気象庁 降水 ナウ キャスト。 降水ナウキャスト(気象庁)をスクレイピングして5分毎の降水データ取得する

降水ナウキャストとは

気象庁 降水 ナウ キャスト

気象庁の「」の画像部分 がなんか便利そうだったのでスクレイピングしてどうにか(今回はLINEに送ってみるゾ)してみます。 データの二次利用は自由ですが一応一読しました。 「5分毎に更新」とありますが実際は1分ずれているので、crontab等で自動実行する場合は 1,6,11,16... 環境と使用するモジュール ・MacBook Air Early2015(MacOS High Sierra) ・Python 3. 2(pip3) ・requests pip3 install requests ・datetime 標準モジュール 画像をダウンロードする ナウキャストのページで画像を右クリック、画像アドレスをコピーで画像のURLが取得できます。 URLの「201807051055」の部分を変更してリクエストを飛ばします。 一見unixタイムかと思いましたが、単純に年月日時分の順に並んでいるだけなので変換作業はありません。 now. jma. get url with open 'rain. png' , "wb" as w : w. write req. content w. close まず時間の処理ですが、気象庁は5分刻みに更新しているのでURLの「201807051055」部分を現在時刻に置き換えて、末尾の5の部分(分の一桁台)を0か5に加工する必要があります。 まず変数timeをlistしないで出力させると以下のように現在時刻の数字のみが表示されます。 now. )のでリストに変換してからインデックスを指定して文字列を入れ替えます。 リストの末尾をインデックスで指定し数値に変換してから変数mに格納します。 mが0以上で5以下だったらtimeの末尾に0を代入(crontabで1分、11分、21分に実行した場合0,10,20になるように)、それ以外は5を代入します。 (6分、16分、26分に実行した場合5、15、25になるように) 最後に変数timeに加工したリストを文字列に戻して代入します。 jma. get url with open 'rain. png' , "wb" as w : w. write req. content 実行すると以下のように画像が保存されます。 あとは煮るなり焼くなり。。。 おまけ(Messaging APIを使ってLINEに送る) LINEに通知を送るテンプレとして一応置いておきます。 Messaging APIの記事は探せばたくさんあるので割愛。 line. now. jma. get url with open 'rain. png' , "wb" as w : w. write req. line.

次の

気象庁データ: オリジナルデータ: 全国合成レーダーGPV

気象庁 降水 ナウ キャスト

スポンサードリンク 気象庁発表の気象情報をチェック! 毎日の通勤通学や休日の外出。 気になるのは天気予報ですよね。 外出しない時でも天気によって洗濯物の乾き具合が違うので、天気予報はとても気になります。 その他、台風や各種警報、地震など気象情報はとてもきになります。 私達の生活に欠かせない天気予報や気象情報、やはり正確性が重要になります。 天気予報や気象情報を確認する上で正確で信頼できるのが 「気象庁発表の天気予報や気象情報」 天気予報番組や天気予報サイト、調べるといろいろなサイトや番組で天気予報や気象情報が発表されていますが、気象庁発表のデータや予報をもとにしているものがとても多いのです。 信頼における気象庁の天気予報や気象情報についてまとめていまきます。 スポンサードリンク 気象庁発表の天気予報や週間天気予報 気象庁が発表する天気予報は、 各種レーダーや気象衛星を用いた天気予報が発表されます。 雨雲レーダーやナウキャスト、アメダスといった各種レーダーを用い、 毎日5時、11時、17時に発表されます。 また、この時間以外にも状況により随時発表されます。 週間天気予報は、日を追うごとに精度が落ちていきます。 雨雲レーダーをチェックしましょう! 雨雲レーダーとは、複数の気象レーダーの情報をもとに作られています。 マイクロ波で雨量、ミリ波で雲量、ドップラーで電波・音波・光、雷は雷の位置、強度 などを観測し、それらを分析することによって雨や雪の密度や場所、風向きや雷などがわかるようです。 スポンサードリンク ナウキャストというレーダー観測をご存知ですか? ナウキャストとは、現在(ナウ)と予報(フォーキャスト)を組み合わせた造語で、数時間先までの短期予報の意味です。 レーダーナウキャストには 降水・雷・竜巻があり、降水ナウキャストは5分ごとにレーダー観測がなされています。 昨今非常に多くなっているゲリラ豪雨などの観測に適しています。 気象庁のアメダスとは? 「Automated Meteorological Data Acquisition System」の略で、「地域気象観測システム」といいます。 雨、風、雪などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、降水量、風向・風速、気温、日照時間の観測を自動的におこない、気象災害の防止・軽減に重要な役割を果たしています。 アメダス観測所の例 四要素(降水量、風向・風速、 気温、日照時間)と積雪深を観測 アメダスは1974年11月1日に運用を開始して、現在、降水量を観測する観測所は全国に約1,300か所(約17km間隔)あります。 このうち、約840か所(約21km間隔)では降水量に加えて、風向・風速、気温、日照時間を観測しているほか、雪の多い地方の約320か所では積雪の深さも観測しています。 アメダスランキングでは、 気温(高温順、低温順) 降水量(現在、最大1時間、24時間) 風速(現在、日最大風速) 積雪深 がアメダスのランキング形式で確認できます。 <<<おすすめ特集!! >>> 気象庁発表の警報を確認しましょう 気象庁では 暴風雪(風雪) 洪水 暴風(強風) 波浪 融雪 乾燥 なだれ 低温 などの各警報が発表されます。 警報の種類には 「注意報」「警報」「特別警報」があります。 気象庁では、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけます。 これに加え、警報の発表基準をはるかに超える大雨や大津波などが予想され、重大な災害の起こるおそれが著しく高まって場合には 「特別警報」が発表され、最大級の警戒を呼びかけます。 スポンサードリンク 台風時には台風情報をしっかりと確認を! 気象庁では台風72時間進路予報が発表されます。 1日4回(04時頃、10時頃、16時頃、22時頃)発表されます。 台風の経路図(台風5日進路予報) 台風の暴風域に入る確率(地域ごと時間変化) 台風の暴風域に入る確率(分布表示) 台風に関する気象情報(全般台風情報) などを確認することができるので、台風接近時はこまめにチェックするようにしましょう! 地震情報は必ずチェックを! 地震が起きたときにはインターネットやテレビ、ラジオなど各種メディアで地震速報が発表されますが、気象庁の地震速報もチェックするようにしましょう。 速報の他にも、震源に関する情報や震度に関する情報、各地の震度、遠地地震に関する情報などが開示されています。 スポンサードリンク 気象庁発表の天気予報や週間天気・その他気象情報をチェック.

