エコ バック 手作り。 簡単手作りトートバッグの作り方【人気おすすめエコバッグ・おしゃれデザイン】

横マチつきでたっぷり入る!布製エコバッグの作り方

エコ バック 手作り

エコバッグ大 生地は 片側を輪にした状態で同じものを2枚裁断します。 今回は少し厚めのオックス生地を使用しました。 薄い生地の方が縫いやすく、完成品を丸めた時にコンパクトサイズになります。 手順1 バッグの両脇を縫う 2枚の生地を中表に合わせ、バッグの両脇(黄色の破線)を縫います。 手順2 ロックミシンをかける 手順1で縫った部分にロックミシン(ジグザグミシン)をかけます。 手順3 持ち手の部分を縫う 手順2で縫った縫いしろを中心に持ってきたら片側に倒し、持ち手の部分を5ミリ幅で三つ折りします。 アイロンで癖付けしながら待ち針で固定すると楽です。 黄色の破線部分を縫います。 (反対側も同様に) 手順4 袋の口を三つ折りして縫う 手順3と同じように、袋の口部分を5ミリ幅で三つ折りして縫います。 (反対側も同様に) スポンサーリンク 手順5 持ち手をつなげる 黄色の破線部分を縫って持ち手をつなげます。 (もう片方も同様に) 縫い代はアイロンをかけて割っておきます。 手順6 バッグの底を縫う 型紙の折り線(青色線)で生地を折り、アイロンをかけて癖付けします。 底の部分(黄色の破線部分)を縫ったら、縫いしろにロックミシン(ジグザグミシン)をかけます。 手順7 表に返して持ち手を補強 バッグを表に返します。 持ち手の部分を折り線で折ったら、アイロンをかけて癖付けしておきます。 画像のように4本縫います。 (もう片方の持ち手も同様に) 出来上がり!.

次の

簡単手作りトートバッグの作り方【人気おすすめエコバッグ・おしゃれデザイン】

エコ バック 手作り

エコバッグ大 生地は 片側を輪にした状態で同じものを2枚裁断します。 今回は少し厚めのオックス生地を使用しました。 薄い生地の方が縫いやすく、完成品を丸めた時にコンパクトサイズになります。 手順1 バッグの両脇を縫う 2枚の生地を中表に合わせ、バッグの両脇(黄色の破線)を縫います。 手順2 ロックミシンをかける 手順1で縫った部分にロックミシン(ジグザグミシン)をかけます。 手順3 持ち手の部分を縫う 手順2で縫った縫いしろを中心に持ってきたら片側に倒し、持ち手の部分を5ミリ幅で三つ折りします。 アイロンで癖付けしながら待ち針で固定すると楽です。 黄色の破線部分を縫います。 (反対側も同様に) 手順4 袋の口を三つ折りして縫う 手順3と同じように、袋の口部分を5ミリ幅で三つ折りして縫います。 (反対側も同様に) スポンサーリンク 手順5 持ち手をつなげる 黄色の破線部分を縫って持ち手をつなげます。 (もう片方も同様に) 縫い代はアイロンをかけて割っておきます。 手順6 バッグの底を縫う 型紙の折り線(青色線)で生地を折り、アイロンをかけて癖付けします。 底の部分(黄色の破線部分)を縫ったら、縫いしろにロックミシン(ジグザグミシン)をかけます。 手順7 表に返して持ち手を補強 バッグを表に返します。 持ち手の部分を折り線で折ったら、アイロンをかけて癖付けしておきます。 画像のように4本縫います。 (もう片方の持ち手も同様に) 出来上がり!.

