背中ニキビ 治す方法。 「背中ニキビ」の原因・症状・対処方法について解説

【背中ニキビ速攻で治す方法】40代の背中のブツブツ、原因はこれだった!

背中ニキビ 治す方法

Sponsored Link 背中ニキビの原因にはどんな理由があるのかご存知ですか?普段無意識にやってしまっていることも多いはずです! 普段なかなか目に付きにくい背中ニキビ。 ですが海やプール、温泉、背中の開いたドレスや服などで他人から見られる事もあります。 人から見られる事の方が多い背中は、綺麗にケアしておきたいものですよね。 そんな背中ニキビの治し方には保湿ケアや皮膚科の薬で治療、石鹸やクリームや化粧水など背中が汚いと悩む女性のために効果的な背中ニキビの対策や背中のニキビ跡を消す方法がいろいろあります。 そこで今回は、背中ニキビの原因と治し方や、かゆみ痛みを伴う場合や正しい洗い方などの知識や注意点もあわせて詳しくお伝えしていきます。 背中のニキビとニキビ跡を同時にケアする「プラクネ」。 背中ニキビの原因とは? 背中にニキビができてしまう原因は、大きく分けると四つもあります。 自分の原因は何なのかを突き止め、改善することが大切です。 過剰な皮脂の分泌 まず一つ目の原因は、過剰な皮脂の分泌によるもの。 皮脂が過剰に分泌されることによって、毛穴が詰まります。 毛穴が詰まってしまうことでニキビを引き起こす原因になるのです。 体の中でも、特に皮脂の多いとされている背中は、ニキビが出来やすいとも言えます。 また、乾燥してしまうことも、過剰な皮脂の分泌が行われるので注意が必要です。 摩擦や刺激 二つ目の原因は、摩擦や刺激によるもの。 肌は敏感なので、摩擦や刺激を受けると守ろうとする働きをします。 そのため、角質が分厚くなり毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。 ヒアルロン酸• コラーゲン• プラセンタ• グリセリン• 植物由来の保湿成分 などが配合された保湿化粧品を、選ぶことをオススメします。 刺激や摩擦に注意して肌を守る そして、日常生活の中で、極力刺激や摩擦を背中に与えないこと。 洗う時 掻いたり触ったりはしないこと、背中を洗う時はしっかり泡立てて、綿素材のもので洗うようにする。 拭く時も同様に綿素材の肌に優しいタオルで、拭くようにしましょう。 衣類 他にも、衣服は綿のインナーを選ぶ、こまめに汗を拭くなど、意識するだけでこんなにも日常生活の中で、肌を守ることができるのです。 これを続けることによって、背中ニキビもだんだん良くなり、最終的には治ってしまいますよ! 早く治す最大のポイントは、触らないこと。 清潔を保つことによって、これからの予防にもなりますので、背中ニキビが治ってからも、是非この生活習慣を続けて見てくださいね。 背中のニキビとニキビ跡を同時にケアする「プラクネ」。 ここでは効果のある石鹸の選び方をご紹介します。 無添加・薬用の固形石鹸は、顔にできたニキビにも効果があるとされていますので、顔にニキビがある方や、予防したい方は顔と背中両方使えちゃうのでお得ですね! また、着色料や香料、エタノール、鉱物油などを使用していない石鹸を選ぶことで、敏感肌の人でも使えちゃいます。 あまり触れすぎると刺激や摩擦を与えてしまうためです。 保湿力や保水力など、角質層のケアをしてくれる成分が配合されていることも重要になってきます。 このような成分が配合されているものを、パッケージの表記を確認して選びましょう。 背中ニキビは洗い残しの汚れが詰まってしまって、出来てしまう場合もありますので、上記に加えて泡切れの良いものがあれば最高です。 今では雑誌などでもよく紹介されていたりするので、口コミを参考にしながら購入してみてください。 背中のニキビケアのポイントとは? 背中に出来てしまったニキビケアのポイントは、大きく分けて三つあります。 絶対に触らないこと まず一つ目は、ニキビが出来てしまってからは、絶対に触らないこと。 掻いたり触ったりしてしまうと、ニキビが悪化してしまったり、ニキビ跡ができる原因につながってしまいます。 また、衣類や下着の擦れから、刺激されてしまうこともあるので、綿素材の肌に優しいものを着るようにするといいですね。 正しい方法で背中を洗う 二つ目は背中を正しい方法で洗うこと。 