キス だけ で feat。 【菅田将暉/キスだけで】の歌詞の意味を徹底解釈

菅田将暉/あいみょん『キスだけで』歌詞の意味を解釈。女だからが意味するものとは?

キス だけ で feat

こんにちは、休日ミュージシャン育成トレーナーの織沢てつろうです。 今回は 【キスだけで】菅田将暉feat. あいみょんについて解説していきたいと思います。 男女のデュエットですが、通常のデュエットと違って、 男女の担当が逆になっております。 女性を表しているであろう部分を 菅田将暉氏。 男性を表しているであろう部分を あいみょん。 という感じで、なかなか面白い試みでございます。 昭和歌謡なんかにはよく見られましたが、最近だと珍しいですね。 ちなみに、アーティストネームがフルネームの人は、さんや氏をつけてますが、 ニックネームになってたり、ユニット名には、さんをつけないで表記しています。 特に深い意味はないんですが、読んでて違和感あるかないかってくらいなものなので、そう認識していただければと思います。 では、曲の解説にいってみましょう。 もくじ• 登場人物の距離感をイメージする。 この曲、なかなか歌詞が大胆でして、直接的な表現もちょこちょこ出てきたりします。 曲調からもわかる通り、静かな雰囲気で歌うってところはどなたもすぐイメージ出来ると思うのですが、 ただ静かに歌うっていうだけだと、 ただの小さな声になってしまいます。 そんな時に、判断材料の1つとなるのは、 登場人物の距離感です。 精神的な距離感もそうなんですが、この曲に限らずあいみょんの曲は、 景色や状況が描写されていることが多いです。 これは、私の勝手な解釈が含まれますが、でもってちょっと過激な表現になってしまいますが。 【私今日は女だから】 これ多分、 【私今日はあの日だから】だと思うんですよね。 それに加えて、 【そっと触れていたい】 【背中合わせの夜】 という節があります。 ということは2人は、 同じ場所、それも 手の届く位置にいるんです。 その距離の人にささやくような歌が適しているんじゃないかなと思います。 どの距離の人に伝えるかで声(歌)は変わる。 近くの人にささやく時• 向かい合ってる人と話している時• 遠くの人を呼ぶ時 伝えたい人がどれくら離れているかで、声は変わっていきます。 これは話す時だけのことじゃなく、歌う時にも重要なイメージの1つです。 ボイトレを受けたり、自分で練習して声量があって良く通る声が出るようになったからと言って、 全部そのようにして歌ってしまうと、 空気の読めないうるさい歌になってしまいます。 【キスだけで】は、相手との距離はかなり近い状態ですよね。 基本的な歌声は、目の前の人にむけて歌うようにすることが大事です。 息の吐き方が変わっていることを認識する。 距離感を意識をすることで、声に影響する部分は多々ありますが、 ここでは息の吐き方の違いにフォーカスしてみましょう。 近くの人に向けて歌う時。 息を顔の前面に充満させるようにフワッと吐く。 このようなイメージです。 実際の歌声を注意して聞いてみてください。 2人の声に かなり息が混ざっているのが分かるかと思います。 この声がなんとも言えない切なさを感じさせます。 理屈では、声帯の力が抜けて息が少し漏れているいるような状態です。 息が個性になる。 その昔、桃色吐息なんて曲もありましたね。 息っていうのは、色気だったり、妖しさだったり切なさ、艶なんかを感じさせる効果があったりします。 ただ単に声を張るような歌より、 その人自身が持つ色気を感じさせやすいんですね。 この曲に関しては、2人の登場人物の距離感は変わらないので、全体的に少し息を多めの意識で歌ってみるのがいいでしょう。 力みのない高音を!! この、少し息混じりの声ですが、 低音部分と、高音部分でそれを維持するのが難しいのが問題です。 低音部分では、 息が漏れすぎてスカスカの声になってしまう。 高音部分では、 声を張り上げてしまって喉声になってしまう。 こんな状態になってしまう人も少なくないんじゃないかと思います。 これはもうどんな人も最初はそうなので、落ち込む必要はありませぬ。 歌では、 地声の方が出してて楽な部分と、 裏声の方が楽な部分があります。 これをなんども行き来しながら、同じ声質でやろうっていうんだから難しいのは当然です。 安定した息混じりの声を使えるようにするエクササイズ ということで、このコントロールが出来るようにすためのエクササイズをご紹介。 口を閉じて、【ンー】のハミングで歌う。 口を半開きにして【ムー】のハミングで歌う。 口を実際の歌唱の時と同じようにして【ハー】のハミングで歌う。 ハミングの状態で、歌詞をつけて歌う。 この練習は、音程の高低に関わらず、同じ声質で歌えるようにする狙いがあります。 最初は口を閉じて、力みにくいように。 そこから 実際の歌唱に段々近づけていくという流れですね。 レッスンでは、いきなり曲で歌わず。 狭い音域のハミングで練習、段々音域を広げていき、 実際の歌唱にしていくことが多いです。 いきなり曲で実践するのはなかなか難しいので、音階練習から行うのですが、 この曲は、比較的にテンポもゆっくりで、音程の高低差もそこまで広くないので、 曲で練習するやり方でも大丈夫です。 曲ではなかなか難しいなと感じた方は、ピアノを使ったりして音階練習から初めてみてくださいね。 音程に左右されず同じ声質で歌えるようになると、 すごく自然体な歌が歌えるようになります。 特にバラードのAメロなんかで効果を発揮するので、練習してみてください。 以上、 キスだけで 歌詞の意味と歌い方解説菅田将暉feat. あいみょん〜デュエット編〜でした。 それでは、また次回のブログでお会いしましょう。 それが、 です。 Free Time Music school では、この を 期間限定で無料プレゼントしています。 レッスン生限定のコンテンツを、無料でゲットしたい方は.