次の

【エコバック】実は今とてもおしゃれなんです♡ブランド物から手作り|JGS

エコ バック 手作り

通勤、通学、ショッピングなど、毎日の生活に欠かせないトートバッグ。 もともとは、冷蔵庫の無かった時代に、大きな氷や食品をつめて運ぶために作られたとか。 キャンプやアウトドアでも大活躍する、キャンバス地の頑丈さと大きさが特徴でした。 今日では素材やデザインにバリエーションが増え、ファッションアイテムの一つとして定着しています。 リッチで凝ったトートバッグはもちろんあるけれど、基本的に構造はいたってシンプル。 自作するのは、そんなに難しいことではありません。 今回は、手作りトートバッグのアイデアをご紹介。 ちょっとした発想の転換で、何種類ものバリエーションが増えるから驚きです。 アイデア1. レザー風トートバッグ via: ネットで5万円越えのバッグに一目惚れした彼女。 さっそくフェイクレザーを安くゲットして手作りスタート。 レザー用のミシン針でボディの両端を縫い、底の角を8cm正方形に切り取ってマチを作ります。 バッグ上部の縫い代は縫い付けておくとスマート。 ストラップの先端をカットして、しっかり縫い付けたら完成です!DIYに見えない、すごいクオリティ!より。 アイデア2. リバーシブルで使えるトートバッグ via: 毎日ソーイングを楽しんでいるの彼女が作ったのは、色鮮やかなキャンバス地のバッグ。 しかも、リバーシブル!毎日でも使いたくなる可愛さです。 リバーシブルは基本的に2つの別々のバッグで、ストラップを挟んで上部をつなげるだけ。 意外と簡単な上、カラーやデザインを2倍楽しめておトクです。 ツートンカラーがとってもおしゃれ。 アイデア3. 縫わない!バンダナを重ねて作るトートバッグ via: 人気のバンダナバッグ。 コチラはなんと、縫わないで作るユニークなアイデア。 材料はお好きなバンダナ2枚とハサミだけ。 まずはストラップ用に、2枚のバンダナの3辺続けてぐるりとカット。 幅は約3cm。 そして残ったバンダナの周囲を内側に向け5cmづつ切り込みを入れ、フリンジを結び合わせていくだけ。 シンプルで、ストラップがさりげなく三つ編みでキュートです。 これなら簡単に作れそうです!より。 アイデア4. 枕カバーで作る縫わないトートバッグ via: 縫わない手作りトートバッグ、第2弾。 今度はのピローケースを使ったアイデアをご紹介。 枕を出し入れする側を手前にして平置きし、半分折り返します。 重なった部分に穴を開けてそれぞれヒモを通して結んだら、ひっくり返して。 底の角を合わせて再度穴を開け、ヒモでくっつけます。 上部を閉じれば、素敵なトートバッグが出現!折紙気分でトライしたいDIYです! 5. アップサイクル術!Tシャツから作るトートバッグ via: 着古したたくさんのTシャツ。 再利用できたらいいと思いませんか?3児のママのブログで、こんなにハッピーなTシャツバッグを発見!かぎ針編みで作られたバッグからインスピレーションを得たというこのバッグ、裏返したTシャツをカットして回りを縫います。 あとはハサミでジグザクに切り目を入れているだけ。 ハンドル部分は大きめのスリットを。 買い物にレジャーに、使い回したいトートバッグです! アイデア6. Tシャツから、縫わないで作る via: Tシャツは、エコバッグ作りの強い味方!またまた素晴らしいアイデアを見つけました。 まずは裏返して袖とネックラインをカットオフ。 バッグの大きさを決めたら線を引き、それに合わせてTシャツの裾をフリンジ状にカット。 フリンジを縦横に結んでバッグの底を閉じたら完成です。 制作時間わずか10分。 縫わないバッグ、第3弾でした。 子どもがお手伝いや遊びでいくら汚してもOKですね。 ブログより。 アイデア7. 長方形の布を曲げて作るアイデアバッグ via: オシャレさんな三角バッグ。 パリ発ブログ では、何種類か作り方を考案し、一番簡単な方法を紹介しています。 それは横3縦1の比率の長方形の布を3ヶ所折ることでほぼ完成するもの。 横長に置いた布の、右上の角を手前に、左下の角を上向きに折ります。 両端を近づけるように中央を折り重ね、袋状に縫い合わせるだけ。 ハンドル部をつなげてレザーを巻いたら完成。 意外と難しくないのも嬉しい所です。 ワイン専用!ボトルの持ち運びに便利なトートバッグ via: プレゼントにも、ギャザリングにも最適なワイン専用バッグをピックアップ。 作り方は、キャンバス地トートバッグの真ん中を縫っただけというイージーさ。 確かにワインが2本入ります。 カッティングマシンを使ってシールを作っています。 