コーヒー 豆 ひとり ぶん。 市販のコーヒー豆&粉おすすめ人気ランキング20選【本当においしい!】

【2020年版】コーヒーミルのおすすめ人気モデル25選。種類別にご紹介

コーヒー 豆 ひとり ぶん

そもそも、なぜコーヒー豆を挽く必要があるの? コーヒー豆を挽くのは、コーヒーの成分を抜き出しやすくするためです。 極端に言うと、コーヒーを豆の状態のままお湯につけておいても、じわじわと抽出することはできます。 しかし当然時間もかかり、抽出が不十分になります。 豆を粉状に細かくすることで、表面積、つまりお湯と接する面を増やし、成分を抜き出しやすくしているのです。 淹れるときに淹れるぶんだけ。 コーヒー豆の挽き方 コーヒーは豆から粉にすることで表面積が増えます。 つまり、酸素との接触面も増えるため、挽いた瞬間から劣化速度が速まります。 コーヒーは酸化すると本来の味を保ちにくくなり、苦味や風味などが落ちてしまうのです。 粉の状態だと7〜10日程度がおいしく飲める期限とされています。 豆の状態なら、適切に保存できれば30日程度はおいしく楽しめます。 コーヒー豆を購入した際は、できる限り豆の状態で保存して、淹れるときに淹れる分だけ挽くようにしましょう。 コーヒーミルを用意し、豆をセットします。 手動コーヒーミルで挽くときは、ハンドルを回すリズムを一定に保ち、コーヒーの粒度が均一になるようにしましょう。 早すぎると熱を発してしまうため、ゆっくりと丁寧に回します。 コーヒーは豆を粉砕した瞬間にもっとも香りを発するので、挽いた瞬間のコーヒーの豊かな香りも楽しんでみてください。 自分の飲みたいコーヒーの飲み方や使用する器具にあわせて、豆の粒度を意識しながら豆を挽いていきます。 たとえばペーパードリップやコーヒーメーカーに使うのであれば「中細挽き」に、サイフォンであれば「中挽き」が適しています。 コーヒー豆は器具に合わせて挽き目を変えましょう コーヒーを淹れる時、抽出器具によって挽き目(粒度)を変えるのは知っていますか?コーヒーを抽出する器具は、その構造によって、コーヒーの粉とお湯の接し方と接している時間が違うため、抽出効率をよくするために挽き目を変える必要があるのです。 もし器具と挽き方が合っていない場合、豆の成分が充分に抽出されず薄い味のコーヒーになってしまったり、逆に抽出過多でえぐみの強いコーヒーになってしまいます。 器具と挽き方の相性には気を遣い、 器具に合った粒度を意識してみてください。 粒度ごとの特徴をそれぞれ見てみましょう。 極細挽き(ごくぼそびき) 粒度は上白糖によく例えられますが、見た目はもっと細かく、粉糖のようなパウダー状です。 この極細挽きは、エスプレッソマシンでの使用に適しています。 理由は抽出時間が約20~30秒と他の器具に比べて早く、お湯とコーヒー粉の接する面を増やして、短時間でも効率良く抽出するためです。 またイブリックと呼ばれるひしゃく型の器具で、ターキッシュコーヒー(トルコ式コーヒー)を淹れるときも極細挽きにします。 水を点滴間隔で注ぎながら、時間をかけて抽出するウォータードリッパーなどに適した挽き方です。 水出しコーヒーの場合、温度が低い分、成分は抜き出しにくくなります。 その分、粉を細かめに挽き、長時間かけることでじっくりと成分を引き出します。 そのため、市販されている粉製品のほとんどはこの中細挽きです。 お湯がコーヒーの粉を通過していく時間などを考慮した上で、基準となる粒度だと覚えておくとよいでしょう。 サイフォンやネルドリップ、フレンチプレスなどに向いている挽き方といわれています。 これらの器具はペーパードリップと比べると粉とお湯が接している時間が長いため、細かくしすぎると雑味が出やすくなります。 少し粗めにすることで、それを回避しているのです。 コーヒーの挽き方ではあまり聞きなれない挽き方かもしれません。 粉とお湯の接触時間が長い場合、かつ、金属フィルターなど目が粗いフィルターを使う場合は、粗挽きにしてみましょう。 アウトドアなどで人気のパーコレーターは粗挽きが向いているといえます。 コーヒー粉をセットするバスケットも金属製で目が粗く、火にかけることで時間をかけて抽出するためです。 一言で言うと「粉を細かく挽けば濃く苦めの味わいに、粗く挽けば薄く軽めの味わい」になります。 抜き出せる成分の違いが、濃度や味わいの差になるので、目安となる挽き方を基準として、調整してみてください。 もちろん、味を決めるのは挽き方だけではありません。 ハンドドリップの場合は注ぎ方や、お湯の温度、使う粉量・・・淹れる工程だけでも、味を変える要素はたくさんあります。 これが、コーヒーが奥深いといわれるゆえんです。 コーヒーミルで豆を挽くときに覚えておきたい3つのポイント コーヒーミルを持っている、またはこれからコーヒーミルを買いたい!という方は、ぜひ次の3つのポイントを覚えておきましょう。 コーヒーは豆よりも粉の状態の方が参加が進みやすくなります。 せっかくミルを持っているならば、ぜひコーヒーの鮮度にも気を配り、飲む分だけ、淹れる都度、挽くようにしてみてください。 粒度のばらつきはミルのタイプや性能にもよるので、意識だけでは難しいところでもあります。 手回しミルならハンドルを回すリズムを一定にするなど、使っているミルのクセを知り、なるべく均一な粒度になるように調整してみましょう。 初めてのミル選びだとどちらが良いのか迷ってしまったり、手入れが大変なのではとなかなか購入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。 そこで、こちらの記事では手動ミルと電動ミルの特徴の違いや、ミルを大切に使うためのお手入れ方法についてご紹介しています。 初めてのミル選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。 ミルがあれば、コーヒーライフはもっと楽しくなる コーヒーが最も香りを発するのは、豆を挽くとき。 コーヒーの香りがふわっと部屋に広がる瞬間は、コーヒータイムを一層盛り上げてくれます。 ちなみに、最近では挽いた粉の粒度を揃えて味わいを調整したり、舌触りを良くしたりするために、微粉末を取り除く専用のふるいなども販売されています。 コーヒーの味を追求するためにできることは、挽き方だけにスポットをあててもまだまだいろいろありそうですね。 自宅でコーヒーを淹れるなら、美味しく淹れるための器具選びや淹れ方の手順を覚えておくことが大切です。 まずは、コーヒー初心者でも始めやすいハンドドリップの淹れ方や必要な器具をチェックしてみましょう。

