クレジット おすすめ マイル。 JALマイルが貯まるクレジットカードのおすすめ人気ランキング6選【Suica・PASMO付きも!】

【最新】JALカードのおすすめはどれ?種類を比較【JALマイルが貯めるクレジットカード】

クレジット おすすめ マイル

個人事業主やフリーランスならば、事業用にクレジットカードを作ろうと考えたこともあるだろう。 事業専用カードを作ると、 経費の支払いが可能となり、経費管理も楽だ。 さらに経費をクレジットカードで支払ってもマイルが貯まり、ビジネスだと経費の金額が多くなるので、マイルがどんどん貯まる。 クレジットカードを使ってより多くのマイルを貯めるならば、 経費の支払いをすべてカード払いにすることだ。 経費にできるものはいくつもあるのでカード払いにすると、支払額が多くなりマイルがたくさん貯まる。 原則として経費は個人用クレジットカードでは支払いが認められないので、経費の支払いのできる法人クレジットカードを作成しておくことだ。 今回は、 個人事業主や フリーランスにおすすめの法人クレジットカード、そしてマイルの貯め方をご紹介する。 マイルを貯めることを前提として法人クレジットカードを選ぶ場合、 還元率以外に、 審査の通りやすさやどんな 特典が利用できるかもチェックしておきたい。 開業したばかりの個人事業主でも審査に通る可能性の高いカードや、ビジネスに役立つ特典があるカードなど、自分に合ったカードを選ぼう。 ・ 法人クレジットカードがおすすめ 個人事業主やフリーランスなど、自分で事業を行っているなら、事業用に1枚クレジットカードを持つと良いだろう。 個人用のクレジットカードでも、十分に支払いはできる。 しかし事業用のクレジットカード、つまりは法人クレジットカードを持てば、メリットを得られるのだ。 法人クレジットカードとは? 法人クレジットカードとは、 事業経費の支払いを目的としたクレジットカードである。 ビジネスカードとも呼ばれており、事業を行っている人なら誰でも作成可能だ。 法人クレジットカードは、カード表面に使用者の個人名、さらに会社名や屋号が入る。 これによって、自分の事業で使うカードであるとわかるだろう。 個人事業主やフリーランスでも作れる 法人クレジットカードは、 法人の役員などの他に、個人事業主、フリーランス、さらには副業をしているサラリーマンでも作成可能だ。 つまり何かしら事業を行って収入を得ていれば、作れるクレジットカードである。 カードを作成したときは、 法人名義の銀行口座から引き落としがされる。 経費の決済をカードで行えば、現金精算や立替金精算など必要なくなり、 経理事務が楽になるのがメリットだ。 作成するには条件があり、 開業後3年以上なおかつ2期連続黒字であることが、1つの目安とされている。 ただし、一部のブランドのカードにおいては、開業した1年目でも作れる可能性の高いクレジットカードがある。 経費の支払いができる 個人事業主やフリーランスがクレジットカードを持つなら、法人クレジットカードが良いだろう。 個人用のクレジットカードは、生活資金の支払いを前提としているので、仕事の経費の支払いはできない。 事業経費を支払うなら、支払いが認められている法人クレジットカードを持っておいた方が、後々面倒にならない。 個人と事業の線引きをしておかないと、税務調査が入ったときに大変だ。 例えば、レストランに行き食事をした後の会計をクレジットカードで支払い、プライベートなのか、それとも仕事の打ち合わせや業務のために使ったのか、わからなくなるときがあるかもしれない。 もしもプライベートの支出を、自分が経費として考えて税務申告すれば、脱税と見なされる可能性があるのだ。 脱税や税務署から不審に思われないために、法人クレジットカードを持っておくことをおすすめする。 経費の支払いをカードで行えば、その分マイルも貯まりやすくなるだろう。 またカードによっては、 福利厚生サービスも提供しており、会社に所属していなくても、会社員なみのサービスを受けられる。 法人クレジットカードの選び方 法人クレジットカードの選び方には、いくつかポイントがあるのでご紹介する。 審査が通りやすいか? 審査が通りやすいのかどうかは、カードを作る上では、重要なポイントだろう。 いくらマイルが貯まりやすく、サービスの充実したクレジットカードでも、審査が厳しく事業を始めたばかりでは作成できないとなると、カードを持ちたくても持てない。 先にも記載の通り、審査基準としては、 ある程度の事業年数と黒字が必要だ。 しかし カードによっては、起業1年目でも作成可能としているので、起業したばかりならそのようなカードに申し込むと良いだろう。 マイルがよく貯まり、カード特典が充実 マイルを貯めたいなら、マイルの貯まりやすいカードを持った方が良いだろう。 1つには、 還元率はいくらなのか、という部分を見るようにしておく。 法人クレジットカードを作るときには、 カード特典もあわせて確認したい。 