年金受給者 お金借りる。 年金受給者でもローンが組める?年金担保融資でお金を借りる

カードローンは年金受給者でも利用できる?おすすめのカードローン4選もご紹介

年金受給者 お金借りる

僕はまだ年金をもらう年齢では無いのですが、昨今 年金だけでは生活が厳しいという声も聞きますし、実際に年金受給者がお金を借りる必要性があるというのが現状です。 手軽にお金を借りることが出来るアコムやプロミスなどの消費者金融が最初に検討されますが、消費者金融など大手の金融機関では 年齢制限があり、お金を借りることが出来ない場合があります。 では、大手金融機関以外に年金受給者がお金を借りることが出来るところはあるのでしょうか? 僕もそのうちお世話になる可能性もゼロではないので必死に調べたところ、年金受給者がお金を借りるための 国の制度がいくつかありましたので、どんな制度なのか、利用条件や申し込み方法、返済方法などについて検証してみましたのでご紹介します。 3分程度で読める内容ですので、是非参考にされてください。 独立行政法人福祉医療機構(WAM)が行っている「年金担保貸付事業」「労災年金担保貸付事業」• 日本政策金融公庫(JFC)が行っている「恩給・共済年金担保融資」 があります。 仮に この2つの公的機関以外で年金を担保にお金を貸している業者がありましたら、それは違法となりますので関わらないように気を付けてください。 今回は、独立行政法人福祉医療機構(WAM)が行っている「年金担保貸付事業」にそって解説していきますね。 年金担保融資制度とはどのような制度? 年金担保貸付制度とは、年金受給者が支給を受けることができる 年金を担保にしてお金を借りる制度です。 年金担保貸付制度は 民間の営利目的の融資ではなく年金受給者向けの公的な融資制度です。 たとえば急に医療費が多く必要になった場合や、住んでいる自宅に不具合が発生して改修する必要があるとき、介護や福祉のための資金として利用できるほか、冠婚葬祭の資金や生活必需物品の購入のためにお金を借りることもでき年金を補完するという役割をしています。 また、年金受給者が資金の必要に迫られた際に、悪質な業者などから借り入れするなど被害に合わないように作られた制度になります。 厚生年金保険年金証書(厚生年金基金および企業年金連合会から支払われるものは対象になりません。 国民年金・厚生年金保険年金証書• 船員保険年金証書(平成22年1月以降の事故による船員保険の障害・遺族年金は対象になりません。 国民年金証書(無拠出制の老齢福祉年金、特別障害給付金および国民年金基金は対象になりません。 労働者災害補償保険年金証書(石綿健康被害救済法に基づく特別遺族年金は対象となりません。 ) ただし、例外として 生活保護受給中である場合は申し込みが出来ないなど、いくつか融資を受けることが出来ない場合もありますので、チェックは必要になります。 また、使いみちとしてふさわしくない投機性の高い場合(ギャンブル等)もしくは公序良俗に反する場合、または借入申込者ご本人の利益に明らかに反する場合なども融資が受けられないことになっています。 年金担保融資制度の融資額など詳細 この表を見ると、確かに民間の金融機関に比べて、金利は安いので返済の負担は軽くなりましメリットは大きいですが、「連帯保証人」が必要な事と、融資が実行されるまでに4週間程度かかるので、今すぐお金が必要な方向けではありませんね。 また当然ですが、審査もありますので、内容によっては審査に通らないこともあります。 制度の運営は福祉医療機構が行っていますが、申し込みの窓口は年金を受け取っている金融機関になります 年金担保融資制度の返済方法 年金担保融資制度で融資を受けたお金の返済は 借入金を受け取られた月(融資実行月)の翌々月以降の偶数月から、2ヶ月に一回のペースで支給される年金からの天引きとなります。 年金から天引きなので、振込をしたり引き落しがあったりということはなく、自動的に返済が行われので手間はかかりませんし、うっかり忘れることはありません。 また民間の金融機関とは違い、返済額は1万円単位で利用者が自分で決めることができますので、マイペースで無理なく返済できるように配慮されています。 最低返済額は2ヶ月に一回1万円となりますので、1ヶ月あたり5,000円となり、自分から現金を出さなくてよいので負担に感じるようなことはないでしょう。 年金支給額が多い人は返済額を多めに設定して短期間で返すこともできます。 早めに返せばそれだけ利息が安くなり支払総額をおさえることができます。 「年金担保貸付制度・労災年金担保貸付制度」が令和4年3月末の予定で申込受付を終了してしまうので、年金受給者の方は今後こちらがメインの借入先として利用することになります。 年金受給者に適した福祉資金、福祉費 福祉資金や福祉費とは、 高齢者や障害者、所得が低い人の生活を支えるための福祉資金制度です。 