次の

キスだけで feat. あいみょん 菅田将暉 歌詞情報

キス だけ で feat

カテゴリ• 【菅田将暉コメント】 初めてあいみょんの曲を聴いた時に勝手ながら縁を感じ、この人に会いたい!と強く感じたことを覚えています。 会わなきゃ、と言うか、あんな衝動に駆られたのは初めてでした。 そこからは早かったです。 対談を経て、気づいたら公園で一緒にギターを弾き、歌い、隣にいるひゅーいくんはベロベロな中、「何か作りたいね」なんて話をしながら彼女と朝まで恋バナをしました。 そしたらふと携帯に言葉をメモリ、こんな感じかな?と、彼女は歌い出し、それがもう今の曲でした。 まんまです。 その場で完成しました。 そのスピードと形にする力を間近で見れた事は僕にとって財産です。 初めて感じたあの衝動の答えがそこにありました。 普遍的なものを作れた事に豊かさを感じています。 是非聴いてみて下さい。 宜しくお願いします。 菅田将暉 【あいみょんコメント】 菅田将暉さんのコメントが全てです。 本当にありがとうございます。 新しい 領域、未体験の音域。 とてもチャレンジな曲になったと思います。 沢山の方に聴いてもらえますように。 アルバムに参加できて嬉しかったです。 s ちょっと何かコメントで小ボケを挟もうかなぁ、と思ったけど、だっちんのコメントがあまりにも完璧すぎて辞めました。 菅田将暉 オフィシャルサイト より あいみょんさんが菅田将暉さんのコメントに任せているようなのでそちらに注目 してみたいと思います(笑) 今作は「会いたいという衝動」「その場の流れ」といったもので構築されていっ た部分が多いと理解できます。 前回、菅田将暉さんと米津玄師さんが曲作りしたときにも「なんかやりたいね」 と雑談しながら作品が出来上がったのを思い出しました。 曲の技巧やスタジオに缶詰のイメージがプロの音楽には定着しがちですが、音楽 の原点である雰囲気とか楽しむなどを大事にしている点に筆者は共感しました。 さらにお二人の会話の中で「男女別々に歌うのはどうか」という提案があったそ うです。 今作では女性パートを菅田将暉さんが、男性パートをあいみょんさんが歌い上げ るという思考が凝らされています。 そうすることで男女の色々な性質や感情を露呈することができ、また男女平等に 共感できるエンターテイメントとなると考えたそうです。 それではさっそく歌詞の意味を考察していきたいと思います。 タイトル『キスだけで』とは 「キス」とはお互いの感情が非常に高まり興奮を覚える行為の 一つと言えます。 愛情表現の一つでありキスにも色々な種類がありますが、それ らについて余り多く論じると別の記事になるのでやめます(笑) さて通常キスが交わされると「冷静さ」や「理性」といったも のが働かなくなったりします。 「キス」は「衝動的」また「本能的」とも結びつく場合が多い のです。 歌詞全体を考慮すると「キスだけで」二人が出会って同じ部屋 に居る、気持ちのやりとりをする様子が描かれています。 そこに「段階を追った交際」といった側面は皆無である点にも 注目できます。 今作はキスを「確かなもの」として扱う反面「不確かなもの」 として書き出している部分も見られます。 この点はキスだけで結ばれた二人の情熱的な面と儚さを同時進 行で描いているのだと筆者は考えました。 『キスだけで』歌詞の意味 女の性 私今日は女だから 今日は女だから きっと 抱きしめてもらえないでしょう 今日は女だから 今日は女だから ずっと 溢れているでしょう 確かめなくても 湿ってく 揺らいでく 沈みたいの 今作の歌詞全体で「女」という性別が登場してきます。 