特典としては、例えば、 コンシェルジュサービス、福利厚生、空港ラウンジ利用などがある。 特典は多いに越したことはないが、自分が使うような特典が充実したカードが良いだろう。 マイルを貯めるなら経費はカード払い マイルを貯めるならば、飛行機に乗るのは基本の方法だろう。 しかし普段から飛行機に乗らないような人は、この方法でマイルを貯めることはしにくい。 多くのクレジットカードでは、1. 経費はカード払いにする 普段飛行機に乗らないという人は、クレジットカードを使って経費を支払い、マイルを貯めるのがベストだ。 個人事業主やフリーランスが経費として支払えるものは、いろいろある。 公共料金• 通信費• パソコンやスマホ本体代金• 交通費• 出張費 経費として一般的に考えられるのはこれらであり、またカフェの代金、講演で使う場所代やスーツ代など、仕事で使い発生するお金は経費と認められる確率が高い。 法人クレジットカードは個人用には使わない 遊びのために使うゲームソフト代、スマホゲームの課金、休日に遊びに行った遊園地や映画館の料金など、仕事と関係ない費用はビジネスカードで支払うべきではない。 仮に 法人クレジットカードで支払うと、会社からお金を借りたということになるのだ。 このために、後で会社にお金を返さないとならず、会計での仕訳が複雑になり、面倒な作業が増えるだろう。 どうしてもカード払いをしたいなら、個人用のクレジットカードで支払うべきだろう。 宿泊費をカード払いする 打ち合わせの出張や何かの講演のために、移動してホテルに泊まったときの宿泊費は経費になり、ビジネスカードでの支払いが可能だ。 宿泊費は金額が高いので、マイルを貯めるには良い方法だろう。 またホテルまでの移動にかかったお金も経費として落とせる。 電車代、車でのガソリン代、タクシー代、高速バス代、飛行機料金などである。 これらも法人クレジットカードで支払い経費としておき、マイルを貯めるのに使って良いだろう。 おすすめのクレジットカード 法人クレジットカードはいくつもある。 ここではおすすめのカードをご紹介するので、是非とも参考にして欲しい。 アメックスビジネスゴールド 事業を開始したばかりの個人事業主でも、審査が通る確率の高いクレジットカードだ。 アメックスという ステータス、高いマイル還元率、充実した特典と3拍子揃い、ビジネスカードとしても人気である。 無料の福利厚生プログラム、コンシェルジュデスク、ホテルやレストランの優待プログラムなど、特典が充実している。 マイル還元率は0. ANAマイルを貯めるなら、年会費3,000円 税別 の メンバーシップ・リワード・プラスに加入すれば、 還元率1. 個人事業主になったばかり、副業を開始したばかりなどの人でも作成可能で、作りやすいクレジットカードである。 その他のスペック 追加カード年会費: 1枚12,000円 税別 ETCカード: 5枚まで発行可能・年会費500円 税別 /枚 限度額:申告内容や利用実績に応じて JALマイル還元率: 0. プラチナカードながらも、 年会費は20,000円 税別 となっており、負担少ないクレジットカードだろう。 起業したその日に申込をしたら審査に通りカードを作れたという話もあり、セゾンプラチナも作りやすいクレジットカードだ。 JALマイル還元率は1. カード特典としては、 コンシェルジュデスク、空港ラウンジ利用、優待プログラムなど、こちらも魅力多い内容になっている。 年会費20,000円 税別 でコンシェルジュデスクが使えるのは、破格のサービスだろう。 スペック 年会費: 20,000円 税別 追加カード年会費: 1枚3,000円 税別 ETCカード: 5枚まで発行可能 ETC年会費:無料 限度額:申告内容や利用実績に応じて JALマイル還元率 : 1. 例えば、 ビジネスラウンジの銀座サロン利用、会計ソフト「free」2ヶ月無料などである。 世界600ヶ所以上の空港ラウンジも利用できる。 追加カードの年会費は何枚でも無料で、社員に発行したいときには便利だろう。 ダイナースは作りにくいカードと言われているが、その中でビジネスカードは比較的作りやすい。 マイル還元率は1. マイルはANAなどの航空会社5社と交換可能だが、JALマイルには交換できないので、その点は残念な部分だ。 申込み条件としては、 個人事業主やフリーランスなど事業を行っており、なおかつ27歳以上でないとならないので、注意して欲しい。 スペック 年会費: 27,000円 税別 追加カード年会費 : 無料 ETCカード: 1枚まで発行可能 ETC年会費:無料 限度額 :制限なし ANAマイル還元率: 1. 個人事業主やフリーランスなら、事業開始したばかりでも、作成できるクレジットカードも多数ある。 マイル以外にも、それぞれのクレジットカードにはお得な特典も多く、きっと利用すると便利だろう。 事業用に1枚クレジットカードを作成し、今回ご紹介した方法を参考にして、マイルを貯めていってほしい。