洗い方によってはニキビを悪化させてしまうこともあるほどなので、間違った洗い方をしている人は、今日から直してみてください。 始めに必ず泡を泡立てる作業をしてください。 モコモコの泡を作るイメージで、きめ細かい泡で洗います。 タオルや手が触れないように泡だけを滑らせるように優しく洗いましょう。 体を先に洗ってしまうと、後からシャンプーやコンディショナーの泡が、背中についてしまい、すすぎ残しが出来てしまうことが多いので、• 急な結婚式やパーティなどで背中の空いた服を着る機会がある!• 海やプールに行きたいのに間に合わない! なんてこともあると思います。 そんな時は皮膚科に行けば、自分に合った薬を処方してもらえるので、効果が早く現れますし、綺麗にニキビを消すことができます。 主に皮膚科で処方される薬には、三種類あります。 ただ薬の場合は効果が早い分、成分が強いことによるデメリットもあるので理解したうえで取り組むことが必要です。 抗真菌剤 まず一つ目が抗真菌剤というものです。 背中ニキビの原因となる「マラセチア真菌」というカビの一種をやっつけるための処方薬です。 背中ニキビを根本から治したい場合に、効果があるとされています。 気持ち悪さ• 乳房のハリ• 下腹部の痛み• 太る などの副作用を引き起こす可能性があることも、頭に入れて置いてください。 また、乳がんになる可能性もあるとされていますので、使用する際はしっかりと、皮膚科で話し合って決めて下さいね。 背中のニキビ跡は消すことできる? ニキビ跡を消す方法はいくつかありますが、ニキビを治すよりも時間がかかってしまいますし、効果も個人差があり、必ず消える!とは言い切れません。 ですが、試してみないことには始まらないので、まずは自宅でできる方法をご紹介します。 自宅でできる背中のニキビ跡を消す方法 まず、ニキビ跡は肌が炎症が起きている状態なので、炎症を抑えるビタミン類などの有効成分が含まれた化粧水を使用するようにしましょう。 そして、規則正しい生活を送ることで、肌のターンオーバーを整えることができます。 それでも治らない場合や、痛みやかゆみを発症した場合には、皮膚科を受診してみるのもありだと思います。 ネットや雑誌などで口コミをみて、自分で皮膚科を選んで行くのがいいと思います。 背中のニキビとニキビ跡を同時にケアする「プラクネ」。 背中ニキビがかゆい場合の対処法 まずかゆくなってしまった場合ですが、ニキビのかゆさは、乾燥からきています。 そのため日頃から常に保湿を十分に行う必要があるのです。 保湿を毎日行うだけで、かゆみの予防になりますので是非試して見てください。 保湿をし忘れて乾燥してしまった場合には、かゆみが発生します。 もし、かゆみが発生しても絶対に掻きむしらないこと! とっさに掻きたくなるのは分かりますが、そこで掻きむしってしまうと、ニキビが悪化してしまうだけになります。 濡れたタオルで冷やしたり• 保冷剤をタオルに巻いて当てたりする などして、かゆみを和らげることが一番の対処法です。 背中ニキビが痛い場合の対処法 そして次に痛い場合ですが、ニキビが痛くなるほとんどの原因が、炎症からくるもので、炎症を起こしてしまっていると、ほとんどが皮膚科で治療してもらう方法しかないのです。 なぜなら、炎症を起こしている時点で化膿しており赤く腫れて熱を持っています。 この段階までいってしまったら、スキンケアで徐々に治していくのは難しいのです。 市販でも薬は売られていますが、確実な方法は皮膚科に行って、治療をしてもらうことです。 ただし、ひどい場合には皮膚科でも、完治できない可能性があるので注意してくださいね。 背中ニキビが治らない人の理由ってなに? 背中ニキビがなかなか治らない場合、私だけ?と思いがちですが、実は背中ニキビは顔に比べて治りにくい場所だとされているのです。 なぜなら、背中の皮膚は厚く、なんと顔の皮膚の5倍もあります! そのため、顔と同じ化粧水を使っていれば、当然浸透せずに効果がみられませんよね。 背中と顔では別々のケアアイテムを使うのがポイント! 早く背中ニキビを治している人は、背中用と顔用など化粧水を分けて使っているんです。 当然、背中用の化粧水には浸透力の高い成分が含まれている商品を使うこと。 それに加えてきちんとお風呂でのケアや、生活習慣を正していれば、徐々に背中ニキビともさよならできます。 