女性のあらゆる面について男性目線また女性目線で語ら れています。 歌詞冒頭では女性パートが扱われています。 注目したいのは「今日は女だから」という表現です。 文字通り性別が日によって入れ替わることはありません。 ですからこれは「いつもより女性らしく」という意味で 間違いないでしょう。 「抱きしめてもらえない」のはどうしてでしょうか。 相手の男性がいつもと違ったオーラを放っている女性に 戸惑っているのかもしれません。 「ずっと 溢れている」「湿っていく」「揺らいでいく」 のはすべて「心の状態」を描写しているのだと解釈でき ます。 彼を愛する気持ちが彼女の心の中に溢れてくるのです。 そしてそれは湿っていくように深く全身に行き渡ります。 しかし時に自分の気持ちがわからなくなり不安を感じて 揺らぐ場合もあるのでしょう。 「沈みたいの」とは彼という存在に堕ちていきたいとい う依存のような面を表現しているように思えます。 ここから男性パートに切り替わったことを理解できます。 男性から見て女性は「忍ばせている」つまり心の奥底に 本心を隠しているのだと思っています。 それが見えないからこそ男性も間合いを測るようにして 接しているのです。 彼は女性への接し方を熟慮し「そっと」触れることから 始めます。 乱暴や粗暴な振る舞いは相手を傷つけ「女性への敬意」 を払っていないことになるからです。 それでもいつまでも身構えていたり間合いを取っている と彼女の想いや気持ちが冷めて行くのも感じています。 冷静と焦り、愛の差引とも言えるやりとりは彼の頭と心 を大変悩ませたに違いありません。 面と向かえない愛 背中合わせの夜 心臓泣かせの夜 重なり合いたい気持ちをまたいで 抱きしめて キスだけで 私今日は女だから お前今日は女だから いつも女だから いつも女だから 今日も2人だから MVでも菅田将暉さんとあいみょんさんが背中を合わせて ベッドに座っているシーンがありました。 これは面と向かって愛し合えない二人を表現しています。 お互いの気持ちにもまだ向き合えていないとも言えます。 「心臓泣かせ」つまり心臓が壊れるくらい鼓動は高鳴り 興奮冷めやらぬ状態に二人はなっていきました。 そしてラストの歌詞だけ「いつも女」というフレーズが 使われています。 これは男性女性双方が口にしているフレーズです。 ですから男性側が相手が自分を必要とする女性であり、 女性が自分は相手から必要とされている女性であると 認めていることを示唆しています。 共通の理解と認識に至った二人はそのままベッドに身 を委ねていきます。 MVでは2体の操り人形が背中合わせの状態から倒れて いく演出で伝えられていました。 キスだけで引き寄せられた二人は不確かな関係の一歩 先に進んだ、、 そう実感したに違いありません。。 まとめ いかがだったでしょうか。 これまで記事をたくさん執筆してきたのですが、キスについて 序盤から長々と綴ったことは無かったので何だか不思議な感覚 です(笑) あいみょんさんが絡んだ作品はどうしてもストレートでアダル ティな要素が含まれるという印象です。 それでも男女のリアリティに富んだ日常を切り取りリスナーに ダイレクトに伝達している点が良かったと思います。 そして菅田将暉さんが歌う女性パートが愛らしく、あいみょん さんが歌う男性パートがクールに聴こえる不思議な感覚に包ま れました。 お二人とも素敵でスケール感の大きい作品を有難うございました。 今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。

