礼 真琴 モーツァルト。 礼真琴の俺様感にヤラれる「モーツァルト」ポスター♪

新トップスター礼真琴に1番望むこと…紅ゆずるの下で学べた礼真琴は幸せ者

礼 真琴 モーツァルト

星組ロクモの初日観劇感想の続きです。 書きたいことがいっぱいあるのでランダムに書いていきます。 全体の構成、演出について これは石田先生の演出がとてもよかったと思います。 演目発表があったとき「モーツアルト?やったー」と喜びましたがよく見ると「ロックオペラ」とある。 調べてみるとフランス版で東宝とかのミュージックとは別物。 フランス版では芝居要素は少なく歌の比重が高い。 いかに歌のうまいことちゃんと言えども宝塚でこれやったらファンはまだしも、一般の人は寝ちゃうんじゃないかと心配していました。 その点、いわゆる「宝塚歌劇」 になっていて「宝塚歌劇」として見れば大成功ではないでしょうか。 コテコテのミュージカルでもロックコンサートでもなく「宝塚」ですからね、これでいいと思います。 2013年の東京版は見ていませんが、楽曲の構成がほとんどフランス版と同じなので基本的にはフランス版と同じような流れだったと想像できます。 今回は宝塚らしくという意味でモーツアルトとコンスタンツェが中心で、二人の関係をよりクローズアップしてます。 例えばコンスタンツェの登場がとても早い。 酒場のシーンは原作はモーツアルトがお母さんとフランスへの旅に出る前のザルツブルクだと思いますが、今回はマンハイムになっていてその酒場で店員としてコンスタンツェが働いています。 そこでモーツアルトと出会いコンスタンツェはモーツアルトに一目惚れ。 しかし肝心のモーツアルトは姉のアロイジアに夢中で、、、、となっています。 このモーツアルトとコンスタンツェをガッツリ絡ませた演出がファンにとっては大満足の要因です。 楽曲について これも一言で言うとモーツアルト中心になっています。 フランス版では1幕こそモーツアルトのソロが3曲ありますが2幕は1曲だけで、サリエリは2幕はソロが3曲あります。 さらにどの歌も印象的な歌ばかりで。 もしそのままやったら2幕はサリエリが主役に見えます。 事実東京版では主役が役替りしてるぐらいですからね。 なので当然曲の構成は変えてくるとは想像していましたが、2幕のサリエリの歌を1曲減らしたのと、モーツアルトがいろんな場面で他の人の歌に加わっています。 ナンネールとかレオポルトの歌とか。 さらにモーツアルトのソロのうちTatoue-moiという曲をカットしてPlace je passeを2回以上歌ってます。 Place je passeを主題歌的にすることによってこの曲が記憶に残りますし、いい曲ですしね。 これは大正解ではないでしょうか。 Tatoue-moiが聞けなくて残念というコメントも見ますが限られた時間の中では僕はこれで良かったと思います。 コンスタンツェも曲を増やしたり歌の出番を多くしていますね。 最近の投稿• 最近のコメント• に withcoto より• に あさか より• に withcoto より• に どっぷりおばさん より• に withcoto より• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