次の

サルでも分かるおすすめクレジットカードランキング【2020年版】

クレジット おすすめ マイル

【クレジットカードでショッピングマイルが貯まる】 ・コンビニやスーパーでの買物 ・ネットショップの支払い ・電気料金など公共料金の支払い ・プロバイダや電話料金の支払い このような日常的な支払いにマイルが貯まるカードを使用すれば、不足しがちなフライトマイルを手軽に補うことができるのです。 現金決済派のマイラーの方は、これからは絶対にカード払いに切り替えた方がお得ですよ。 なぜなら特典航空券と交換すれば、1マイル当たりの価値は3倍以上にもなると言われているからです。 ショッピングマイル獲得は、クレジットカードの最もお得な利用法なんですね。 同じアライアンスのマイレージは相互乗り入れ可能 次に航空連合=アライアンスについても少しご説明しておきましょう。 以下が世界の3大アライアンスの名称です。 主な航空会社はこのいずれかに属しています。 スターアライアンス• ワンワールド• スカイチーム 各航空会社はそれぞれ独自のマイレージプログラムを持っていますが、同じ航空連合(アライアンス)同士であれば相互乗り入れできます。 例えば同じスターアライアンスに所属するユナイテッド航空とANAのマイレージ間では、このような交換が可能なのです。 通常カードでのマイル移行にメリットはない ところで普段使われている共通ポイントも、交換によってANAやJALのマイルに移行できることはどなたもご存知でしょう。 はJALマイルと相互交換できますし、はANAマイルに移行できます。 つまりマイルが貯まるクレジットカードを持っていなくても、交換によってマイルを手に入れることは可能なんですね。 しかし一般的なカードはマイル交換レートも低いですし、マイル獲得や旅行に役立つ特典もありません。 ただ交換できるというだけで、取り立ててお得な方法ではないのです。 でもこれからご紹介するマイルが貯まるクレジットカードなら、よりマイルが貯めやすいのはもちろんですし、旅行に役立つ特典など豊富なメリットがありますよ。 本格的にマイルを貯めたいのなら、やっぱりマイルが貯まるクレジットカードを持つ方がずっと効率的だよ。 フライトだけでなく日々のお買い物でもマイルが貯まるからね。 ANAマイルが貯まるおすすめのクレジットカード ではこれから実際にマイルが貯まるクレジットカードを順に見ていくことにしましょう。 最初にANAマイルが貯まるクレジットカードを3枚続けてご紹介します。 国内の航空会社ANAのマイルが直接貯まるので、初心者の方でも使いやすいですよ。 ショッピングで貯めたマイルは、特典航空券や座席のアップグレード、またANA SKYコインなどにに有効活用してくださいね。 コスパ最強!ANA VISA Suicaカード 最初にご紹介するのは、ANA VISA Suicaカードです。 このカードはフライトでANAマイルが、ショッピングではポイント(ワールドプレゼント)が貯まるマルチタイプです。 利用で効率よくポイントを貯めることができて、貯まったポイントはマイルに移行することができますよ。 ポイントをANAマイルに移行するには、以下2通りの方法があります。 手数料の6,000円は、移行した後ですぐに解約すれば毎年払う必要はありません。 5マイルコースなら手数料無料で交換が可能な点も魅力ですね。 