ねずみ駆除業者。 ネズミ駆除・ねずみ駆除・退治:13,000円~&現地調査無料|ねずみ110番

【34社選抜】ねずみ駆除業者を徹底比較!

ねずみ駆除業者

数あるねずみ駆除業者の中で、優良な業者を選ぶにはどうすればよいでしょうか。 ここでは、業者選びのコツについて考えたいと思います。 優良業者見極めの2つの視点 ねずみ駆除業者にとって、一番大切なことは何でしょうか。 それは、「ねずみの被害を確実に止められるかどうか」ということです。 依頼をしたけど被害が止まらない、すぐに再発してしまう、ということでは、何のために依頼したのかわかりません。 再発はさせない」という技術があることが、優良な駆除業者の条件と言えます。 一般の方が、これをどうやって見極めればよいでしょうか。 技術は形があるものではありません。 実際に作業を行ってもらう前に、技術のある業者かどうかを判断するには、以下の2点が目安となります。 ・ねずみ駆除専門の業者かどうか• ・適正な料金設定かどうか ねずみ駆除専門の業者かどうか ねずみ駆除は、免許がいるわけでもなく、ホームセンターなどでも必要な資材を揃えることができますから、工務店やいわゆる「便利屋さん」などが副業的に行っていることもあります。 そうした業者が常に悪いとは言えませんが、やはり、専門的な知識や経験の有無は、駆除作業の質に影響します。 わずかな痕跡から、ねずみの侵入ルートを察知できるか。 どこに薬剤を置けば一番効果的かを判断できるか。 防鼠工事の手際や完成後の美しさなど、専門的にねずみ駆除の経験を積んでいないと難しいことはたくさんあります。 駆除業者には、ねずみからゴキブリ、シロアリ、イタチなど、害獣・害虫を全般的に扱っている業者もあります。 この場合、ある程度の規模がある会社であるなら、社内にそれぞれの専門家がいると考えられます。 しかし、ほとんど1人でやっているような小さな業者なのに、あらゆる害獣・害虫に対応可能などと標榜している場合は、ねずみ専門の知識・経験に疑問符が付くかもしれません。 不安に思ったらねずみ駆除の経験年数や取扱件数などを尋ねてみるとよいでしょう。 適正な料金設定かどうか 業者が提示してくる料金も参考になります。 というのも、きちんとした成果を出すためには、相応の時間と手間、資材が必要になりますから、あまり安くはできないはずです。 また、プロの業者は自分の技術に自信を持っています。 必ず被害を止められる、だからお客様にも満足してもらえるはずだ、という思いがありますから、相応の報酬をいただき、安売りをしようとは考えません。 防鼠工事までするにもかかわらず、料金は1~2万円以内でできるなど、やたら安い金額の見積もりには注意してください。 十分なコストをかけずに作業をする業者であるか、技術に自信がないため、見積もりを安くすることで仕事を取ろうという考えの業者の可能性があります。 業者選びのウソとホント 続いて、業者選びにおいて、こんな視点は有効かどうか?を考えてみましょう。 「家から近い業者」が良いか? 「家から近い業者」のほうが、いざという時にスピーディーに駆けつけてくれそうだし、良いのではないか、と考える人がいるようです。 しかし、ねずみ駆除に関して「いざという時」とはどんな場合でしょうか。 さほど緊急性のある事態になるとも思えず、仮にあったとしても、業者にも予定というものがありますから、近い業者だからといってすぐに来てくれるわけではありません。 もちろん、駆除の費用には業者の交通費も含まれていますから、あまり遠方だと難しいです。 ですが、拠点から遠くても、実は同時期に近くで別の現場があれば、その現場間で移動して作業できるため思ったより交通費がかからないという場合もあるのです。 やはり、もっとも重視したいのは技術ですので、近いことだけにとらわれるのは本末転倒ではないでしょうか。 営業年数が長い業者のほうが良いか? ねずみ駆除の技術は、経験年数によってある程度判断できます。 ある業者で長く経験を積んだ職人が、最近独立したとすると、創業1~2年でも、その業者はベテランのプロということになります。 一方で、もとの業者からは経験豊富な職人が一人減ったわけです。 この例からも、年数だけが目安にはならないことがわかるでしょう。 資格を持っている業者のほうが良いか? ねずみ駆除には、国家資格や免許制度のようなものはありません。 業界団体が独自に行う研修制度や認定資格だけがあります。 そうした資格があれば、一定の知識・技術はあるということですから、参考にはなりますが、そうした資格を得ていなくても技術を持つ業者はありますから、あくまで参考程度ということになります。 服装や話し方で判断しても良いか? 清潔感のないだらしない恰好や、あまりにも礼儀をわきまえない話し方は問題ですし、駆除が始まれば1~3か月程度は付き合うことになるのが駆除業者ですから、不快感のない人を選びたいところです。 ただし、服装や話し方は、必ずしも技術力をあらわしていない、ということは注意しましょう。 業者の中には、見積もりにやってくるスタッフと、実際に駆除作業を担当する職人が異なる業者があります。 見積もりには人当たりが良く話しぶりも流暢な営業担当がスーツ姿でやってきて契約をよく取っていくが、駆除の技術はさほどでもない……という場合もあります。 逆に、技術ひとすじの職人は、腕は確かですが口下手である、という場合もありますから、目に見える部分ばかりにとらわれないことも大事です。 複数社見積もりをする時のコツ 相見積もりはしたほうが良いでしょう。 当サイトが紹介する業者は、いずれも当サイト基準での優良業者としての審査をクリアしていますが、相性もありますから、最終的に依頼する1社は、利用する方が自分に合っていると思う業者を選びます。 そのとき、これだという1社を、業者リストから見つけ出すのは簡単ではないでしょう。 そこで、いくつかの業者に実際に会ってみて、比較検討したほうが選びやすくなります。 比較のために行う見積もりは2~3社がベストです。 ねずみ駆除の見積もりは、事前の現地調査が必須ですから、4社以上になりますと、まず、対応するだけでも大変で疲れてしまいます。 プロの業者はそれぞれにこだわりのスタイルや独自の考え方があるため、説明される施工内容もさまざまであり、あまりたくさんの業者の話を聞くと、混乱してしまいます。 かえって迷ってしまって決められなくなるおそれがあるので、2~3社の比較が選びやすいでしょう。 もし、どうしても迷ってしまったら、「一番最初に連絡があった業者」を選んでみてください。 対応の早さは業者の自信のあらわれでもあります。 自信のない業者は、他社の見積もりが気になり、様子を見てから見積もりをしようと考えて、あえて遅れて連絡する場合があります。 (連絡の遅かった業者が常に悪い業者だとは言えません。 単に、業務が忙しすぎて遅くなってしまったケースも多いです).