住んでいる都道府県にあるが主体となって、介護を受けるための資金や仕事につくための訓練費用などを借りることができます。 民間の金融機関と違い営利目的ではないですし、福祉のための貸し付けなので、 消費者金融や銀行のローンよりも金利が大幅に安くなるのが特徴です。 また、生活福祉資金貸付制度では、資金の貸付けによる経済的な援助だけでなく、その地域の民生委員が借入を受けた世帯の相談支援も行っていて、 在宅福祉や社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度となります。 引用: 緊急時に利用可能、緊急小口資金 緊急小口資金とは、所得が低い人が急にお金が必要になったときに、 一時的に必要な費用を借りることができる制度です。 たとえば、年金を受け取る年齢になったけど最初の支給日までの生活費がないときや、受け取った年金が盗難にあったときなどに使えます。 そのほか突発的に高額な医療費や介護費用が発生したとき、自宅で火災が発生して生活できなくなるなど、緊急でお金が必要なときに利用できます。 お金がないときにさらに緊急の出費があるとあせってしまいますが、そのようなときにこそ落ち着いて活用したい制度です。 年金生活をしていて手持ちの資金に余裕がない人は、普段から制度の詳細に目を通しておくとよいでしょう。 年金受給者がお金を借りる方法その3:カードローンを利用する【条件付】 年金受給者でも年金以外に収入があり、一定の条件をクリアすればカードローンに申し込むことができます。 年金受給者がカードローンを利用するための条件について解説します。 アルバイトなど年金以外に収入があること 年金生活をしている人がカードローンを利用するには、年金以外の収入がある必要があります。 たとえば、アルバイトをするなどして毎月収入が入っていればその収入をもとにカードローンの審査を受けることができます。 アルバイト、パート、派遣社員、契約社員など雇用形態は気にする必要はありませんが、 毎月安定して給料が入ることが条件です。 もし受け取っている収入が年金だけなら、残念ながらカードローンは利用することができません。 各金融機関の融資上限年齢以下であること もうひとつはカードローンの 年齢制限です。 カードローンの申し込み資格には年齢の条件があり、上限の年齢を超えているとたとえ収入があっても申し込むことができません。 上限年齢は金融機関によって違いますが、65歳から69歳の間になっていることが多いです。 年齢上限に達する直前でも申し込みすることは可能です。 カードローン契約中に年齢の上限を迎えた場合は、その時点から新たな借り入れはできなくなり、それ以降は毎月返済するのみとなります。 Q:年金担保融資制度には審査があるの? はい、勿論 審査はあります。 年金を担保にお金を借りる場合にも審査がありますので、申し込みをすれば自動的に借り入れできるわけではありません。 ただし、審査と言っても 制度の対象となるかという意味の審査なので、返済能力を調べられるわけではありません。 持っている資産や家族構成などを審査されるわけではありませんので安心して申し込むことができます。 年金を受給している人でその証書を持っており利用目的が適切なら、ほぼ審査に落ちてしまうということはないでしょう。 Q:生活社会福祉資金貸付制度には審査があるの? はい、勿論 審査はあります。 生活社会福祉資金貸付制度についても、 制度の対象となるかの審査があります。 この制度は急にお金が必要になった場合や、年金の最初の支給日までの生活費を借りるための制度なので、会社員や就職が決まっている人は利用することができません。 本当に緊急のお金が必要なのか、本当に収入がない人なのかという点がチェックされますのでキャッシングやカードローンの審査とは全く異なります。 お金が必要な理由が制度の対象となるもので、年金以外に収入源がないことが認められれば制度を適用してもらえます。 Q:これらの制度は申込から借入まではどのくらい時間がかかるの? 民間の金融機関と比べると少し時間がかかります。 年金担保融資の場合は申し込みからお金を借りるまでの期間は 4週間から5週間程度です。 こういった制度は公的な融資制度なので、どうしてもお金を借りるまでに日数が必要になります。 もし急いでお金を借りる必要があり、年金の他にもアルバイトなどで収入があるなら、消費者金融のカードローンを利用するのもひとつの方法です。 消費者金融なら申し込みをしたその日のうちにお金を借りることができますし、無利息期間がありますので少額なら次回の給料や年金ですぐに返済できる場合があります。 ただ、もうひとつの生活福祉資金貸付制度の場合は、 1週間以内には手続きが完了する場合が多いです。 こちらは緊急の必要性に対応するための資金を貸し付けするのが目的なので、できるだけ素早く審査してくれます。 