梅宮辰夫 死亡。 梅宮辰夫が死去!死因は慢性じん不全?患った理由(原因)はなに?今年のガキ使は出演か?

【病気】梅宮辰夫が肺炎から現在までを告白した内容「今夜がヤマ」壮絶エピソード

梅宮辰夫 死亡

理由は、去年12月16日に死去された俳優で映画プロデューサーの安藤昇さんのお別れ会があったからです。 お別れ会は、梅宮辰夫さん自身が発起人でもあったため入院するより出席することを選びました。 2月28日、青山でお別れ会は行われました。 梅宮辰夫さんと安藤昇さんは3本の映画で共演したこともあり、献酒を務めました。 しかし足取りはおぼつかず、歩行補助器を使っての移動する姿に周囲は病気などを心配したといいます。 焼香を終えると、体調不良を理由に、会食はせずに帰っていった梅宮辰夫さんでした。 ちなみに、安藤昇さんの死因も肺炎でした。 ネットでも話題になり、梅宮辰夫さんは肺炎で余命わずかではないか、30年前に肺に転移した睾丸腫瘍がんが再発したのではないかなど、憶測が流れました。 それ原因で、病気「肺炎」が悪化してしまったのです。 肺炎のほかに8つの合併症が出るなど、病状は深刻になりました。 医者は、嫁のクラウディアとマネジャーに、「今夜がヤマ」と言ったほどです。 梅宮辰夫さんも、意識を失っていたそうです。 合併症は、 心不全・腎不全・糖尿病・高脂血しょう・狭心症などの病気です。 肺炎 2. 心不全 3. 腎不全 4. 糖尿病 5. 高脂血症 6. 狭心症 7. 心房細動 8. 梅宮辰夫さんは現在78才です。 高齢者は、肺炎になると治らない場合も多く、高齢者の死因・第2位も肺炎です。 今回のことで、肺炎を甘く見るとヤバいと、梅宮辰夫さんもさすがにわかったと思うので、今後は無理はしないことを願います。 亀田三兄弟の専属フィジカルトレーナーでもある、松栄勲トレーナーのマッサージを受けるためです。 梅宮辰夫さん曰くマッサージを受ける前と、終わって出ていく時では、まったくカラダの姿勢が変わるそうです。 ちなみに、梅宮辰夫さんは亀田ジムの会員であり、特別メニューのマッサージを受けています。 亀田興毅さん曰く、松栄勲トレーナーは本当にすごくて、ヘルニアの人も治してしまうんだとか。 「この人で無理やったら、どこ行っても無理」と言わしめるほどです。

次の

梅宮辰夫、十二指腸乳頭がんで入院 アンナが会見で報告「十二指腸全部取った」 過去には余命宣告も… (2016年9月7日)

梅宮辰夫 死亡

国際情報社『映画情報』第27巻11号 1962 より 本名 梅宮 辰雄(読み同じ) 生年月日 1938-03-11 没年月日 2019-12-12 (81歳没) 出生地 ・ 出身地 職業 ・・ 活動期間 - 活動内容 ・・ 配偶者 梅宮クラウディア 著名な家族 (娘) (姪) (姪) 主な作品 テレビドラマ 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』シリーズ 『』シリーズ 映画 『』 『』 『』シリーズ 『』 『』 梅宮 辰夫(うめみや たつお、〈昭和13年〉 - 〈元年〉 )は、の・・・。 174cm、は。 所属事務所は株式会社(東京・)。 娘は・タレントの。 愛称は「 辰兄(にい)」「 辰っちゃん」。 番組で共演したのからは「 正露丸」と一時期呼ばれていた。 としてデビュー。 飲食事業の経営やにも進出。 料理の腕前や軽妙なトーク、体を張ったコントや夫婦揃っての共演、家庭の様子がたびたび紹介されていた。 生涯 [ ] 生い立ち [ ] 出身の梅宮の祖父・辰次郎が卒業後に従軍、その後、妻とともに・に移住、辰次郎は・とも懇意の仲で、祖父の葬儀では板垣が弔文を読んだ。 辰次郎の次男で父の次郎は同地で生まれ、を卒業し医師となった後、で病院に勤務していた。 梅宮のほか弟と妹それぞれ2人ずつおり、5人兄弟である。 一家はその後、次郎の異動により(現)に移住、同地で終戦を迎え、1946年に他のらとともにでに帰国。 満洲から帰国して半年後にの病院に職を見つけた父とともに一家で移住、ではをしていた。 同校の後輩にはジャーナリストで評論家のがおり、立花とは後年、テレビ番組の企画で共演している。 水戸移転から10年後、近くに親戚のいたへ移住する。 戸越銀座移転後、実家は・を診療科目とする梅宮医院を開業、辰夫は跡継ぎとして期待されていた が、を経て、医学部を受験するも不合格となったため、に入学(後に中退)。 大学在学中にでスカウトされ、(33年)、5期生に合格。 同期には・・・・がいる。 へ入社し、翌年『 敵は原子潜航挺』シリーズで主演デビュー。 新人時代は他に『』等子供向けヒーロー映画に主演していた。 東映が全力で売り出していたが(昭和35年)、デビューから四作目で急死し、若手の主演級スターがいなくなり、プロデューサー・監督ら幹部クラスで波多に代わるスターの選考が行われた。 ここで大半が推したのはだったが 、(のち、東映社長)が「亀石?あいつは暗くてダメだ!梅宮がいい。 あいつは仰げばどんどん上がる。 ああいう奴が人気が出るんだ」と鶴の一声を発し 、梅宮が(以下、東映東京)の次世代スターとして売り出されることになった。 以後、(昭和39年)の『』までは「」や「」で硬派な役柄で活躍していたが、段々私生活が派手になっていく梅宮を見て、岡田プロデューサーが梅宮の私生活に近いプレイボーイ、女を泣かす役柄をあてた。 これが(昭和40年)の『』に始まる「」で 、岡田は梅宮をののとして起用し続けた。 ここから"男を泣かせる鶴田 女を泣かせる梅宮"の名が生まれた。 これが同じ岡田プロデュースによる(昭和43年)からの「」に至る。 半ば以降は(東映京都)で「任侠映画」が量産されたため、東映東京の看板スターだったとが東映京都に行くことが多くなり 、必然的に梅宮が東映東京の看板スターとなった。 このため女性からのモテ方は今の芸能人の比ではなかったと話している。 「不良番長シリーズ』は、最初の数本こそシリアス・タッチだったものの、梅宮を軸にした集団コメディの色彩は回を重ねるごとに強くなり、後に公私共に盟友となるがとして加わってからは、ますます破壊的なギャグが繰り出され、計16作が公開された。 梅宮は「みなさんの中で役者・梅宮辰夫は『』の印象が強いかもしれないけど、僕の真髄は不良と女たらしを兼ねた『不良番長シリーズ』なんですよ 」と述べ、自身の代表作としている。 続いて主演の『』、更にからは『』などを成功させた。 ベテラン俳優として [ ] (昭和47年)、自身が経営する事務所「梅宮企画」倒産などによる多額の借金で窮地に立たされるが、クラウディア・ヴィクトリアと再婚、同年にはアンナが誕生した。 (昭和48年)からは『』や主演ので貫禄十分の独特の存在を醸し出した。 