次の

ネズミ駆除・ねずみ駆除・退治:13,000円~&現地調査無料|ねずみ110番

ねずみ駆除業者

優良業者の選び方 本ページでは、ネズミ駆除を依頼するにあたり、詐欺業者と優良業者を見分けるポイントについてご紹介していきたいと思います。 見分け方を知ってネズミ駆除詐欺から身を守ろう 何度かくり返しています通り、ネズミ駆除というものは、そうそう頻繁に依頼するというサービスではありません。 料金相場や業界事情、駆除作業やネズミに関する知識などには、さほど精通していないという方がほとんどでしょう。 そして世の常として、そうした現状を悪賢く利用し、不正に料金をだまし取る悪徳業者は必ず現れます。 実際、悪徳業者が自ら用意したネズミの死骸を敷地内に投げ込んで契約させる、自作自演という事例もあったほど。 見積書もなにも提示せず作業しようとしたところを家主が不審に思い、警察に通報して御用となったそうです。 また、そうしたあからさまな悪徳業者でなくても、決して安くない料金を請求しておきながら、ネズミ駆除の成果がまったく出ないということもありえます。 逆に良心的な業者であれば、仮にそうなった場合、無償で作業のやり直しなどを行うといった保証を付けるなどの対応をしているということを覚えておきましょう。 幸い、今はインターネットを活用すれば、そうした情報は入手しやすい状況です。 業者選びの際は、行き当たりばったりで適当に選ぶのは厳禁。 キチンとしたリサーチをした上で選ぶべきなのです。 ズバリ優良業者を見分けるポイントはどんなところ? ペストコントロールと呼ばれる資格を持っているか? 公益社団法人ペストコントロール協会が管理している資格が「ペストコントロール」となります。 これは、有害生物全般にしっかりと制御できる技術があるか?の資格になります。 ただただ全滅させるというよりも人に被害がない程度に制御することが目的とされています。 この資格があるか?ないか?で有している知識は大きく変わるため、重要な資格であり、大きな判断材料になります。 経路を判別ししっかりと再発防止策を取ってくれるか? そもそもねずみは、侵入してくる経路を絶てば再発することはありません。 ここまでのアフターケアをしっかりと行ってくれる業者か?が判断材料になります。 自信を持っている業者の場合、2年保証などのアフターサービスを提供してくれています。 ここも判断材料にすると良いです。 そもそもねずみに対する深い知識を有しているか? 当たり前の話ですが、ねずみに対して正しく、深い知識を持っているのか?も重要な判断材料になります。 ねずみと一言で言っても多様な種類が存在します。 そして特性も異なってきます。 特性が異なれば対策方法も変わります。 このように正しい判断ができるのか?のキーポイントになるのは、知識の深さに直結するわけです。 これがあるか?ないか?をしっかりと確認しておきましょう。 では逆に、優良業者かどうかは、どのように見分けるべきでしょうか。 これらを踏まえ、総合的に判断するのが望ましいと言えるでしょう。 では、具体的にご紹介していきます。 料金の明確性 ネズミ駆除というサービスは、個々の案件ごとに、個別で見積を算出するという性質のもの。 しかし、見積で総額だけポンと提示してくるような手合いは避けた方がよいでしょう。 無償保証期間の有無・長さ 工事作業後にネズミが再発したような場合、保証をつけている業者であれば、無償にてやり直しを行なってくれます。 裏を返せば、その業者の作業に対する自信や誇りの現れでもあるのです。 技術力や施工の特長 例えば、粘着シートによる捕獲や殺鼠剤の使用といったやり方は多くの業者で行なっていますが、そこに独自の工夫をこらしている業者であれば、よりポイントは高くなると言えます。 粘着シートと食餌を組み合わせたり、独自に開発委託した殺鼠剤を使用しているなどが挙げられるでしょう。 また、超音波を使用した忌避やIPM対応の業者であれば、ペットや乳幼児のいるご家庭でもより安心です。 もちろん、新興の業者だからダメとは言い切れませんが、長くやっているところの方が信頼度が高いというのは、自明の理と言ってよいでしょう。 