スピード ワゴン 事務 所。 所ジョージ&スピードワゴン小沢、「テレビの人」という立ち位置|日刊サイゾー

バナナマンの面白フリートーク【スピードワゴンを迎え事務所のマネージャートーク】

スピード ワゴン 事務 所

お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤と小沢一敬が、公衆トイレを使用中に盗撮被害に遭ったとして、所属事務所のホリプロコムが「今後、このような行為を発見した場合、法的対処を含め検討していく所存です」とした。 同社は12日、公式ツイッターで「本日、弊社所属タレントスピードワゴンが京都四条東詰公衆トイレを使用中、モラルに反する盗撮被害に遭いました」と報告。 「今後、このような行為を発見した場合、法的対処を含め検討していく所存です。 マナーを守って応援してくださる皆様がいる中、このような注意を行うことは心苦しいですが、ご理解の程、よろしくお願い致します」とした。 小沢は自身のツイッターで「ロケの休憩時間に潤と公衆便所で並んで用を足してたら突然後ろから話しかけられて振り返ったら写真を撮られた」と、被害に遭った状況を説明し、「二人で並んでしてるところがまた恥ずかしい」と思いをつづった。 photo• 芸能 [6月25日 14:23]• 芸能 [6月25日 13:37]• 芸能 [6月25日 13:06]• 芸能 [6月25日 13:01]• シネマ [6月25日 12:38]• 芸能 [6月25日 12:36]• 芸能 [6月25日 11:57]• シネマ [6月25日 11:35]• コラム [6月25日 10:47]• ドラマ [6月25日 10:05]• AKB48 SKE白井琴望が卒業「申し訳ない」生配信で報告 []• AKB48 [6月25日 0:03]• AKB48 [6月25日 0:00]• AKB48 [6月23日 12:49]• AKB48 [6月23日 12:24]• AKB48 [6月23日 10:00]• AKB48 [6月22日 21:54]• AKB48 [6月22日 4:01]• AKB48 [6月18日 18:56]• AKB48 [6月16日 23:22]• AKB48 [6月15日 10:02]• ジャニーズ ジャニーズJr.「美 少年」6人全員で連ドラ主演 []• ジャニーズ [6月25日 5:01]• ジャニーズ [6月24日 23:41]• シネマ [6月23日 5:00]• ジャニーズ [6月22日 5:00]• 芸能 [6月21日 20:41]• ジャニーズ [6月21日 11:08]• 芸能 [6月21日 5:00]• 結婚・熱愛 [6月20日 18:06]• ジャニーズ [6月20日 7:07]• ジャニーズ [6月20日 5:00]• ハリウッド ヘンリー王子とメーガン妃 講演会エージェント契約 []• ハリウッド [6月25日 9:30]• コラム [6月23日 12:53]• ハリウッド [6月23日 8:10]• ハリウッド [6月23日 8:05]• ハリウッド [6月19日 9:32]• ハリウッド [6月19日 9:24]• ハリウッド [6月18日 6:48]• ハリウッド [6月18日 6:48]• ハリウッド [6月17日 11:12]• ハリウッド [6月17日 10:12]• 映画 渡辺いっけいコロナで「役者として自信なくなった」 []• シネマ [6月25日 12:38]• シネマ [6月25日 11:35]• シネマ [6月25日 10:00]• シネマ [6月25日 10:00]• シネマ [6月23日 6:18]• シネマ [6月23日 5:00]• シネマ [6月22日 18:57]• シネマ [6月22日 16:26]• シネマ [6月22日 10:25]• シネマ [6月20日 16:37]• ドラマ 窪田正孝「エール」プリンス対スター20・5% []• ドラマ [6月25日 10:05]• ドラマ [6月25日 9:50]• ドラマ [6月25日 9:41]• ドラマ [6月25日 9:30]• ドラマ [6月25日 8:15]• ジャニーズ [6月25日 5:01]• ドラマ [6月25日 5:01]• ドラマ [6月25日 5:00]• ドラマ [6月25日 5:00]• ドラマ [6月25日 4:00]•