Q:消費者金融ではなぜ融資が難しいの? 消費者金融は「担保なしの融資」で、利用者の毎月の収入から返済する融資だからです。 年金受給者が消費者金融を利用するのが難しい理由は、 年金以外の収入が無い場合が多いからです。 勿論、 年金は毎月安定した収入ではありますが、支給額が増えたりボーナスが入ることはありません。 しかも。 現状の年金の収入でお金を借りなければならないほど資金が不足しているなら、カードローンで借りてしまうと返済できなくなる恐れがあるからです。 そのため、年金収入だけでは審査に通ることができません。 年金とは別にアルバイトや副業で収入があれば、その収入を申告して消費者金融でお金を借りることは可能です。 例えば、不動産を持っていて家賃収入や駐車場代が毎月入るという人や、株などの投資で利益が出ているなら、その収入と年金の収入を足して毎年確定申告をしているはずです。 その確定申告書を消費者金融に提出して審査してもらうと、融資してもらえる場合があります。 また、消費者金融などの金融機関には貸付の際の条件として、 年齢制限があります。 年金受給者で69歳以上の方は消費者金融の年齢制限をクリアできないので、消費者金融でお金を借りることが難しいのです。 年金受給者がお金を借りる3つの方法を徹底検証!まとめ 年金受給者がお金を借りるときは、年金以外に収入があるかどうかで利用できる借り入れ先が変わります。 年金以外に収入がない人は消費者金融は利用できませんので、年金担保融資制度や生活福祉資金貸付制度の利用を検討しましょう。 逆に年金以外に毎月入る定期的な収入がある人は、年齢の条件さえ満たしていれば消費者金融やカードローンが利用できます。 年金受給者はお金を借りれないということは決してありませんので、自分の状況に応じて最適な借り入れ先を探してみましょう。 初めてレイクALSAで契約する方• いずれも契約額200万円までの方が対象• 初回契約翌日から無利息• 無利息期間経過後は通常金利適用• 30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可• 60日間無利息はWeb申込限定• ご契約額が200万超えの方は30日無利息のみになります。 ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方 ご自分のメールアドレスをお持ちの方 日本の永住権を取得されている方 遅延損害金 年率20.

次の

無職・年金者・専業主婦・生活保護受給者でもキャッシングできるの? | まるわかりキャッシングブログ

年金受給者 お金借りる

不動産や株による収入がある• 転売や情報商材といったネットビジネスで収入がある 不動産収入のある人は、入居者や駐車場の利用者がいれば毎月収入が得られます。 また、株を持っている人も株式配当による収入があり、返済能力があるとみなされます。 転売やネットビジネスで収入がある場合は、事業収入を年収としてカードローンを利用できます。 ただし、事業収入を申告する場合、安定した収入があるのを証明するために、カードローン審査時に確定申告書の提出が必要になります。 そのため、確定申告をしていない人や、副業を始めて1年未満の人はカードローンを利用できません。 当サイトがオススメするカードローンは 『アコム』と『プロミス』の2社になります。 プロミス プロミスは、 『WEB完結』というサービスがあります。 審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。 そもそも「無職」ってどんな人? お金を借りる際に、一番最初の選択肢としてあがることの多いカードローン。 しかし、 残念ながらカードローンでは収入がなければ借りることはできません。 ただし、一口に『無職』と言っても、意外にもその種類は様々です。 無職には次のような人たちも含まれます。 専業主婦• 年金受給者• ニート• 失業者 例えば、専業主婦ですが、配偶者の収入を支える大事な役割を家庭で担っているにも関わらず、本人に収入がないということから「無職」として扱われています。 また、年金受給者も、年金以外に収入がなければ「無職」とされています。 つまり、『勤労による収入が得られていない』ならば、それは無職なのです。 専業主婦がお金を借りる方法:基本的には借りられない 収入のない専業主婦は、消費者金融や銀行のカードローンを探すのは止めましょう。 配偶者に安定した収入があっても、申込者本人に収入がない専業主婦がお金を借りられる大手のカードローンが存在しないからです。 たとえば、消費者金融では貸金業法で定められている総量規制の関係から、収入がない専業主婦は借入することができません。 一部の中小消費者金融では配偶者貸付を認めている場合がありますが、高金利であることから、利用すると借入後の返済に苦しむ可能性が高いです。 