次の

菅田将暉 『キスだけで feat. あいみょん』歌詞の意味を考察・解釈

キス だけ で feat

私今日は女だから 今日は女だから きっと 抱きしめて もらえないでしょう 今日は女だから 今日は女だから ずっと 溢れているでしょう 確かめなくても 湿ってく 揺らいでく 沈みたいの キスだけでいけそうなの 傷だらけになるとしても キスだけでここにきたの やるせないね やる気ないね? お前今日は女だから 今日は女だから ちょっと 忍ばせているでしょう お前今日も女だから 今日も女だから そっと 触れていたい 待ち構えていても 歪んでく 乾いてく 急がなくちゃ キスだけでいけそうなの? 傷つけてもかまわないの? キスだけでここにきたの? やるせないね 眠れないね 背中合わせの夜 心臓泣かせの夜 重なり合いたい気持ちをまたいで 抱きしめて キスだけで 私今日は女だから お前今日は女だから いつも女だから いつも女だから 今日も2人だから 引用:「キスだけで feat. 普段から親交のあった二人の「共に何かを作りたい!」という想いが形になった楽曲で、作詞作曲は あいみょん が担当しています。 初めてあいみょんの曲を聴いた時に勝手ながら縁を感じ、この人に会いたい!と強く感じたことを覚えています。 会わなきゃ、と言うか、あんな衝動に駆られたのは初めてでした 対談を経て、気づいたら公園で一緒にギターを弾き、歌い、隣にいる(石崎)ひゅーいくんはベロベロな中、『何か作りたいね』なんて話をしながら彼女と朝まで恋バナをしました。 そしたらふと携帯に言葉をメモリ、こんな感じかな?と、彼女は歌い出し、それがもう今の曲でした。 まんまです。 その場で完成しました。 そのスピードと形にする力を間近で見れた事は僕にとって財産です。 初めて感じたあの衝動の答えがそこにありました 『キスだけで feat あいみょん』は男女のストリーを描いた曲なのですが、歌うパートが普通の男女コラボとは違うのが特徴。 菅田将暉さんが 女性目線で女性パートを歌い、あいみょんが 男性目線で男性パートを歌うというもの。 それぞれの目線があえて逆になっているという部分も注目の曲ですよね。 菅田将暉「キスだけで feat あいみょん」歌詞の意味は? というわけで、菅田将暉さんと あいみょんがコラボした『キスだけで feat あいみょん』の歌詞について考察と解説をしていきます。 あいみょん にとって 歌詞は「想像させてなんぼ。 」という考えのようですが、この歌詞ではどんな想像をかきたててくれるのでしょうか? 「女だから…」で連想できる体の状態 私今日は女だから 今日は女だから きっと 抱きしめて もらえないでしょう 今日は女だから 今日は女だから ずっと 溢れているでしょう 引用:「キスだけで feat. 」という言葉が繰り返されますが、これは女性の体の状態を表しています。 つまり「 今日は生理だから」という意味。 歌詞中に直接的な表現はありませんが、「今日は…」という期間も限定されたような表現で女性特有のものといえばやはりそうなってしまいますね。 さらっと聴き流せば、この男女は特殊な関係性を持った「キスだけの関係」と受け取れなくもないですが、、、、、。 どうやら 男女間のリアルな一コマを切り取った歌詞になっているようです。 「今日は女だから、抱きしめてもらえないでしょう」というのはそのまんま・・・「今日は生理の日だから、そういう行為には及べない」ということを歌っています。 MVでは菅田将暉さんが女性目線で歌いながら、切ない表情を浮かべています。 