次の

GPV気象予報、SCW、高解像度降水ナウキャストの使い方!1週間以上先の天気や雨の様子も予想できる!

気象庁 降水 ナウ キャスト

スポンサードリンク 気象庁発表の気象情報をチェック! 毎日の通勤通学や休日の外出。 気になるのは天気予報ですよね。 外出しない時でも天気によって洗濯物の乾き具合が違うので、天気予報はとても気になります。 その他、台風や各種警報、地震など気象情報はとてもきになります。 私達の生活に欠かせない天気予報や気象情報、やはり正確性が重要になります。 天気予報や気象情報を確認する上で正確で信頼できるのが 「気象庁発表の天気予報や気象情報」 天気予報番組や天気予報サイト、調べるといろいろなサイトや番組で天気予報や気象情報が発表されていますが、気象庁発表のデータや予報をもとにしているものがとても多いのです。 信頼における気象庁の天気予報や気象情報についてまとめていまきます。 スポンサードリンク 気象庁発表の天気予報や週間天気予報 気象庁が発表する天気予報は、 各種レーダーや気象衛星を用いた天気予報が発表されます。 雨雲レーダーやナウキャスト、アメダスといった各種レーダーを用い、 毎日5時、11時、17時に発表されます。 また、この時間以外にも状況により随時発表されます。 週間天気予報は、日を追うごとに精度が落ちていきます。 雨雲レーダーをチェックしましょう! 雨雲レーダーとは、複数の気象レーダーの情報をもとに作られています。 マイクロ波で雨量、ミリ波で雲量、ドップラーで電波・音波・光、雷は雷の位置、強度 などを観測し、それらを分析することによって雨や雪の密度や場所、風向きや雷などがわかるようです。 スポンサードリンク ナウキャストというレーダー観測をご存知ですか? ナウキャストとは、現在(ナウ)と予報(フォーキャスト)を組み合わせた造語で、数時間先までの短期予報の意味です。 レーダーナウキャストには 降水・雷・竜巻があり、降水ナウキャストは5分ごとにレーダー観測がなされています。 昨今非常に多くなっているゲリラ豪雨などの観測に適しています。 気象庁のアメダスとは? 「Automated Meteorological Data Acquisition System」の略で、「地域気象観測システム」といいます。 雨、風、雪などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、降水量、風向・風速、気温、日照時間の観測を自動的におこない、気象災害の防止・軽減に重要な役割を果たしています。 アメダス観測所の例 四要素(降水量、風向・風速、 気温、日照時間)と積雪深を観測 アメダスは1974年11月1日に運用を開始して、現在、降水量を観測する観測所は全国に約1,300か所(約17km間隔)あります。 このうち、約840か所(約21km間隔)では降水量に加えて、風向・風速、気温、日照時間を観測しているほか、雪の多い地方の約320か所では積雪の深さも観測しています。 アメダスランキングでは、 気温(高温順、低温順) 降水量(現在、最大1時間、24時間) 風速(現在、日最大風速) 積雪深 がアメダスのランキング形式で確認できます。 <<<おすすめ特集!! >>> 気象庁発表の警報を確認しましょう 気象庁では 暴風雪(風雪) 洪水 暴風(強風) 波浪 融雪 乾燥 なだれ 低温 などの各警報が発表されます。 警報の種類には 「注意報」「警報」「特別警報」があります。 気象庁では、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけます。 これに加え、警報の発表基準をはるかに超える大雨や大津波などが予想され、重大な災害の起こるおそれが著しく高まって場合には 「特別警報」が発表され、最大級の警戒を呼びかけます。 スポンサードリンク 台風時には台風情報をしっかりと確認を! 気象庁では台風72時間進路予報が発表されます。 1日4回(04時頃、10時頃、16時頃、22時頃)発表されます。 台風の経路図(台風5日進路予報) 台風の暴風域に入る確率(地域ごと時間変化) 台風の暴風域に入る確率(分布表示) 台風に関する気象情報(全般台風情報) などを確認することができるので、台風接近時はこまめにチェックするようにしましょう! 地震情報は必ずチェックを! 地震が起きたときにはインターネットやテレビ、ラジオなど各種メディアで地震速報が発表されますが、気象庁の地震速報もチェックするようにしましょう。 速報の他にも、震源に関する情報や震度に関する情報、各地の震度、遠地地震に関する情報などが開示されています。 スポンサードリンク 気象庁発表の天気予報や週間天気・その他気象情報をチェック.

次の