確かに、銀行カードローンは銀行法が適用される関係上、法律的には専業主婦でもお金を借りることができます。 しかし、2018年に金融庁から過剰融資を指摘されたため、大手の銀行では収入がない専業主婦への融資を自主規制しています。 実際、 大手の銀行カードローンでは、配偶者に安定継続した収入があったとしても、 専業主婦を融資対象として認めていません。 三大メガバンク 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行 のカードローン商品は、専業主婦に融資を行っていません。 さらに、りそな銀行カードローンも融資を行っていないため、専業主婦は都市銀行のカードローン商品からお金を借りることができないということになります。 また、楽天銀行カードローンやイオン銀行カードローンなどのネット銀行でも、専業主婦は融資対象として認められていません。 そのため、 収入のない専業主婦がお金を借りる場合は、カードローンではなく、質屋や生命保険契約者貸付制度の利用を検討してください。 もしくは、どうしても専業主婦の方がお金を借りたい場合はパートなどに出て、安定した収入を作るのが良いと言えます。 安定した収入を作ることによって、消費者金融のカードローンを利用することが可能になります。 プロミス プロミスは、 『WEB完結』というサービスがあります。 審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。 年金受給者がお金を借りる方法:年金担保融資 収入が年金のみである年金受給者は、独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫が行っている 年金担保貸付制度 通称:年金担保融資 を利用することをオススメします。 理由としては、銀行や消費者金融の多くは、年金を収入として認めていないからです。 たとえば、銀行カードローンや消費者金融カードローンの貸付条件には、貸倒れのリスクを避けるために「安定した収入がある方」と記載されています。 そして、安定した収入がある方とは、『給与所得や事業所得による毎月1回以上の収入がある方』ということです。 つまり、銀行や消費者金融の多くは、年金収入のみの年金受給者を安定した収入がある方とは認めておらず、貸付けを行わない傾向があるのです。 特にカードローン会社は、年金生活者に対し、 無職と同等の返済能力であると判断してしまいます。 一方、独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫が行っている年金担保融資は、その名の通り年金を担保としています。 そのため、 収入が年金のみの年金生活者でもお金を借りられる可能性が高いのです。 ただし、独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫では、それぞれ担保にできる年金が異なってきますので注意が必要です。 公的機関 担保にできる年金• 厚生年金• 国民年金• 船員保険年金• 労災年金 老齢年金・老齢基礎年金・障害年金・遺族年金も可• 災害補償年金• 共済年金• 共済組合の厚生年金 ちなみに• 厚生年金基金• 国民年金基金• 確定給付企業年金• 確定拠出年金から支払われる年金• 老齢福祉年金• 特別障害給付金• 石綿健康被害救済法に基づく特別遺族年金 は担保にすることはできません。 また、年金担保融資を利用するには、独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫がそれぞれ定める申込条件を満たしている必要があります。 さらに、独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫の年金担保融資では、申込時に必要となる書類が異なります。 まずは、担保にできる年金の種類から、独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫のどちらの年金担保融資を利用するかを判断した後、公的機関の公式サイトにアクセスしましょう。 公式サイトから担当者に連絡すれば、年金担保融資の詳細を教えてもらえます。 ニートがお金を借りる方法:クレジットカードの発行 クレジットカード会社によっては、無職のニートでも、クレジットカードの発行が可能な場合があります。 クレジットカードを発行するだけでは厳密にはお金を借りられませんが、ショッピング枠を利用して買い物は可能です。 ニートはもちろん、学生や専業主婦の人は、自分自身に収入が無くても世帯年収で審査がされますので、クレジットカードを作れる可能性があります。 一方、一人暮らしの失業者の人は返済能力が無いとみなされるので、クレジットカード発行は不可能です。 