まずは、今使っている化粧水の成分をみてみることから、始めて見てください。 浸透力を高める成分が入った化粧水は、ネットや雑誌でもたくさん紹介されていますので、是非チェックしてみてください。 背中ニキビはオロナインも効果ある? オロナインは、塗り薬として有名ですが、最近では背中ニキビにも有効だと話題になっているのです。 決してニキビ治療薬ではありませんが、オロナインでニキビを治した人もいるのです。 どうしてオロナインがニキビに効果があるとされているのか? それは、強力な殺菌成分であるグルコン酸クロルヘキシジンがオロナインには配合されているためです。 これが背中ニキビのもとのニキビ菌を、やっつけてくれると言われています。 オロナインの塗り方は、お風呂上りに気になる背中ニキビの部分に、優しく塗り広げるだけです。 必ず清潔な肌の状態にしてから、塗ってあげましょう。 まとめ いかがでしたか? 背中ニキビは、気付きにくい位置にあるので、ケアが遅れてしまいがちです。 なので、日頃から保湿を心掛けて予防することが、綺麗に保つ秘訣になります。 毎朝鏡をチェックしてニキビがないか確認することで、ニキビが出来ても直ぐに対応できるようにしておきましょう。 背中のニキビとニキビ跡を同時にケアする「プラクネ」。

次の

【背中ニキビ速攻で治す方法】40代の背中のブツブツ、原因はこれだった!

背中ニキビ 治す方法

このページの目次• 1、背中の色素沈着は「炎症」が主な原因 背中の黒ずみや茶色、紫色、赤色のシミは炎症後の色素沈着が主な原因です。 背中は、顔や額に比べると皮脂腺の量が少なく乾燥しやすい部位のため、皮膚が乾燥しやすく、肌のバリア機能が低下し、ニキビを始めとする炎症を引き起こしやすくなります。 背中に炎症が発生してしまう原因は様々です。 例えば以下のような要因により背中に炎症が発生してしまいます。 気になり、自己処理をした時の刺激が原因となり炎症を引き起こすことがあります。 例えば、カミソリ負けにより細かい傷ができ炎症が発生したり、除毛クリームを使用したことによりアレルギー反応が起きて炎症が発生したりすることがあります。 ・背中ニキビによる炎症 背中は顔より皮脂の分泌量が少ないからといってニキビができないわけではありません。 また、顔と違って洗いづらく、汚れが残りやすいため、むしろニキビができやすいということも珍しくありません。 背中ニキビはこのような原因で発生します。 【背中ニキビの原因一覧】 原因 概要 洗いすぎ 背中が洗いづらいからと言って、タオルなどで過剰にゴシゴシと洗ってしまうと皮膚のバリア機能が低下してニキビが発生しやすくなります。 洗い残し 洗いすぎもニキビの原因になりますが、洗い残しもニキビの原因となってしまいます。 特に背中は皮脂を分解して刺激のある物質にしてしまうマラセチア菌が多く住み着いています。 刺激は少なく、しかしきれいに洗うことが重要です。 すすぎ残し シャンプーやボディーソープなどのすすぎ残しがあると毛穴が詰まってしまい、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖してしまうことがあります。 不潔な寝間着 寝具 体を清潔にしていても寝間着や寝具が不潔ならばニキビの原因菌が増殖してしまいます。 睡眠不足 ストレス 睡眠不足とストレスも皮膚のバリア機能を低下させてニキビを発生させやすくしてしまいます。 背中に発生するニキビは気づきづらいため、悪化していてもなかなか分かりません。 清潔と低刺激を保ち、ニキビを予防することが重要です。 ・かぶれによる炎症 下着による締め付け、洋服の繊維、肌に合わないスキンケア製品や薬などにより「接触性皮膚炎」が発生することがあります。 刺激のある物質が肌に付着したら誰にでも起きる可能性があります。 大量の紫外線を浴びたり、日光に弱い体質だったりすると炎症になることがあります。 皮膚全体が赤くなりむくみや水膨れが発生することも多く、皮膚に炎症が起き、バリア機能が低下するほかメラニン色素が生成されシミができやすくなってしまいます。 以下のような習慣のある人は特に背中に炎症やシミができやすいと言えるでしょう。 