簡易水洗トイレ 費用。 【30万円~】汲み取り式から水洗トイレにリフォームする場合の費用は?必要な条件や工事期間など解説!

下水道・浄化槽・汲み取り式トイレの違いは?ランニング費用・仕組み・メリット/デメリットまとめ

簡易水洗トイレ 費用

汲み取り式トイレって?汲み取りの頻度と料金はいくらぐらい? 汲み取り式トイレとは、汚物を便器の真下に貯めていくトイレになります。 我々がよく利用しているトイレは下水道に繋がっていて、汚物がどこかに消えてくれますよね。 昔は汚物を流す仕組みがなかったので、業者が回収していました。 現在でも下水道や浄化槽が繋がっていない、汲み取り式トイレが存在するのです。 汲み取り式トイレは、ボットン便所とも言われています。 学生時代の合宿や、墓参り、キャンプの時に利用された方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実は汲み取り式トイレの中にも汚物が見えない、簡易水洗式トイレもあります。 簡易水洗式トイレの場合は、汚物が直接見えない分、匂いや虫が下から入ってきません。 水で汚物を流す分、簡易水洗トイレの方が量が増えてしまう為、料金が上がってしまうデメリットもあります。 汲み取りトイレの汲み取り頻度は、月に1〜2回です。 回収する市と汚物の量によって価格が変わり、一般家庭で1回2,000円ほど。 1ヶ月に4,000円ほどになります。 汲み取りトイレから簡易水洗トイレにするには25〜30万円 汚物が直接見えるボットン便所は、なんとかしたいと思う大家さんも多いでしょう。 同じ汲み取り式でも、汚物がみえるのと見えないのでは全然違いますよね。 和式汲み取りから簡易水洗トイレに変更する費用は業者にお願いをして、25〜30万円程度かかります。 洋式の汲み取りから簡易水洗トイレであれば自分でDIYすることも可能です。 コンパネを貼ってクッションフローリングで覆い、便器代が5〜6万円ほど。 和式汲み取りを簡易水洗トイレにしたところで、汲み取りは汲み取りです。 25万円ほどかけて簡易水洗トイレにしたところで、入居者がつきづらい状況なのは間違いありません。 汲み取り式トイレから水洗トイレに変更するには2通りの方法 汲み取り式トイレから水洗トイレに変更する方法は、2通りあります。 公共下水に繋げるか、築古戸建てでお馴染みの浄化槽トイレに変更するかになります。 第一候補はメンテナンス費用のかからない、公共下水です! 浄化槽はメンテナンスでお金がかかってしまうので、まずは物件の近くまで下水が繋がっているかを市役所で確認をしましょう。 下水道が近くまで来ていない場合は、高額になってしまいます。 下水がどこまで来ているか確認する 日本の下水管普及率は78. 所有物件の近くまでは来ていないかもしれません 近くに下水が来ていれば、下水道の引き込み工事は30〜50万円ほどかかります。 内装なども入れると合計で80万円前後です。 下水道が近くまで来ていなければ、下水道の引き込み工事だけで、50〜80万円ほどかかってしまいます。 水道系の料金は高いですよね。 工事期間は1週間〜10日ほど。 もし入居者がいる場合は、簡易トイレに用を足してもらう生活になってしまいます。 汲み取りから浄化槽トイレにするには? 下水が家の近くまで来ていない場合は、浄化槽のトイレを設置することになります。 浄化槽は汚物をろ過し綺麗な状態で川などに放流します。 しかし、ろ過するといってもある程度の汚物は溜まってしまうので、法律で1年に1回以上の清掃が必要です。 一般家庭のメンテナンスは1年に4回点検があり、12,000円ぐらいですね。 汲み取りから浄化槽に変更する費用は、下水道と同じく80万前後が多いです。 大掛かりな工事だから仕方ないのかな 高額で諦めるのはまだ早い!助成金が存在する 日本の各市町村では、汲み取りや浄化槽から下水に変えていこうという取り組みが行われています。 その為、 お高くついてしまう下水工事に助成金、補助金を交付してくれる地域が多いです。 条件や金額は、自治体によって実施期間や金額も異なっています。 多くの地域が「大家NG」で自分が住む場合のみとされていますが、利用されている大家さんが多いのが現状。 合法的に行くには自分で住んでしまう、ヤドカリ投資法を挑戦してみるのはいかがでしょうか? 住民票を移すなど、裏技があるのかもしれませんね(小声) 汲み取り式のボロ戸建てをみたら、助成金が受けられる地域なのか、まずは検討してみてはいかがでしょうか。 汲み取りだからNGとするのではなく、下水はどこまで来ているのか?助成金は出るのかを確認してから購入を検討してみましょう。 30万円ほどの助成金がでるかもしれませんね。 まとめ 汲み取り式トイレを水洗式トイレに変更する方法はいかがでしたか。 25〜30万円かけて簡易水洗式トイレにする方法は、入居者がつきづらいのでオススメしません。 助成金の申請をして、下水道につなげるのがベストなのではないでしょうか。 汲み取り式のまま貸し出してしまうか、工事をするか悩むところですよね。