ちなみに、 家族にクレジットカードを持っている方がいれば、そのクレジットカードの家族カードを発行し、キャッシング枠を付帯できる可能性があります。 家族カードとは、安定した収入のある本会員(最初にクレジットカードを契約した人)がいれば、その家族もクレジットカードを発行できるサービスのことです。 なお、家族カードの主契約者は本会員となるため、本会員がクレジットカード審査に通過していれば、本会員の家族の審査が行われない場合があります。 そのため、家族カードであれば、収入のないニートの人でも発行できる可能性があります。 収入のない無職のニートは、まずはご家族が持っているクレジットカードが『家族カードサービスに対応しているか』を確認しましょう。 そして、対応していたらご家族の方に「キャッシング枠を付帯して家族カードを発行してほしい」という旨を正直に伝えてください。 ご家族の了承が得られれば、家族カードのキャッシング枠を利用できます。 ただし、 家族カードのキャッシング枠で借りたお金には返済義務があるため、必ずご家族と相談したうえで利用を検討してください。 学生がお金を借りる方法:内定者向けローン 銀行や労働金庫 通称:ろうきん が取り扱っている内定者向けローンなら、就職先さえ決まっていれば、 収入のない無職扱いの学生でもお金を借りられる可能性があります。 内定者向けローンとは、その名の通り、就職先が決まった人だけが利用できる内定者専用ローンのことです。 なお、銀行や労働金庫は、「就職内定者向けローン」や「新卒予定者応援ローン」といった名称で商品展開しています。 内定者向けローンは、生活費だけでなく、卒業旅行の資金や運転免許証の取得費用にも充てられます。 そのため、内定者向けローンはお金に困っている学生にとって、利便性の高いローン商品と言えるでしょう。 ただし、 申込者の居住地と勤務予定地によっては、内定者ローンを利用できないため注意が必要です。 なぜなら、内定者向けローンを取り扱っている金融機関は、地方に拠点を持っている場合が多いからです。 たとえば、静岡労働金庫の内定者向けローンには、「静岡県内に居住もしくは静岡県内の企業への内定が決まった新卒内定者」という貸付条件があります。 地域に密着している地方銀行や労働金庫は、その土地にゆかりのある申込者にのみ、融資を行う傾向があるのです。 そのため、内定者向けローンを利用したい人は、まずは居住している地域 または就職先の地域 にある地方銀行や労働金庫の公式サイトにアクセスし、自分でも借入できるのかを確認しましょう。 ちなみにですが、 学生であってもアルバイトなどで安定した収入を得ている学生の場合は、消費者金融のカードローンを利用して簡単にお金を借りることが出来ます。 どうしてもお金を借りたい学生さんは、アルバイトの経歴を作ってから消費者金融のカードローンを申込むのが一番手っ取り早いでしょう。 プロミス プロミスは、 『WEB完結』というサービスがあります。 審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。 失業者がお金を借りる方法:生活福祉資金貸付制度 失業者は銀行や消費者金融などの金融機関ではなく、厚生労働省が管轄している生活福祉資金貸付制度を利用しましょう。 なぜなら、 失業者は申込者本人に収入がない無職となるため、銀行や大手消費者金融のカードローン審査に通らないからです。 生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や障害者、高齢者の生活を経済的に支えながら社会参加の促進を図ることが目的の貸付制度です。 実施主体は都道府県社会福祉協議会となっており、市区町村にある社会福祉協議会が窓口です。 低所得者個人、障害者個人、高齢者個人が対象となるのではなく、低所得者、障害者、高齢者を含む世帯単位が対象となります。 貸し付け対象者 低所得者世帯 資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯 市町村民税非課税程度 障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者の属する世帯 障害者総合支援法によるサービスを利用しているなど条件と同程度と認められるものを含む 高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯 日常生活上療養または介護を要する高齢者等 資金種類 総合支援資金 生活支援金・住宅入居費・一時生活再建費 福祉資金 福祉費・緊急小口資金 教育支援資金 教育支援費・就学支度費 不動産担保型生活資金 不動産担保型生活資金・要保護世帯向け不動産担保型生活資金 連帯保証人 原則必要 金利 無利子(連帯保証人を立てない場合は年1. 