辻村 深 月 順番。 辻村深月さんがどれだけ好きかを、勝手に語ります

辻村深月の本は『凍りのくじら』から読め!

辻村 深 月 順番

ネタバレはありません! という作家をご存知でしょうか?とかとかで名前を見た人も多いと思います。 『冷たい校舎の時は止まる』でデビューし、2012年に『鍵のない夢を見る』で147回を受賞されました。 そんな有名な作家さんですから、ぜひ一度は読んでみたいと思うものです。 ですが、ググってみるとどうやら辻村作品は各話が相関しており、読む順番を工夫すればそれだけ楽しめると言うではありませんか。 どうせ同じものを読むのならばできるだけ楽しく読みたいというのが人間の性。 ならばその順番とやらで読んでみようではなかろうか! ということで読み始めた。 私が参考にしたのは書店にポップとして書いてあった順番です(あと文庫の帯にも書いてあったから公式のやつだと思います)。 それは 1『凍りのくじら』 2『』 3『冷たい校舎の時は止まる』 4『子どもたちは夜と遊ぶ』 5『ぼくのメジャーン』 6『名前探しの放課後』 7『』 8『光待つ場所へ』 9『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 』 という順番です。 私はこの順番で読みまして、本当に良かったと思っています。 作品間リンクに気づいたときは思わず「すげーーー」と叫んだものです。 ここまで読んできてこれの何が凄かったかと考えてみると、最初に『凍りのくじら』を持ってきたところだと思いました。 『凍りのくじら』という作品は途中だいぶ暗いです。 雰囲気が暗いです。 文庫本が出ていまして、1冊で収まっているのですが全部で568ページあります。 ええと、通常として辻村作品は長いです。 上記のオススメ順番で言うと、2、3、4、6は文庫上下巻です。 なので長いとはいえ『凍りのくじら』はこの中ではノーマルな方に当たります。 比較的短めで1冊分しか買わなくて済むからお財布にも優しい。 で、先ほども言ったようにこの作品は暗いです。 本当に。 「うわぁ」なんて思いながら読むことは間違いありません。 ですが、最後まで読めばきっと面白かった、読んでよかったと思える作品になっていると思います。 逆に言えば、これを最後まで読むことができなければ、辻村作品はちょっと合わないのかなとも言えます。 導入部分に謎を散りばめてラストで解決させるみたいな流れを組むことが多いため、辻村作品は最後まで読んでこそ面白さが伝わるようになっています(まあほとんどの小説が最後まで読んで面白いか分かるものではありますが)。 なので『凍りのくじら』で挫折したのならば、潔く違う人の本を読みましょう!(ここだけの話、『凍りのくじら』はリンク的にそこまで他と関わっていないのでこれを飛ばすこともアリといえばアリだと思います。 挫折はしたけどこんなにみんながハマっているのだからきっと面白いはずだと思う方は飛ばして次から読んでも良いでしょう)(もっと言えば順番なんて気にせず読んだってそりゃあ構わないです。 が、とか見てると「あの順番で読んでたら良かった」と後悔している方が多数見受けられるのでここに書いておきました) というわけなので『凍りのくじら』を読みましょう!伏線回収とかそういうのが好きな人はにハマりますよ。

