妊婦 不眠。 【医師監修】妊娠初期に眠れない、夜中に起きる原因は?妊婦の不眠を解消する方法

不眠・不眠症 : 悩み別漢方

妊婦 不眠

麻黄ってどんな生薬成分? さまざまな漢方薬に配合されている「麻黄」という生薬の主成分は総アルカロイド(エフェドリン類)です。 麻黄には強い発汗作用があり、鎮痛、鎮咳、去痰などの作用もあるため風邪薬によく用いられています。 麻黄に多く含まれているエフェドリンは副腎髄質ホルモンのアドレナリンに化学構造が似ているので、中枢神経および交感神経を興奮させて、不眠や動悸、発汗過多などの副作用を起こすこともあります。 麻黄を妊婦さんが使ってはいけない理由 麻黄が入った漢方薬を妊婦さんが使用することは原則としては禁じています。 その理由としては、まず主成分のエフェドリンには末梢血流を損なう作用があり、胎盤の血流に悪影響を与える可能性があるためです。 また、妊娠中には「下剤」「利水」「発汗」の作用が強い生薬を使うべきではないと考えられています。 麻黄は特に発汗作用が強いため、妊娠中には不向きです。 妊娠中は総じて「虚」の状態であり、強い発散作用により陽気を損なってしまう可能性があります。 エフェドリンには血圧を上昇させる作用もあり、妊娠中の高血圧を悪化させることもあるため注意が必要です。 麻黄が配合されている妊娠中に注意すべき漢方薬 麻黄は多くの漢方薬に配合されている生薬であり、注意していないと妊娠中に飲んでしまうこともあるかもしれません。 妊娠中はなるべく飲まない方が良いとされているため、麻黄入りかどうか確認してから購入または服用することをおすすめします。 麻黄を配合している漢方薬のことを「麻黄剤」とも呼びます。 具体的には次の処方が当てはまります。 麻黄湯・・・体力が充実しているタイプの風邪の初期に使用。 発汗、鎮咳、鎮痛などの効果がある 葛根湯・・・体力が充実しているタイプの風邪の初期に使用。 発汗、首筋の緊張緩和、鎮咳などの効果がある 麻黄附子細辛湯・・・虚弱なタイプの風邪の初期に使用。 悪寒や寒気を緩和する 麻杏甘石湯・・・咳や喘息の症状がひどい時に使用。 小青竜湯・・・鼻水を伴う風邪の初期のときに使用。 アレルギー性鼻炎や花粉症にも対応する 万が一、妊娠中に飲んでしまった場合は? 漢方薬は安全性が高いと言われますが、薬である以上、妊娠中は慎重な使用が望まれます。 もちろん中には古くから「安胎薬」と呼ばれる漢方薬もあり、医師の処方のもとで適切に使用すれば問題のないものもあります。 麻黄配合の漢方薬でも、治療上ほかの選択肢が考えにくく、使用する方がメリットが高いと考えられる場合には使われることもあります。 しかし、あくまでも医師の判断となり、患者が自己判断で使うべきではありません。 妊娠中で漢方薬を服用したい場合には専門医に相談することをおすすめします。 妊娠中における漢方の服用は慎重に! 妊娠中は普段とは違った特別な体の状態にあります。 麻黄はさまざまな漢方薬に含まれていて非常に有用な成分でありますが、妊娠中には母体および胎児に思わぬ影響を及ぼすことがあります。 漢方薬を飲む時にはよく成分を確認してから服用することをおすすめします。 妊娠中は安全だと思い込んで漢方薬に手を出す前に、まずは妊娠の時期、症状などから総合的に判断することが必要です。 自己判断せずに使用すべきかどうか医師とよく相談しましょう。