5%) 最大の魅力は、何と言っても 「無利子」であることですよね。 連帯保証人を立てることが条件となっており、それができない場合には年率がかかりますが、それでも1. 5%です。 また、返済期間が通常のカードローンなどより長めに設定されているため、生活に負担がないようにすることができます。 生活福祉資金貸付制度は、申請者の状況によって利用する種類が異なり、それに応じて借入できる金額や必要書類なども異なってきます。 また、生活福祉資金貸付制度を利用するには、市区町村の社会福祉協議会が定める審査に通る必要があります。 そのため、生活福祉資金貸付制度を利用したい失業者は、まずはお住まいにある市区町村の社会福祉協議会に連絡しましょう。 インターネット上から『社会福祉協議会 〇〇 地域名 』と検索することで、お住まいにある社会福祉協議会の公式サイトにアクセスできます。 社会福祉協議会の公式サイトには、生活福祉資金貸付制度に関する問い合わせ先が用意されています。 問い合わせ先から担当者に連絡すれば、利用する生活福祉資金貸付制度の種類や必要書類、審査についての詳細を尋ねることができます。 まとめ 一言で『無職』と言っても沢山の種類があることが分かって頂けたのではないでしょうか? それぞれの無職のステータスによって、お金を借りる際に利用するべき場所や方法が大きく変わってきます。 ただ、どんな無職であっても、『安定した収入』がないので非常にお金を借りづらいことは変わりません。 ニートや失業者であれば早めに新たな職に就くことで、専業主婦や学生、年金受給者であればアルバイトやパートに出ることで安定的な収入を得られるようにしていきましょう。 安定した収入さえ得ることができれば、消費者金融のカードローンなどを利用することが可能となり、 簡単にお金を借りることが出来ます。 プロミス プロミスは、 『WEB完結』というサービスがあります。 審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。

次の

年金受給者・高齢者がお金を借りる方法~利用先の選び方・注意点

年金受給者 お金借りる

年金受給者がお金を借りる2つの方法 昨今、日本人の男女ともに平均寿命は年々あがっています。 つまり、今の時代、定年退職後も数十年にわたり生活していくことになります。 年金暮らしになったとしても、医療費や住宅のバリアフリーへの改築など、お金を借りる必要があるときはたくさんでてきます。 預金がある方は問題ありませんが、年金だけで生活していくという方は、お金を借りることなく年金だけで生活していけるのか、また、必要なときにお金を借りることができるか、不安なのではないでしょうか。 ここからは、年金受給者の方向けにお金を借りる方法を2つご紹介します。 収入が年金だけで本当にお金を借りる方法があるのか、詳しく見ていきましょう。 年金を担保にお金を借り入れできる制度とは? まず前提として、一般的には年金を担保にお金を借りることはできません。 しかし、独立行政法人福祉医療機構 WAM と、日本政策金融公庫(JFC)は法律で年金を担保に貸付を行うことが認められています。 それが、「年金担保融資制度」です。 日本政策金融公庫(JFC)の融資制度は公務員向けの制度なので、今回は独立行政法人福祉医療機構が行う融資制度について詳しく見ていきましょう。 年金担保融資制度とは 独立行政法人福祉医療機構が行う年金担保融資制度は、年金しか収入のない高齢者の方でも利用できる公的融資の制度で、その名の通り年金を担保にすることで場合によっては、連帯保証人なしでお金を借りることができます。 独立行政法人福祉医療機構が行うこの制度は、年金担保貸付事業と労災年金担保貸付事業の2つを総称して年金担保融資制度と呼びます。 年金担保融資制度の利用条件 年金担保融資制度の申し込み条件は下記になります。 また、申し込みには連帯保証人が必須になります。 ただ、信用保証機関である「公益財団法人年金融資福祉サービス協会」に保証料を支払い、信用保証というものを利用すれば、連帯保証人は必要ありません。 基本的には無保証での貸付は不可能なため、独り身で保証人を頼める人がいない場合は、別途保証料を払って保証会社に保証してもらう必要があります。 この申し込み手続きは、普段あなたが年金を受け取っている、銀行や信用金庫などで申し込むことができます。 「独立行政法人福祉医療機構代理店」と表示してある店舗なら申し込みすることができるので、あらかじめチェックしておきましょう。 銀行に行ったけど、よくわからないという方は、遠慮せずに銀行の窓口の方に聞いてみましょう。 年金担保融資制度の融資金額 融資金額にはそれぞれ限度額が設定されていて、次の3つの条件を全て満たす範囲内で借り入れすることができます。 