【紫外線の影響で色素沈着を起こしやすい習慣・出来事一覧】 習慣・出来事 概要 露出の多い服を着る 夏場などに背中が大きく開いた露出の多い服を着ているとその分、紫外線に当たる範囲も広くなり炎症やシミができやすくなります。 白い服を好んで着る 白は紫外線をカットする力が弱い色です。 白い服を好んで着る場合は黒い服などを着るよりも紫外線が透過し、背中へのダメージが大きくなります。 日焼け止めを塗らない 夏場はもちろん、冬であっても曇りであっても紫外線はあります。 1年を通して日焼け止めを塗らないと背中に紫外線が通ってしまいます。 レーザーや光脱毛中 レーザー脱毛や光脱毛中は肌がデリケートになっています。 その分紫外線にも敏感になってしまうため、脱毛中はよりUVケアを気にすることが重要です。 ハイドロキノン使用中 効果の高い美白成分であるハイドロキノンはメラニン色素の生成を防ぐ働きがあります。 しかしメラニン色素が生成されないことで紫外線に弱くなってしまうというデメリットもあります。 ハイドロキノン使用中はよりUVケアに注意しましょう。 例えば乾燥肌や敏感肌は肌のバリア機能が低下しやすく、脂性肌はニキビになりやすいという特徴があります。 また、「アトピー性皮膚炎」がある人や肌が鳥肌のように際立つ「毛孔性苔癬(モウコウセイタイセン)」「毛孔性角化症(モウコウセイカクカショウ)」がある人なども炎症を引き起こしやすいです。 またこれらの肌質や皮膚疾患のある人は「自己処理・ニキビなどの炎症」や「日焼けの炎症」などの理由で色素沈着を起こしやすい傾向にあります。 2、ケアの前に背中の炎症原因を改善させることが優先 色素沈着改善のケアをしても炎症しやすい状態が続いているのならばあまり意味がありません。 ケアをする前には炎症の原因を改善させるようにしましょう。 最低限以下のポイントには気を付ける必要があります。 上から順に改善したほうがいいポイントなので参考にしてください。 皮膚への血流を悪くするタバコを控えたり、肌荒れの原因となる過度のアルコール摂取は避けたりするようにしましょう。 また睡眠はしっかりと6時間以上取るようにして、ストレスも溜めないようにしましょう。 皮膚の新陳代謝に必要なタンパク質や亜鉛、ビタミンA、ビタミンB群をしっかりと摂取することも重要です。 3、色素沈着レベル別ベストな背中のケア方法 色素沈着の改善には皮膚のターンオーバーを促進させて沈着してしまった色素を排出することが大切です。 またそれと同じくらいメラニン色素の生成を抑制することが重要です。 以下に、色素沈着をレベル分けしましたので、ご参考にして頂ければと思います。 皮膚の表面の汚れを取り、ターンオーバーを活発にする働きがあるため、沈着した色素を排出するのに役に立ちます。 しかし、美白作用はそこまで強くないため、効果が表れるまで「1年」ほどかかることもあります。 重曹風呂が重曹の手軽な使い方です。 ほんの一つかみ程度の重曹をバスタブに入れて普段通りに入浴するだけです。 肌のターンオーバーを活発にするほか、汚れを落としたり雑菌を殺菌したりする作用も期待できます。 注意点! ・重曹風呂に入った後はシャワーでしっかりと重曹成分を洗い流すようにしましょう。 ・入浴後はしっかりと保湿することも重要です。 美白有効成分とは、厚生労働省が肌を白くするのに有効であると認可をしている成分のことを指し、臨床試験に基づき美白作用があることが分かっているので効果が期待できます。 低刺激な美白有効成分には、「トラネキサム酸」や「アルブチン」「コウジ酸」「4MSK」などがありますので、これらが配合されている保湿クリームでケアをすると良いでしょう。 市販品であれば、「ケシミンクリーム」が最も有効です。 その他、背中の色素沈着やニキビに特化した保湿クリームも効果的ですので、ご参考にして頂ければと思います。 初回限定 ¥980 ・肌に浸透しやすいように「ナノ化」した高保湿成分「セラミド」「3種のヒアルロン酸」が配合され、背中の乾燥感や色素沈着の改善に役立ちます。 ・着色料やアルコールが入ってませんので、敏感肌の方でも安心して使用できます。 初回限定 ¥5,980 ・肌に優しいピーリングとセットで「¥5,980」と、背中ケアを徹底的にすることができるアイテムです。 ・保湿力が高く、天然素材の「はちみつ」を使用しており、ツルスベ・モチモチの背中に導きます。 