同映画の監督、とは同郷()という縁もあった。 (昭和49年)にはの診断を受けた。 癌細胞はにまでしていたものの、によるの奏効によって治癒した。 梅宮は化学療法を受けた際、のが全く起こらず、主治医が驚いていたというエピソードがある。 この病気の後、梅宮は夜遊びを止め、酒を減らし、早起きして料理に励むようになった。 、に請われて『』に出演。 「渋い」役を演じ、役柄を広げることに成功。 、制作の『』にて、温厚な人柄の刑事課長役を演じたことで新境地を開いた。 以後、『』( - )、『』( - )にも出演するなど、大映ドラマの常連俳優としても活躍する一方、『』や『』などのテレビドラマに出演し、名脇役ぶりを発揮する。 実業家・マルチタレント [ ] これ以降は20代前半からの美食三昧で肥やした舌を活かし、料理人としても徐々に活路を見出して行く。 ・料理家としての才能にも長けており、「梅宮辰夫漬物本舗」「梅辰亭」といったブランドのチェーンや、で「梅宮辰夫の炭焼き家 炎園」などの事業も展開している。 晩年 [ ] 晩年は病気がちで、にがん、にがんの手術を受けるなど、これまで6度のがんの手術を受けた。 その後も慢性腎不全で週に数回、を受けてきたが、2019年の午前7時40分に、慢性腎不全のため神奈川県内の病院で死去。 81歳だった。 戒名は海釣りが好きだった梅宮辰夫らしく、『浄海院和譽辰照居士』となった。 人物 [ ]• 特技はとで、高校時代には剣道部の初代主将も務めた。 料理にかける熱はかなりのものがある。 オリジナルレシピノートを作成しており、レシピの総数は500種類以上にも及んでいた。 、梅宮の運転手が仕事先の梅宮を迎えに行くため、梅宮の愛車である(当時の販売価格で580万円)を内の自宅近くので給油中、カギを付けたまま休憩所に行き、戻るまでの数分間の間に車両盗難の被害に遭っているが 、その記者会見では「ベンツはいいから(調理器具が収まった)クッキングボックスだけは返してくれ 」と訴えている。 その後ベンツは発見されたが、逆にクッキングボックスは持ち去られていた。 代後半からはバラエティにも進出。 『』の6代目リポーターでレギュラー出演を皮切りに、俳優として初めて『』に挑戦者として登場(放送分、「対決」)。 と戦うが敗戦している。 釣り好きとしても知られる。 梅宮本人が語るところによれば、「旧満州に住んでいた子供の頃、医師だった父と一緒に川釣りを始め、父がの医師としてに移った時にもでとなどを釣っていた」とのこと。 で放送される釣り番組『』への出演を希望したことがあると言われている。 自らの釣りの中心地は()のとのことで 、港に釣り船「番長」を留めている。 1977年4月にはのへ渡って磯釣りにも挑戦、その様子は釣り雑誌「」のカラーグラビアでも紹介された。 また、毎年のように男女群島まで磯釣りに出ていた時期もあり、その様子が「」第9巻に紹介されたことがある。 (昭和43年)、3年間同棲し既に妊娠4ヶ月だったと一方的に婚約を解消。 同年12月に結婚した最初の妻は、銀座のクラブ「姫」の・(大門節江)だが 、半年で離婚。 大門との結婚中に知り合った銀座ので働いていた愛称"ビッキー"こと 米国籍のクラウディア・ビクトリア・ルールダウ()と 、1972年にスポーツニッポンに結婚とすっぱ抜かれ 、同年3月に結婚した。 クラウディアには外国人女性さながらの日本人女性にはない魅力があるという。 この時、クラウディアは梅宮の子を身ごもっており、その子が娘のである。 のは母方従姉妹。 その息子のは母方の(伯母の孫)である。 元のとは遠戚である。 数多くの映画で共演したとは、釣りが趣味という共通から盟友だった。 『』で夫婦役として共演したとは「あんちゃん」「アッコ」と呼び合う兄妹のような仲だった。 からは「兄貴」と慕われ、とは「兄弟」と呼び合う仲であった。 のコーナー、の父で、演ずる 加藤辰夫のモデルといわれている。 の番組出演以外にも、の番組にも多く出演。 和田アキ子との対決企画や体を張ったコントにも積極的に出演し、妻のクラウディアとの夫婦共演やアンナとの親子共演も話題となった。 『』()にて「芸能人格付けチェック」企画に出演した際にモニタリングにて格付けマスターのからは「正露丸みたいやな」と思わず突っ込んでいた。 梅宮さんから『やるんだったら、中途半端じゃなく、突きつめろ。 何をどうやってもいいから、ちゃんとした芸をやれ! 』と励まされた」と言い、秋山にとって梅宮は大きな転機をいただいた恩人と語っている。 (6年)から実娘・アンナが、との交際を始めると、プレイボーイの羽賀との交際に公然と反対、これら三者の関係は、などで盛んに取り上げられた。 ()と共演した際にスタジオの隅に呼び出し、「俺も同じ病気をやっているけど、ピンピンしている。 大丈夫だから」と同じの病を患った田中を励ました。 この時、梅宮は睾丸がんを公表していなかった。 ()には電話を掛けて「俺はあんたの事、好きだからさ。 あんた、酒は飲むのかい?今度、仲間とやるに誘ってもいいか。 俺が一方的に言ってるだけだから恐縮しないでくれ。 」と言ったが。 太田が「すいません、酒飲まないんですよ。 」と返答し、バーベキューの誘いは「誘ってください」と断らなかったものの、結局は太田が酒も飲まないし忙しいだろうと気遣ったのかそのまま実現することはなかったが、電話をすればよかったと2019年12月17日の爆笑問題のラジオで前述の田中のエピソードと共に語った。 出演作品 [ ] 映画 [ ]• 敵は原子潜航艇(1959年、東映)• (1959年、東映)• 高度7000米 恐怖の四時間(1959年、東映)• 拳銃を磨く男シリーズ(1959 - 1960年、東映)• (1960年、東映)• (1960年、)• ボス表へ出ろ(1960年、第二東映)• 不死身の男(1960年、第二東映)• (1960年、第二東映)• 野獣の眼(1960年、第二東映)• 海底の挑戦者(1960年、第二東映)• 第三次世界大戦 四十一時間の恐怖(1960年、第二東映)• 男の地平線(1961年、第二東映)• アマゾン無宿 世紀の大魔王(1961年、)• 赤いネオンに霧が降る(1961年、ニュー東映)• 霧と影(1961年、ニュー東映)• 八人目の敵(1961年、東映)• 誇り高き挑戦(1962年、東映)• (1962年、東映)• ギャング対ギャング(1962年、東映)• (1962年、東映)• (1962年、東映)• 裏切者は地獄だぜ(1962年、東映)• (1963年、東映) - 青成瓢吉• 人生劇場 続・飛車角(1963年、東映)• 海軍(1963年、東映)• (1963年、東映)• (1963年、東映) - 勝男• 地獄命令(1964年、東映)• 