【公演評】星組『ロックオペラ モーツァルト』

礼 真琴 モーツァルト

声がとっても素敵 こっちゃんのちょいハスキーな声は前から好きでした。 今回の 開演アナウンスを聞いて改めてかっこいい声だなって思いました。 低くてハスキーでかっこいい声なんだけど、ちょっと甘いようなかわいい感じもして。 結構個性のある素敵な声だと思います。 そして、台詞の要所要所でいい感じに声色を変えてらっしゃる! そんな声で言われたら惚れる〜ってところがたくさんありましたw 音域の広さ この作品の歌ってめっちゃ難しくないですか? 高低差が激しい上、テンポ速めの歌が多いし、高音はかなりの高音だし、声が弱いと曲に負けてしまうし。 しかし、こっちゃんはそれをとっても綺麗に歌い上げていました。 高音で声が掠れることも、弱くなることも、ブレることもなく。 高音の綺麗なこと。 低音はかっこいいのに、高音は綺麗って。 最高としか思えないです。 肺機能はどうなってるの とにかく作品中こっちゃんめっちゃ動き回っています。 歌いまくっています。 見ているこっちが息切れしそうなくらいです。 周りの組子さんも皆さん一生懸命こっちゃんについていってるので、息切れしまくっています。 なのに当の こっちゃんは息切れしていないのです。 踊りまくった後に、すぐ普通に歌えるのって本当に凄すぎると思います。 こっちゃんが、はぁはぁ言いながら歌ってるのって見たことないかも。 何故1番激しく動いているこっちゃんが息切れしていないのか、本当に謎です。 ダンスのキレが凄すぎる 『ロックオペラ』というだけあって、激しい曲が多かったと思います。 それに伴ってダンスも激しいものが多かったです。 それらを踊りこなしているこっちゃんはさすがです。 こっちゃんのダンスってテンポが速くても、一つ一つの動きが流れたりしないんですよね。 しかも、手足の可動域もしっかり機能していて、それで且つテンポに遅れない。 凄すぎません? 特に今回の振り付けで凄いと思ったのは、フィナーレ? で男役さんだけで踊るシーンです。 とにかく振り付けが細かい上にテンポが速い。 正直に感じたことを言うと、カウントにしっかり合わせて、身体を綺麗に動かせていたのはこっちゃんだけのように見えました。 あとは、 ひーろーさん ひろ香祐 ぐらいだったように見えました。 ひーろーさんもかっこよかった。 周りの組子さんは、カウントズレや、指先・爪先・胴体などの身体の動きが、こっちゃんに比べると甘いように見受けられました。 こっちゃんだけ動きが違いすぎるんですよね。 これから、星組さんはこのレベルで作品を作るのかと思うとファンとしては楽しみですが、組子さんは大変だろうなと思います。 挨拶はかわいい この日は豊島区貸切公演だったので、最後にこっちゃん挨拶がありました。 その挨拶の出だして噛んでしまって、やり直ししてました。 かわいいw ライブビューイングのお役様にも、しっかり挨拶してくれましたし、かわいい笑顔も見れたので大満足です。 こっちゃんの笑顔ってかわいいですよね。 作中ではあんなにかっこよかったのに、最後にそんなかわいい姿みたら、ますます好きになっちゃいますよね。 まとめ とにかく、こっちゃんが凄すぎたって話です。 なんか、すんごく頼もしく見えました。 モーツァルトが最初に登場したシーンで「あ、ついにこっちゃんがトップになったんだなぁ」って感動しました。 大劇場で大きな羽根を背負って大階段を降りるこっちゃんをみたら泣いてしまうかも… こっちゃんが好きになって間もない私でこんなけ感動してるから、昔からのこっちゃんファンの方々なんてたまんないでしょうね。 胸熱です。 モーツァルトは、才能あふれる奇人変人で、破天荒だけど本当はすごく臆病で。 そして芯の部分はすごくピュアなものがある気がします。 こっちゃんも芯にピュアなものを持っていて、ヤンチャそうに見えて実は繊細でどこか儚げな雰囲気もあるとても魅力的なスターさんだと私は思います。 そういう点でも、モーツァルトはこっちゃんに合った役だったように感じました。 最後の死に際のシーンは、こっちゃんだからこそ余計に泣けるシーンだと思います。 こっちゃん大好きだーって思えた最高の作品でした。 今回はとにかくこっちゃんについて感じたことを書きたかったので取り急ぎ書きました。 次回は、他の出演者について書きます。 出演者の皆さん凄かったので、感想書きたい方がたくさんいます。 よかったら次回も読んで下さい。

次の

礼真琴・舞空瞳トップコンビの相性・実力・評判を分析!足りないと感じたものとは?

