インフルエンザ 年間 死者 数。 インフルエンザ厚生労働省 発生状況報告 流行2019

日本でインフルエンザによる死亡者数が増加 米国の傾向ともシンクロ

インフルエンザ 年間 死者 数

前年同期比で大幅減も「警報レベル」150か所 日本国内では、最新データとなる第4週のインフルエンザ患者数の推計が、前週の約63万4000人より増加しているが、19年の同時期(1月21~27日)の推計患者数222万6000人と比べて大幅に減少している。 実は、昨シーズンは過去最悪レベルの大流行だった。 前年同期の1医療機関当たりのインフルエンザ患者数は平均57. 09人。 厚生労働省が調査を開始した1999年以来、最多を記録するほどだったことを、J-CASTトレンドは19年2月4日に公開した記事「」で紹介している。 今年第4週(1月20~26日)の1医療機関当たりのインフルエンザ患者数は、平均18. 00人。 国立感染症研究所が公開しているデータをさかのぼって過去10年間の同時期の数字を比べると、「10年第4週(1月25日~1月31日)6. 46人」に次いで少ない。 それでも、全国で警報レベルを超えている保健所地域は150か所(44都道府県)あり、油断はできない。 状況が深刻なのは、米国だ。 米疾病対策センター(CDC)の公式サイトによると今シーズンは、1月25日までに少なくとも患者数1900万人、入院患者数18万人、死者数1万人に上っている。 またインフルエンザ関連の小児の死者数が、これまで68人に達している。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐうえで有効とされる手洗い・うがいなどの基本的な対策は、インフルエンザにも効果がある。 マスクの着用を含めて徹底し、予防に努める必要がある。

次の

インフルエンザ、年間の感染者数1,000万人、死亡者数1,000人前後。日本だけの統計です

インフルエンザ 年間 死者 数

コロナウィルスによる死亡者数 2020 年 5 月 5 日時点:381 人 出典: コロナはいまのままのペースで推移するとしたら、単純計算で年間 1,100 人くらいですね。 まぁこの計算も、いまは大規模な自粛がおこなわれてるからであって、気を緩めたら急増するおそれはある… にしても、インフルエンザの死者数ヤバないすか?!😱 ワクチンもあるのにさ。 上記のデータは医師が「インフルエンザが死因」と確定しているものだけであって、実際のところは、インフルエンザがきっかけで発症した症状(肺炎など)から死に至る例ももちろんあるでしょう。 コロナコロナ騒いでますけど、『高齢者にとって』怖いのはコロナだけじゃないぜよ😵 高齢者にとっては、コロナ・インフルどちらも驚異 つづいて、コロナ・インフルエンザが要因の死亡者数における、高齢者の占める割合をまとめました。 (平均:91. 2 %(死亡者数 381 人に対し、60代以上の死亡者数 355 人より) より筆者まとめ おもったとおり、どちらの感染症による死亡者数も、高齢者の占める割合は激高でした。 上記 2 つのデータを基に判断するなら、「インフルエンザのが脅威じゃね?🤔」って結論になりますね。 日本人のコロナ耐性は高いかも!? 連日の煽り報道に隠れ、あまり大きなニュースにはなっていませんが、以下のような情報も公になっています。 (太字強調は、筆者判断) 神戸市立医療センター中央市民病院(同市中央区)が、 外来患者の約3%から新型コロナウイルスに感染したことを示す抗体を確認したことに関連し、同市の久元喜造市長は5日の会見で「抗体検査はさまざまな大学や研究機関などで取り組んでいるが、どのような方法が適切で、どういうふうに治療や予防に役立てていくのか整理できていない。 感染症対策の司令塔である国に方針をまとめてもらいたい」との考えを示した。 同病院は今月2日に抗体検査の結果を発表。 4月7日までの8日間に、新型コロナとは無関係の理由で外来を受診した患者千人の血液を検査した。 検査結果を、性別や年齢の分布も考慮して市の人口に当てはめると、約4万1千人に感染歴がある試算になるという。 サンプル数が 1,000 ということなので、まだ確実性に乏しくはあります。 しかしこれが事実だとするなら、コロナウィルスによる日本人の致死率はめちゃくちゃ低くなる可能性が出てきます。 厚生労働省が公表している、5 月 5 日時点でのコロナウィルスの感染者数が 14,913 人ですからね。 まとめ:高齢者は引き続き各種感染症に気をつけて、若者は経済活動を再開しよう!(オンラインでね) インフルエンザと違い、暖かくなっても死滅しないコロナが厄介なことには変わりありません。 しかし、このまま自粛を続けていたら、コロナウィルスにではなく、経済に殺されるひとがたくさん出る世の中になってしまう恐れがありますよね。 かと言って、ワクチンができるまでのあいだは外出にリスクがあることはたしか。 「う〜ん、どうしたものか…🤔」 そんな状況でも、できることはあります! 在宅でできるオンライン学習をして、完全在宅で稼げるスキルを身につけることも選択肢のひとつです。