また本体カードの年会費も免除条件で千円以下にできるので、カード維持費はかなり節約できますよ。 総合的に見て、ANA VISA Suicaカードのコストパフォーマンスは最高レベルです。 以下がその交換レートです。 9:1• また、ソラチカカードは陸マイラー必携のカードで、する事ができるカードでもあるのです。 電子マネーPASMOも標準搭載されてますから、空と陸両方からマイルを貯めやすいおすすめの1枚ですよ。 JRをよく利用する方ならSuicaチャージでマイルを貯められるANA VISA Suicaカード、PASMOを利用する方ならソラチカカード、リーズナブルな年会費で充実のサービスを希望ならANAアメックスがおすすめだね。 JALマイルが貯まるおすすめのクレジットカード 次にJALマイルを貯めている方におすすめのクレジットカードをご紹介しましょう。 JALマイルが貯まるクレジットカードはバリエーションが多く、交通系電子マネーとの相性が良いのが特徴です。 特定の沿線や地域にお住まいの方にお得なカードもありますので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。 マイルとJRE POINTが貯まる!JALカード Suica JALカード Suicaは陸も空もお得なクレジットカードとして大人気!利用に応じてJALマイルとJRE POINTがそれぞれ貯まります。 Suica一体型なので電車でのお出かけにもとても便利ですよ。 なおこれは全てのJALカードに共通することですが、年に3,000円(税別)追加してショッピングマイル・プレミアムに登録すれば、マイル付与率が2倍になります。 これは加盟店でJALマイルとTOKYU POINTが2重取りできる、大変お得なクレジットカードです。 貯めたマイルやポイントは相互交換可能ですから、使い方は正に自由自在。 と2枚持ちすればオートチャージでTOKYU POINTを2重取りできますし、貯めたマイルで電車やバスに乗ることも可能ですよ。 さらにのクレジットチャージでマイル2重取りできることもお見逃しなく。 このカードをJMB WAONに紐づけすれば、電子マネー利用200円ごとに3マイル(付与率1. 5%)獲得できます。 また搭乗時のボーナスマイルが割高なのも嬉しいですね。 これはJALマイルの他に小田急ポイントも貯まるお得なクレジットカードです。 このカードもPASMOオートチャージできるので、PASMOとの2枚持ちでしっかりマイルを貯めてください。 小田急百貨店ではポイント最大10%と高い付与率で、カード決済すればこれに加えてショッピングマイルも貯まります。 もちろんポイントとマイルは相互交換が可能ですよ。 海外旅行保険は補償内容はやや貧弱ですが、国内も自動付帯なのは珍しいですね。 また海外のみですがショッピングガード保険が付帯します。 お得な6つのオプションサービスがついています。 年会費は5,400円かかりますが、JAL CLUB ESTにはマイルが2倍になるショッピングマイル・プレミアムが含まれているほか、マイル有効期限の延長やボーナスポイント加算もあってコスパは最高です。 特にJALの特別ラウンジを年5回使えるのは、若い方には貴重な機会でしょう。 このカードの会員期限は、30歳になった最初のカード有効期限月の末日まで。 20代の方はお急ぎくださいね。