次の

汲み取り式から水洗トイレへのリフォーム費用・注意点

簡易水洗トイレ 費用

僕も18歳まで実家のトイレは汲み取り式でした。 やはり、リフォームでもっとも早く直したいところです。 年頃のお子様がいるご家庭などは友達とかも呼びにくいですよね。 水洗トイレでないとやはり、虫やハエがわきやすいです。 また気軽に友人にトイレを貸せません。 もし今、汲取り式トイレで 「この際に建替えをしてしまおう!」と考えている方はこちらのブログもご覧ください。 恥ずかしかった高校生時代・・・ 僕も高校生の時、友達が遊びに来たとき大便器は使わせませんでした。 それは「恥ずかしい・・・」という気持ちがあったからです。 「汲み取り式だから友人が呼べない・・・」 「お前んちボットン式トイレだ 笑 」 笑われるのが嫌だったからです・・・ そんな想いがあったからこそ、このブログでは事細かく説明したいと考えています。 その前に・・・ 下水道の普及率は意外に高くない!?東京で99. 5%、徳島県で18. 1% 東京の下水道普及率は納得できるにしても、徳島県で18. 全国平均にすると78. (平成29年 日本下水道協会より) これは僕の体験談ですが、大学生の時に友人が 「和式のトイレで用を足したことがないんだけど・・・どうやって使うの?」 と聞いてきたときは驚愕しました。 今の小学生や中学生はもしかすると、汲み取り式トイレというのが分からないかもしれません。 近年の公共施設はすべて下水道につながっていますので・・・・ 簡易水洗トイレとは何ですか? 簡易水洗トイレは汲み取り式の機能と水洗トイレの機能を組み合わせたリフォームになります。 いわゆる便槽(汲み取り)のまま残して、トイレの便器を洋式トイレにします。 見た目もきれいになりますし、汲み取りトイレを使用された方は経験があるかと思いますが、虫がわきます。 その虫もわきにくく、清潔な空間にかわります。 費用は約50万以下で工事することが可能です。 しかし筆者はあまりおススメしません 敷地に浄化槽を設置できない、または下水道から遠く配管ができない場合 簡易水洗トイレしかリフォームができないのでご注意ください。 水洗トイレとは何ですか? これは完全に水で流れるタイプのトイレです。 ただし、水洗トイレにする場合、下水道もしくは浄化槽を設置しなければいけません。 多くのお金がかかるところは、水道工事になります。 一例ですが、僕の実家をご紹介します。 今の実家は数年前に中古住宅に売りに出ていたものをフルリノベーションをして購入しました。 (立地を優先したため) その家も汲み取り式のトイレで、下水道には繋がっていませんでした。 しかし、敷地内にはすでに引き込まれていたので、そこに繋げる工事をしました。 トイレに関わらず、水回りの排水は全て下水道につなげたため、費用は水道工事だけで120万円ほどかかりました。 解体工事 水道工事 内装工事 器具代(便器) 電気工事 トイレを構うだけでもこれだけの工事品目になります。 リフォームの見積もりをとるとまずびっくりするのは費用が高いということです。 おそらくトイレ工事だけでも100万円弱程度はするのではないでしょうか? コストを抑える方法は正直ありません。 確かに、便器をお値打ちにしたりして、若干のコストを抑えることは可能でしょうが、微々たるものです。 一番お金のかかる品目• 解体工事• 水道工事 この工事に限っていうと業者によってかなり値段が違いますし、リフォーム会社でも費用が変わります。 「下水道が宅内引き込まれているのか?引き込まれていないか?」 宅内=自分の敷地 と考えてください。 どんな敷地でもどこかに道路と敷地が接道しています。 その道路に下水道の本管が入っているケースがほとんどです。 要はこの道路から敷地に下水道が引き込まれているか?いないか? で大幅に金額が変わってきます。 実は宅内引き込み工事だけでも20万円~くらいプラスに計上されます。 下水道が引き込まれているかは自分でも市役所などで調べることができますが、メンドウなので工務店や水道屋さんにお任せしましょう! 