次の

【 毎年ある通常のインフルエンザの死者数は? 厚生労働省 】

インフルエンザ 年間 死者 数

経験談のご協力をお願いします。 概念 インフルエンザウイルスにはA・B・Cの三つの型があり、このうち毎年のようにヒトの間で大きな流行を起こすのはA型とB型のインフルエンザです。 A型インフルエンザは、抗原性(抗原となる物質が特異的に抗体を認識し結合する性質)の異なる亜型(派生的な型)がヒトの間に出現することによる大流行を引き起こすことがあります。 このような変異様式を不連続変異といい、これはA型インフルエンザには抗原性の違う多くの亜型が存在することによります。 これらの亜型はおもに鳥類に存在していますが、これらのトリのインフルエンザウイルスが何らかの理由により、ヒトからヒトへの感染性を獲得すると、人類の大多数はそのようなウイルスに対して全く免疫をもっていないために、爆発的な世界規模の大流行を起こすことになります。 これがインフルエンザパンデミックもしくは新型インフルエンザと呼ばれている現象です。 過去のパンデミック 過去の歴史をみると、数十年に一度このようなパンデミックが起こっています。 20世紀には、3回のパンデミックが起きたことがわかっています。 20世紀以前にもパンデミックは、数十年に一度の間隔で起きていたと考えられています。 パンデミックが起きた場合に予測される被害 今、パンデミックが起きたとしたら、どの程度の被害が生じるのでしょうか。 現在、世界の総人口を60億人であると考えると、12〜18億人が感染するということになります。 過去のパンデミックは1〜2年かけて世界中に拡がっていますが、今パンデミックが起きた場合、どのくらいの速さで世界中に流行が拡がるかということは、正確にはわかっていません。 しかし、グローバリゼーションの進んだ現在、世界中にウイルスの拡散するスピードは過去のパンデミックよりもはるかに速い可能性があり、数週間で世界中にウイルスが拡がってしまう可能性も十分に考えられます。 死亡者数は、パンデミックを起こすウイルスがヒトに対してどの程度の病原性をもっているかによって大きく違ってきます。 このパンデミックでは少なくとも4,000万〜5,000万人が世界中で死亡したとされています。 日本でもこのパンデミックで約39万人が死亡したとされています。 過去のパンデミックのデータをもとに算出した死亡者数の推計によると、世界中で140万〜1億4,000万人が死亡するとしています。 通常のインフルエンザでも年間50万〜100万人は死亡していると考えられているので、パンデミックが起きても、通常のインフルエンザと大きく死者数が変わらない場合もあれば、通常のインフルエンザをはるかに超えるような非常に高い死亡率のパンデミックになる場合もあるということになります。 パンデミックの影響 もしパンデミックが起きた場合、その被害は単に膨大な数の感染者や死者が出る、というようなウイルスによる直接の被害だけにとどまりません。 感染者で病院があふれることによって、病院の機能が麻痺し、インフルエンザ以外の慢性疾患の患者や救急患者には十分な対応ができないような事態も想定できます。 さらに、パンデミックの影響は医療の現場だけでなく、社会全体に及ぶことが予測されます。 まず、多くの人が同時に感染し、それらの人が大量に欠勤することになります。 そうなると、多くの職場で通常の業務を維持していくことが困難になると予想されます。 このような影響は、電気・ガス・水道などのライフラインにも及ぶと考えられます。 