列車大襲撃(1964年、東映)• 暗黒街大通り(1964年、東映)• 悪女(1964年、東映)• 廓育ち(1964年、東映)• (1965 - 1968年、東映)• (1965年、東映)• いろ(1965年、東映)• ダニ(1965年、東映)• かも(1965年、東映)• (1965年、東映)• (1965年、東映) - ゼロ戦五郎• (1965年、東映)• 地獄の波止場(1965年、東映)• 昭和最大の顔役(1966年、東映)• ゴキブリ部隊(1966年、東映)• 地獄の野良犬(1966年、東映)• 北海の暴れ竜(1966年、東映)• 決着(おとしまえ)(1967年、東映)• 渡世人(1967年、東映)• (1967 - 1974年、東映)• (1967年、東映)• 続・渡世人(1967年、東映)• (1967年、東映) - マサ• (1968年、東映)• (1968年、東映)• 産業スパイ(1968年、東映)• (1968年、東映)• シリーズ(1968 - 1972年、東映)• (1969年、東映)• (1969年、東映)• (1970年、東映)• (1970年、東映)• (1970年、東映)• (1970 - 1972年、東映)• (1970年、東映)• (1970年、東映)• (1971年、東映)• (1971年、東映)• (1972年、東映)• (1970年、東映)• (1971年、東映)• 夜のならず者(1972年、東映)• (1972年、東映)• (1972年、東映)• (1972年、東映)• 昭和極道史(1972年、東映)• 仁義なき戦いシリーズ(東映)• (1973年、東映) - 若杉寛• 1973年、東映 - 岩井信一• (1974年、東映) - 岩井信一• やくざ対Gメン 囮(1973年、東映)• (1973年、東映)• (1973年、東映) - 矢崎幹夫• (1974年、東映) - 石野一郎• (1974年、東映)• ルバング島の奇跡 陸軍中野学校(1974年、東映)• (1974年、東映)• (1974年、東映)• (1974年、東映) - 野田進一• (1974年、東映) - 末永勇次• (1975年、東映)• (1975年、東映)• (1975年、東映) - 金光幸司• (1975年、東映) - 県警本部捜査第二課 海田昭一 警部補• (1975年、東映)• (1975年、東映)• (1976年、東映)• (1976年、東映) - 海津義明• (1976年、東映) - 岩田五郎• (1976年、東映) - 宮武平吉• (1976年、東映)• (1977年、東映) - 大阪府警察本部刑事部 捜査第四課長 福島• (1977年、)• (1978年、)• (1978年、)• (1979年、東映)• (1979年、東映) - 小池勝利• (1979年、松竹)• (1979年、東映) -• (1979年、東映) - 小栗隆義• 時の娘(1980年)• (1980年、東映)• (1980年、東映)• (1980年、東映)• (1981年、東映)• (1982年、東映) - 山根組組長 山根勝• (1982年、東映) - ヒゲ兵曹• (1982年、東映) - 村岡• (1983年、東映セントラルフィルム)• (1983年、東宝) -• (1983年、東映)• (1985年、松竹=松竹富士)• 花柄畑でインプット(1985年、東映)• 最後の博徒(1985年、東映)• (1985年、)• (1986年、東映) - 能村• (1988年、東映)• (1988年、東映) - 校長先生• (1989年、松竹) - 山王ホテルの支配人• (1989年、松竹)• (1989年、東宝)• (1989年、東映)• (1991年) - 坂口義一• 略奪愛(1991年、東映)• (1992年、東映) - 花村利光• (1993年、東映)• (1994年、東映)• やくざ道入門(1994年、)• (1997年、東映)• 実録 新宿の顔 新宿愚連隊物語(1997年3月)• (1999年、東映) - マサトの父 杉浦勝美• 新宿やくざ狂犬伝 一匹灯(1999年)• 女侠 夜叉の舞い(2000年)• 実録・ヒットマン 妻その愛(2002年)• KUMISO 組葬(2002年)• (2008年、松竹) - 黒川重蔵• 明日泣く(2011年) テレビドラマ [ ]• 鯉名の銀平(1963年、)• (1964年 - 1966年、)• (1964年 - 1965年、)• (1966年、)• 第9話「沖田総司」(1968年、NET・東映)• (1969年、・フジテレビ) -• (1969年 - 1974年、・東映) - 次回予告の(第1話から第38話まで担当。 以下は劇中に登場(ゲスト出演)した放送話)• 第12話「女の裸は高くつく」(1969年)• 第16話「女は悪魔に首ったけ」(1969年)• 第58話「女一匹恋狂い」(1970年)• 第162話「おとこ泣かせ裸のヴィーナス」(1972年) - 田辺竜夫• 第1話「日本爆破アンタッチャブル」(1969年、フジテレビ・東映)• 第16話「赤城おろし」(1975年、フジテレビ・)• (1975年 - 1976年、日本テレビ) - 村井秀次• (1977年、TBS・) - 浅倉警部• (1977年 - 1979年、TBS・大映テレビ) - 浅倉警部• (1978年、) - 新次• (1979年、NHK) - 東義彦• 第1話「誓いの八丈太鼓」(1980年、フジテレビ・東宝) - 朝吉• (1980年、日本テレビ・東映) - 松村兵助• 「俺たちの明日〜坂本竜馬、中岡慎太郎!! 幕末に散った壮絶な青春〜」(1980年、) - 西郷隆盛• 1980年、日本テレビ・東映• 第180話「南蛮火薬に火をつけろ!」(1980年)- 島造=鉄五郎• 第234話「金の鯱鉾の女」(1981年) - 三浦宗一郎• (1980年、)• (1980年、フジテレビ) - 藤村大作• 第16話「残侠の未練花」(1981年、テレビ東京) - 伊三郎• (1981年、テレビ朝日・東映) - 平田捜査一課長• (1982年、TBS系) - 神波班長• (1982年、フジテレビ) - 松下課長• (1984年、日本テレビ)• (1984年10月 - 1985年4月、・TBS) - 下田大三郎• (1984年、NHK)• (1985年、大映テレビ・フジテレビ) - 加賀幸平• (1986年 - 1987年、大映テレビ・フジテレビ) - 鶴田治• (1988年、大映テレビ・フジテレビ) - 多摩少年院院長・戸塚健一郎• (1988年、TBS) - 竹尻建造(特別出演)• (1989年、フジテレビ)• (1988年4月 - 2009年、テレビ朝日) - 横溝重忠署長• (1989年12月、日本テレビ) -• (1990年、TBS系) - 花井清次郎• (1990年 - 1991年、読売テレビ)• (1990年9月 - 1991年1月、大映テレビ・TBS) - 柴田(夫)• 第12話「娘を捨てた21年間…再会がレイプ現場!? 