次の

サルでも分かるおすすめクレジットカードランキング【2020年版】

クレジット おすすめ マイル

航空会社が提供するマイレージプログラムは多種多様ですが、日本国内でANAマイルと並んで人気を二分しているのがJALマイル。 日本航空が提供する「JALマイレージプログラム(通称JBM)」で貯まるマイルのことです。 あらかじめJBMの会員になっておくと、JALグループの飛行機に乗った時や、提携先でのショッピングでJALマイルが貯まります。 貯まったJALマイルは、国内・海外航空券や商品券、電子マネーなどに交換可能。 中でも、国内航空券・海外航空券への交換は特にお得なので、それをめざしてコツコツとマイルをためているマイラーと呼ばれる人もたくさんいます。 でも、航空券に交換できるほどのマイルを貯めるのはなかなか大変!何年もかかることもあります。 そこで注目されるのが、クレジットカードを使って、より効率的にJALマイルを貯めるという方法です。 JBMとセットになったクレジットカードや、JBMと提携してポイントをマイルに交換できるクレジットカードを持つことはマイラーへの第一歩とされています。 日常的に便利に使えて、マイルもどんどんたまるクレジットカードはたくさんあるので、じっくり選んで少なくとも1枚は持っていた方がお得ですよ。 先の項目で述べたことと矛盾するようではありますが、還元率が最も高いものが一番マイルを貯めやすいとは限りません。 例えば、100円で1マイル貯まるカードと100円で1. 5マイル貯まるカードがあって、100円で1マイルの方だけ週に1度ポイントが2倍になる日があったとしたら、使う日によっては100円で1マイルのカードの方が貯めやすいかもしれませんよね。 このように還元率と合わせて、ボーナスデーなどでより多くポイントがもらえる日などのサービスがあるかどうかも確認しておくと良いですよ。 このようなチャンスの頻度やその際にどれだけポイントが得られるかなどを細かくチェックして、総合的によりマイルを貯めやすいカードを選んでみてくださいね。 まず最初にご紹介するのは、イオンが発行しているイオンJMBカードです。 こちらは、ショッピング利用で200円ごとに1JALマイルが貯まる便利なカードです。 JALが発行したカードではないため、200円=1マイルから100円=1マイルに変更できるJALショッピングプレミアムへは加入できないので、その点にはご注意を。 しかし、お客様感謝デーなどでWAONのボーナスポイントが貰える機会が多いカードであるため、イオン系列のお店をよく利用する方にとっては大活躍する一枚です。 クレジットカードには珍しく、年会費が無料なのも嬉しいところですね。 国際ブランド MasterCard JALマイル還元率 200円につき1マイル 付帯保険 - ポイントプログラム JALマイル・WAONポイント 付属電子マネー WAON 年会費 無料 こちらは通常、1000円ごとに1. 5永久不滅ポイントが貯まるカードなのですが、年会費に加えて一年につき約4000円支払ってSAISON MILE CLUBに登録すると、永久不滅ポイントとJALマイルを両方同時に貯めることができます。 SAISON MILE CLUBに登録した場合は永久不滅ポイントもマイルに交換できるため、換算すると100円で1. 1マイル貯まることになり、還元率がとても高くなりますよ。 このカードのもう一つの売りは、付帯保険が充実していること。 他のカードはカードの契約者のみに保険を掛けられるものが多くなっていますが、こちらのカードは家族にも自動付帯保険を掛けられるので、カードを持てない小さなお子さんも安心です。 iDやQUICPayなどの電子マネー機能も搭載されており、使いやすい一枚と言えるでしょう。 国際ブランド アメリカン・エキスプレス JALマイル還元率 100円につき1. 1マイル 付帯保険 - ポイントプログラム JALマイル・永久不滅ポイント 付属電子マネー iD・QUICPay 年会費 年10,000円(初年度無料) 電子マネーにお金をチャージする時、「チャージでポイントやマイルをお得に貯められたらいいのに…」と思ったことはありませんか?それを実現したのがこのカード。 こちらのカードはJALとSuicaが提携したもので、空でも陸でもお得にマイルを貯めることを可能にした一枚です。 ショッピングで利用する際にはJALマイルが200円につき1マイル貯まり、Suicaへのオートチャージや切符の購入でビューポイントが貯まります。 ビューポイントは1000円につき6ポイント加算され、JALマイルとして換算すると1000円につき約5マイルが貯められる計算になり、とてもお得ですよ。 JALカードSuicaは普通カードとCLUB-Aカードの二種類あり、CLUB-Aカードは普通カードに比べて付帯保険が充実しているのがメリットです。 国際ブランド JCB JALマイル還元率 200円につき1マイル(ショッピングマイル・プレミアムに加入した場合100円につき1マイル) 付帯保険 - ポイントプログラム JALマイル・ビューサンクスポイント 付属電子マネー Suica 年会費 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円 JALは現在、東急やSuicaなど様々な企業と提携してクレジットカードを発行しています。 そんな提携カードとは一線を画したのがこのJALカード。 JALだけに特化したクレジットカードで、提携カードでは貰えないボーナスマイルをフライトで貰うことができますよ。 