さらに社会不安が増大することが避けられないと考えられますが、治安に関わる警察機能なども維持していくことが困難になるかもしれません。 その他、物流、公共交通、郵便、教育なども長期にわたり大きな影響を受ける可能性があります。 鳥インフルエンザとパンデミックの危険性 2003年の終わりに始まったインフルエンザA(H5N1)による鳥インフルエンザの流行は瞬く間にアジア各国に拡がり、2004年の終わりまでにアジアの9カ国で1億5,000万羽以上の家禽(鳥類に属する家畜のこと。 アヒル、ガチョウなど)類が死亡するか処分されるという大きな流行を起こしました。 このウイルスはその後、2005年の後半からその分布範囲を急速に拡大し、ヨーロッパから中東さらにアフリカにまで広がり現在に至っています。 このようなトリでの流行の拡大とともに、アジアを中心とする12カ国で300人以上のヒトでの感染者が確認されています。 これまでは、ほとんどのヒトの感染は感染したトリに直接接触することで起こってきていると考えられていますが、一部にヒトからヒトへの感染が疑われるような例も存在します。 しかし、現時点ではヒトからヒトへの感染が起こっていたとしても限定的であり、ヒトからヒトへ感染が継続して起こるような状況ではありません。 しかし、このH5N1ウイルスはウイルス学的にも様々な変化を遂げてきており、今後ヒトからヒトへと効率的な感染をするようにウイルスが変化する可能性も十分に考えられます。 仮に、H5N1がパンデミックを起こさなかったとしても、他にもH2N2、H7N7、H9N2など、他のウイルスもパンデミックを起こす可能性はあり、長期的にみれば、いつかは必ずパンデミックは起こるものとして、その対策を考えておくべきだと考えられます。 パンデミック対策 このような社会全体に大きな影響を与える可能性のあるパンデミックに対してどのような対策が可能なのでしょうか。 まず、対策を考えるうえで前提となるのは、いったんウイルスがある程度拡散してしまうと、ウイルスを封じ込めることは不可能であると考えられているという事実です。 2003年に世界的な流行を起こしたSARSは患者の早期発見と隔離で封じ込めに成功しましたが、SARSのときに使われた戦略はインフルエンザに対しては有効ではないと考えられます。 その最大の理由は、SARSは潜伏期や病初期にはほとんど感染性がなく、感染性は重症の肺炎などを併発した段階でのみ生じていましたが、これに対してインフルエンザでは、病初期に感染性のピークを迎え、潜伏期にも感染性をもつ可能性があるので、発熱者を隔離するというような戦略では封じ込めができないことによります。 したがって、パンデミック対策の目的は封じ込めではなく、いかにしてその被害を最小限に抑えるかということが中心となります。 そのために考えられている対策としてワクチン、抗ウイルス薬、患者の隔離や学校の閉鎖などの公衆衛生学的対策、手洗いやマスクの使用などの個人防御、医療機関での感染防御対策、国境での水際対策などが考えられますが、そのいずれもいくつかの問題点を抱えており、必ずしもどの対策も決定的な対策となるとは考えられません。 実際のパンデミックに際しては、これらの対策を組み合わせていかにしてパンデミックによる被害を最小限に抑えるかということを考える必要があります。 そのためには、それぞれの対策の有効性と限界を十分に理解した上で、最も有効な対策の組み合わせを選択する必要があります。 しかし、選択すべき対策は、パンデミックを起こしたウイルスの特徴によっても左右され、またパンデミックの段階によっても違ってきます。 したがって、その時々の最新の情報に基づいて判断することが求められます。

次の