」(1991年、日本テレビ)• 第4シリーズ 第8話「素浪人 最後の勝負」(1992年1月16日、テレビ朝日・東映) - 花山大四郎• (1991年10月 - 1992年4月、・大映テレビ) - 萩原賢造課長• (1992年、フジテレビ) - 秋山宗一郎• 「」(1993年) - 内藤• 第2シリーズ 第12話「吉原を潰せ! 」(1993年、松竹・テレビ東京) -• (1993年、TBS)• (1994年、TBS) - 留吉• (1994年、TBS)• (1995年、TBS)• (1997年、TBS) - 山口貞夫• (テレビ朝日) - 黒川重蔵• (フジテレビ) - 山城• (2007年、フジテレビ)• 「ダブルカップル探偵」(1999年6月25日、フジテレビ)• (2000年 - 、TBS) - 御乃木三造• 火曜サスペンス劇場「」(2003年 - 2005年、日本テレビ) - 清家保• 「」(2008年 - 、テレビ東京)• (フジテレビ、2008年5月24日)• 新春歴史スペシャル「」(2012年1月2日、毎日放送) -• (2013年10月、) - 鴨川善三郎• 殺しのメロディ Lady Smith(1990年)• 河内残侠伝 軍鶏(1991年)• 塀の中の懲りない奴ら! (1993年)• 極道おとこ塾(1995年)• 4 東京大戦争(1997年) - 関東木曜会最高顧問 武山勝茂 特別出演• 殺し屋PAZUZU(2000年) - 漁師• 示談屋(2000年) - 八頭竜会会長• 日本極道史 誇り高き戦い(2000年)• 広島やくざ戦争(2000年)• 広島やくざ戦争 完結篇(2000年)• 続・広島やくざ戦争(2001年)• 実録・絶縁(2001年)• 九州マフィア外伝(2001年)• (2002年) - 関山勝• 実録・大阪やくざ戦争 報復(2002年)• 実録・山陽道やくざ戦争 覇道 完結編(2002年)• 六本木 錬金の帝王 カポネ(2003年)• 実録・東北やくざ戦争 覇桜の道(2003年) - 城東組関山一家 田畑組組長 田畑梅五郎• やくざの詩 OKITE 掟(2003年)• 実録・広島四代目 第一次抗争編(2004年) - 森田俠市• 実録・広島四代目 第二次抗争編(2004年)• 実録・広島四代目 抗争完結編(2004年)• (2004年 - 2006年、全9巻) - 遠山建設社長 遠山実• 実録・籠寅三代目 合田幸一 任侠修業篇(2004年)• 実録・籠寅三代目 合田幸一 名門継承篇(2004年)• 実録・籠寅三代目 合田幸一 関西二十日会篇(2004年)• (2006年) - 加賀組組長 加賀三郎(特別出演)• デコトラの鷲 其の五 火の国熊本親子特急便(2008年)• 千年の松 完結編(2009年) - 荒武連合総長 御堂貴臣• 日本統一 1 - 3(2013年) - 五代目至誠会会長 川端忠雄 テレビアニメ [ ]• (テレビ朝日) - アバンナレーション バラエティ [ ]• (系列)• (フジテレビ) - 6代目レポーター• () - レギュラー出演、料理のコーナーも担当• (TBS)• () - 解答者• (フジテレビ)• (フジテレビ) - 準レギュラー出演• シリーズ()• 日本テレビ)• (日本テレビ)• (制作、テレビ東京ほか)• (フジテレビ)• (フジテレビ) - レギュラー• (TBS)• (日本テレビ)• テレビ朝日• (制作、系列)• (フジテレビ) CM [ ]• バブルスター() - ・・・と共演• アサヒスーパードライ• タカラ本みりん()• 蒟蒻と海草サラダ() - 娘・アンナと共演• (、2010年)• マジックブレット(、2014年) 歌唱 [ ] シングル [ ]• VS-753)• SAS-678)• コロムビア SAS-781)• テイチク A-55)• テイチク A-63。 のちに発売禁止。 その後CD化されて発売される)• 夜遊びの帝王(テイチク ASL-3)• 男の演歌(ユニオン ULP-2012)• 梅宮辰夫ザ・ベスト(2018年1月24日 MW RECORDS DLCR-18013) 著作 [ ]• 『不良役者 梅宮辰夫が語る伝説の銀幕俳優破天荒譚』 双葉社、2019年12月 - 遺著 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「」(、2月13日放送分)によると、次郎が終戦直後、開原の病院で関東軍の引揚兵の一人だった(後に経営者)の命を助け、その後次郎がに連行され家族と引き離された際、柳澤が残された辰夫ら家族の引揚を開原から奉天まで手助けした。 なお、次郎は八路軍により連行される途中の列車から脱出し逃亡、先に到着した奉天で身を潜め、その後に開原から奉天に到着した家族および柳澤と合流し、一緒に帰国している。 これが経緯で(平成14年)自動車盗難防止キャンペーンのポスターのイメージキャラクターに選ばれた。 愛用していた包丁セットが入っていた。 レコードを出したこともある大門は、大洲(現在の)の出身。 梅宮と離婚後、と婚約したが結婚はしなかった。 その後広島に帰郷して店を経営していたが、の一般人と再婚したという。 このあたりはの著書『ザ・ラスト・ワルツ- 「姫」という酒場』に少し書かれている。 当時クラウディアは妊娠4ヶ月でお腹の大きな写真がスポーツニッポンに載った。 クラウディアは梅宮顔負けの日本人の遊び人と1968年に結婚し、男児をもうけていて、夫婦仲が上手くいかずホステスをしているときに梅宮と知り合った。 クラウディアの夫と梅宮との間でゴタゴタがあったが、結局手切れ金を渡しクラウディアと別れさせた(「げいのう 『涙にゃ弱い遊び人』」「サンデー毎日」 1972年3月19日号 43頁) 出典 [ ]• 読売新聞 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年3月9日閲覧。 スポーツ報知 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 東映の友 1963年7月号 18頁。 『旧友再会〜梅宮辰夫と立花隆』 NHK 2009年放送• 東映の友 1961年5月号 2〜3頁。 「吉田達プロデューサーインタビュー」134—137頁。 archive• キネマ旬報WEB. 2020年4月27日閲覧。 