次の

タマタマか…スピードワゴンが公衆トイレで盗撮被害

スピード ワゴン 事務 所

スピードワゴン小沢一敬 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(10月27日~11月2日)見たテレビの気になる発言をピックアップします。 所ジョージ「(肩書は)テレビの人でいいよ。 テレビに向かって何かやるんだから」 その昔、ある番組に出ていた野村沙知代の肩書が「エッセイスト」だった。 もちろん、そういう仕事もしていたのだし、野村のメディアへの露出が増えたひとつのきっかけは文筆業だったのだから、肩書に詐称の疑いはない(学歴とは違って)。 ただ、「タレント」ではいけないのか、とは思った。 誰のどういう意向で番組出演時の肩書が決まるのか知らないけれど、共演していたスザンヌらと同じ「タレント」ではダメだったのだろうか。 野村の場合はともかくとして、確かに、芸能人には肩書問題というのがあるのだと思う。 職業欄になんと書けばいいのか迷う、という話はテレビでよく聞く。 肩書をどうするかは、「どう見られているのか」以上に、「どう見てほしいのか」という自意識を時に露呈してしまうから厄介だ。 肩書は第三者が決めるものだから自分でどうなるものでもない、最終的にはマジシャンってことにしといてくれないか、そう言って笑う高田純次の境地にはなかなかたどり着けない。 だから「エッセイスト」とかつい言いたくなってしまう。 他方で、複数の肩書を持ち、それを行き来することで底上げ効果やロンダリング効果を生んでいるケースというのもあるように思う。 要は、東国原英夫のことだけど。 そんな中、この人ほどジャンルが不定で、かつ肩書の境界を超えることに特別感を出さない人もいないかもしれない。 所ジョージである。 司会をしたり、歌ったり、演じたり、仕事場(世田谷ベース)でいろいろ作ったり。 そんな所は、自分の肩書についてどのように捉えているのか? 27日放送の『情熱大陸』(TBS系)で密着されていた所は、肩書を尋ねられて次のように答えた。 「テレビの人でいいよ。 テレビに向かって何かやるんだから」 多岐にわたる活動を繰り広げている所にとって、「これ」という肩書は定めづらい。 ならばいっそのこと、テレビでいろいろやるのだから「テレビの人」。 なるほど、確かに適切なのかもしれない。 もちろん、テレビに映る自分に対する徹底した客観視と、その客観的な自分のイメージをテレビの中で完璧にコントロールする技術、にもかかわらず何にも拘束されていないように見える身のこなしでもって長年テレビに映り続けている所は、ただ単にテレビに映っている人という意味での「テレビの人」ではない。 卓越したテレビ向けのパフォーマンスを体得した人という意味での特別な「テレビの人」といえるだろう。 いや、後者の特別な意味での「テレビの人」を強調してしまうのが、まさに所ジョージ的ではないわけだけれど。 もちろん、時代の流れの中で、テレビで活躍する芸能人の職場はますますテレビだけに限られなくなっている。 「テレビの人」を自称しつつ、必ずしもテレビに映るわけでもない何かを世田谷ベースで毎日作り続けたり、自分で編集した動画をYouTubeに上げたりしている所の存在自体が、その証左だろう。 だれど、どれだけ時代が流れても、簡単に変わってはいけないものもある。 野村沙知代がまずもって「エッセイスト」として回顧されるような歴史の修正が行われたときには、テレビウォッチャーとしてちょっと待ってと言いたい。

次の

スピードワゴン小沢、宮迫博之が明石家さんまの「オフィス事務所」所属になるとの報道に言及「あの人、個人事務所になるかも…」

スピード ワゴン 事務 所

スピードワゴン小沢一敬 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(10月27日~11月2日)見たテレビの気になる発言をピックアップします。 所ジョージ「(肩書は)テレビの人でいいよ。 テレビに向かって何かやるんだから」 その昔、ある番組に出ていた野村沙知代の肩書が「エッセイスト」だった。 もちろん、そういう仕事もしていたのだし、野村のメディアへの露出が増えたひとつのきっかけは文筆業だったのだから、肩書に詐称の疑いはない(学歴とは違って)。 ただ、「タレント」ではいけないのか、とは思った。 誰のどういう意向で番組出演時の肩書が決まるのか知らないけれど、共演していたスザンヌらと同じ「タレント」ではダメだったのだろうか。 野村の場合はともかくとして、確かに、芸能人には肩書問題というのがあるのだと思う。 職業欄になんと書けばいいのか迷う、という話はテレビでよく聞く。 肩書をどうするかは、「どう見られているのか」以上に、「どう見てほしいのか」という自意識を時に露呈してしまうから厄介だ。 肩書は第三者が決めるものだから自分でどうなるものでもない、最終的にはマジシャンってことにしといてくれないか、そう言って笑う高田純次の境地にはなかなかたどり着けない。 だから「エッセイスト」とかつい言いたくなってしまう。 他方で、複数の肩書を持ち、それを行き来することで底上げ効果やロンダリング効果を生んでいるケースというのもあるように思う。 要は、東国原英夫のことだけど。 そんな中、この人ほどジャンルが不定で、かつ肩書の境界を超えることに特別感を出さない人もいないかもしれない。 所ジョージである。 司会をしたり、歌ったり、演じたり、仕事場(世田谷ベース)でいろいろ作ったり。 そんな所は、自分の肩書についてどのように捉えているのか? 27日放送の『情熱大陸』(TBS系)で密着されていた所は、肩書を尋ねられて次のように答えた。 「テレビの人でいいよ。 テレビに向かって何かやるんだから」 多岐にわたる活動を繰り広げている所にとって、「これ」という肩書は定めづらい。 ならばいっそのこと、テレビでいろいろやるのだから「テレビの人」。 なるほど、確かに適切なのかもしれない。 もちろん、テレビに映る自分に対する徹底した客観視と、その客観的な自分のイメージをテレビの中で完璧にコントロールする技術、にもかかわらず何にも拘束されていないように見える身のこなしでもって長年テレビに映り続けている所は、ただ単にテレビに映っている人という意味での「テレビの人」ではない。 卓越したテレビ向けのパフォーマンスを体得した人という意味での特別な「テレビの人」といえるだろう。 いや、後者の特別な意味での「テレビの人」を強調してしまうのが、まさに所ジョージ的ではないわけだけれど。 もちろん、時代の流れの中で、テレビで活躍する芸能人の職場はますますテレビだけに限られなくなっている。 「テレビの人」を自称しつつ、必ずしもテレビに映るわけでもない何かを世田谷ベースで毎日作り続けたり、自分で編集した動画をYouTubeに上げたりしている所の存在自体が、その証左だろう。 だれど、どれだけ時代が流れても、簡単に変わってはいけないものもある。 野村沙知代がまずもって「エッセイスト」として回顧されるような歴史の修正が行われたときには、テレビウォッチャーとしてちょっと待ってと言いたい。

次の