次の

辻村深月のおすすめ作品は? 「読む順番が重要」とささやかれる…

辻村 深 月 順番

今回は辻村深月(つじむらみづき)さんのエッセイ『図書室で暮らしたい』のご紹介、というか感想を。 この本に出会ったのはもう一年近くも前なのだけど、本屋さんにとても目を惹かれるタイトルの本があったんですよね。 その名も 『図書室で暮らしたい』。 見た瞬間 「超わかる」って思いました。 私も図書室や本屋さん、図書館で暮らしたいって思うことが多々有ります。 大きい本屋さんとかに行くともう片っ端から本を読みたい衝動に駆られて、「このまま時間を止めてこの場で寝っ転がりながら思う存分読書したい」って本気で思っちゃうんですよ。 あれだけの本に囲まれた生活ってどんなに幸せなことでしょうか。 おそらく、ご飯も食べないで本を読み続け運動不足、外に出ることは無くなり100%引きこもりになるでしょう。 あぶない、あぶない。 で、タイトルに惹かれて誰の作品か見てみると、なんと辻村深月さんではないですか! この方もまた、私の大好きな作家さん。 しかもエッセイ集のようだ。 デビュー作『』を始め、名作青春ミステリー『』など青春を取り入れた幻想的な世界観の作品が多いです。 辻村さんの作品は今のところ全部読んだはずですが、本当にどれも大好き。 なんて言うのでしょう。 作品だけでは伝わらない辻村深月さんの様々な面が知れて、辻村さん本人とその作品が今まで以上に好きになるエッセイ集なんです。 特に、 辻村さん自身の作品を自ら解説するコーナーは最高に面白かったです。 「辻村さんがどのような気持ちでその作品を書いているか」を知ると、よりその作品を好きになるんですよね。 ああ!この作品はこういう風に思って書いたんですね!素敵!って興奮状態でした。 このエッセイを読んだ後、速攻で辻村さんの作品を再読しまくりましたもん。 そしたら、このエッセイを読む前と後ではまた違った面白さが味わえるんですよ。 育児についてのことだったり、「中二病」という不治の病にかかっていたり、好きな作家さんへの情熱が半端なかったり。 そもそも辻村さんは 『』を読んで衝撃を受け、綾辻行人さんの大ファンになったとの事ですからね。 とても親近感が湧きます。 ちょーわかります。 『十角館の殺人』はヤバいですよね。 素晴らしい愛です。 このエッセイを読むと、辻村作品を読んだ事がない方でも「辻村さんの作品がめっちゃ読みたい!」ってなりますから! ちなみに、もともと辻村さんが好きな方が読むと99. 覚悟しておいてください。