BIG tomorrow、、2010年8月号、77頁。 デイリースポーツ 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 大手小町 2019年12月12日 2019年12月22日閲覧• ZAKZAK 産経デジタル. 2002年1月12日. 2017年3月10日閲覧。 「」講談社 1968年7月29日号 28〜31頁• : p. 2014年6月10日閲覧。 THE PAGE ワードリーフ : p. 2014年6月10日閲覧。 中西正男 2014年5月25日. THE PAGE ワードリーフ : p. 2014年6月10日閲覧。 ライブドアニュース. 2019年12月25日閲覧。 2014年5月30日時点のよりアーカイブ。 2014年5月30日閲覧。 参考文献 [ ]• 『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol. 7』、2007年。 ・植地毅(編著)『不良番長 浪漫アルバム』、2017年。。 外部リンク [ ]• 2009年のみ• - (英語)•

次の

梅宮辰夫さん死去!けさ体調急変して慢性腎不全。昨晩は普段通りだったのに・・・: J

梅宮辰夫 死亡

国際情報社『映画情報』第27巻11号 1962 より 本名 梅宮 辰雄(読み同じ) 生年月日 1938-03-11 没年月日 2019-12-12 (81歳没) 出生地 ・ 出身地 職業 ・・ 活動期間 - 活動内容 ・・ 配偶者 梅宮クラウディア 著名な家族 (娘) (姪) (姪) 主な作品 テレビドラマ 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』シリーズ 『』シリーズ 映画 『』 『』 『』シリーズ 『』 『』 梅宮 辰夫(うめみや たつお、〈昭和13年〉 - 〈元年〉 )は、の・・・。 174cm、は。 所属事務所は株式会社(東京・)。 娘は・タレントの。 愛称は「 辰兄(にい)」「 辰っちゃん」。 番組で共演したのからは「 正露丸」と一時期呼ばれていた。 としてデビュー。 飲食事業の経営やにも進出。 料理の腕前や軽妙なトーク、体を張ったコントや夫婦揃っての共演、家庭の様子がたびたび紹介されていた。 生涯 [ ] 生い立ち [ ] 出身の梅宮の祖父・辰次郎が卒業後に従軍、その後、妻とともに・に移住、辰次郎は・とも懇意の仲で、祖父の葬儀では板垣が弔文を読んだ。 辰次郎の次男で父の次郎は同地で生まれ、を卒業し医師となった後、で病院に勤務していた。 梅宮のほか弟と妹それぞれ2人ずつおり、5人兄弟である。 一家はその後、次郎の異動により(現)に移住、同地で終戦を迎え、1946年に他のらとともにでに帰国。 満洲から帰国して半年後にの病院に職を見つけた父とともに一家で移住、ではをしていた。 同校の後輩にはジャーナリストで評論家のがおり、立花とは後年、テレビ番組の企画で共演している。 水戸移転から10年後、近くに親戚のいたへ移住する。 戸越銀座移転後、実家は・を診療科目とする梅宮医院を開業、辰夫は跡継ぎとして期待されていた が、を経て、医学部を受験するも不合格となったため、に入学(後に中退)。 大学在学中にでスカウトされ、(33年)、5期生に合格。 同期には・・・・がいる。 へ入社し、翌年『 敵は原子潜航挺』シリーズで主演デビュー。 新人時代は他に『』等子供向けヒーロー映画に主演していた。 東映が全力で売り出していたが(昭和35年)、デビューから四作目で急死し、若手の主演級スターがいなくなり、プロデューサー・監督ら幹部クラスで波多に代わるスターの選考が行われた。 ここで大半が推したのはだったが 、(のち、東映社長)が「亀石?あいつは暗くてダメだ!梅宮がいい。 あいつは仰げばどんどん上がる。 ああいう奴が人気が出るんだ」と鶴の一声を発し 、梅宮が(以下、東映東京)の次世代スターとして売り出されることになった。 以後、(昭和39年)の『』までは「」や「」で硬派な役柄で活躍していたが、段々私生活が派手になっていく梅宮を見て、岡田プロデューサーが梅宮の私生活に近いプレイボーイ、女を泣かす役柄をあてた。 これが(昭和40年)の『』に始まる「」で 、岡田は梅宮をののとして起用し続けた。 ここから"男を泣かせる鶴田 女を泣かせる梅宮"の名が生まれた。 これが同じ岡田プロデュースによる(昭和43年)からの「」に至る。 半ば以降は(東映京都)で「任侠映画」が量産されたため、東映東京の看板スターだったとが東映京都に行くことが多くなり 、必然的に梅宮が東映東京の看板スターとなった。 このため女性からのモテ方は今の芸能人の比ではなかったと話している。 「不良番長シリーズ』は、最初の数本こそシリアス・タッチだったものの、梅宮を軸にした集団コメディの色彩は回を重ねるごとに強くなり、後に公私共に盟友となるがとして加わってからは、ますます破壊的なギャグが繰り出され、計16作が公開された。 梅宮は「みなさんの中で役者・梅宮辰夫は『』の印象が強いかもしれないけど、僕の真髄は不良と女たらしを兼ねた『不良番長シリーズ』なんですよ 」と述べ、自身の代表作としている。 続いて主演の『』、更にからは『』などを成功させた。 ベテラン俳優として [ ] (昭和47年)、自身が経営する事務所「梅宮企画」倒産などによる多額の借金で窮地に立たされるが、クラウディア・ヴィクトリアと再婚、同年にはアンナが誕生した。 (昭和48年)からは『』や主演ので貫禄十分の独特の存在を醸し出した。 同映画の監督、とは同郷()という縁もあった。 (昭和49年)にはの診断を受けた。 癌細胞はにまでしていたものの、によるの奏効によって治癒した。 梅宮は化学療法を受けた際、のが全く起こらず、主治医が驚いていたというエピソードがある。 この病気の後、梅宮は夜遊びを止め、酒を減らし、早起きして料理に励むようになった。 、に請われて『』に出演。 「渋い」役を演じ、役柄を広げることに成功。 、制作の『』にて、温厚な人柄の刑事課長役を演じたことで新境地を開いた。 以後、『』( - )、『』( - )にも出演するなど、大映ドラマの常連俳優としても活躍する一方、『』や『』などのテレビドラマに出演し、名脇役ぶりを発揮する。 実業家・マルチタレント [ ] これ以降は20代前半からの美食三昧で肥やした舌を活かし、料理人としても徐々に活路を見出して行く。 ・料理家としての才能にも長けており、「梅宮辰夫漬物本舗」「梅辰亭」といったブランドのチェーンや、で「梅宮辰夫の炭焼き家 炎園」などの事業も展開している。 晩年 [ ] 晩年は病気がちで、にがん、にがんの手術を受けるなど、これまで6度のがんの手術を受けた。 