3社ほどのリフォーム会社に見積もりを頼むことをおススメしていますので、 まずは をご覧ください。 トイレリフォームをする際に気を付けること 3社ほどのリフォーム会社から見積もりをとること これは比較検討する上で大事なことなのでしっかりと相談しましょう。 工期はどの程度かかるのか? 会社によっては、すぐに工事を始めて2週間ほどで工事を終えるところもありますが、1カ月かかるところもありますので、しっかりと相談しましょう。 その際に別のトイレをどこにおいてもらうのかも決めましょう。 浄化槽地域もしくは下水道の配管ができない場合、浄化槽の設置 浄化槽は意外と大きいです。 どこに設置できるか?場所が確保できるか? また、地域によっては補助金があるので、補助金有る無しに限らず、必ず営業マンにききましょう。 トイレのリフォーム相場を詳しく知りたい方はこちらのブログへ・・・ 内装で差がつく!お手入れがしやすいトイレの内装! トイレの内装工事にぜひ採用してもらいたいものがあります。 それは・・・セラールです。 セラールとは? 不燃化粧板です。 トイレよりもキッチンの火元まわりに施工する板になります。 特徴としては、汚れが付きにくく、ついても雑巾でサッとひとふきすれば落ちます。 セラール自体は高いですが、約1万円~2万円ほどで全体の工事費に比べれば微々たるものでしょう。 タンクあり タンクなし 細かなところも言えばまだあるのでしょうが、だいたいこの2つでしょう。 貴方がトイレリフォームを考えなければ家族は安心して友達を呼べません。 トイレをリフォームしなくとも、今の生活は変わりません。 しかし、衛生面、清潔さは言葉に表さなくとも劇的に向上します。 (当然ですが・・・) もし、貴方のご家族に、奥様やお子様がいらっしゃって、実は「友達」や「ママ友が呼べない・・・」その理由は貴方はご存知でしょうか? もしかすると、トイレが原因なのではないのでしょうか? トイレをリフォームするだけで明るいご家庭がいっそうより輝きます。 これは僕の友人の話ですが、トイレを汲み取り式から水洗トイレにリフォームした時、友人が頻繁に遊びにくるようになりました。 では解決策として、 タウンライフリフォームというリフォーム紹介会社をご提案します。 その理由は・・・・ 1、利用は全て無料! 全国300社以上のリフォーム会社があなたの要望や希望に基づいて、 リフォーム費用のお見積りや、リフォームのアドバイスを無料でご提案するサービス 2、気に入ったリフォーム会社を選べる! アドバイスを無料でもらえるだけでなく、気に入ったリフォーム会社を選ぶことできるので納得ができる 3、複数社のプランを比較・検討できる! 1社だけなく複数の会社を選ぶことによりリフォーム費用の適正価格がわかる。 フリーダイヤル 0120-940-203 パソコンが不慣れな方は電話でも大丈夫です! このような画面が現れます! リフォーム内容を入力! リフォームしたい内容(必須)はコピペでOK! 一例ですが、下記の文章をコピペ&編集してください。 お世話になります。 今回、トイレリフォームを検討しています。 現在、和式トイレで汲み取り式です。 下水道はまだ整備されておりません。 ここに下水道を引き込んだ場合、和式トイレから水洗トイレにリフォームした際に 総額いくらくらいかかりますでしょうか? 一度、ご連絡を頂けますか?? お客様情報を細かく記入! この画面では貴方の個人情報を入力して頂きます。 「必須」と書かれているところは必ず記入しなければいけません。 ・お名前 ・住所 ・リフォーム予定地 ・E-MAILアドレス ・電話番号 すべて入力ができたら、 「リフォーム計画書の作成依頼をする」をクリック! その後はどうなるのか?担当者から連絡がきます。 選択したリフォーム会社から連絡がきます。 貴方のご都合のいい日にちに日程調整をしておきましょう。 ご都合のいい日にちを2,3日用意しておきその後、下見をして無料でお見積りをしてくれます。 予算と工期がマッチングしたらぜひ早めに工事をしましょう! 貴方の決断が家族を 幸せにします! すぐに問い合わせをしましょう! をクリック!? こちらの記事も読まれています!.