マシンがなくても、装飾にワイン用語を使うアイデアは真似したい!より。 アイデア9. デニムをリメイクして作るアップサイクル・トートバッグ via: タンスに眠っているデニムを蘇らせたトートバッグがこちらの。 脚の部分をカットして、デニム上部を使ったのがポイント。 丸みやポケットが活きています。 裏地と表地の間には形をキープするためパネルを入れるという裏技が。 ハンドルはH&Mの革ベルトをリメイク。 デニムと相性抜群です。 アイデア10. 斬新!ビニールの買い物袋で作るトートバッグ via: コチラの素材はなんと、スーパーのレジ袋!キッチンにストックしているレジ袋のしわをのばして6~8枚重ね、クッキングシートに挟んでアイロンを。 表裏15秒ずつくらいでビニールが溶けて密着し、プラスチックシートの完成。 それを縫い合わせてトートバッグにしちゃっています。 エコです!印刷面を上にするとインクが溶けるので裏返すか、透明ビニールを重ねて!ポーチやマットにも応用可能。 コートのベルトをストラップに使ったトートバッグ via; 色合いがお気に入りのタイダイバッグ、巾着だけど、トートバッグにしたい!そんな時はストラップを付けちゃえばいいんです。 素材はぜひ家にあるものから探しましょう。 のブログでは、古いコートのベルトを使ってリメイク。 手で縫い付けるなど、ビンテージ感を損なわないアイデアがステキです。 アイデア12. かぎ針で編んで作るトートバッグ via: 編み物をしたことがなくても、簡単にできるのが、かぎ針編み。 使うのはかぎ針一本で、縫い方もシンプルなので、初心者に最適。 思い立ったらざくざく編めるのが魅力です。 ニットのパターンを無料で提供するサイトで見つけたマーケットバッグ。 容量もあって、お買い物も楽しくなりそう。 まずはこんなニットバッグからトライしてみては? アイデア13. 半分にたたんでも使える2ウェイバッグ via: 半分にたたむとコンパクトなショルダーバッグになるトート。 それは、トートの高さ半分くらいの位置に、ショルダーストラップ用のリングタブを付ければできちゃいます!これなら大荷物の時トートで、荷物が少ない時はショルダーバッグとして使える2ウェイ。 ハンドメイドのアイデアサイトからピックアップ。 アイデア14. 枕カバーで作るエコバッグ via: 古くなったピローケスで、ステキなショッピングバッグを作っちゃおう!まずはピローケースのオープン側を上にして縦半分に畳んで。 両肩部分をカットしたら、長さ25cm幅7cmのハンドル部分が登場。 ハンドルの両端をかがり縫い、もしくは余り布でバイアステープを作って始末し、上部を繋げればOK。 プレゼントしても喜ばれそう!のブログより。 アイデア15. シルエットがかわいいノット・バッグとは? via: 肩にかけても腕に下げても、そのシルエットがとってもチャーミングなノット(結び目)バッグ。 構造はいたってシンプルで、バッグの長いハンドルを短いハンドルに通して閉じるだけ。 このアイデアをDIYに活かさない手はない!レザーはもちろん、麻やコットン、どんな素材のバッグでも、くたっと可愛いノットができるはず。 アイデア16. ストラップを変えて楽しむトートバッグ via: プレーンなバッグも、ストラップ次第でいくらでも表情が変わります。 もし、バックルが付いていたらどうでしょう?毎日それを交換して、まるで別のバッグのように使うことができるでしょう。 バッグは布の上端を返して縫い、裏合わせにして両端を縫ったら完成。 さっそくバックルを4つ縫い付けましょう!レザー、リボン、ナイロンなど、ストラップコレクションは無限大です。 のブログより。 アイデア17. 自分で染めて色をつけたトートバッグ via: 毎日のお買い物やちょっと近所を歩くには、シンプルなトートバッグで充分。 でも、自分で好きなように染めてDIYできたら、もっと気分が上がりそう。 ブログでは、オレンジとピンクの明るいグラデーションバッグを紹介。 染料を買ってきて、バケツに用意し、30~40分つけて置くだけです。 濃いめがいいなら、充分にすすいだ後もう一度。 染料が手につくので、ゴム手袋は必ずつけてくださいね! アイデア18. ワンストラップのちょっとユニークなトートバッグ via: 持つだけでバッグの口が閉じる、画期的なワンストラップバッグ。 がま口の金具のようなフォルムのトート、ちょっと見たことないですよね。 このバッグを設計したでは、汚れやすい底部と内側にダークなファブリックを使うなど、細部に至るまで繊細なセンスを発揮。 見た目ほど難しくないので、このアイデアはぜひトライしてみて! アイデア19. 