次の

辻村 深 月 読む 順番

辻村 深 月 順番

経歴 公務員の両親のもと 、のに生まれる。 笛吹市立石和東小学校、笛吹市立石和中学校へ通う。 幼い頃から読書好きで、「」や「」などのミステリーから、『』や『』などのなどを読んでいた。 小学校3年生で「」でに出会い、夢中になる。 クラスで同シリーズも入っているが流行して、感化された小説を書き始めたので、自分も「小説は書いてもいい」と気付き、ノート数冊にホラー調の習作小説を書く。 小学校6年生の時にの『』を読んで衝撃を受けて以来大ファンとなる。 その後、綾辻の作品を読み漁り、何度もファンレターを送り、編集部の厚意で綾辻本人と手紙やメールを交わす間柄となったほど。 ペンネームの「辻」も綾辻から取られた。 また、17歳の時には自宅からの書店までのサイン会に友人と2人で出かけ、違反だと知りつつ思わず握手もするほどはしゃいでしまったという。 1998年に特進コース 、2002年にを卒業。 千葉大学を選んだのはミステリ研究会があったから。 卒業後は甲府にある県庁村会事務所で団体職員として働きながら執筆を続け 、「」で第31回を受賞しデビュー。 同作は高校生の頃から書き始め、その後大学4年間で書き上げた作品。 かなりの長編であったため、この枚数を受け入れてくれること、『十角館の殺人』と同じレーベルから出版されるということを考え、メフィスト賞に応募した。 受賞は、打ち合わせの編集者に聞いた綾辻本人からの電話で知った。 同作のヒロインに自分と同じ「辻村深月」と付けたのは、多くのミステリ作家に倣ったためである。 2008年に会社を退社し、専業作家となる。 そしてこの頃、山梨で学生生活を送っていた頃から知っていた男性と結婚した。 2012年、『』で第147回を受賞。 山梨県から直木三十五賞受賞者が出たのは以来26年ぶりで、大変な騒ぎとなり、笛吹市庁舎には垂れ幕が掛けられ、地元紙「」でも、多数の記事や特集が組まれた。 その後、笛吹市は2012年8月17日に行われた市制施行8周年記念式典で辻村に「笛吹市市民栄誉賞」第1号を授与し、表彰した。 2019年、「第12回2019」の文芸部門を受賞。 同年3月15日から紙上で「琥珀の夏」(画 )の連載を開始した。 人物 幼少期から『』や『』など作品のファンであり、『』では各章にの名前を付けるというスタイルをとった。 また、ゲーム好きでもあり、『』や『』のファンである。 特に前者からは「絶対的なものがない世界観に衝撃を受けた」と語り、強い影響を受けていることを公言している。 作風 若者の微妙な心情、思春期独特の揺れ動く気持ちを捉えた透明感のある文章が特徴。 また、最終的に(紆余曲折で登場人物の不幸があっても)アンハッピーエンドの作品はほとんどない。 作品同士で登場人物がリンクしており、これは、のやの世界観のリンクの影響を受けている [ ]。 エピソード• 『凍りのくじら』以降、装画をたびたび担当しているイラストレーターの佐伯佳美は大学時代からの親友で、デビュー前から絵をもらったり、「必ずプロになれるよ」と励まされていたりした。 が、直木賞候補作の「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 」のチャンネルでのドラマ化の撮影直前の拒否による損害で、辻村深月の著作権管理委託者の講談社を相手に約5980万円の損害賠償を求め、2012年6月21日に提訴。 東京地方裁判所は、2015年4月28日にNHKの訴えを棄却する判決を下した。 訴状によると、講談社は2011年11月制作を許諾。 辻村深月が脚本チェックをしてNHKと修正の話し合いをしたが、納得できないと撮影開始直前の2012年2月6日に許諾を取り消した。 制作側はすでに主演のをはじめキャスティングを決めており、キャンセル料が発生。 脚本は完成し、美術製作も終わり、莫大な損害が出たうえ、撮影開始直前の中止は例が無くドラマ制作での信用が低下したと主張していた。 講談社側は、主人公とその母親の関係の表現方法など「原作の改変が著者の意向に大きく反していたことから、NHKと話し合いを続けていましたが、合意に至らず、部分的な脚本訂正でなく、脚本とスケジュールの抜本的な再検討をお願いしたが拒否されたため、ドラマ化を見送りたいと、お伝えした」とコメントした。 2013年のインタビューでは「紙の書籍でも、でも、それぞれの方に合った形でお届けできればと思っています。 まずは、幅広い方に作品を読んでいただきたい」と回答している。 文学賞受賞・候補歴• - 『』で 第31回受賞。 - 『』で第27回候補。 - 『』で第60回(長編及び連作短編集部門)候補。 - 『』で第29回吉川英治文学新人賞候補。 - 『』で第142回候補。 - 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 』で第31回吉川英治文学新人賞候補。 『』で 第32回吉川英治文学新人賞受賞。 「」で第64回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。 『』で第24回候補。 『オーダーメイド殺人クラブ』で第145回直木三十五賞候補。 『水底フェスタ』で第2回候補。 『オーダーメイド殺人クラブ』で第25回山本周五郎賞候補。 『』で 第147回直木三十五賞受賞。 - 『島はぼくらと』で第11回候補。 - 『ハケンアニメ! 』で第12回本屋大賞候補。 - 『』で第13回本屋大賞候補。 - 『かがみの孤城』で 第15回本屋大賞受賞。 - 『傲慢と善良』で第7回大賞(小説部門)受賞。 著書 小説 長編• 1830 2012年11月7日号 - No. 1917 2014年8月13日・20日合併号• 文庫版のみスピンオフ作品「執事とかぐや姫」( Webサイト「ちょっと一服ひろば」2015年2月)収録• 文庫版のみ下巻に新章「おかえりなさい、東京會舘」(『サンデー毎日』2019年3月17日号)を追加収録• かがみの孤城(2017年5月 ) - 『』2013年11月号 - 2014年10月号 連載• 青空と逃げる(2018年3月 ) - 『 夕刊』2015年5月27日 - 2016年5月21日 連載• 傲慢と善良(2019年3月 朝日新聞出版) - 『』2017年3月3日号 - 2018年2月16日号 連載 短編集• ロードムービー(『esora』vol. 道の先(『esora』vol. トーキョー語り(『メフィスト』2009年1月号) - ノベルス版と文庫版にのみ追加収録• 雪の降る道(『メフィスト』2005年1月号)• 街灯(書き下ろし) - ノベルス版と文庫版にのみ追加収録• 踊り場の花子(『野性時代』2008年9月号)• ブランコをこぐ足(『野性時代』2006年12月号)• おとうさん、したいがあるよ(『野性時代』2008年1月号)• ふちなしのかがみ(『野性時代』2007年2月号)• 八月の天変地異(『野性時代』2008年11月号)• しあわせのこみち(『esora』vol. アスファルト(書き下ろし) - ノベルス版と文庫版にのみ追加収録• チハラトーコの物語(『esora』vol. 8 「『嘘』という美学」改題)• 樹氷の街(『esora』vol. アイドルの心得(『』vol. 12)• 長男の心得(『yom yom』vol. 13)• 親友の心得(『yom yom』vol. 14)• 待ち人の心得(『yom yom』vol. 15)• 使者の心得(『yom yom』vol. 16)• 約束の場所、約束の時間(『中二講座』2009年9月号 - 2010年3月号)• サクラ咲く(進研ゼミ『中一講座』2010/2011年度)• 世界で一番美しい宝石(『』2011年7月号)• 仁志野町の泥棒(『』2009年10月号)• 美弥谷団地の逃亡者(『オール讀物』2010年1月号)• 石蕗南地区の放火(『オール讀物』2010年4月号)• 芹葉大学の夢と殺人(『オールスイリ2011』)• 君本家の誘拐(『オールスイリ2012』)• 「妹」という祝福(『esora』vol. サイリウム(『小説すばる』2011年6月号)• 私のディアマンテ(『』2011年5月号)• タイムカプセルの八年(『別册文藝春秋』2012年7月号)• 1992年の秋空(『We are 宇宙兄弟』vol. 01 「宇宙姉妹ー1992年の秋空ー」改題)• 孫と誕生会(書き下ろし)• 十円参り(『メフィスト』2009年8月号)• 手紙の主(『』2013年10月号)• 丘の上(『Mei(冥)』2012年10月号)• 殺したもの(『Mei(冥)』2013年4月号)• スイッチ(『Mei(冥)』2014年4月号)• 私の町の占い師(『そっと、抱きよせて 競作集 』2014年7月)• やみあかご(『Mei(冥)』2013年4月号)• だまだまマーク(『きっと、夢にみる 競作集 』2015年4月)• マルとバツ(『Mei(冥)』2013年4月号)• ナマハゲと私(『Mei(冥)』2014年11月号)• タイムリミット(『小説現代』2007年2月号)• 噂地図(書き下ろし)• 嚙みあわない会話と、ある過去について(2018年6月 講談社)• ナベちゃんのヨメ(Kindle Singles 2015年12月)• パッとしない子(Kindle Singles 2017年7月)• ママ・はは(『宮辻薬東宮』2017年6月)• 早穂とゆかり(『小説トリッパー』2014年夏号)• ツナグ 想い人の心得(2019年10月 新潮社) - 連載時のタイトルは『ツナグ2』• プロポーズの心得(『yom yom』vol. 31)• 歴史研究の心得(『yom yom』vol. 33)• 母の心得(『yom yom』vol. 37)• 一人娘の心得(『yom yom』vol. 42)• 想い人の心得(『yom yom』vol. 52) 絵本• すきって いわなきゃ だめ?