保守速報。 「負けるはずなかった」三反園氏、安泰なぜ崩れた 保守分裂の知事選|【西日本新聞ニュース】

おーるじゃんる

保守速報

保守速報• 2020-07-16 19:54:00• 2020-07-16 17:09:00• 2020-07-16 16:34:00• 2020-07-16 16:20:00• 2020-07-16 16:08:00• 2020-07-16 12:27:00• 2020-07-16 11:00:00 正義の見方• 2020-07-09 03:16:37• 2020-07-08 22:12:15• 2020-07-08 20:39:39• 2020-07-08 10:56:07• 2020-07-08 04:00:53• 2020-07-08 00:55:10• 2020-07-07 22:44:30 もえるあじあ• 2020-07-16 20:33:00• 2020-07-16 18:51:00• 2020-07-16 17:40:00• 2020-07-16 17:01:00• 2020-07-16 15:10:00• 2020-07-16 13:38:00• 2020-07-16 10:17:00 NetGeek• 2020-05-05 11:15:00• 2020-05-05 07:53:00• 2020-05-05 00:59:00• 2020-05-04 08:51:00• 2020-05-04 05:07:00• 2020-05-04 04:31:00• 2020-05-04 00:35:00 虎ノ門ニュース・『放言BARリークス』・ニュース女子「あなたの知りたい真実、ここにあります」 日本の知性を集結し、「真実を伝える」を旨とし、みなさまに日本の針路を定める指針を提供いたします。 時事問題、政治、歴史など個人的に気になった話題をわかりやすく5分程度で大体毎日夜9時にお届けする教養動画チャンネルです。 ツイッター、フェイスブック、ニコニコ動画など様々な媒体に進出しています。 「メディアの映さない世界」のほうが、1. 2億倍、面白い!! ・報道特注 ・日本の病巣を斬る! 更に!新しい番組も配信して参ります。 場所にと他にも番組を追加していきます! 経済評論家、作家の上念司の公式チャンネルです。 こちらではニュースに対する開設や、経済に関するお話、格闘技、フィットネスジム、カヤック、アニメ、音楽、等々、私が興味があるジャンルについてお届けしようと思います。 このチャンネルは時事ネタからうp主の気が向いた内容をゆっくり動画形式にしてお届けするチャンネルです。 youtube.

次の

【速報】エビも中国発ウイルス「DIV1」猛威 致死率80%以上 アジアに拡散へ | 保守速報

保守速報

「リテラ」も禁ずるべきと発言した三浦氏(『AbemaPrime』より) 安倍首相主催の「桜を見る会」をめぐる一連の疑惑でも、相変わらず「メタ目線で中立的な知識人」のフリをしつつ政権を擁護している三浦瑠麗氏。 最近、何か賢しく論じようとして逆に無教養と御用っぷりを晒すのがパターン化してしており、Twitterでは「またか」との失笑すらされている。 〈桜を見る会が中止に。 おそらく「国民感情」への配慮。 時の権力者が催す宴には「なぜあいつが呼ばれた」になりがち。 全ては国民感情次第ということなのでしょう。 でも大手メディアからも沢山招待されて皆さん楽しんできたんですよ。 今わかったことではない。 総数や予算は今後検討課題になるでしょう。 ちなみに、自分は嬉々として「桜を見る会」に参加しているのだが。 そんな三浦サンだが、ちょっと前、『AbemaPrime』(AbemaTV)で本サイト・リテラに言及したらしい。 まあ、私たちも三浦氏の全出演番組をチェックするほど暇ではないので、そんなことは露ほども知らなかったのだが、以前から彼女の言説の問題点や中身スカスカっぷりについて、実例をあげて分析・検証してきたのにはちょっとした自負もある。 それは、11月11日放送の『AbemaPrime』でのこと。 「ネトウヨはどのような人!? 根底にある思想とは?」と題して、先日の首里城火災で「世界文化遺産を燃やした犯人は朝鮮半島人or在日朝鮮人」などというヘイトデマがSNSで広がったことを取り上げながら、ネトウヨことネット右翼を特集した。 番組は、ネトウヨ的投稿を毎日大量にリツイートしている人にも取材。 「在日特権」のデマを信じているこの匿名の人物は、嫌韓投稿の内容が事実かどうかを確かめることなくリツイートしているという。 確認するのは「過激な見出し」のみで、リツイートを押すのにわずか50秒足らず。 番組では「ヘッドライン読み」と紹介されていた。 その後、スタジオには三浦氏のほか、「元ネトウヨ」文筆家の古谷経衡氏、「2ちゃんねる」創設者の西村博之(ひろゆき)氏、ドワンゴ代表取締役社長の夏野剛氏、幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏が登場。 その中盤あたりで、「ネトウヨは無視するべき」「とりあげなくていい」と主張する夏野氏に対し、元ネトウヨ雑誌編集長の古谷氏が、保守系雑誌や出版の世界でも嫌韓嫌中のヘイト言説が広がっていることをあげて反論。 「差別は表現の自由ではない」との立場を明確にするのだが、一方の夏野氏は「陰謀論も山ほどあるわけで、まあ、右から左までいろんなものがいっぱいある」などと主張した。 いや、ネトウヨによるヘイトスピーチが議題になっているのに、なぜ陰謀論だけに話を絞り、「右から左まで」と話をズラすのか、ちょっと理解できないが、ここで待ってましたとばかりに三浦サンが出てきて、「だから結局、本当に名誉毀損だったらバンバン訴えて高額の賠償金とればいい」と言いだす。 「だけど、やっぱ優先度でいくと、まず個人の名誉毀損と、あるいは物理的脅迫とか感じるような状況に関してはそうなんだけど、ただ、その表現の自由の場合、たとえばおっしゃるような出版物ってときね、結局、『保守速報』禁じるんだったら『リテラ』も禁ずるべきですよね」.