その後も慢性腎不全で週に数回、を受けてきたが、2019年の午前7時40分に、慢性腎不全のため神奈川県内の病院で死去。 81歳だった。 戒名は海釣りが好きだった梅宮辰夫らしく、『浄海院和譽辰照居士』となった。 人物 [ ]• 特技はとで、高校時代には剣道部の初代主将も務めた。 料理にかける熱はかなりのものがある。 オリジナルレシピノートを作成しており、レシピの総数は500種類以上にも及んでいた。 、梅宮の運転手が仕事先の梅宮を迎えに行くため、梅宮の愛車である(当時の販売価格で580万円)を内の自宅近くので給油中、カギを付けたまま休憩所に行き、戻るまでの数分間の間に車両盗難の被害に遭っているが 、その記者会見では「ベンツはいいから(調理器具が収まった)クッキングボックスだけは返してくれ 」と訴えている。 その後ベンツは発見されたが、逆にクッキングボックスは持ち去られていた。 代後半からはバラエティにも進出。 『』の6代目リポーターでレギュラー出演を皮切りに、俳優として初めて『』に挑戦者として登場(放送分、「対決」)。 と戦うが敗戦している。 釣り好きとしても知られる。 梅宮本人が語るところによれば、「旧満州に住んでいた子供の頃、医師だった父と一緒に川釣りを始め、父がの医師としてに移った時にもでとなどを釣っていた」とのこと。 で放送される釣り番組『』への出演を希望したことがあると言われている。 自らの釣りの中心地は()のとのことで 、港に釣り船「番長」を留めている。 1977年4月にはのへ渡って磯釣りにも挑戦、その様子は釣り雑誌「」のカラーグラビアでも紹介された。 また、毎年のように男女群島まで磯釣りに出ていた時期もあり、その様子が「」第9巻に紹介されたことがある。 (昭和43年)、3年間同棲し既に妊娠4ヶ月だったと一方的に婚約を解消。 同年12月に結婚した最初の妻は、銀座のクラブ「姫」の・(大門節江)だが 、半年で離婚。 大門との結婚中に知り合った銀座ので働いていた愛称"ビッキー"こと 米国籍のクラウディア・ビクトリア・ルールダウ()と 、1972年にスポーツニッポンに結婚とすっぱ抜かれ 、同年3月に結婚した。 クラウディアには外国人女性さながらの日本人女性にはない魅力があるという。 この時、クラウディアは梅宮の子を身ごもっており、その子が娘のである。 のは母方従姉妹。 その息子のは母方の(伯母の孫)である。 元のとは遠戚である。 数多くの映画で共演したとは、釣りが趣味という共通から盟友だった。 『』で夫婦役として共演したとは「あんちゃん」「アッコ」と呼び合う兄妹のような仲だった。 からは「兄貴」と慕われ、とは「兄弟」と呼び合う仲であった。 のコーナー、の父で、演ずる 加藤辰夫のモデルといわれている。 の番組出演以外にも、の番組にも多く出演。 和田アキ子との対決企画や体を張ったコントにも積極的に出演し、妻のクラウディアとの夫婦共演やアンナとの親子共演も話題となった。 『』()にて「芸能人格付けチェック」企画に出演した際にモニタリングにて格付けマスターのからは「正露丸みたいやな」と思わず突っ込んでいた。 梅宮さんから『やるんだったら、中途半端じゃなく、突きつめろ。 何をどうやってもいいから、ちゃんとした芸をやれ! 』と励まされた」と言い、秋山にとって梅宮は大きな転機をいただいた恩人と語っている。 (6年)から実娘・アンナが、との交際を始めると、プレイボーイの羽賀との交際に公然と反対、これら三者の関係は、などで盛んに取り上げられた。 ()と共演した際にスタジオの隅に呼び出し、「俺も同じ病気をやっているけど、ピンピンしている。 大丈夫だから」と同じの病を患った田中を励ました。 この時、梅宮は睾丸がんを公表していなかった。 ()には電話を掛けて「俺はあんたの事、好きだからさ。 あんた、酒は飲むのかい?今度、仲間とやるに誘ってもいいか。 俺が一方的に言ってるだけだから恐縮しないでくれ。 」と言ったが。 太田が「すいません、酒飲まないんですよ。 」と返答し、バーベキューの誘いは「誘ってください」と断らなかったものの、結局は太田が酒も飲まないし忙しいだろうと気遣ったのかそのまま実現することはなかったが、電話をすればよかったと2019年12月17日の爆笑問題のラジオで前述の田中のエピソードと共に語った。 出演作品 [ ] 映画 [ ]• 敵は原子潜航艇(1959年、東映)• (1959年、東映)• 高度7000米 恐怖の四時間(1959年、東映)• 拳銃を磨く男シリーズ(1959 - 1960年、東映)• (1960年、東映)• (1960年、)• ボス表へ出ろ(1960年、第二東映)• 不死身の男(1960年、第二東映)• (1960年、第二東映)• 野獣の眼(1960年、第二東映)• 海底の挑戦者(1960年、第二東映)• 第三次世界大戦 四十一時間の恐怖(1960年、第二東映)• 男の地平線(1961年、第二東映)• アマゾン無宿 世紀の大魔王(1961年、)• 赤いネオンに霧が降る(1961年、ニュー東映)• 霧と影(1961年、ニュー東映)• 八人目の敵(1961年、東映)• 誇り高き挑戦(1962年、東映)• (1962年、東映)• ギャング対ギャング(1962年、東映)• (1962年、東映)• (1962年、東映)• 裏切者は地獄だぜ(1962年、東映)• (1963年、東映) - 青成瓢吉• 人生劇場 続・飛車角(1963年、東映)• 海軍(1963年、東映)• (1963年、東映)• (1963年、東映) - 勝男• 地獄命令(1964年、東映)• 列車大襲撃(1964年、東映)• 暗黒街大通り(1964年、東映)• 悪女(1964年、東映)• 廓育ち(1964年、東映)• (1965 - 1968年、東映)• (1965年、東映)• いろ(1965年、東映)• ダニ(1965年、東映)• かも(1965年、東映)• (1965年、東映)• (1965年、東映) - ゼロ戦五郎• (1965年、東映)• 地獄の波止場(1965年、東映)• 昭和最大の顔役(1966年、東映)• ゴキブリ部隊(1966年、東映)• 地獄の野良犬(1966年、東映)• 北海の暴れ竜(1966年、東映)• 決着(おとしまえ)(1967年、東映)• 渡世人(1967年、東映)• (1967 - 1974年、東映)• (1967年、東映)• 続・渡世人(1967年、東映)• (1967年、東映) - マサ• (1968年、東映)• (1968年、東映)• 産業スパイ(1968年、東映)• (1968年、東映)• シリーズ(1968 - 1972年、東映)• (1969年、東映)• (1969年、東映)• (1970年、東映)• (1970年、東映)• (1970年、東映)• (1970 - 1972年、東映)• (1970年、東映)• (1970年、東映)• (1971年、東映)• (1971年、東映)• (1972年、東映)• (1970年、東映)• (1971年、東映)• 夜のならず者(1972年、東映)• (1972年、東映)• (1972年、東映)• (1972年、東映)• 昭和極道史(1972年、東映)• 仁義なき戦いシリーズ(東映)• (1973年、東映) - 若杉寛• 1973年、東映 - 岩井信一• (1974年、東映) - 岩井信一• やくざ対Gメン 囮(1973年、東映)• (1973年、東映)• (1973年、東映) - 矢崎幹夫• (1974年、東映) - 石野一郎• (1974年、東映)• ルバング島の奇跡 陸軍中野学校(1974年、東映)• (1974年、東映)• (1974年、東映)• (1974年、東映) - 野田進一• (1974年、東映) - 末永勇次• (1975年、東映)• (1975年、東映)• (1975年、東映) - 金光幸司• (1975年、東映) - 県警本部捜査第二課 海田昭一 警部補• (1975年、東映)• (1975年、東映)• (1976年、東映)• (1976年、東映) - 海津義明• (1976年、東映) - 岩田五郎• (1976年、東映) - 宮武平吉• (1976年、東映)• (1977年、東映) - 大阪府警察本部刑事部 捜査第四課長 福島• (1977年、)• (1978年、)• (1978年、)• (1979年、東映)• (1979年、東映) - 小池勝利• (1979年、松竹)• (1979年、東映) -• (1979年、東映) - 小栗隆義• 時の娘(1980年)• (1980年、東映)• (1980年、東映)• (1980年、東映)• (1981年、東映)• (1982年、東映) - 山根組組長 山根勝• (1982年、東映) - ヒゲ兵曹• (1982年、東映) - 村岡• (1983年、東映セントラルフィルム)• (1983年、東宝) -• (1983年、東映)• (1985年、松竹=松竹富士)• 花柄畑でインプット(1985年、東映)• 最後の博徒(1985年、東映)• (1985年、)• (1986年、東映) - 能村• (1988年、東映)• (1988年、東映) - 校長先生• (1989年、松竹) - 山王ホテルの支配人• (1989年、松竹)• (1989年、東宝)• (1989年、東映)• (1991年) - 坂口義一• 略奪愛(1991年、東映)• (1992年、東映) - 花村利光• (1993年、東映)• (1994年、東映)• やくざ道入門(1994年、)• (1997年、東映)• 実録 新宿の顔 新宿愚連隊物語(1997年3月)• (1999年、東映) - マサトの父 杉浦勝美• 新宿やくざ狂犬伝 一匹灯(1999年)• 女侠 夜叉の舞い(2000年)• 実録・ヒットマン 妻その愛(2002年)• KUMISO 組葬(2002年)• (2008年、松竹) - 黒川重蔵• 明日泣く(2011年) テレビドラマ [ ]• 鯉名の銀平(1963年、)• (1964年 - 1966年、)• (1964年 - 1965年、)• (1966年、)• 第9話「沖田総司」(1968年、NET・東映)• (1969年、・フジテレビ) -• (1969年 - 1974年、・東映) - 次回予告の(第1話から第38話まで担当。 以下は劇中に登場(ゲスト出演)した放送話)• 第12話「女の裸は高くつく」(1969年)• 第16話「女は悪魔に首ったけ」(1969年)• 第58話「女一匹恋狂い」(1970年)• 第162話「おとこ泣かせ裸のヴィーナス」(1972年) - 田辺竜夫• 第1話「日本爆破アンタッチャブル」(1969年、フジテレビ・東映)• 第16話「赤城おろし」(1975年、フジテレビ・)• (1975年 - 1976年、日本テレビ) - 村井秀次• (1977年、TBS・) - 浅倉警部• (1977年 - 1979年、TBS・大映テレビ) - 浅倉警部• (1978年、) - 新次• (1979年、NHK) - 東義彦• 第1話「誓いの八丈太鼓」(1980年、フジテレビ・東宝) - 朝吉• (1980年、日本テレビ・東映) - 松村兵助• 「俺たちの明日〜坂本竜馬、中岡慎太郎!! 幕末に散った壮絶な青春〜」(1980年、) - 西郷隆盛• 1980年、日本テレビ・東映• 第180話「南蛮火薬に火をつけろ!」(1980年)- 島造=鉄五郎• 第234話「金の鯱鉾の女」(1981年) - 三浦宗一郎• (1980年、)• (1980年、フジテレビ) - 藤村大作• 第16話「残侠の未練花」(1981年、テレビ東京) - 伊三郎• (1981年、テレビ朝日・東映) - 平田捜査一課長• (1982年、TBS系) - 神波班長• (1982年、フジテレビ) - 松下課長• (1984年、日本テレビ)• (1984年10月 - 1985年4月、・TBS) - 下田大三郎• (1984年、NHK)• (1985年、大映テレビ・フジテレビ) - 加賀幸平• (1986年 - 1987年、大映テレビ・フジテレビ) - 鶴田治• (1988年、大映テレビ・フジテレビ) - 多摩少年院院長・戸塚健一郎• (1988年、TBS) - 竹尻建造(特別出演)• (1989年、フジテレビ)• (1988年4月 - 2009年、テレビ朝日) - 横溝重忠署長• (1989年12月、日本テレビ) -• (1990年、TBS系) - 花井清次郎• (1990年 - 1991年、読売テレビ)• (1990年9月 - 1991年1月、大映テレビ・TBS) - 柴田(夫)• 第12話「娘を捨てた21年間…再会がレイプ現場!? 」(1991年、日本テレビ)• 第4シリーズ 第8話「素浪人 最後の勝負」(1992年1月16日、テレビ朝日・東映) - 花山大四郎• (1991年10月 - 1992年4月、・大映テレビ) - 萩原賢造課長• (1992年、フジテレビ) - 秋山宗一郎• 「」(1993年) - 内藤• 第2シリーズ 第12話「吉原を潰せ! 