次の

一人暮らしにおすすめのコーヒーメーカー11選。家でもこだわりの一杯を

コーヒー 豆 ひとり ぶん

自宅で手軽においしいコーヒーを楽しめる、コーヒー豆やコーヒー粉。 専門店だけでなくスーパーやコンビニでも購入できるため身近な印象があると思いますが、いざ選ぼうと思うとなかなか難しい商品です。 UCC上島珈琲、スターバックス、カルディといった定番メーカーや有名ショップから、一般的なレギュラータイプのほかエスプレッソ用やカフェインレスなどさまざまなコーヒーが販売されていますが、産地や味わい、香りなど違いをしっかり理解したうえで購入している人は多くないかもしれません。 そこで今回は、 市販のコーヒー豆とコーヒー粉の選び方のポイントと、通販でも購入できるおすすめ商品をご紹介します。 記事後半ではコーヒー豆と粉の保存方法なども解説しますので、ぜひ商品選びとあわせて参考になさってください! 焙煎の度合いも、コーヒーの味を決める重要な要素のひとつです。 あまりこだわらない方はつい見過ごしてしまいがちですが、焙煎の深さによって苦みや酸味が変わってくるので、おおまかな傾向だけでも覚えておきましょう。 ライトロースト、シナモンロースト、ミディアムローストなどの焙煎が浅いコーヒーは酸味が強く、ブラックコーヒーやアメリカンコーヒーとして楽しみやすい味わいに。 ハイロースト、シティローストは苦みと酸味のバランスが良く、家庭で一般的に飲まれるコーヒーがこれに当たります。 そこからさらに深くしたフレンチローストは ミルクを入れてカフェオレとして飲むのにぴったり。 最も焙煎の深いイタリアンローストは苦みが非常に強く、エスプレッソとしておなじみです。 コーヒーは焙煎の度合いで味の特徴が変わります。 銘柄とあわせ、注目してみてください。 どんなに銘柄や焙煎度合いを見極めても、実際のところは飲んでみなければわかりません。 店頭で購入する場合は香りなどもある程度参考にすることができますが、通販ではそれも難しいですよね。 ということで、初めての銘柄に挑戦するときなどはぜひ 口コミもチェックしてください。 「カフェオレにしたら絶妙だった!」など、自分の好きな飲み方の口コミを見つけたら、かなり参考にできますよね。 おいしいコーヒーを味わうためのひと手間、こんなところにもかけてみてください。

次の

マグカップ1杯分に使うのコーヒーの粉の量を教えてください

コーヒー 豆 ひとり ぶん

自宅で手軽においしいコーヒーを楽しめる、コーヒー豆やコーヒー粉。 専門店だけでなくスーパーやコンビニでも購入できるため身近な印象があると思いますが、いざ選ぼうと思うとなかなか難しい商品です。 UCC上島珈琲、スターバックス、カルディといった定番メーカーや有名ショップから、一般的なレギュラータイプのほかエスプレッソ用やカフェインレスなどさまざまなコーヒーが販売されていますが、産地や味わい、香りなど違いをしっかり理解したうえで購入している人は多くないかもしれません。 そこで今回は、 市販のコーヒー豆とコーヒー粉の選び方のポイントと、通販でも購入できるおすすめ商品をご紹介します。 記事後半ではコーヒー豆と粉の保存方法なども解説しますので、ぜひ商品選びとあわせて参考になさってください! 焙煎の度合いも、コーヒーの味を決める重要な要素のひとつです。 あまりこだわらない方はつい見過ごしてしまいがちですが、焙煎の深さによって苦みや酸味が変わってくるので、おおまかな傾向だけでも覚えておきましょう。 ライトロースト、シナモンロースト、ミディアムローストなどの焙煎が浅いコーヒーは酸味が強く、ブラックコーヒーやアメリカンコーヒーとして楽しみやすい味わいに。 ハイロースト、シティローストは苦みと酸味のバランスが良く、家庭で一般的に飲まれるコーヒーがこれに当たります。 そこからさらに深くしたフレンチローストは ミルクを入れてカフェオレとして飲むのにぴったり。 最も焙煎の深いイタリアンローストは苦みが非常に強く、エスプレッソとしておなじみです。 コーヒーは焙煎の度合いで味の特徴が変わります。 銘柄とあわせ、注目してみてください。 どんなに銘柄や焙煎度合いを見極めても、実際のところは飲んでみなければわかりません。 店頭で購入する場合は香りなどもある程度参考にすることができますが、通販ではそれも難しいですよね。 ということで、初めての銘柄に挑戦するときなどはぜひ 口コミもチェックしてください。 「カフェオレにしたら絶妙だった!」など、自分の好きな飲み方の口コミを見つけたら、かなり参考にできますよね。 おいしいコーヒーを味わうためのひと手間、こんなところにもかけてみてください。

次の