あおり運転 ナンバー。 あおり運転の通報方法(車のナンバーなど)|チューリッヒ

車両ナンバーから「あおり運転」ドライバーを特定する方法

あおり運転 ナンバー

あおり運転・悪質ナンバーの投稿 Number Data 迷惑車ナンバー共有HP メリットとデメリット 茨城県の常磐高速道路で「あおり運転」さらには「殴打暴力」をした事件で、警察は傷害の疑いで指名手配していた宮崎文夫(43歳)をついに逮捕しました。 (同乗していた女も逮捕) あれだけ証拠があるのに逮捕に何を時間がかかっているのか!?、あういう危険な男は厳罰を!、同乗していたガラケー女にも厳罰を!、、、フェイク・デマ拡散、虚々実々織り交ぜ、このお盆の暑い日本列島を揺るがした大きなニュースでした。 お盆期間中の高速道路で被害者側の車を「あおり」、高速道路ど真ん中で車を無理やり止め、5発殴打、さらにはうしろから走っている車も巻き込んだ可能性も高かった、まさに常軌を逸した凶悪事件。 逮捕後の今後の行方は警察や報道にゆだねるとして、本記事では、 車体ナンバー等の情報で悪質行為を投稿できるサイトを紹介したいと思います。 そしてもうひとつ、相手の迷惑車のナンバーを控えて、すぐに車体ナンバーを入力し、動画も投稿すると、悪質な行為が全世界に拡散、利用者はそれを閲覧できるというサイトです。 あまりの反響の大きさにサイトは見れない・閉鎖?されています。 ) この迷惑車ナンバー悪質行為共有サイトですが、メリットもあればデメリットもあります。 どこまで個人情報が割り出されるか? 利用する側のリスク 利用される側のリスク 大きな課題をはらんでいただけに閉鎖(見れない・検索できない)状態になっています。 (不安定な状態) 僕がアクセスしたときは利用できました。 個人的なうらみのためのデマやフェイク情報を意図的に投稿した場合は、民事裁判に発展する可能性もあります。 投稿される情報の制度や信ぴょう性を高めるために、運営者側はAI 人工知能)の搭載も視野に入れているとのことです。 以下は現時点での僕の見解です。 利用上の注意 個人運営サイトのようであり、運営者情報がいまのところ怪しい(?) 個人情報を入力するのはまだ控えたほうがいいかな? 僕は自分ちの車の情報を入れて検索してみましたが。。。 上の画像からも確認できます。 すぐにやったのはエゴサーチですね。 すなわち自分の車のナンバーをいれてみる。 うちは悪いことをやっていないので、検索結果は、「検索結果がありません」と出てきました。 上の画像が検索結果です。 他人からは何も投稿されてなかったことに、とりあえず安心はしました(笑) アクセス集中のときは利用できませんが、空いているときは閲覧や利用もできますので、どんなものか確認してみましょう。 ただし、個人情報は入れないほうがいいです。 スポンサーリンク どうやって車社会リスクから身を守るか 都会では交通網が発達してますので歩く距離で公共の交通機関を利用できます。 田舎や郊外で暮らせば分かりますが、生活するためには車の利用が必須です。 そして、車のリスクは高齢化社会の大きな課題です。 あなたはいつ被害者になっても、もしくは、いつ加害者になってもおかしくはないからです。 本当に恐ろしい社会になりました。 原則・鉄則はこれです! 自分の身は自分で守りましょう! You should defend your own life. 下記の車関係のリスクヘッジもあわせて読んでください。