そのほか、天然成分であるハトムギエキスや甘草エキス、茶エキス、プラセンタエキス、ジャムウなども美白作用が期待できます。 ジャムウの詳細は、こちら『 』をご覧ください。 大体、第一関節の分ぐらいの量の保湿クリームを、背中全体に薄く塗ります。 使用頻度は、入浴後1日に1回という説明をしているクリームがほとんどだと思いますが、乾燥感やかゆみが強い方は、1日に数回塗り込んでも問題はありません。 ただし、使用しているうちにかゆみや赤みが発生したり、シミが濃くなっているような症状が現れたりしたら即座に使用を中止してください。 しかし、シミや色素沈着の治療は、全て保険適用外となりますのでご注意ください。 エステや美容皮膚科では以下のような施術が行われます。 ・ハイドロキノン&トレンチノイン治療 ハイドロキノンはとても強い美白作用をもつ成分です。 ただし肌への刺激も強く、肌の弱い人は肌荒れの原因となってしまう可能性があるため注意が必要です。 通常の化粧品にも含まれているものがありますが、美容皮膚科で処方されるものはより高い濃度のものも出すことができます。 トレンチノインというビタミンA誘導体と併用することでさらに効果が高めることができ、色素沈着の改善の効果が出るまでおよそ「3か月」かかります。 エステサロンでも、ハイドロキノンが配合された化粧品を販売することができますが、濃度は医療機関のほうが高く処方することができます。 ・ケミカルピーリング ケミカルピーリングとは、「サリチル酸」や「グリコール酸」などの酸性の薬剤を皮膚に塗布することで古い角質を除去して、皮膚のターンオーバーを促進させる施術です。 美白作用のほか、肌全体の調子を上げる働きがあります。 効果が出るまでは個人差がありますが、「月に1回程度」を継続して治療を行うとなお効果的です。 エステサロンでも行うことのできる施術ですが、薬剤の濃度は医療機関のほうが高くすることができます。 ・イオン導入 イオン導入とは、なかなか皮膚の深くまでは浸透しづらいシミや色素沈着に有効な成分を微弱な電流によりより浸透しやすくする施術です。 イオン導入される成分は、「ビタミンC誘導体」や「トラネキサム酸」が一般的です。 シミや色素沈着の改善のほか、肌のハリの回復などにも効果があります。 効果が出るまでは個人差があります。 「週に1回から2週間に1回程度」治療を行うとなお効果的です。 また、ケミカルピーリングと併せて行うことも有効です。 エステでも行うことのできる施術ですが、使用できる薬剤や電流の出力で医療機関に軍配が上がります。 ・フォトフェイシャル フォトフェイシャルとは、光を照射させることにより、メラニン色素にダメージを与えると同時に肌のターンオーバーを促進させて色素が排出されるのを促進する施術です。 肌への刺激も弱く広範囲に様々な肌トラブルを改善させる効果があるため、背中へ使用することも可能です。 1か月に1回程度を半年ほど続けると効果が実感しやすいです。 しかし、フォトフェイシャルは医療機関でしか受けることができない施術です。 光を照射する施術を行っているエステサロンもありますが、医療用として認可されたものではなく効果は薄れます。 ・レーザー治療 レーザー治療は色素沈着がある部分にレーザーを照射することでメラニン色素を破壊する治療法です。 直接メラニン色素を壊すため効果は高いことが特徴です。 「メドライトC6」「Qスイッチルビーレーザー」などレーザー機器には波長の違いによっていくつか種類があります。 しかし、レーザー治療も医療機関でしか受けることができない施術です。 レーザーを扱っているエステサロンもありますが、医療用に認可されたものではなく出力も弱めです。 一回の施術ではなかなか効果が現れないため月に「2回程度」を3か月ほど通うと効果的です。 5、背中の色素沈着は根気強く続けることが大切 背中だけではありませんが、色素沈着はすぐに改善することが難しいです。 そのため根気強く続けることが大切です。 美容皮膚科などのクリニックで施術を行っても「3か月~6か月」ほど時間がかかることも多く、セルフケアならば「1年以上」必要になることも珍しくありません。 自分の目で直接見れないからこそ、1か月単位で頻繁に写真を撮り状態を確認しましょう。 なかなか効果が出なくても最低でも6か月ほど続けることが重要です。 6、まとめ 背中は炎症が起きやすい部位のため、「 にきび」や「日焼け」「肌質」などが原因で色素沈着しやすい傾向にあります。 背中をケアする時は、まず炎症原因となる生活習慣を改善し、それから自分の色素沈着の度合いに合った方法を試していくのが最善です。 しかし、背中に限らず色素沈着は、すぐに治るものではないため最低でも6か月は継続してケアを行うことが大切です。 今回の記事で、背中の色素沈着が改善し、夏に水着や背中ががっつりと開いたセクシーな服を着こなすことができた!と思って頂ければ幸いです。

