蒸発を始めたが、この水はコンデンサにより凝縮し系外に抜き出した。 脱硫化水素反応が終了後(約80分)反応を終了し、硫化リチウムを得た。 その温度のままNMPをデカンテーションした。 得られた硫化リチウム中の不純物含有量を測定した。 その結果、硫黄酸化物の総含有量は0.13質量%であり、LMABは0.07質量%であった。 このようにして精製したLi 2Sを、以下の実施例及び比較例で使用した。 実施例1 上記製造例にて製造したLi 2S、及びP 2S 5(アルドリッチ製)を出発原料に用いた。 加えた動力から計算した結果、1秒当たりに反応系内に加えたエネルギーは0.22kJ/kgであった。 得られたスペクトルチャートより、Li 2Sの結晶ピークは、完全に消失しガラス化していることが確認できた。 ボール、壁面に付着していた重量は仕込み重量の20%であった。 比較例1 上記製造例にて製造したLi 2S、及びP 2S 5(アルドリッチ製)を出発原料に用いた。 加えた動力から計算した結果、1秒当たりに加えたエネルギーは2.0kJ/kgであった。 ボール、壁面に付着していた重量は仕込み重量の50%であり、短時間で反応が行えたが付着物が多く、実施例1と比べて効率よく粉末を回収することができなかった。 比較例2 上記製造例にて製造したLi 2S、及びP 2S 5(アルドリッチ製)を出発原料に用いた。 加えた動力から計算した結果、1秒当たりに加えたエネルギーは0.015kJ/kgであった。 本発明の硫化物系固体電解質の製造方法は、固体電池等に使用される硫化物系固体電解質を製造する方法として利用される。 Claims 3 前記ボールミルにおいて、硫化物系固体電解質と接触する部分が、アルミナ、ジルコニア、又はアルミナ及びジルコニアからなる請求項1又は2に記載の製造方法。 , Ltd. 高性能全固体リチウム電池• 2006• , Ltd. , Ltd. Glass comprising solid electrolyte particles and lithium battery 2009-04-10 2018-08-08 Idemitsu Kosan Co. , Ltd. 2012-06-22 비수 전해질 이차 전지용 정극 활물질, 및 비수 전해질 이차 전지용 정극 활물질의 제조 방법 2009-02-17 캐소드 활성 물질의 제조방법 및 비수성 전해질 전지의 제조방법 2017-09-19 锂离子电池用正极材料及锂离子电池 2012-08-22 燐酸アンモニウム鉄及びリチウムイオン二次電池用正極材料の製造方法、並びにリチウムイオン二次電池 2014-04-02 硫化リチウムの製造方法 Legal Events Date Code Title Description 2009-01-27 A621 Written request for application examination Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621 Effective date: 20090126 2012-01-04 A977 Report on retrieval Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007 Effective date: 20111228 2012-01-18 A131 Notification of reasons for refusal Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131 Effective date: 20120117 2012-04-06 A521 Written amendment Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821 Effective date: 20120319 2012-11-14 A131 Notification of reasons for refusal Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131 Effective date: 20121113 2013-11-06 A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration utility model Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01 Effective date: 20131105 2013-11-21 A61 First payment of annual fees during grant procedure Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61 Effective date: 20131112.

次の

JP2008004334A

硫化水素 入手方法

硫化水素ガスとは 今回の女性の死因は、浴室で発生した硫化水素ガスを吸引したことによるものとされています。 硫化水素ガスとは、腐った卵のような匂いがするガスです。 おならの匂いとも称されます。 強い毒性を持っているのが特徴で、高濃度のガスを吸うと人間でも死に至ります。 また可燃性を持っていることも特徴で、硫化水素ガスが充満している部屋でタバコなど、火気を出すと爆発します。 昔草津温泉で、硫化水素ガスでの死亡事例があった気がします。 草津温泉スキー場のリフトの上からしたを見ると、下記のような風景がみえるんですが、この立ち込めている煙が硫化水素ガスです。 確か死因はこのガスが風でリフトの乗客を巻き込むように動いてしまった他、リフトに乗っていた人達がガスを吸引し死んでしまったとされています。 温泉地などで、卵が腐った匂いがしている所から発生しているガスも濃度により吸いこむことは危険です。 皆さんも気をつけてくださいませ 硫化水素ガスの発生原因 硫化水素ガスは、実は自宅で簡単に発生させることができます。 トイレ用洗剤で塩酸が入っているものがあるのですが(サンポール、強力トイレマジックリン等)含まれている塩酸と、硫黄入の入浴剤、湯の花(温泉街で売っている湯の花に、硫黄が入っているものがあります)などを合わせると発生してしまうのです。 カビを落とす洗剤とか、普通の洗剤にも、塩酸という酸は、汚れを溶かす効果があり、入っていることがあります。 風呂の中に湯の花をいれて、その硫黄成分が、洗剤の塩酸と混合してガスが発生。 そのガスを吸引して死亡なんて、バカバカしい話ですよね。 絶対にしたくないですよね。 実は以前も同様のことがありました。 皆さん気をつけてください。 記事引用(浴室で硫化水素ガス発生で死亡) 硫化水素による異臭騒ぎ 44歳女性死亡 東京・豊島区 4月11日 月 4時56分配信 東京・豊島区で、硫化水素による異臭騒ぎがあり、44歳の女性が死亡した。 10日午後5時半ごろ、豊島区南大塚のマンションの一室で硫化水素が発生し、この部屋に住んでいる14歳の娘と両親の3人が、病院に搬送された。 父親と娘は命に別条はなかったが、母親 44 は、搬送先の病院で死亡が確認された。 近所の人は「卵が腐ったような臭いが部屋の中でしていた。 救助隊の人が来て、『避難してください』ということで」と話した。 硫化水素は浴室から発生し、浴室からはトイレ用の洗剤が見つかっていて、警視庁はくわしい状況を調べている。 最終更新:4月11日 月 4時56分.

次の