オキシドール エタノール 違い。 健栄製薬

ダイソーの無水エタノールはとってもお得!消毒用エタノールとの違いや使い方って?

オキシドール エタノール 違い

スポンサードリンク 消毒するときに良く使用するのは エタノールや塩化ベンザルコニウムの液か それらが含有された製品ですよね。 中には、両方が入ったものまで あるようです。 私たちが良く使用するエタノールや塩化ベンザルコニウムは どちらが優れているのでしょうか? ここでは、それぞれの使い方や効果、 消毒にどちらが優れているのかについて書いていますので 参考にしてみて下さい。 エタノールと塩化ベンザルコニウムの違い エタノールはお酒にも入っているアルコールで、 殺菌力が高く人体への影響が少ないので消毒として使用しています。 時間が経つとすぐに蒸発してなくなるのが特徴です。 アルコールが皮膚に付くと「スー」っとして 冷たく感じますよね。 それはアルコールが蒸発するときに 皮膚の表面の温度を奪うから冷たく感じるのです。 塩化ベンザルコニウムは消毒効果だけでなく 洗浄効果もあるようですね。 それで皮膚・粘膜の創傷部分や感染症の皮膚部分の 洗浄と消毒を兼ねて使用されるようです。 使い方と効果 エタノールは100%のままでは消毒の効果はありません。 かならず 70~90%に薄めて使用します。 一番使いやすい方法は、霧吹きなど手動ポンプ式の容器で 使用することでしょう。 またお酒にも入っているくらいですから 人体への毒性はそれほど強くはありません。 したがって、使用後に洗う必要はありません。 エタノールは多くのウィルスや細菌に対して 消毒効果があります。 一方、 塩化ベンザルコニウムは人体への影響が強いので かなり薄めて使用します。 人体へ使用する場合は、0. 01%~0. 2%に薄めて使用します。 手指が0. 2%程度で、傷口付近が. 01%~0. 02%で使用するそうです。 塩化ベンザルコニウムは主に医療で使用されており ウィルスには効果がないので家庭で使用することはほぼないでしょう。 つまり、傷口や医療器具、病院内の消毒に使用すものであって 家庭でノロウィルスやインフルエンザの予防には使用できない ということです。 また、食器などの消毒にも毒性が強いので しない方が無難でしょう。 ただ、細菌には効果があるので、カビを落とすのには 効果があるでしょう。 したがって、家庭でインフルエンザ、ノロウィルスなどの 予防で使用するならエタノールが良いと言えます。 塩化ベンザルコニウムはファブリーズの代わりになるのか? 塩化ベンザルコニウムは オスバンという商品名で 売られています。 しかもかなり薄めて使用するので 1本オスバンを買うとかなり長持ちするんですね。 それでファブリーズの代わりに使えないか? と考える人がいるようです。 ファブリーズって結構使うので もし代わりになるのであれば、かなり助かりますよね。 結論からいうと、消毒の効果はあるけど 先述したように毒性が強いので家庭での使用はしない方が良いです。 やっぱり、お金よりも健康が第一ですから。

次の

エタノールとオキシドールの違いは?