ボーナスマイルは、入会後初のフライトで5000マイル、そして毎年初フライト時に2000マイル、その他フライトごとに貰えるフライトマイルが25パーセント増しで貯まります。 お仕事などでJALをよく利用する方にぴったりのカードです。 国際ブランド VISA・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナース JALマイル還元率 200円につき1マイル 付帯保険 自動付帯 ポイントプログラム JALマイル 付属電子マネー - 年会費 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円・CLUB-Aゴールドカード17,280円・プラチナ33,480円 出張などで飛行機を利用する機会の多い20代の方なら、「JAL CLUB EST」がおすすめ。 何と言ってもこちらには、その他のカードにはない特典が満載です!マイルの有効期限を通常の36カ月から60カ月に延長できるようになっている他、国際線の利用時にもビジネスクラスのチェックインカウンターや自動チェックイン機を利用できますし、国内線のみですが、サクララウンジを年5回まで利用できるのも嬉しいところ。 なお、通常の年会費に+CLUB ESTの年会費がかかるため一見割高にも思えますが、こちらのカードでは「e JALポイント」5,000円相当分が毎年プレゼントされますので、この点もカバーされますね。 上級会員向けのサービスを受けられる大変お得なカードになっていますので、対象となる20歳以上30歳未満の方はぜひご検討されてはいかがでしょう? 国際ブランド MasterCard・JCB・VISA・アメリカンエキスプレス JALマイル還元率 100円につき1マイル 付帯保険 - ポイントプログラム JALマイル 付属電子マネー - 年会費 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円・CLUB-Aゴールドカード17,280円・プラチナ33,480円(別途JAL CLUB EST年会費5,400円、ゴールド・プラチナの場合は2,160円が必要) 今回栄えある1位に輝いたのは、こちらのTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード。 このクレジットカードは、2位でご紹介した「JALカード TOKYU POINT ClubQ」に電子マネーPASMOを追加したバージョンです。 JALカード TOKYU POINT ClubQの機能に加え、PASMOへのチャージ額200円につき1TOKYUポイントが貯まるので、さらにJALマイルが貯めやすくなっています。 年会費を考慮すると、コストパフォーマンスがとても良く使い勝手の良いクレジットカードです。 東急ハンズや東急百貨店などの東急系列店をよく利用し、公共交通機関もよく利用するという方に一番おすすめのカードですよ! 国際ブランド VISA・MasterCard JALマイル還元率 200円につき1マイル 付帯保険 自動付帯 ポイントプログラム JALマイル・TOKYUポイント 付属電子マネー PASMO 年会費 1000円(初年度無料) 商品名 TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO JAL CLUB EST JALカード JALカードSuica セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード イオンJMBカード(JMB WAON一体型) 特徴 PASMOオートチャージでポイントが貯まる 国内線のサクララウンジも年5回まで利用できる! JALに多く乗るならこれが一番 公共交通機関を使う機会が多い方におすすめ 家族の旅行保険もこれ一枚あればOK 年会費無料!WAONポイントとマイルが貯まる便利なカード 国際ブランド VISA・MasterCard MasterCard・JCB・VISA・アメリカンエキスプレス VISA・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナース JCB アメリカン・エキスプレス MasterCard JALマイル還元率 200円につき1マイル 100円につき1マイル 200円につき1マイル 200円につき1マイル(ショッピングマイル・プレミアムに加入した場合100円につき1マイル) 100円につき1. 1マイル 200円につき1マイル 付帯保険 自動付帯 - 自動付帯 - - - ポイントプログラム JALマイル・TOKYUポイント JALマイル JALマイル JALマイル・ビューサンクスポイント JALマイル・永久不滅ポイント JALマイル・WAONポイント 付属電子マネー PASMO - - Suica iD・QUICPay WAON 年会費 1000円(初年度無料) 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円・CLUB-Aゴールドカード17,280円・プラチナ33,480円(別途JAL CLUB EST年会費5,400円、ゴールド・プラチナの場合は2,160円が必要) 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円・CLUB-Aゴールドカード17,280円・プラチナ33,480円 普通カード2,160円・CLUB-Aカード10,800円 年10,000円(初年度無料) 無料 商品リンク•

次の