給付 金 申請 書。 画像付き解説■10万円現金給付金 申請書記入方法 郵送とオンライン申請方法 必要書類まとめ

特別定額給付金の郵送申請書を住民票の住所以外で受け取る方法

給付 金 申請 書

暗証番号• 口座番号• マイナンバー• キャッシュカード 給付金の申請に伴い個人情報を聞き出そうとして来る業者はたくさんいます。 個人情報を取られることで、詐欺被害に合ってしまう可能性が上がるので、絶対に教えないようにしましょう。 各都道府県目安 特別定額給付金の申請書類は、2020年5月19日の時点で1259の団体で郵送が開始されています。 全国の市町村数は1718となっており、半分以上の市町村で郵送が開始されているということです。 また、 郵送は毎週月曜日から順次行われる形となっており、郵送が開始されていたとしても曜日によっては届いていないこともあります。 まだ郵送が開始されていない市町村でも翌週の月曜日から郵送が開始される可能性が高いです。 いつ郵送が開始されるかは、自身の住んでいる市町村のホームページより確認を行うのがおすすめです。 対処法 郵送が開始されている市町村なのに、申請書類が届かない場合は下記対処法がおすすめです。 また、不安なことがある場合や、早く申請したい場合でも下記対処法が参考になります。 オンライン申請を行う 申請書が届かない場合は、オンライン申請を行うことで特別定額給付金の申請を行えます。 また、なるべく早く申請をしたい場合もオンライン申請がおすすめです。 給付金の受給権者• 給付額• 申請方法• 郵送開始時期 申請書の郵送は順次行っていますが、まだ郵送されていない地域ではお知らせが届くことがあります。 お知らせには、特別定額給付金の詳細が記載されています。 開始時期を過ぎても、申請書類が届かない場合は各市町村に問い合わせをして下さい。 申請期限は郵送開始から3か月 申請期限は、申請の郵送が開始された日から3か月間となっています。 他の市町村で郵送が開始され、申請が始まっていたとしても焦る必要はありません。 開始時期も違えば、期限も違います。 郵送が開始から3か月以内に申請を行うことで、受給することができます。 電話での問い合わせなども行っている.

次の

特別定額給付金申請書の書き方、記入例の見本を画像付きで作ってみた!

給付 金 申請 書

1.表面:必要事項の記入 申請書は表面と裏面があります。 まず、表面です。 (1)世帯主の情報 世帯主のフリガナと現住所は、あらかじめ印字されています。 まず、下記事項を記入します。 申請日• 住んでいる場所の市区町村名• 世帯主の氏名・生年月日・連絡可能な電話番号 氏名欄に印鑑を押します。 認印でも問題ありません(振込先口座の銀行印である必要はありません)。 シャチハタがOKかどうかの記載はありませんが、申請書類であることを考えると、通常の印鑑のほうが良いでしょう。 (2)給付対象者 給付対象者のリストは、世帯全員分、あらかじめ印字されています。 間違いがある場合は、赤文字で訂正してください。 【注意】給付を希望する場合は、チェックしてはいけない! 給付を希望する場合には、チェックは不要です! 間違えてチェックする人が多いようですが、振込が遅れる要因になりかねませんので、ご注意ください。 郵送してから、チェックしたことに気づいたら? 至急、お住いの市区町村の担当課に電話で連絡しましょう。 原則的には、申請者が自分の意思で「希望しない」を選んだと判断されます。 ただし、一部の市区町村では、仮に「希望しない」欄にチェックが入っていたとしても、振込先口座欄に記入があれば、給付を希望していると判断して振込の処理をするようです。 ただ、必ずしも、そのような判断をするとは限りませんので、振り込まれない可能性もあります。 間違ってチェックしてしまったことを伝えれば、訂正してもらえる可能性もあります。 ただ、給付決定後は訂正しないとしている市区町村もあります。 また、詐欺等を防止するため、電話での個別のやりとりはできるだけしないところもあります。 間違いに気づいたら、とにかく、早めに連絡するしかないでしょう。 (3)受取方法 下記のどちらかを選択します。 銀行口座を持っている人は、原則、Aを選択します。 A:指定の金融機関口座への振込を希望• B:申請書を窓口で提出し、後日、給付 A:指定の金融機関口座への振込 民間金融機関の場合は、金融機関名・支店名・分類・口座番号・口座名義を記入します。 ゆうちょ銀行の場合は、通帳記号・通帳番号・口座名義を記入します。 B:申請書を窓口で提出し、後日、給付 銀行口座を持っていない、または、金融機関からかなり離れた場所に住んでいるなど、特殊な事情がある場合には、申請書を直接、市区町村の窓口で提出し、給付を受けます。 詳細については、市区町村の窓口にご相談ください。 2.裏面:確認書類の添付 (1)代理申請の場合 世帯主以外の人が代理で申請を行う場合、こちらに記入します。 世帯主が認知症である場合や、成年被後見人である場合などに、代理人や後見人が代理で申請することが想定されます。 (2)確認書類の添付 本人確認書類 本人確認書類の写しを添付します。 一般的には、次のものを利用できます。 健康保険証のコピー(表面のみ)• 運転免許証のコピー(表面のみ)• マイナンバーカードのコピー(表面のみ、マイナンバーの記載がないほう)• パスポートのコピー• 年金手帳のコピー 新宿区では、下記のような書類を案内しています。 上記以外の書類でも認められる場合がありますので、市区町村にご相談ください。 注:マイナンバー通知カード(下図)は、本人確認書類として認められていません。 ただし、一部の市区町村では、例外的に認めるところもあるようです。 振込先金融機関口座の確認書類 振込先金融機関口座の確認書類の写しを添付します。 通帳(ゆうちょ銀行の場合は見開きページ全面)のコピー• キャッシュカードのコピー 必ず、名前・金融機関名・支店名(支店コード)・口座番号が確認できる面をコピーします。 下記は新宿区の案内例です。 ただし、この口座が、当市区町村の水道料、地方税等の引落し、または払込みに現に使用している口座であって、申請・受給者の名義である場合は、確認書類のコピーを添付する必要はありません(表面にチェック箇所あり)。 当該口座の確認について、水道部局、税部局等に照会が行われます。 (3)チェックリスト 最後に、下記内容をチェックします。 記入した項目に記載漏れ、記載誤りがないか• 記入した通帳の口座番号と、添付した通帳のコピーの番号が一致しているか• 添付資料(本人確認書類と振込先口座確認書類)に漏れがないか 3.郵送 同封されている返信用封筒(次は新宿区の例)に申請書を入れて郵送します。 ここであせって申請書を入れるのを忘れて、封筒だけ郵送する人がいるようですので、ご注意ください。 通常、宛名が印字されていて、切手の貼り付けも不要です。 宛先が別の市区町村となっているのは詐欺? 宛先がお住まいの市区町村とは全く異なることもありますが、これは、 自治体が業務を外部業者に委託しているからだと思われます。 (上の例では、新宿区の定額金の送付先は、京都中央郵便局の私書箱のトッパン・フォームズ株式会社となっています。 ) ただ、特別定額給付金に乗じた詐欺もあるようですので、本当に怪しいと感じられた際には、市区町村のホームページ等を参照するか、ご相談されることをオススメします。