(絵: 2019年5月 ) エッセイ• 図書室で暮らしたい(2015年11月 講談社) - エッセイ79編、短編小説「おじいちゃんと、おひさまのかおり」収録 その他• ドラことば 心に響くドラえもん名言集(2006年9月 )- 6編のコラムを収録• (2016年3月 講談社) - ・との合評「を読む」を収録 アンソロジー(編纂)• 辻村深月選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎008(2013年10月 講談社文庫)• 傑作選 蟲(2016年11月 文春文庫) アンソロジー(収録) 「」内が辻村深月の作品 小説• こどものころにみた夢(2008年6月 講談社)「タイムリミット」 - 絵・吉田尚令• 2011 推理小説年鑑(2011年7月 講談社)「芹葉大学の夢と殺人」• 【分冊・改題】Guilty 殺意の連鎖 ミステリー傑作選(2014年4月 講談社文庫)• 宇宙小説(2012年3月 講談社文庫)「宇宙姉妹ー1992年の秋空ー」• いつか、君へ Boys(2012年6月 集英社文庫)「サイリウム」• 【再編集】短編学校(2017年6月 集英社文庫)• 時の罠(2014年7月 文春文庫)「タイムカプセルの八年」• そっと、抱きよせて 競作集 (2014年7月 角川文庫)「私の町の占い師」• きっと、夢にみる 競作集 (2015年4月 角川文庫)「だまだまマーク」• 日本文学100年の名作 第10巻2004-2013 バタフライ和文タイプ事務所(2015年6月 新潮文庫)「仁志野町の泥棒」• 謎の放課後 学校の七不思議(2015年8月 角川文庫)「踊り場の花子」• 宮辻薬東宮(2017年6月 講談社)「ママ・はは」• ショートショートドロップス(2019年2月 キノブックス)「さくら日和」 エッセイ他• 作家の放課後(2012年2月 新潮文庫)「メンクイのすゝめ」• とっさの方言(2012年8月 ポプラ文庫)「くじら」• 忘れられない一冊(2013年9月 朝日文庫)「鞄を壊した子」• 直木賞受賞エッセイ集成(2014年4月 文藝春秋)「十七歳のサイン会」• つやつや、ごはん(2014年6月 河出書房新社)「祖母の味噌むすび」• 3時のおやつ ふたたび(2016年2月 ポプラ文庫)「二色ムースのしあわせ」• ベスト・エッセイ2016(2016年6月 )「作家になって十年」• まるまる、フルーツ(2016年8月 河出書房新社)「くだもの絶品料理」• 作家の口福 おかわり(2016年9月 朝日新聞出版)- 4編のエッセイを収録• 奇想天外 21世紀版アンソロジー(2017年10月 )「デビュー前夜の思い出」• 学校に行きたくない君へ(2018年8月 ポプラ社)「楽しいことがあれば、それを生きる理由に」 - インタビュー 単行本未収録作品• 九年前のクリスマス(『an・an』No. 1885 2014年1月1日・8日合併号) - 『ハケンアニメ! 』スピンオフ作品• 少女の国(『少女の国 今井キラ作品集』2014年6月 ステュディオ・パラボリカ)• 夜の底の太陽(『an・an』No. 1951 2015年4月22日号) - 『ハケンアニメ! 』スピンオフ作品• 化粧は女を嫉妬させる。 (『an・an』No. 2020 2016年9月21日号)• 影踏みの記憶(「KADOKAWAアプリ」2018年8月)• こどもかいしゅうしゃ(『』2019年1月号付録)• 闇祓 やみはら (『小説 野性時代』2019年3月号 - 連載中)• 琥珀の夏(『』2019年3月15日号 - 連載中)• ファイア・ドーム(『』2019年6月号 - 連載中)• 今日からはじまる物語(講談社 Webサイト「TREE」2020年5月)• 次の現場、SPECIAL(『an・an』No. 2204 2020年6月17日号 - No. 2207 2020年7月8日号) - 『ハケンアニメ! 』スピンオフ作品 作詞• 「彼方のノック」(第87回・第88回 高等学校の部 課題曲) - 作曲は土田豊貴 メディア・ミックス テレビドラマ• ( - 、全10話、主演:) 系• 階段の花子(、主演:、原作:踊り場の花子『ふちなしのかがみ』所収)• (制作)• (2016年6月4日 - 7月30日、全8話、主演:)• ( - 、全5話、主演:、、、、)• サクラ咲く(2016年3月6日 - 27日、全4話、主演:()、) 映画• (2012年10月6日公開、配給:、監督:、主演:)• (2014年10月4日公開、監督:、主演:)• (2019年3月1日公開、監督:、主演:)• 書き下ろし脚本• (2020年公開予定、監督:、主演:) アニメ• ドラえもん&Fキャラオールスターズ『月面レースで大ピンチ!? 