」(1993年、松竹・テレビ東京) -• (1993年、TBS)• (1994年、TBS) - 留吉• (1994年、TBS)• (1995年、TBS)• (1997年、TBS) - 山口貞夫• (テレビ朝日) - 黒川重蔵• (フジテレビ) - 山城• (2007年、フジテレビ)• 「ダブルカップル探偵」(1999年6月25日、フジテレビ)• (2000年 - 、TBS) - 御乃木三造• 火曜サスペンス劇場「」(2003年 - 2005年、日本テレビ) - 清家保• 「」(2008年 - 、テレビ東京)• (フジテレビ、2008年5月24日)• 新春歴史スペシャル「」(2012年1月2日、毎日放送) -• (2013年10月、) - 鴨川善三郎• 殺しのメロディ Lady Smith(1990年)• 河内残侠伝 軍鶏(1991年)• 塀の中の懲りない奴ら! (1993年)• 極道おとこ塾(1995年)• 4 東京大戦争(1997年) - 関東木曜会最高顧問 武山勝茂 特別出演• 殺し屋PAZUZU(2000年) - 漁師• 示談屋(2000年) - 八頭竜会会長• 日本極道史 誇り高き戦い(2000年)• 広島やくざ戦争(2000年)• 広島やくざ戦争 完結篇(2000年)• 続・広島やくざ戦争(2001年)• 実録・絶縁(2001年)• 九州マフィア外伝(2001年)• (2002年) - 関山勝• 実録・大阪やくざ戦争 報復(2002年)• 実録・山陽道やくざ戦争 覇道 完結編(2002年)• 六本木 錬金の帝王 カポネ(2003年)• 実録・東北やくざ戦争 覇桜の道(2003年) - 城東組関山一家 田畑組組長 田畑梅五郎• やくざの詩 OKITE 掟(2003年)• 実録・広島四代目 第一次抗争編(2004年) - 森田俠市• 実録・広島四代目 第二次抗争編(2004年)• 実録・広島四代目 抗争完結編(2004年)• (2004年 - 2006年、全9巻) - 遠山建設社長 遠山実• 実録・籠寅三代目 合田幸一 任侠修業篇(2004年)• 実録・籠寅三代目 合田幸一 名門継承篇(2004年)• 実録・籠寅三代目 合田幸一 関西二十日会篇(2004年)• (2006年) - 加賀組組長 加賀三郎(特別出演)• デコトラの鷲 其の五 火の国熊本親子特急便(2008年)• 千年の松 完結編(2009年) - 荒武連合総長 御堂貴臣• 日本統一 1 - 3(2013年) - 五代目至誠会会長 川端忠雄 テレビアニメ [ ]• (テレビ朝日) - アバンナレーション バラエティ [ ]• (系列)• (フジテレビ) - 6代目レポーター• () - レギュラー出演、料理のコーナーも担当• (TBS)• () - 解答者• (フジテレビ)• (フジテレビ) - 準レギュラー出演• シリーズ()• 日本テレビ)• (日本テレビ)• (制作、テレビ東京ほか)• (フジテレビ)• (フジテレビ) - レギュラー• (TBS)• (日本テレビ)• テレビ朝日• (制作、系列)• (フジテレビ) CM [ ]• バブルスター() - ・・・と共演• アサヒスーパードライ• タカラ本みりん()• 蒟蒻と海草サラダ() - 娘・アンナと共演• (、2010年)• マジックブレット(、2014年) 歌唱 [ ] シングル [ ]• VS-753)• SAS-678)• コロムビア SAS-781)• テイチク A-55)• テイチク A-63。 のちに発売禁止。 その後CD化されて発売される)• 夜遊びの帝王(テイチク ASL-3)• 男の演歌(ユニオン ULP-2012)• 梅宮辰夫ザ・ベスト(2018年1月24日 MW RECORDS DLCR-18013) 著作 [ ]• 『不良役者 梅宮辰夫が語る伝説の銀幕俳優破天荒譚』 双葉社、2019年12月 - 遺著 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「」(、2月13日放送分)によると、次郎が終戦直後、開原の病院で関東軍の引揚兵の一人だった(後に経営者)の命を助け、その後次郎がに連行され家族と引き離された際、柳澤が残された辰夫ら家族の引揚を開原から奉天まで手助けした。 なお、次郎は八路軍により連行される途中の列車から脱出し逃亡、先に到着した奉天で身を潜め、その後に開原から奉天に到着した家族および柳澤と合流し、一緒に帰国している。 これが経緯で(平成14年)自動車盗難防止キャンペーンのポスターのイメージキャラクターに選ばれた。 愛用していた包丁セットが入っていた。 レコードを出したこともある大門は、大洲(現在の)の出身。 梅宮と離婚後、と婚約したが結婚はしなかった。 その後広島に帰郷して店を経営していたが、の一般人と再婚したという。 このあたりはの著書『ザ・ラスト・ワルツ- 「姫」という酒場』に少し書かれている。 当時クラウディアは妊娠4ヶ月でお腹の大きな写真がスポーツニッポンに載った。 クラウディアは梅宮顔負けの日本人の遊び人と1968年に結婚し、男児をもうけていて、夫婦仲が上手くいかずホステスをしているときに梅宮と知り合った。 クラウディアの夫と梅宮との間でゴタゴタがあったが、結局手切れ金を渡しクラウディアと別れさせた(「げいのう 『涙にゃ弱い遊び人』」「サンデー毎日」 1972年3月19日号 43頁) 出典 [ ]• 読売新聞 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年3月9日閲覧。 スポーツ報知 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 東映の友 1963年7月号 18頁。 『旧友再会〜梅宮辰夫と立花隆』 NHK 2009年放送• 東映の友 1961年5月号 2〜3頁。 「吉田達プロデューサーインタビュー」134—137頁。 archive• キネマ旬報WEB. 2020年4月27日閲覧。 BIG tomorrow、、2010年8月号、77頁。 デイリースポーツ 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 大手小町 2019年12月12日 2019年12月22日閲覧• ZAKZAK 産経デジタル. 2002年1月12日. 2017年3月10日閲覧。 「」講談社 1968年7月29日号 28〜31頁• : p. 2014年6月10日閲覧。 THE PAGE ワードリーフ : p. 2014年6月10日閲覧。 中西正男 2014年5月25日. THE PAGE ワードリーフ : p. 2014年6月10日閲覧。 ライブドアニュース. 2019年12月25日閲覧。 2014年5月30日時点のよりアーカイブ。 2014年5月30日閲覧。 参考文献 [ ]• 『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol. 7』、2007年。 ・植地毅(編著)『不良番長 浪漫アルバム』、2017年。。 外部リンク [ ]• 2009年のみ• - (英語)•

次の