次の

保守速報、大阪市ヘイト条例に抵触か? 運営者「松井市長から通知書が届きました」: J

保守速報

「今後、大阪市と争う事になると思います」 保守速報の運営者は17日付の記事で「先日、大阪市ヘイト条例の件で松井市長から通知書が届きました」と伝えた。 添付された写真を見ると、松井一郎・大阪市長名義で11月29日付に作成されたとみられる書類が確認できる。 本文には「条例第5条第3項本文の規定により(中略)証拠を提出する機会を与えますので通知します」と書かれている。 運営者は「大阪市からヘイトスピーチに該当するとされたブログの過去記事を削除したにもかかわらず措置を取るとのことです」として、「今後、大阪市と争う事になると思います」と争う構えを示す。 同条例は大阪市のヘイトスピーチ対策条例を指しているとみられ、第3項は「市長は、第1項の規定による公表をしようとするときは、あらかじめ、当該公表に係るヘイトスピーチを行ったものに公表の内容及び理由を通知するとともに、相当の期間を定めて、意見を述べるとともに有利な証拠を提出する機会を与えなければならない」などと定めている。 保守速報は12年4月に開設され、ネットの掲示板などの書き込みを転載して紹介するまとめサイトだ。 保守的かつ「嫌中・嫌韓」的な編集方針で知られ、人種差別的な書き込みを転載することもあった。 この編集方針をめぐっては、同サイトに広告を掲載している企業へ取り下げを求める動きがネット上で広がり、広告掲載を停止する企業が相次ぐ騒動が過去にあった。 また、ネット上のヘイトスピーチ投稿をまとめて掲載され、名誉を傷つけられたとして、在日朝鮮人の女性が運営者に損害賠償を求めた訴訟では、18年12月に200万円の支払いを命じる判決が確定した。 条例は「(当該の)氏名または名称を公表するもの」としている 大阪市市民局の人権企画課長は19日、J-CASTニュースの取材に、「個別案件の進捗にはお答えできない」と話す。 一般論としては、市の審査会でヘイトスピーチと認定した場合、当該の人物(組織)に通知書を送り、その後、意見を述べるとともに有利な証拠を提出する機会を与えるという。 申し出があった場合は、審査会の意見を聞いた上で、事実の公表と削除要請をするか決める。 16年7月に全面施行されて以降、ネット上でのヘイトスピーチが6件公表されている。 条例では「(当該の)氏名または名称を公表するものとする」とあるが、現在までにハンドルネームの公表はあっても、実名が明かされた例はない。 人権企画課長は「(通知書を送るために)氏名・住所を教えてもらえるようにプロバイダーからご本人に連絡を取ってもらったことはありましたが、本人から答えがあったことはなかった」と説明する。

次の