次の

背中ニキビを治したい!跡を残さないために!薬・皮膚科から石鹸・スキンケア方法まとめ

背中ニキビ 治す方法

Contents• 背中ニキビの原因 背中ニキビは、• 皮脂、汗• 肌の乾燥• 睡眠不足• 食生活の乱れ• ストレス・ホルモンバランス が主な原因です。 それぞれの原因について詳しく見ていきましょう。 皮脂、汗 背中には皮脂腺が多く存在し、皮脂分泌が活発に行われています。 背中は手が届きにくいため、汗をかいてもふき取りにくく、そのまま放置してしまうことも。 汗や皮脂が毛穴に溜まったままだとそれが酸化し、ニキビの原因菌の増殖に繋がります。 寝ている間も大量の汗をかきます。 シーツなど寝具をこまめに変えずにいると雑菌が繁殖し、背中や首あたりの毛穴に侵入してニキビができてしまうケースもあります。 肌の乾燥 肌の乾燥も背中ニキビを悪化させるもとです。 ナイロンタオルで体をゴシゴシ洗い過ぎるのはNGです。 皮膚にはバリア機能があります。 肌のバリア機能は、紫外線や細菌、雑菌などから肌を守ってくれる働きがありますが、強く洗うことでこのバリア機能が衰えていき、肌の水分が蒸発し乾燥します。 肌は水分の不足分を補うため、皮脂をどんどん分泌し、ニキビができやすい肌環境となってしまいます。 睡眠不足 私たちの肌は寝ている間に皮膚の修復、再生機能が働き、健やかな皮膚を作り出します。 肌のターンオーバーが促進するのも寝ている間と言われています。 しかし、睡眠が十分に取れずにいると皮膚の修復、再生機能がうまく働かず、新しい皮膚が作れないことになります。 また、睡眠不足は 肌の免疫力を低下させ、ホルモンバランスを乱す原因になるため、ますますニキビを悪化させます。 食生活の乱れ 肌トラブルは栄養バランスの乱れと比例しやすいです。 脂っぽい食事、インスタント食品、甘いお菓子など脂質と糖質の食べ過ぎは要注意!脂質と糖質は皮脂分泌を促進し、毛穴詰まりの原因になります。 また、ビタミン豊富な野菜や食物繊維の摂取が不足すると、皮脂分泌のコントロールがうまくいかなくなるため、ニキビ肌になりやすいです。 ストレス・ホルモンバランス ストレスは背中ニキビの大敵です。 ストレスが続くとホルモンバランスが崩れ、男性ホルモン優位になります。 男性ホルモンは皮脂腺を刺激し、大量の皮脂を排出しようとします。 皮膚分泌が過剰に働くと毛穴に皮脂が溜まりやすく、ニキビへと繋がりやすくなるのです。 背中ニキビの仕組み 背中にできるニキビは、顔にできるニキビと原因菌が異なります。 顔ニキビの原因菌はアクネ菌ですが、背中やデコルテなど体の広い範囲にできるニキビの原因菌は 「マラセチア菌」という真菌(カビ)です。 マラセチア菌は、おもに体に多く存在しています。 皮脂や湿気を好んで増殖する性質があるため、皮脂腺が多く、むれやすい背中はマラセチア菌にとって絶好の居場所となります。 背中ニキビは、マラセチア菌で起こる他にも、 アクネ菌、黄色ブドウ球菌などさまざまな菌が原因となって発生することもあり、治すのに非常に厄介です。 マラセチア菌に黄色ブドウ球菌が感染すると、炎症がさらに悪化し、化膿してしまいます。 症状が重くならないうちに早めのケアが必要です。 背中ニキビができやすい人 背中ニキビができやすい人とできにくい人がいます。 その違いはいったい何なのでしょうか? 背中ニキビができやすい人は• 皮脂分泌が多い人• 毛穴が詰まりやすい人 です。 皮脂分泌が盛んで毛穴に詰まりやすい人は、顔だけでなく、背中にもニキビができやすいタイプ。 自分の肌は、皮脂分泌が多く、毛穴が詰まりやすいと感じたら、スキンケアや生活習慣など見直してみてください。 