次の

今日から自転車にも「あおり運転」が適用される 自転車の事故が増えて「ナンバープレートをつけろ」の意見も: J

あおり運転 ナンバー

チューリッヒ保険会社が2018年に行なった実態調査では、あおり運転をされた経験があると答えたドライバーが約7割を占める。 なかでも「車体を接近させて、もっと速く走るよう挑発された」という行為が多いという。 車に乗っている限り、いつ、どこで「ヤバい車」に遭遇してしまうかわからない。 いまやツイッターを覗くと、ドライブレコーダー(ドラレコ)で撮影したあおり運転の情報や映像が続々と出てくる。 宮崎容疑者の事件も、被害男性のドラレコに記録されていた動画がネットに投稿され、それが拡散したことが事件化のきっかけだった。 今年3月に開設された「NumberData(ナンバーデータ)」は、あおり運転をした車を記録したドラレコ動画を被害者が投稿するサイト。 サイトの運営者が取材に答えた。 「このサイトを立ち上げたのは、2017年の東名高速でご夫婦が亡くなった事件をきっかけに、あおり運転が社会問題化したからです。 並行してドラレコが普及し、ツイッターやユーチューブにあおり運転の動画がアップされるようになりました。 しかし、そうした情報は個々で公開しても埋もれていくだけなので、投稿の場を作ったほうがいいと考えました。 それによって、あおり運転が抑止されたり、誰もが安全運転を心がけたりするようになればと思ったのです」 「ナンバーデータ」には、危険なあおり運転だけでなく、スピード違反や信号無視、当て逃げ、迷惑駐車・無断駐車などの悪質行為をしている車の情報も投稿される。 車のナンバーに加え、悪質行為の発生日時、地域・場所、種類、車両のタイプやメーカーなどからも検索でき、多くの投稿情報に証拠として画像や動画が添付され、どういった悪質行為を受けたかの説明がある。 たとえば、今年1月に発生した事例として、車のナンバー、タイプ、色、メーカー、車種、発生場所が記載され、〈1車線になった下りで車線がないのに右から強引に割り込み急制動をかけられました。 危険なので反対車線にでて前にでました。 その後15km(中略)延々とあおり運転をされました〉(原文ママ)という投稿者の声と、証拠となる動画も見られるようになっている。 投稿数は1日に100件を超えることもあり、今月だけで3000件以上(8月22日現在。 以下同)の情報提供があったという。 「宮崎容疑者の事件後に閲覧数が増え、時間によってはサイトにつながらなくなることも。 1日に数万人単位の閲覧があると思います」(前出・運営者) 興味深いのは、そうした寄せられた情報から「危ない車」の傾向が読み取れることだ。 サイトにはナンバーの掲載だけでなく、「一連指定番号別の悪質車両ランキング」も公開されている。 危険運転などの投稿があった車のナンバーの傾向をランキングしたもので、1位は「8888」、2位「…1」、3位「8008」、4位「…5」、5位「…8」となっている。 印象に残りやすいナンバーだから通報が多いとも考えられるが、末広がりの「8」が多いようだ。 「地名別の悪質車両ランキング」では、1位横浜ナンバー、2位名古屋ナンバー、3位浜松ナンバー、4位熊谷ナンバー、5位大阪ナンバーとなった。 やはり登録台数の多い地域が上位にあり、悪質運転と地域性を短絡的に結びつけることはできないが、あおり運転を警戒する意識を高める上では、こうした情報が役立つかもしれない。