次の

妊婦さんが不眠になるのはなぜ?3つの原因と対処法で眠りを改善 |ホーマーイオン オフィシャルオンラインショップ

妊婦 不眠

妊婦の睡眠障害 妊娠中に心配な睡眠障害について、わかりやすく解説します。 妊娠中は出産や育児の不安から眠りが浅くなったり、なかなか眠れなくなることがあります。 1日の睡眠時間が不規則になり、常に眠くてだるい時は睡眠障害が心配です。 睡眠障害とは 睡眠障害(すいみんしょうがい)とは、睡眠中や入眠時に何らかの異常症状が現れる障害です。 睡眠障害の症状はいくつかに分類されています。 未だに全ての症状の原因や治療方法が確定されていない部分もあり、個人の症状に対する対処療法と適切なサポートが必要です。 分類される睡眠障害のうち、わかりやすい3つを紹介します。 睡眠異常(すいみんいじょう) 睡眠自体に異常が現れるタイプです。 不眠症や睡眠時無呼吸症候群など、いつから症状が現れるのかわからないうえに、治療を考えずにそのままにしがちな人が多いのも特徴です。 睡眠時随伴症(すいみんじずいはんしょう) 睡眠時随伴症は睡眠中に見られる異常症状です。 夜尿症(やにょうしょう)や夜驚症(やきょうしょう)など、眠っている時に何らかの症状が現れます。 幼児期から悩む症状が多いことが特徴です。 金縛りの症状が多発するのも睡眠時随伴症です。 内科・精神科的睡眠障害(ないかせいしんかてきすいみんしょうがい) 精神的なトラブルの影響で不眠や過眠になったり、不安障害によって睡眠が健康的にとれないタイプです。 妊娠中は不安や恐怖からこのタイプに陥ることが心配です。 妊婦と睡眠障害 睡眠障害の治療では、漢方や睡眠導入剤が処方されますが、妊娠中は薬に頼らない治療をします。 食事や生活習慣の見直しで、徐々に症状を和らげます。 ただ、心配なのは眠れないことや就寝中の悩みが睡眠障害だと気がつかず、単なる一時的なものだと我慢し続けることです。 妊娠中はつわりで眠れない日々が続いたり、不安で浅い眠りを繰り返すことがあります。 睡眠時間について考える余裕がないと不快感を感じながらも我慢してしまい、結果的に症状が進行して産後も睡眠障害に悩むことになり兼ねません。 なぜか妊娠中は、赤ちゃんに関わる症状や病気には敏感になる反面、普段の生活習慣の変化からおこる症状を見逃しがちです。 妊娠中は例外がつきものだから、ついつい「大丈夫だろう」と思ってしまうのかもしれません。 妊娠中こそ睡眠は大切です。 産前産後は体力が必要だし、破水や陣痛はいつくるのか予測もできません。 だから毎日の睡眠で体力をつけて、疲れを溜めないようにしてほしいのです。 そのためには睡眠障害を解消して、質の高い睡眠がとれるようにしましょう。 なかなか眠れない 就寝準備が整っているのに、横になってもなかなか眠れない日々が続く時は睡眠について見直す必要があります。 数日で治まったり、つわり症状が治まると同時に軽快する場合は大丈夫です。 ただ、その状態がクセになったら睡眠障害におちいる可能性があります。 例えば、毎晩足がむくんで違和感があって眠れず、深夜までダラダラとテレビを観ていると、テレビが視覚から脳を刺激するから更に眠りにつきにくくなりがちです。 これが妊娠中ずっと続いていると、産後も就寝時間が定まらなかったり、せっかく早い時間に赤ちゃんと眠れる日があっても深夜まで眠ることができなかったりします。 気がつかないうちに睡眠障害が進行してしまうのです。 妊娠中に眠ることができないのも、産後に赤ちゃんのお世話で夜中も起きて眠れないことも、母親としては我慢して頑張ってしまいがちです。 でも、あまりに無理を続けると睡眠障害におちいって、質の良い睡眠時間がとれなくなってしまうので気をつけてください。 まだ眠り足りない 夜は規則正しく就寝して、朝も決まった時間に起床して無理をしていないのにも関わらず、なぜか日中も眠くなってしまうことがあります。 これも睡眠障害の症状です。 妊娠中の睡魔はホルモンバランスが変わったり、大きなお腹をバランスよく支えて生活することの疲れもあるので、眠くなったら休息や仮眠をとってください。 これは病気ではありません。 もしも妊娠中から始まった日中も眠りたくなる症状が、育児疲れなど関係なく、産後も常にボーっとしていまい眠りたくなる時は生活リズムを見直してみましょう。 沢山眠っているようなら、眠くなる理由は他に原因があるのかもしれません。 不安や恐怖で夜中に目覚める 妊娠中に限定しておこる症状で、不安や恐怖心が消えずに夜中に目覚めてしまうことがあります。 初産の妊婦さんは、妊娠でお腹がどんどん大きくなってくることや胎動を感じることで、出産がより現実的に考えるようになります。 同時にちょっと怖い気持ちや、些細な心配が出てくるものです。 こうした妊娠出産にかかわる不安で目覚めてしまうことは病気ではありません。 ただ、それがきっかけで夜中に目覚めて眠れなくなるクセが続いたり、精神的に落ち着かなくなってしまい眠りにくくなるようだったら対策を考えます。 「眠らなくちゃいけない」とは思わずに、気持ちが落ち着くまで好きな事をしたり、不安や恐怖心が定着しない過ごし方を考えてみましょう。 妊娠中にきをつけたいこと 妊婦が睡眠障害にすぐなってしまうわけではありません。 妊娠中の睡眠トラブルが、睡眠障害の症状のきっかけになることが心配なのです。 睡眠障害と言っても、紹介したとおりパターンもあれば、症状も人それぞれです。 共通して妊娠中に気をつけてほしいことは、質の良い睡眠を心掛けることですが、それだた少しプレッシャーになってしまいます。 だから、まずはリラックスできる睡眠環境を考えてください。 疲れをとるための義務では無く、睡眠が楽しみになるような心地よい就寝習慣をつけましょう。