背中ニキビが治らないのはなぜ? 「ニキビケアしているのになかなか治らない」という人は、 背中ニキビに対処できる正しいケアができていないことが考えられます。 たとえば、市販のニキビ治療薬を購入してケアしている場合です。 残念ながら、背中ニキビは、 市販の顔ニキビ治療薬を使っても治りません。 顔ニキビと背中ニキビの原因菌は異なり、治療薬も違ってくるからです。 背中ニキビの原因菌はマラセチア菌という真菌(カビ)。 真菌(カビ)に効果のある「抗真菌成分」が配合された皮膚治療薬できちんとケアすることがポイントです。 ニキビが治らないのはもしかしたら別の皮膚や内科系の疾患が隠れているケースもあります。 「ケアしても治りにくい」「症状が悪化してきた」と感じたら すぐに皮膚科で診てもらうことをおススメします。 顔ニキビとは違う原因菌が考えられるため、背中ニキビに対処できる正しいケア(治療)が必要となってきます。 できるものからすぐに始めてみましょう。 食事 背中ニキビの改善には、食生活の栄養バランスを整えることです。 控えた方がいい食品は、• 脂っぽい食事• インスタント食品• チョコレートやケーキなど甘いもの です。 これらの食品は脂質と糖質が多く含まれており、皮脂分泌を盛んにし、毛穴を詰まりやすくさせるからです。 逆に積極的に摂りたい食品は、• 大豆製品などを中心とした和食メニュー です。 和風メニューは皮脂コントロールを正常にさせ、ニキビ予防に最適です。 ニンジン• カボチャ• ブロッコリー• ほうれん草 などの緑黄色野菜に多く含まれており、肌の再生機能を高めて皮膚を丈夫にします。 炒め物が気になる人は、温野菜していただくとお肌に良いでしょう。 また、ビタミンB群も欠かせません。 ビタミンB群は、肌の新陳代謝を促進し、古い角質を取り除き、潤いある肌にします。 ビタミンB2は• うなぎ などに含まれ、 ビタミンB6は、• まぐろ• かつお など魚介類に多く含まれます。 ニキビは便秘が続くと出やすいもの。 海藻や根野菜など食物繊維が豊富に含まれる食材を摂って便秘予防に努めましょう。 生活習慣 毛穴にニキビの原因菌が増殖しないよう、肌を清潔に保つようにします。 シャワーだけですませるのではなく、し っかり湯船につかり、老廃物を出すというのが大切です。 ボディブラシでゴシゴシ洗うと肌のバリア機能を壊します。 綿など肌に優しい素材でよく泡立てた石鹸で洗うようにします。 また、シャンプーやトリートメントの成分が背中に残らぬよう、 シャンプーしたあと体を洗うといった具合に洗い方の順番を工夫してみてください。 そして、十分な睡眠を取りましょう。 お肌のゴールデンタイムは 夜10時から深夜2時といわれています。 皮膚の修復、再生機能が働くよう、できるだけ夜10時には就寝できるようにします。 ストレスはホルモンバランスを崩す原因となるので、自分なりのストレス解消法を見つけるなどして、できるだけ穏やかな気持ちで過ごせるようにしましょう。 グッズ 背中ニキビを解消できるグッズとして「石鹸」「コットンタオル」「入浴剤」をご紹介します! 石鹸 体を洗う際はボディーソープより石鹸を使うことをおススメします。 ニキビができて弱っている肌には自然の界面活性剤でできた石鹸が良いです。 石鹸を選ぶときのポイントは、 殺菌作用や消炎症作用の成分が配合されていること。 ニキビの原因菌に対処した成分をぜひ使いましょう。 そして、肌にやさしい低刺激処方であることも大切です。 背中にできるニキビは痛みを伴うため、洗浄力が強く、刺激があるものは控えたいものです。 コットンタオル 背中ニキビの人におススメなのが綿(コットン)100%でできたボディータオルです。 肌への刺激や摩擦を最小限に抑えて肌に優しいです。 石鹸をしっかり泡立ててから洗うことで汚れは十分に落ちます。 合成繊維できたナイロンタオルやボディブラシなどは肌への刺激が強く、ニキビを悪化させてしまうので使用することは控えた方がいいでしょう。 入浴剤 手が届きにくい背中にはスキンケアするのも一苦労です。 そんなときにおススメなのが入浴剤です。 入浴剤にもいろいろありますが、毛穴を開き、汚れを落としすくできる成分、菌の発生を抑える成分が配合された入浴剤がおススメです。 