利用者による口コミ これもまた、その業者の顧客満足度や対応力、親身さなどを知る上で、大きな判断材料となります。 特に、内容が具体的であればあるほど、より情報としての信頼性は高いと言えるでしょう。 悪徳ねずみ駆除業者の特徴と手口をご紹介! 優良業者を見分けるポイントに加えて、悪徳ねずみ駆除業者の手口や特徴について知っておくと、見極めがしやすくなります。 悪徳のねずみ駆除業者に引っかからないためには、どのような点に気をつけて業者を選ぶ必要があるのか、しっかりと確認しておきましょう。 見極めをする時に役立つポイントについて、いくつかまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。 ポイント1. 下見をしない・説明をしてくれない 優良なねずみ駆除業者であれば、事前に下見に来るのは当然です。 作業時間やどのような作業・道具が必要なのかなどを事前にチェックするためです。 下見の際にしっかりと説明をしてくれない場合も心配です。 工事が必要な場合などには、なぜ、どのような工事が必要なのか?といった詳しい説明をしてくれるかどうかは、重要なポイントです。 このような説明を怠る業者や、そもそも下見に来ないという業者は、悪徳ねずみ駆除業者の可能性大だと思ってください。 ポイント2. 見積を出さない・法外な金額を提示する かなり数は少なくなったようですが、今でも時々あるのが、そもそも見積を出さないという悪徳ねずみ駆除業者です。 一般人が相場のわからないねずみ駆除の作業を頼む上で、見積を出さないというのは論外です。 見積を出してくれない業者は十中八九、悪徳業者だと考えてよいでしょう。 見積を出してくれるとしても、無料で行なってくれない業者にも要注意です。 そうなると、せっかく見積をしたのだから、高い気もするけどやっておこう!となりがちです。 有料で見積を出すことによって、顧客を確実に確保しようとしている悪徳ねずみ駆除業者の特徴とも言えます。 また、さらに巧妙な手口として、見積として業者が状況を確認しに来た際に、「ねずみの数が非常に多い」、「大きな巣が見つかったので、料金が上乗せになる」、「作業に手間がかかるので高額になる」など、何かしらの理由を付けて法外な費用を提示してくる業者もあります。 料金が明確でないだけではなく、現場確認が曖昧、詳しい説明をしてくれないといった業者は悪徳ねずみ駆除業者の可能性が非常に高いので、要注意です。 ポイント3. 保証期間を設けていない 作業後にネズミの巣やネズミが再び発見された場合、一定期間無料でもう一度作業してくれるという業者は優良業者のポイントの一つだとご説明しました。 反対に、悪徳ねずみ駆除業者の場合、「ねずみは一回駆除してしまえば再発はしない」と、嘘の情報を顧客に伝えたり、「再発の場合は別料金をもらう」などと説明したりします。 さらに悪質な場合では、再びネズミが発生しそうな箇所をわざと放置することでもう一度依頼させ、荒稼ぎをしようと企んでいることも。 また、「ねずみが侵入したり、ねずみの巣が発生したりしやすい場所なので、定期的に駆除するしか方法がない」などと説明する業者もあります。 その都度料金を支払わなければいけないのかなど、しっかりと事前に確認しておきましょう。 このようなことからも、保証期間を設けていない場合は完璧に駆除してもらえない可能性や、再びねずみが発生して料金を請求される可能性を疑う必要があります。 ポイント4. アフターフォローや対策指導がない 悪徳ねずみ駆除業者の手口としては、アフターフォローだけではなく、ネズミの侵入を予防する方法や再び巣ができないように、どのように対策をすれば良いかの指導が全くないということが考えられます。 悪徳業者からすれば、依頼人が安心してもう生活できることよりも、もう一度ネズミが再発し依頼してくれることが大切なのです。 ですから、お客の利益を考えてはいません。 質問にしっかりと答えてくれるか、侵入を防ぐための対策を指導してくれるかなどを確認しましょう。