8倍以内• 年金しか収入の無い方が返済をしていくため、一般的な金融機関とは異なり、無理のない返済を基本とした貸付額と金利が設定されているのです。 これよりも高額なお金を借入れたい方は、他の金融機関を利用してお金を借りたほうがよいでしょう。 年金担保融資制度の金利 年金担保融資制度の金利は年率2. 8%です。 銀行や消費者金融のキャッシングの金利に比べると、かなり低い金利に設定されています。 返済は偶数月に支給される年金から、1万円単位で自動的に天引きされて返済されます。 わざわざ銀行などのATMまで現金を振込みに行かなくていいので、返済が手軽です。 年金担保融資制度は一般的なカードローンの金利に比べて低金利なので、借り換えやおまとめにも向いています。 下記で説明する資金使途でも「債務等の一括整理」が認められていますので、返済時の利息負担や、多重債務で困っているなら1つの方法として検討してみましょう。 借入金の利用目的の制限 お金を借りることができたとして、その使用用途に制限はあるのでしょうか?一般的に言われている借入金の利用目的としては下記になります。 生活必需品の購入(家電・家具の購入等)• 保険・医療費(入院費、通院費、手術費等)• 介護・福祉費(介護施設利用費、介護用器具の購入費等)• 住宅の改修費(リフォーム、土地購入、引っ越し費用等)• 教育費(入学金、受験料、資格取得費用等)• 冠婚葬祭(冠婚葬祭費用、墓石購入費等)• 事業維持(運転資金、事業用設備の購入等)• 債務などの一括整理(滞納中の家賃・光熱費の支払い、賃金業者からの借金の乗り換え等) 注意して頂きたいのは、旅行資金等を目的にして貸付を受けることはできないということです。 申し込みの際には資金が必要である事を証明するための書類(見積書等)を求められますので、事前に準備しておくと、スムーズに借り入れすることができます。 年金担保融資制度の審査 年金担保融資制度にも、もちろん審査があります。 審査のポイントは、下記の通りです。 この条件を全て満たす方で無ければ年金担保ローンを利用することはできません。 必ず事前にチェックしておきましょう。 審査のポイント• 年金担保貸付の貸付対象者条件をクリアしているかどうか• 借入希望額が受給している年金の0. 8倍の範囲内に収まっているかどうか• 借入合計額が、1回あたりの返済額の15倍以内かどうか• 貸付の必要性があるかどうか 請求書などの資料を確認• 返済を行う余力がある状態がどうか• 連帯保証人に問題がないか 低金利でお金を借りることができる年金担保融資制度ですが、審査に時間がかかるという注意点があります。 公式のウェブサイトでも、申し込みから融資まで約4週間ほどかかることが明記されています。 そのため、今日お金が必要だからと、どれだけスムーズに手続きをこなしても、即日で融資を受けることはできませんので気を付けましょう。 またもう一つ、追加融資ができないという注意点もあります。 繰上げ返済をしても、正規の返済完了期日がこない限り再度利用することができません。 一般金融機関のカードローンのように自由にいつでもキャッシングできるわけではないので気を付けましょう。 融資制度の申し込み方法 年金担保融資制度 申し込みの流れ• 窓口は都市銀行や地方銀行、信用金庫や信用組合が業務を受託しているので、自宅の近くの銀行や信用金庫などになります。 年金を担保にお金を借りる場合は、即日審査、即日融資はできませんので急いでいる場合はご注意ください。 年金を担保にお金を借りる場合の必要書類• 借入申込書(取扱金融機関の店舗に用意)• 年金証書 年金を担保にお金を借りるため預けることになります• 年金支給額を証明できる書類(年金振込通知書等)• 実印、印鑑登録証明書(発行後3カ月以内のもの)• 写真付きの本人確認書類(有効期限内のもの)• 資金使途の確認資料 見積書、請求書や領収書、パンフレットなど• 債務の返済に使う場合は、返済計画書など スムーズに貸付を受けるために事前に用意しておくことをおすすめします。 ここまで年金担保融資制度について詳しくお話してきましたが、実はこの制度、2022年3月末で申込受付を終了します。 年金担保融資制度は2010年12月の閣議決定において廃止することが決定され、2011年12月及び2014年12月に2回にわたる制度の見直しを行い、事業規模の縮減を図ってきましたが、このたび厚生労働省から「2022年3月末の予定で申込受付を終了する」旨の方針が示されました。 そのため、この制度を利用してお金を借りたいと思った方は、2022年3月までに申し込むようにしましょう。 民間の金融業者から借りる方法 年金だけが収入の方が、一般の金融機関からお金を借りることはかなり難しいです。 なぜなら、銀行や大手消費者金融が提供するカードローンのほとんどは、年金受給者を融資対象から外しているからです。 