本格的なキャンバス地のトートバッグ via: シンプルなキャンバス地トートバッグをDIYしたから。 裏地やモノグラムのペイントなど細部までこだわって作られたバッグは、手作りとは思えないクオリティ。 3重に重ねられた底は丈夫でしっかりしているので、この作りなら重い荷物でも安心して持ち運びできそう。 裁縫に慣れてきたら試してみたいトートバッグ作りです。 アイデア20. 裏地をつけるだけで印象が変わるトートバッグ via: チープなトートも、裏地を付けることで格段にグレードアップします。 リメイク法は二つ。 裏地にポケットを付け加えれば、さらに使い勝手はアップしそう。 このテクニックはのブログから。 アイデア21. 折りたたみできるバッグ via: アウトドアや旅行先で役立つ、かさばらない折りたたみタイプのバッグ。 いちいち買ってはいられない!手持ちのトートをリメイクしましょう。 まずはバッグを平置きし、左右から畳んでくるくると丸めて。 これで、バッグ上部センターに取り付けるストラップの長さと、スナップの位置が解りますね?留め具はボタンでもカワイイ。 のアイデア。 アイデア22. 肩掛けもできるトートバッグ via: こちらは肩がけも出来るロングストラップがポイント。 中表に合わせた袋の間にストラップを挟んで縫い合わせます。 持ち運び用の短いストラップも付いて、便利な2way。 サイトから。 アイデア23. リボンのワンストラップ・トートバッグ via: ストラップの素材はいろいろあるけど、こんなリボン風もステキ。 印象的なプリントのトートバッグをぐるりと囲むように黒いリボンが縫い付けてあります。 上部内側も同じリボンで仕上げを。 バッグの柄と、リボンのカラー。 組み合わせを考えるのもワクワクしますね。 のアイデア アイデア24. ブランケットから作るトートバッグ via: ラストは丈夫で明るいファブリック、インディアン布を使ったリメイクをご紹介!底は楕円にして、長さにあった長方形の布を筒状に縫い、つなげるだけ。 自作したタッセルとストラップを付けたらステキなバッグのできあがり。 ブランケット用の厚めのクロスを見つけたら、ぜひトライして!より。 おしゃれにトートバッグを使うなら、裏地にもこだわりたいところです。 最近ではセリアなどの100円ショップでも、かなりセンスの良いカットクロスがたくさん売られるようになっています。 もちろん専門店に行けば、より多くの選択肢があります。 そうした生地を使って、自分好みの裏地ありトートバッグにするのがおすすめです。 裏地の活かし方をさらに一歩進めて、トートバッグをリバーシブルで使うというのもおすすめです。 表面と裏面、その日の気分でお気に入りの柄を使い分けることができるのは、自作ならではの楽しみでしょう。 しかも、単なるリバーシブルだけではなく、そこにポケットなどを付ければ使い勝手もさらに良くなります。 ポケットにはお好みでレースなどの装飾を施してみても良いでしょう。 こちらはhiro hiroさんのアイデアです。 一般的に多くのトートバッグは開口部がそのまま開いた状態になっています。 しかし、雨の日のお出かけや、大事な書類などを入れていて間違っても外にばらまきたくない場合、またバッグの中を見られたくないときなどは、ピッタリ閉じたものが欲しいところ。 そんなときに役立つのがファスナーです。 トートバッグにファスナーを付けるためには、そのためのマチをとることが必要です。 マチの幅は、数センチから10センチ程度として、そこに縫いしろを余計に1センチほど取りましょう。 バッグの外側から裏地の方に向けて生地を折り返し、マチをとります。 そこにファスナーを縫い付けると、仕上がりがきれいで密閉性も高まります。 chibi-akiさんのブログから。 自作でトートバッグを作るときには、基本的に型紙が必要になります。 しかし、自分で型紙を作るのは手間ですし、ネットなどで型紙を手に入れたとしても、あまり複雑すぎるものは作るのが大変です。 そこで活用したいのが紙袋。 カフェや雑貨店などで手に入る紙袋が、そのまま型紙としても使えるのです。 方法は簡単です。 作りたい大きさと同じ程度の紙袋に、ちょうど半分になるようにマチの中央からハサミを入れて、袋を前後2つに切り離します。 すると平面の形になるので、これがそのまま型紙となるわけです。 あらかじめ紙袋の時点で形やサイズが分かっているため、仕上がりがイメージと異なることもありません。 持ち手については、多くの紙袋はやや短めになっていることが多いので、肩にかけるようなスタイルにするのであれば、生地の長さを調整するようにしましょう。 ラフ・パターンさんのアイデアです。

次の