オキシドール エタノール 違い

このページの目次• オキシドールとエタノールの違い オキシドールとエタノールは消毒薬として一般的です。 実は全く違う成分からできています。 オキシドールとエタノールの順番にご紹介します。 オキシドールについて オキシドールは、 過酸化水素水とも呼ばれています。 主に工業プラントで生産されていて、化学物質から取り出されています。 過酸化水素は劇物で、 高濃度で皮膚に付くと皮膚が急激に酸化して痛みを伴いながら白く変色します。 濃度を3%にして水溶液に薄めたのが、市販されている物がオキシドールです。 オキシドールは主に医療用の消毒剤として使われています。 医療機材の消毒から、傷口の消毒まで幅広く利用されていて、薄めて使用することで口の中の消毒などにも使われます。 エタノールについて エタノールは主にデンプンやハチミツをアルコール発酵させて作られています。 別名を酒精(シュセイ)とも言い、お酒に含まれている成分です。 エタノールは水や油に溶けやすく、揮発性のある消毒液です。 「 消毒用エタノール」と「 無水エタノール」が販売されており、 無水エタノールには殺菌効果がありません。 無水エタノールを精製水で80%の濃度に薄めたものが消毒用エタノールです。 無水エタノールには殺菌効果はありませんが、洗浄力はが高く、掃除に効果的に使うことができます。 オキシドールの効果的な利用法! オキシドールを上手に生活に取り入れると様々なことに使うことができます。 オキシドールは一般的に 薬局やドラッグストアでも販売されています。 オキシドールを消毒液として使う! オキシドールの一般的な使用方法です。 ケガをしてしまったときにオキシドールで消毒すると、 傷口から異物を除去する働きや、 細菌やウイルスを殺滅する効果があります。 オキシドールで口臭対策や虫歯予防! オキシドールを10倍ほどに薄めてうがいをすると、 口腔内の殺菌効果があります。 口腔内を殺菌することで、 口臭予防にもなり、 歯周病や歯肉炎の消毒、更に 口内炎の消毒にも効果があります。 また、その効果の持続時間は10時間も保つことができるといわれています。 また、 長期間使い続けると口の中の皮膚が弱くなります。 オキシドールで染み抜きや漂白! オキシドールを3倍に薄め、アンモニア水を5滴ほど加えよく混ぜることで 漂白液を手作りすることができます。 この漂白液をスプレーボトルなどに移して 衣類の黄ばみやシミなどを漂白することができます。 オキシドールは水虫にも効果的! オキシドールは 水虫の菌を殺菌することが出来ます。 しかし、 皮膚の奥深い部分の菌には届かないため、普段履いている 靴やスリッパなどの消毒に有効です。 オキシドールで風邪やインフルエンザの予防! オキシドールを耳に10滴ほど垂らし、数分後に綿棒で掃除をします。 そうすると 鼻腔周辺のバクテリアを殺菌することができます。 風邪やインフルエンザの予防、また 風邪の引き始めにも効果があります。 エタノールの効果的な利用法! エタノールも上手に生活に取り入れるといろいろなところで活躍します。 エタノールもオキシドールと同じく、 薬局やドラッグストアで購入することができます。 エタノールで調理器具などの消毒! 消毒用エタノールを冷蔵庫や調理器具などに吹きかけると カビ予防になります。 また 食中毒の予防にも効果的です。 エタノールで油汚れの掃除 消毒用エタノールは 油汚れに効果的です。 コンロや換気扇などキッチン周りの掃除に便利です。 エタノールで浴室のピンクのヌルヌルの掃除! ピンクの汚れは実はカビではなく「 ロドトルラ」と呼ばれる酵母菌です。 この菌を放置していると 黒カビの原因になります。 ピンクのうちに消毒用 エタノールで除去することができます。 見つけたら早めに綺麗にしてくださいね! エタノールでテレビやパソコンの電子機器の掃除! 揮発性が高く、水分を含まない無水エタノールは 電子機器の掃除に最適です。 パソコンの汚れや手あかなども綺麗に拭き取ることができます。 エタノールで窓ガラスの掃除 無水エタノールは洗浄力があり、水分も含まれていないため窓に水滴が残りません。 無水エタノールを使って窓ガラスを拭くと、 乾拭きを何度もせずに綺麗なガラスに仕上げることができます。 車の窓ガラスの掃除や窓ふきに無水エタノールがオススメです。 エタノールで掃除する時の注意点 無水エタノールを掃除使用する際は、手の油分を持っていかれます。 ゴム手袋などをして掃除をするようにしてください。 また、エタノールは引火しやすく危険です。 コンロの掃除の際は、必ず消毒用エタノールを使用し、 掃除中は火気厳禁を徹底してください。 使用中は 充分に換気して使うようにしてください。

次の

オキシドールで手指の消毒は可能?薬局に唯一余っていたので買ってみた │ SUOHIMA ~人生は壮大な暇つぶし~

オキシドール エタノール 違い

エタノールとオキシドールの違い オキシドール グラム陽性菌、グラム陰性菌、酵母、ウイルスに有効な消毒液です。 5~3. 創傷・潰瘍部位などの消毒に使用されます。 衣服に付いた血液を分解することも出来ます。 9〜81. 純粋なエタノールは消毒効果がありません。 グラム陽性菌、一般細菌、グラム陽性菌、MRSA グラム陰性菌、一般細菌 グラム陰性菌、緑膿菌 結核菌 真菌 一般ウイルス HIV に対して効果が認められます。 しかし消毒用エタノールは創部には用いることが出来ません。 皮膚の消毒に用いるのが一般的です。 また金属類の消毒にも用いる事が出来ます。 皮膚の消毒にとオキシドールを買って行かれる方がいます。 オキシドールのほうが酒税もかからず、安価に購入できるので。 オキシドールは傷口の消毒に向きますが、殺菌効果はエタノールに劣り、漂白作用があるので、皮膚が白くなることがあります。 あと、オキシドールを血糖測定のときの皮膚消毒に使うと血糖値に影響を及ぼす可能性もあります。 消毒用エタノールをすすめましょう。 687• 185• 257• 190• 251• 104• 284• 249• 128• 113• 240• 127• 177• 189• 116•

次の