しかし、年金以外で安定した一定の収入があるならば、銀行や消費者金融のローンでも審査に通る可能性があります。 ただし、年齢制限を設けているところが多く、一般的に銀行の場合は65歳未満、消費者金融の場合は69歳未満に設定されています。 主要銀行系カードローンの年齢制限 銀行名 対象年齢 みずほ銀行 20歳以上66歳未満 三菱UFJ銀行 20歳以上65歳未満 オリックス銀行 20歳以上69歳未満 りそな銀行 20歳以上66歳未満 三井住友銀行 20歳以上69歳以下 楽天銀行 20歳以上62歳以下 ジャパンネット銀行 20歳以上70歳未満 イオン銀行 20歳以上65歳未満 新生銀行 20歳以上70歳以下 対象の年齢が20歳からというのは同じですが、高齢者が該当する年齢制限の上限はそれぞれの銀行で違いがあります。 銀行カードローンは一般的に審査が厳しいといわれているため、年齢条件も同様に厳しいようです。 大手消費者金融キャッシングの年齢制限 消費者金融名 対象年齢 プロミス 20歳以上69歳以下 アコム 20歳以上69歳以下 アイフル 20歳以上69歳以下 SMBCモビット 20歳以上69歳以下 消費者金融の年齢制限は銀行よりも高く設定されている傾向があります。 銀行に比べると、融資する額が小さいということが理由の一つのようです。 カードローンを利用する利点は3つあります。 無担保・無保証人で借入れできる• 利用目的が自由• 借入れ・返済が繰り越し可能 不動産や保証人と必要とせずキャッシングができますし、何より借入金の使用用途が限定されません。 利率は公的な制度よりも高めですが、30日間無利息などのサービスも手厚く、自由度が高い借入方法です。 当サイトおすすめの大手消費者金融をこちらです。 プロミス• 69歳まで申し込み可能• 少ない入力項目で簡単借り入れ、即日融資も可能• 初めてのご利用なら30日間利息0円サービス• 土日祝日でも22時まで審査可能!• 10万円以内の借入なら月々4,000円からのゆとり返済が可能 アイフル• 69歳まで申し込み可能• Web申し込みなら来店不要&即日融資可能• 初めてのご利用なら30日間利息0円サービス• 無人契約電話BOX「てまいらず」なら電話するだけでその場でカード発行 SMBCモビット• 69歳まで申し込み可能• Web申し込みなら来店不要&即日融資可能• Web完結なら電話連絡がないので職場にバレない• 郵送物が発生しないので誰にもバレずに融資が受けられます! アコム• 69歳まで申し込み可能• Web申し込みなら来店不要&即日融資可能• 初めてのご利用なら30日間利息0円サービス• アコムATMなら手数料無料で24時間利用可能• おまとめ・借り換えローンあり 年金受給者の方は、年金だけの収入ではなく、自営業もしくはアルバイトなどで毎月安定した収入があると審査に通りやすくなることを覚えておきましょう。 もし、年金を担保に融資可能と宣伝している会社があったらそこは違法な貸金業者(闇金)だと認識しましょう。 質屋利用は計画的に また、年齢などを理由に普通の貸金業者からお金を借りることの出来ない年金受給者が、やむをえず質屋でお金を借りるという話もよく耳にします。 質屋では質(モノ)を担保にお金を借りることができます。 借りた金額と利息を返済できなかった場合、代わりに質が返済に充てられるので、借金は利息も含め0円になり返済の必要はなくなるのです。 しかし、質屋でお金を借りた場合の金利は、銀行や大手消費者金融よりも高く設定されていて、法的には年109. 5%の金利を設定することも認められています。 もちろん、多くの質屋では、自主的に数十%に制限して貸付をしているところがほとんどで、年109. 5%で貸付している質屋はあまりありません。 ですので、質屋でお金を借りる際には十分に気を付けて利用しましょう。 クレジットカード現金化は危険! 最近は、高齢者のクレジットカード現金化も問題になっています。 クレジットカード現金化とは、商品やサービスを後払いで購入するために設定されているショッピング枠を、現金を入手することを目的として利用することです。 よくある手口としては、利用者に商品(電化製品やパソコン等)をクレジットカードで購入させ、その商品を(手数料を差し引いた金額)で現金化業者が買い取るというものです。 この手数料の分が業者の利益になります。 法律的には限りなく黒に近いグレーのようですが、各クレジットカード会社は規約で現金化目的の利用を禁止しています。 また、クレジットカード現金化業者には、闇金もたくさん紛れているため、この方法は絶対に利用しないようにしましょう。 まとめ 年金担保融資制度という公的制度を使ってお金を借りる 低金利でお金を借りることができるが、審査に時間がかかる 追加融資ができない 民間の銀行や大手消費者金融からお金を借りる 年齢制限があるが、年金以外に安定した収入があれば審査に通りやすくなる.

次の