次の

特別定額給付金 郵送による申請書の書き方【記入例つき】

給付 金 申請 書

10万円の「特別定額給付金」いつ、どうやって申し込めるのか?(写真は申請書見本) 総務省 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済政策を盛り込んだ2020年度補正予算が4月30日、参院本会議で可決・成立した。 これを受けて1人あたり現金10万円の「」が一律給付される。 総務省のや取材をもとに、給付の対象や申請の方法についてまとめた。 給付金の対象は? 基準日(2020年4月27日)時点で住民基本台帳に記載されている全ての人が給付対象。 記載があれば、外国人や海外にいる日本人も給付対象となる。 4月28日以降に亡くなった人でも対象となり、28日以降に産まれた子どもは対象ではない。 各市区町村を通じて支給され、収入による条件はない。 給付の希望・辞退は、申請書の氏名欄にある「希望する」もしくは「不要」のチェック欄に印をつける。 給付を辞退した場合、その資金は国の予算として用いられる。 申請と支給はいつ始まる? 申請受付・支給の開始日は各市区町村が設定する。 総務省もなどで情報を提供する。 ただ、具体的な日程について総務省は「補正予算が成立し、支給が正式決定した後になる」としており、 いつ手元に現金が届くかは、自治体ごとに異なりそうだ。 東京23区など人口が多い地域では申請書類の到着、給付金の振り込みまでに時間がかかるとみられる。 申請の期限は? 各市区町村での郵送申請方式の 受付開始日から3カ月以内となっている。 申請方法は? 世帯主が家族全員分を一括して申請する。 各市区町村から世帯主に郵送される申請書類に必要事項を記入・返送して申し込む 「郵送申請方式」と、マイナンバーカードでから申し込む 「オンライン申請方式」がある。 電話での申請方式はないため、総務省が不審な電話や郵送物に対して。 申請後、給付金はどうやって受け取るの? 原則として、給付金は受給権者である 「世帯主」の銀行口座に振り込まれる。 なお、法律により給付金は非課税だ。 DV(家庭内暴力)の被害者はどうなるの? 配偶者の暴力から避難し、住民票と異なる住所で暮らしている人の場合は、 避難を確認できる書類(市区町村や婦人相談所が発行する「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」)と 「 」を、いま住んでいる市区町村に提出することで給付金を受け取れる。 一方で、加害者と同居中のDV被害者が給付金を受け取れない可能性が指摘されている。 これまでにDVに関する公的支援を受けていない人も、現在の住所で給付金が受け取れる。 すぐに現在暮らしている市区町村に相談を。 (詳細は) 準備すべき書類は? <郵送方式の場合> ・市区町村から送付される申請書 ・本人確認書類 マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証、年金手帳のコピーなど。 ・振込先の口座確認ができる書類 金融機関名・口座番号・口座名義人が分かる通帳やキャッシュカードのコピー、インターネットバンキングの画面スクリーンショットなど。 <オンライン申請方式> ・マイナンバーカード ・振込先の口座確認ができる書類 (文・吉川慧).

次の