どちらかというと、 申し訳なさそうな雰囲気でテンションの低さが伺えますね。 ところで「 ずっと溢れているでしょう.. 」は、二つの意味で取れます。 1つ目は赤いアレが溢れているという表現。 そして2つ目は彼への愛情が溢れているという表現です。 確かめなくても 湿ってく 揺らいでく 沈みたいの 引用:「キスだけで feat. でも今は体が受け入れられる状態じゃない。 人によっては、その日はそんな気持ちになれない方もいるので、この曲は誰にでも共感できる歌詞ではないかもしれません 1番・サビ キスだけでいけそうなの 傷だらけになるとしても キスだけでここにきたの やるせないね やる気ないね? 引用:「キスだけで feat. 彼との 限られた触れ合いとなるキスだけで、それだけの感情の高ぶりと絶頂を感じられるという、色気のある表現だと思います。 「やるせないね」は、「気持ちのやり場がない」という意味。 感情のやり場のなさを感じる歌詞ですね。 「キスだけで」2番Aメロ お前今日は女だから 今日は女だから ちょっと 忍ばせているでしょう お前今日も女だから 今日も女だから そっと 触れていたい 引用:「キスだけで feat. 「忍ばせる」というのは、気づかれないように隠し持つという意味。 もしかすると、この彼女は「今日は生理」ということをあえて言うこともなく..。 「今日も女だから」で初日ではないということも分かるわけですが、彼女の気持ちも察しつつ、そっと触れていたいという彼の優しさも感じる歌詞です。 待ち構えていても 歪んでく 乾いてく 急がなくちゃ 引用:「キスだけで feat. 女性は感情で重なることを求めますが、男性はどうしても、体に起こる生理現象が感情よりも優先されてしまいます。 そんな男女の違いが現れている部分のようにも感じます。 「キスだけで」2番サビ キスだけでいけそうなの? 傷つけてもかまわないの? キスだけでここにきたの? やるせないね 眠れないね 引用:「キスだけで feat. この彼女への質問とも取れる言葉の裏には、彼の隠された感情があるようです。 彼氏の優しさを感じますね。 二人はこんな気持ちのまま、眠れない夜を過ごすのでしょう。 「キスだけで」Cメロ~ラスサビ・歌詞の意味 背中合わせの夜 心臓泣かせの夜 重なり合いたい 気持ちをまたいで 抱きしめて キスだけで 私今日は女だから お前今日は女だから いつも女だから いつも女だから 今日も2人だから 引用:「キスだけで feat. 「心臓泣かせ」というのは、二人とも感情は高ぶっているのに、その気持ちのやり場がない。 ということでしょう。 この状態は数日は続きそうです。 だから、今日も「キスだけで…」 後半では、「今日は女だから」「いつも女だから」と繰り返されます。 もう一つは、 『女』という生き物という事。 女だから、感情だけで満足できるのよ• 女だから、時にはあなたを求めるのよ• 「やっぱり、お前は女だからな.. 」という男目線の女性を理解しようとする気持ち。 「私って女なんだからね…」という、女を理解できない男に対しての、女性目線の深い意味。 それらをすべてひっくるめて 「今日も2人だから」と、これからも続いていく二人の愛。 何気ない日常の切り取り方が素晴らしいですね。 とてもおしゃれな雰囲気漂う曲なのですが、以外にもちょっと生々しい男女の関係性を歌った曲でした。 そして、それぞれがお互いに思いやりを持って考えているという、優しさを感じる歌詞でもありました。 聴き手の恋愛経験でどうにでも解釈できる今回の楽曲「キスだけで」。 あなたは、どの目線で、どのように解釈しましたか?.

次の