』(2019年3月9日 - 2020年1月30日公開、にて公開、監督:、主演:水田わさび)• 書き下ろし脚本 漫画化• 冷たい校舎の時は止まる(作画:、『』2008年1月号 - 2009年5月号、講談社 全4巻 2008年11月 - 2009年5月・講談社文庫 上下巻 2012年9月)• オーダーメイド殺人クラブ(作画:、『』30号 - 43号、講談社 全2巻 2013年11月・2014年7月)• スロウハイツの神様(作画:、『』2016年11月号 - 連載中、講談社 既刊4巻 2017年7月 - )• かがみの孤城(作画:武富智、『』2019年7月号 - 連載中) 作詞• 第87回 高等学校の部 課題曲 メディア出演 映画(アニメ)• (2011年4月29日公開、配給:) - 町民役 テレビ番組• (2012年7月28日、) - インタビュー。 直木賞受賞、『鍵のない夢を見る』について。 (2012年9月4日、) - インタビュー。 『鍵のない夢を見る(君本家の誘拐)』、ドラえもん、綾辻行人、著『お待ちになって、元帥閣下』について。 脚注 []• インタビュアー:. AERA dot.. 2019年8月13日閲覧。 2019年5月10日. 2019年8月13日閲覧。 広報 ふえふき. 2-3 2012年9月. 2019年8月13日閲覧。 『』(文芸春秋 刊)2012年9月号 辻村深月「第147回直木賞発表」エッセイ「十七歳のサイン会」• 2012年7月18日. 2018年10月21日閲覧。 広報誌ちばだいプレス. 2012年9月. 2018年10月21日閲覧。 『オール讀物』(文藝春秋 刊)2012年9月号 辻村深月「第147回直木賞発表」林真理子との受賞記念対談発言• 電子版. 2020年3月9日閲覧。 装画によせて• 2015年4月28日. 2015年4月29日閲覧。 多数の各紙報道による。 2018年6月24日閲覧。 映画ランドNEWS 2018年10月15日. 2018年10月15日閲覧。 SANSPO. COM 2016年4月15日発行、同日閲覧。 CDJournal ニュース 2016年2月9日. 2016年3月6日閲覧。 2016年2月3日. 2016年3月6日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン 2019年1月12日. 2019年2月17日閲覧。 外部リンク• - (2015年6月10日アーカイブ分)• 第24回 「長恨歌」「真説石川五右衛門」• 第25回 「英語屋さん」「颱風さん」「御苦労さん」• 第27回 「罪な女」他• 第28回 「叛乱」• 第29回 該当作品なし• 第30回 該当作品なし• 第31回 『終身未決囚』• 第33回 該当作品なし• 第37回 『ルソンの谷間』• 第38回 該当作品なし• 第43回 「錯乱」• 第45回 「」• 第46回 「螢の河」• 第47回 『天才と狂人の間』• 第49回 『女のいくさ』• 第51回 該当作品なし• 第53回 「虹」• 第55回 「白い罌粟」• 第56回 「」• 第57回 『追いつめる』• 第59回 該当作品なし• 第61回 『戦いすんで日が暮れて』• 第62回 該当作品なし 1970年代• 第64回 『長良川』• 第65回 該当作品なし• 第66回 該当作品なし• 第68回 該当作品なし• 第70回 該当作品なし• 第71回 「鬼の詩」• 第73回 該当作品なし• 第74回 『』• 第75回 該当作品なし• 第76回 『』• 第77回 該当作品なし• 第78回 該当作品なし• 第82回 該当作品なし• 第84回 『元首の謀叛』• 第85回 『』• 第88回 該当作品なし• 第89回 『』• 第92回 該当作品なし• 第93回 「演歌の虫」「老梅」• 第95回 『恋紅』• 第98回 『それぞれの終楽章』• 第103回 『蔭桔梗』• 第104回 『漂泊者のアリア』• 第107回 『受け月』• 第108回 『佃島ふたり書房』• 第112回 該当作品なし• 第113回 『白球残映』• 第115回 『』• 第116回 『山妣』• 第118回 該当作品なし• 第119回 『』• 第120回 『』• 第122回 『』• 第125回 『愛の領分』• 第127回 『生きる』• 第128回 該当作品なし• 第132回 『』• 第133回 『花まんま』• 第134回 『』• 第136回 該当作品なし• 第137回 『』• 第138回 『』• 第139回 『切羽へ』• 第141回 『』•

次の