次の

あおり危険運転・悪質ナンバー共有情報サイト「NumberData」とは?悪質な「危険性帯有者」罰則強化へ

あおり運転 ナンバー

タグ sd録画 wifi あおり運転 おすすめ だまされたふり作戦 アルコム オレオレ詐欺 カーテン ガラス グッズ ステッカー セキュリティー センサー センサーライト ソーラー ダイソー ダミー ダミーカメラ ドライブレコーダー パナソニック プライバシー マンション マーク レジ 一人暮らし 一戸建て 事務所 人体感知 人感センサー 侵害 保育園 内容 判例 効果 動体感知 動体検知 危険 危険運転 受け子 問題 場所 外出 夜間 大阪 女性 子供 学校 室内 家庭用 容疑者 対策 小学生 屋外 工事 店舗 心理 振り込め詐欺 探し方 撃退 暗視 暗闇 有線 未然防止 治安 法律 海外 海外旅行 特殊詐欺 犯罪 犯罪心理 画質 監視カメラ 種類 空き巣 窃盗 窓 窓ガラス 色 設置 証拠 証拠映像 詐欺対策 誘拐 警察 貴重品 貼り方 赤い光 車 車種 通報 鍵 鍵交換 開け方 防水 防犯 防犯カメラ 防犯グッズ 防犯対策 隠し方 電話 目次• あおり運転って? そもそもあおり運転とはどのようなものなのでしょうか? あおり運転というのは、危険な運転のことを言います。 例えば、車間距離を詰めてきたり、幅寄せをすることをあおり運転と言います。 そんな危険な行為であるあおり運転ですが、事故に繋がることもあります。 事故に繋がってしまい、人が亡くなるということもあります。 ですから、あおり運転は絶対にしてはいけないのです。 あおり運転に多いクルマのナンバー あおり運転をする車というのは、ナンバーも自分で選んでいる場合が多いです。 あおり運転をする人の心理というのは、かっこいいと思われたい!というのがあります。 ですから、あおり運転という行為だけでなく、乗っている車自体もかっこよく見せたいのです。 そんな人が車をかっこよく見せるためにまずやることというのは、ナンバー変更です。 「・・・1」や「・・・7」、「77-77」、「11-11」、「11-88」、「10-10」など 俗称ゾロ目とも言われるナンバーはあおり運転をする車にとても多いです。 ゾロ目や1桁だけの数字などはかっこいいと思っている人が多いため、 あおり運転をする人は車にそのナンバーを付けようという気持ちになるというわけです。 あおり運転される側からしたら、覚えやすいナンバーなので助かりますが、 ナンバーでかっこいいと思うかというのは別な話なので、とてもいい迷惑ですよね。 このようなナンバーの車を見かけた際には、なるべく近づかない、距離を取るようにしましょう。 あおり運転の車に多い特徴って? あおり運転の車はどのような特徴があるのでしょうか? 改造車 まずは改造車です。 ホイールを社外のものにしていたり、車高を下げていたり、 エアロを付けていたりと改造している車は、あおり運転する車に多いです。 上記でも紹介したようにあおり運転する人というのは、 自分をかっこよく見せたいと思っているので、車の外見もいじってかっこよくしようとします。 ですから、改造車には注意するようにしましょう。 ナンバー変更 上記で紹介したように、ナンバーを1桁やゾロ目にしている車には注意が必要です。 ナンバー変更している車は、改造車にも多く、かっこいいと思っているためやっています。 かっこよく思われたいという心理は車だけでなく、運転行為にも出るというわけです。 大きい車 サイズが大きめな車には注意が必要です。 軽自動車などは威圧感がなく、かわいさがあるのであおり運転をする人は少ないのですが、 大きめの車となると威圧感が出るのであおってくる車が多くなります。 大きめのサイズの車で改造車には特に注意しましょう。 あおり運転の車のナンバーを共有できるサイト 「NumberDate」ナンバーデータ あおり運転をするような車のナンバーを事前に知っておけば、あおり運転に合わなくても済むので助かりますよね。 また、あおり運転の車のナンバーを覚えておくというのはあおり運転の対策にも繋がります。 そんな時にオススメなのが、あおり運転の車のナンバーを共有できる「」ナンバーデータというサイトです。 「」ナンバーデータでは、自分であおり運転の車の情報を動画で撮影し、 投稿することも可能ですし、検索欄であおられた車のナンバーを検索することも可能です。 「」ナンバーデータで証拠を見つけることもできますし、 同じ車にあおられたことがあるというのであれば、その車を注意することも可能です。 また、証拠として警察に提出することも可能なのです。 自分があおられた場合だけでなく、他の人があおられていた場合でも投稿してあげることで、 その人が証拠として提出することができるのでオススメです。 あおり運転と勘違いされないようにナンバーにも注意しよう! 今回はあおり運転する車に多いナンバーやナンバーを共有できるサイト「」ナンバーデータについて紹介しました。 あおり運転というのは危険な運転行為のことです。 あおり運転をしてくる車はいくつかの特徴があり、ナンバーがゾロ目だったり、1桁だったり、改造車だったりします。 ですから、改造車である場合やナンバーがゾロ目や1桁の場合は、その車に注意し、近づかないようにしましょう。 また、今は「」ナンバーデータというナンバーを共有できるサイトもあるのでそちらを利用し、あおり運転対策をしましょう。 ぜひ参考にしてみてください。

次の