代表的な成分として、 マイルドなピーリング作用のある「パパイン酵素」や余分な皮脂や汚れを取れやすくする「炭酸水素ナトリウム」などがあります。 薬・漢方・サプリ 背中ニキビ対策に、薬、漢方、サプリもおススメです。 薬(塗り薬) 背中ニキビを改善する塗り薬には、 「抗真菌成分」が配合された皮膚治療薬を選ぶことがポイントです。 背中ニキビの原因菌であるマラセチア真菌(カビ)を根本から退治できます。 漢方薬 漢方薬のメリットは、 一時的に症状を抑えるのではなく、体質を改善し、根本的な治癒のために作用します。 背中ニキビの場合も漢方薬を適切に使うことで、根本的な治癒が期待できます。 それでは、背中ニキビに有効的な漢方薬を紹介します。 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう) 「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」は、患部が湿潤型でじゅくじゅくしているときに、肌をふさいでいる余分なものを出すとともに、「水(すい)」や熱を発散させて、肌を正常にしていく処方です。 皮膚がすぐ化膿してしまう人• 疲労しやすく、食欲不振タイプ 皮膚の赤み、痛みを発散し、皮膚の腫れやかゆみを抑える働きがあります。 背中ニキビでいうと大きく腫れて化膿しているニキビの人に向いています。 背中ニキビ以外にも腫れて痛みのある湿疹、化膿したできもの、じんましん、水虫 このような症状に効果を実感できます。 また、「気」をめぐらせることで、鼻づまりを改善していきます。 皮膚が浅黒く、オイリー肌の人• 手足に汗をかきやすい人• 耳や鼻の病気をしやすい 体の熱や腫れをひき、血液循環を良くする働きがあります。 顔全体に皮脂が多く、小さなニキビや鼻炎で悩んでいる人に向いています。 背中ニキビ以外にも慢性の鼻炎、蓄膿症、扁桃腺炎などに用いられます。 自己判断での漢方薬の服用はできるだけ避け、皮膚科の医師、薬剤師へ相談してから服用するようにしましょう。 そこで、サプリメントの力を借りてみてはいかがでしょうか。 病院 ニキビができてすぐに皮膚科へ受診する人は少なく、症状が悪化してから、ニキビ跡ができてから、病院へ行く人が大半です。 背中ニキビは 細菌と真菌(カビ)による皮膚疾患です。 生活習慣の改善や市販の塗り薬だけでは、完全な治癒が見込めない場合も多いです。 それにニキビ跡でデコボコができた状態で完全に元の状態に戻すのは非常に困難です。 皮膚科や美容皮膚クリニックでは、抗菌効果のある 外用剤や内服薬、漢方薬など保険適用できる治療法はもちろん、ピーリング、レーザーやフォト治療など自由診療など、ニキビの症状に合わせた治療法を行います。 自己流でケアするより早く改善することは間違いありません。 背中ニキビを解消するスキンケア方法 ここでは背中ニキビを解消するスキンケア法を3つご紹介します。 こちらの動画ではエステで行われているケミカルピーリングの流れや知識を実践しながら説明しています。 時間がない人・確実に結果を求める人 背中ニキビを解消できる方法をご紹介しましたが、• 結婚式や特別なイベントが控えている• 慢性的な背中ニキビに悩んでいる• 今すぐにでも背中ニキビを治したい! という人はエステでプロの施術を受けてみてはいかがでしょうか。 エステ エステというと痩身や美顔ばかりをイメージしてしまいますが、背中ニキビ改善にも役立つマシンや施術はしっかり用意されています。 スキンスクライバー スキンスクライバーは1秒3万回くらいの超音波の振動で乳化した洗浄成分が毛穴の奥深くまで入り込み、通常洗顔では取りきれない毛穴に詰まった皮脂や汚れをきれいに洗浄します。 施術後は、古い角質やざらつきがなくなり、滑らかでツルツルの背中に仕上がります。 背中ニキビまとめ 背中ニキビを解消するには、背中を清潔に保ち、規則正しい生活を送ることが大切です。 汗をかいたらすぐに着替える、湯船につかる、栄養バランスの整った食事を摂る、十分な睡眠、自分なりのストレス解消法を見つけるなど自分のできる範囲でいろいろと対処してみてください。 それでもなかなか治らない場合は、皮膚科へ行って診断を受ける、エステで施術を受けるなど、専門プロの力を借りてみてください。 tokachi-derma. rohto.

次の