礼 真琴 モーツァルト

礼真琴の『モーツァルト』感想 池袋のふくろうさんと『モーツァルト』 この作品で圧巻だったのは、やはり礼真琴さんでした。 モーツァルトって【子どもっぽさ】【天才】【狂人】など、一般人にくらべて、何倍も多くの「顔」を持ち合わせたであろう人物。 そのすべてがごちゃごちゃに存在する人物を、見事に演じられる礼さんは、神がかっているように見えました。 モーツァルトという人物像は、礼さんの持ち味を生かしやすいという部分はもちろんあると思うのですが、そんなものは微々たる効果にしかならないはずです。 宝塚はもちろん好きですし、長年観続けてきましたが、100%集中し続けて観ていたことはほとんどありません。 集中力がない人と言えばそれまでなのですが、どうしても舞台を観ながらもまったく別の事を考えてしまったりすることがあります。 「このあと何食べようかな~」 「この舞台セットどうやって作ったんだろうな~」 「(隣の人)よく泣いてるな~」 挙句の果てには 「あと何分で終わるかな~」 と、両脇についている時計を凝視してみたり…(失礼な観客ですいません) しかし、『モーツァルト』は最初から最後まで集中力が途切れなかった…。 おそらく口は半開き状態で、「微動だにせず舞台を食いいるように見つめるとはこのことか」ともう1人の自分が関心しているようなそんな不思議な感覚。 モーツァルトって、まこっつぁん(礼真琴)だったのかもしれない・・・。 と、よく分からないことが脳裏をかすめる始末。 「何がこんなに惹きつけるのか・・・」と考えてみるのですが、明確な言葉が見つからない。 もちろん、歌唱力やダンス(動き)は言うまでもないのですが、そういうものではない別の次元なのです。 うまい言葉が見つけられませんが、 【モーツァルトが礼真琴の中で生きている】 そして同時に 【礼真琴がモーツァルトの中でも生きている】 そんなかんじ。 モーツァルトが礼さんに寄っているわけでもなく、礼さんがモーツァルトに寄っているわけでもない。 2人の共同作業によって成し遂げられたものが、ものすごくしっくりしているかんじ。 これは、ものすごいことだと思うのです。 ましては、【型】が必須の宝塚歌劇という舞台で起こりうることとして、非常に珍しいとも言えるでしょう。 その理由の1つとして、とてもいい意味で 「宝塚らしくなかった」 宝塚らしさをある意味放棄したことで新しい世界を得ることにこの作品は成功したのかもしれないと思います。 そのためには、必要不可欠だったのが礼真琴という表現者。 例えば、1幕ラストの礼さんの踊りは、誰にでもできるものではないですし、宝塚であの表現を使える作品はそう多くないかもしれません。 あの場面だけではなく、作品全体を通して言えることですが、礼さんの身体能力と作品が見事に融合した結果、生み出された世界観に魅了されました。 礼真琴に期待すること 以前、このブログの中で「礼真琴の実力を多くの観客が知っているだけに、そのハードルは最初から高いものになるだろう」と書いたことがありました。 その期待値にどれだけこたえることができるかも注目したいとも。 しかし、『モーツァルト』で早くもその期待値のはるか上空を猛スピードで飛んでいく礼さんの姿を目にすることができました。 すっ…すごい…。 と、同時に余計なお世話に知りつつも1つ心配の種が・・・。 プレお披露目公演があまりにも好評だったことから、さらに次回作以降へのハードルは高いものになるでしょう。 「プレお披露目が一番よかった」なんてことはないだろうか・・・。 取り越し苦労だと思うのですが、そんな心配が頭をよぎりました。 さらに、「微々たる効果」と前述しましたが、礼さんの持ち味を生かすことのできる役の幅を広げていくことができれば、まさに歴史に残るトップスターになるのではないでしょうか。 『モーツァルト』を本公演の舞台に・・・という声は今後当然出てくることが予想されますし、実現してほしいとも思います。 さらに『ロミオとジュリエット』も絶対にいいと思う。 ジュリエット役に相手役の舞空瞳さんはぴったりだとも思います。 しかし、モーツァルトやロミオのような少年らしさを残した役は容易にイメージしやすいものの、トップスターとしてどこまで役の幅を広げていけるかも注目していきたいと強く思うのです。 正直、礼さんだからこそ、ハードルを上げてしまいたくなるのです。 宝塚の域を超えたものを宝塚で観ることができるのではないかと期待したくなる稀なスターだと感じます。 まとめ ここまで『モーツァルト』の感想を中心に新トップスター・礼真琴さんに期待することを考えてきました。 まとめると・・・.

次の