次の

ハクビシン駆除、ネズミ・コウモリ等の格安駆除|クラサポの害獣駆除

ねずみ駆除業者

2020年07月08日 お客様よりアンケートに回答を頂きました。 現場調査・無料見積から施工完了まで含めアンケートに 回答を頂き、誠に有難うございま... 2020年06月25日 お客様よりアンケートに回答を頂きました。 現場調査・無料見積から施工完了まで含めアンケートに 回答を頂き、誠に有難うございま... 2020年06月10日 お客様よりアンケートに回答を頂きました。 現場調査・無料見積から施工完了まで含めアンケートに 回答を頂き、誠に有難うございま... 2020年05月28日 お客様よりアンケートに回答を頂きました。 現場調査・無料見積から施工完了まで含めアンケートに 回答を頂き、誠に有難うございま... 2020年05月14日 お客様よりアンケートに回答を頂きました。 現場調査・無料見積から施工完了まで含めアンケートに 回答を頂き、誠に有難うございま... 2020年04月16日 お客様よりアンケートに回答を頂きました。 現場調査・無料見積から施工完了まで含めアンケートに 回答を頂き、誠に有難うございま... 2020年04月01日 お客様よりアンケートに回答を頂きました。 現場調査・無料見積から施工完了まで含めアンケートに 回答を頂き、誠に有難うございま... 2020年03月19日 お客様よりアンケートに回答を頂きました。 現場調査・無料見積から施工完了まで含めアンケートに 回答を頂き、誠に有難うございま... 2020年03月10日 お客様よりアンケートに回答を頂きました。 現場調査・無料見積から施工完了まで含めアンケートに 回答を頂き、誠に有難うございま... 2020年02月20日 2020年2月19日(水)弊社社長が都立高校で授業の一環として を行いました。 (2クラスを担当) 授業内容:「社会人とし...

次の