次の

汲み取り式トイレを水洗式トイレに変更する金額は?助成金も

簡易水洗トイレ 費用

浄化槽の設置については、浄化槽法(昭和58年第43号)によって定められています。 関係書類の届けや保守点検、清掃等維持管理などの細かい決まりがあるので、詳しいことは各自治体に問い合わせてみましょう。 また、自治体の指定業者に工事を頼むことで、価格も比較的安くなります。 ただし、各行政によって排水許可濃度が異なり、ごく稀に高い浄化槽が必要になる場合があるので、その場合は高額になってしまう可能性が高いです。 しかし、注意しなくてはならないのは、浄化槽の設置ができない環境の場合や、下水も遠過ぎて配管できないというケースがあるということです。 その場合には、リフォームを断念するか、簡易水洗トイレを選択するということになります。 新しいトイレを設置するときのポイント 浄化槽や下水への配管が無事に済み、電気工事も終わったという場合には、次は新しいトイレの設置になります。 ここでは壁や床の張替工事やトイレの取り付け工事、またはそれに付随する棚、ペーパーホルダー、扉などの内装工事が必要になります。 内装工事とトイレ選択 新しく水洗のトイレにリフォームする場合、ほとんどの家庭で洋式トイレを選択されています。 トイレにもグレードがあり、シンプルなものでは約10万円、多機能のハイグレードなものになると約60万円というものまで幅広い選択肢があります。 その中から希望の機種や、費用の範囲内の価格のものを選ぶことになります。 内装工事も壁紙、床素材、ペーパーホルダーや手洗いの設置など、各種バリエーションも多くグレードも幅広いので、予算の範囲内で納まるように計画しましょう。 総額費用の相場価格と工期について 実際の価格の相場はどれくらいになるのでしょうか?ここでは、浄化槽の工事を各自治体の指定業者に発注して約30万円で施工し、シャワー付き、暖房便座の一般的な洋式トイレの機種を選択したと仮定します。 解体から内装工事、便器取り付け、諸費用などの基本工事費が約25万円、その他ペーパーホルダーや棚などのオプションの費用が約10万円と、安く見積もっても相場は約80万円ほどです。 さらに便槽やその他の処分費用、またはハイグレードなトイレの選択や手洗いの設置などで100万円以上の費用がかかることも珍しくありません。 工期について 汲み取り式から水洗のトイレへ交換するリフォームは、かなり大がかりな作業や手続きが必要になるので、工期も長くて2カ月ほどかかってしまいます。 そのためその間は不便を強いられることになります。 通常は工事の間、簡易トイレを設置してもらって使用することになります。 少し不便ではありますが、快適なトイレにするためには多少の辛抱が必要だということも念頭に入れておく必要があるようです。 トイレリフォームに対応する優良な会社を見つけるには? ここまで説明してきたトイレリフォームは、あくまで一例となっています。 「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって 「大きく異なる」ことがあります。 そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず 「比較検討」をするということ! この記事で大体の予想がついた方はへ行きましょう! 「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」 「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。 」 そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。 大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、トイレリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。 一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。 後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!.

次の