次の

麻黄配合の漢方薬は妊婦にNG?!

妊婦 不眠

お腹が大きくなり貧血や動悸も 妊娠中期とは妊娠5ヶ月~7ヶ月のことを言います。 いわゆる安定期の時期です。 この時期の不眠の原因として考えられるのは、初期に引き続き妊娠中に多く分泌されるホルモンの働きによるものです。 また、それに加え少しずつお腹が大きくなってくることによる影響もあります。 お腹が大きくなることでうつ伏せや仰向けで寝ることが難しくなり、今までのように安眠できないという妊婦さんもいます。 ママの体は妊娠した時からどんどん変化していき、赤ちゃんに栄養や酸素を送るために体の血液量が増えます。 そのため、妊娠中は貧血になる妊婦さんも多いですが、それだけではなく貧血になると動悸がしたり、めまいがしたりするなど体の不調にも現れてくることがあります。 胎動や頻尿が原因に 妊娠後期の不眠の原因は大きくなったお腹が苦しいことや、赤ちゃんの胎動が激しくて途中で目が覚めてしまうということが考えられます。 妊娠後期は妊娠8ヶ月~10ヶ月までの時期です。 赤ちゃんの成長に伴い胎動も激しくなる頃ですが、臨月に近付いてくると子宮の中で動くスペースが狭くなるので胎動が少なくなったと感じることもあります。 また、どんどんお腹が大きく、重たくなり寝返りを打つのも大変だと感じるようになる妊婦さんもいます。 さらに、大きくなった子宮に膀胱が圧迫されることで頻尿になるので、まとまった睡眠がとれないこともあります。 それに加えて、出産が近づいてくると不安でなかなか眠れないという妊婦さんもいます。 ウォーキング、ストレッチやマッサージをする 妊娠後期になってくると大きくなったお腹が原因で腰痛が起きる妊婦さんも多いです。 体の痛みがあると、なかなか寝付けないことも多いかと思います。 また、妊娠後期は大きなお腹が原因で動くのも億劫になりがちです。 しかし、毎日ゴロゴロしてばかりいると運動不足になりますし、体重増加の原因にもなります。 また、臨月にしっかり歩いた方がお産がすすみます。 適度なウォーキングやストレッチなど、無理のない程度に体を動かすことで疲れも出て、安眠にもつながります。 また、腰痛への対策はパパに協力してもらいマッサージをしてもらいましょう。 夫婦のスキンシップにもなるので試してみてくださいね。

次の