便秘 サツマイモ。 サツマイモを使った便秘解消法

【焼き芋ダイエット】便秘改善に 脂肪の蓄積や血糖値の上昇を防ぐ効果も

便秘 サツマイモ

おなかが張ってガスがよく出るタイプの便秘はストレスが原因 東洋医学では、排便に欠かせない腸のぜん動運動は気(き=エネルギー)が十分に補給され、腸をめぐっていることによって起こると考えられている。 そのため、気のめぐりが悪くなると腸の動きが悪くなって、便秘がちに。 気のめぐりが悪くなりやすいのは、ストレスがたまっている人や運動不足の人。 この場合、おなかが強く張る、ガスがよく出る、ガスや便が臭くなるといった傾向も伴うのだとか。 こうした便秘に食事で対処する場合、最初に見直したいのは主食。 「まずは主食をパンや白米ではなく、玄米や雑穀米に変えてみてください。 気のめぐりがよくなり、便秘の緩和に役立ちます」(山口さん) おかずには、気のめぐりをよくするダイコンやカブを。 これらの漬物や煮物にユズ、カボスなどのかんきつ類の皮をのせて食べると、気のめぐりをよくする効果がより高くなるはず。 腸内の気のめぐりが悪いと、熱がたまり、腸と関連の深い皮膚に影響して肌荒れなどの炎症を引き起こすことも。 そんな肌荒れを伴う便秘に悩む場合は、ハブ茶を取り入れてみて。 「エビスグサという植物から作られるお茶で、余分な熱を取って便秘や炎症を緩和するほか、目の疲れを取る効果も期待できるので、パソコン仕事などでストレスがたまっている人には特におすすめです」(山口さん) 疲れや冷えがひどいタイプの便秘はバナナやヨーグルトが逆効果に 腸のぜん動運動は気の働きによって起こるため、気そのものが不足している人も腸の動きが悪く、便秘になりやすい。 また、気はエネルギーであるため、不足すると熱も不足しがちになり、それが便秘を促すことにも。 疲れがひどい人や冷えが強い人の便秘が、このタイプに当たるのだそう。 「いきんでもなかなか便が出ない、排便後も残便感があってスッキリしないといった人は、このタイプの便秘である可能性が高いです。 気を補うのと同時に体を温める効果を持つ食材を積極的に取るといいでしょう」(山口さん) おすすめなのは、クルミやサツマイモ。 どちらも気を補い、体を温めることで腸の動きをよくするほか、クルミに含まれる油脂やサツマイモに含まれる食物繊維も腸の働きを助けてくれる。 特に冷えが強い人は、これに加えてコショウ、山椒、ショウガ、フェンネルなどを食事にたっぷり加えると効果的。 「便秘にはバナナやヨーグルトがいいといわれますが、どちらも体を冷やす食材なので、このタイプの人は逆効果になる可能性があります。 あまり取らないようにしましょう」(山口さん) また、体を温めるために朝起きたら必ず温かいものを口にして。 スープやお茶なら、食欲がない朝でも取りやすいはず。 月経前後に便秘になる人は、ナッツ類などで腸に潤いを与えて 腸内の水分不足が原因の便秘は、月経の前後に起こることが多いのだとか。 このタイプは、油脂を豊富に含むナッツ類やゴマ、疲労回復にも役立つハチミツなどの食材で、腸に潤いを与えることが便秘対策のポイント。 「ゴマは白ゴマでも黒ゴマでもどちらでもOKです。 ゴマ和えなどで取り入れる以外にも、スープやサラダのトッピングなど、いろんな料理にふりかけて取ってみてください」(山口さん) また、腸の潤いのもととなる血液を補う食材として、イチジク、プルーン、ナツメなどもたくさん取りたいところ。 特に血液が不足しがちな月経前後は、これらの食材を間食などに取り入れて。 ドライフルーツなら手軽で食べやすい。 「女性は月経があるため、どうしても血液が不足しがちで、その結果として便秘にもなりやすいのです。 血液は夜、寝ている間に体内で作られるので、このタイプの便秘に悩む方は最低でも6時間以上しっかりと睡眠を取ることも意識してください」(山口さん) ちなみに、全タイプに共通する注意点は、辛いものは腸内を乾燥させる力が強いため、取りすぎないようにすること。 食生活と毎日の習慣を少しずつ改善して、すっきり美人を目指して。

次の

〇〇のとりすぎで便秘が悪化!?|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

便秘 サツマイモ

「体は食べ物からできている」 当たり前のコトですが、赤ちゃんでも大人でも一緒です。 生まれたての赤ちゃんは1日に何度もウンチをします。 しかし、しばらく経つと回数が減っていき、いつの間にか便秘になっている!という事が起きます。 特に離乳食が始まると、今まで母乳やミルクだけだった時以上に便秘になりやすくなります。 食事が変わり固くもなりやすくなるので、できれば便秘は解消したいですよね。 そこで、便秘解消におすすめの離乳食の食材をご紹介します。 ほうれん草やかぼちゃ まずは食物繊維が多い食材を取り入れましょう。 ほうれん草やかぼちゃ、サツマイモなどが離乳食におすすめです。 これらは離乳食初期からでも取り入れられるので、食べさせやすいでしょう。 はじめて、母乳やミルク以外のものを食べるので、腸の機能がまだまだ追いついていない状態です。 その為、このような食物繊維が多い食材はたくさん食べさせてあげましょう。 かぼちゃやサツマイモは味も甘めなので、赤ちゃんも食べやすいので楽しんで食べてくれるのではないでしょうか? バナナやミカン 次にオススメなのがバナナやミカンなどのフルーツです。 バナナは消化しやすく、柔らかいので赤ちゃんも食べやすいフルーツです。 ミカンはお通じが緩くなりやすいと言われているので、なかなか出ない!という方はぜひ試していただきたい食材です。 しかし注意したいのは、水溶性の食材ばかり食べてしまうと、逆に便秘になってしまうこともあるということです。 サツマイモやかぼちゃなどと合わせて取り入れてあげましょう。 それでも出ないときは… 食材を意識してもなかなか改善できないときもあります。 そんな時は何が便秘の原因なのでしょうか。 まず水分不足になっていないか確認しましょう。 もし、可能性があるようであれば積極的にお茶や白湯を飲ませてあげるといいでしょう。 次に運動不足の可能性もあるので、足を動かしてあげたり、うつ伏せにしてあげたりすると解消することもあります。 便秘の原因は様々ありますので、一つ一つ試してみてくださいね。 「体は食べ物からできている」 大人も子どもも赤ちゃんも、一緒ですから。 しっかり快便になることで気持ちも体も安らぐことに繋がります。 便秘の原因を知ることで今後の生活に役立ててくださいね。 記事/Lifull FaM Lifull FaMは子育てを楽しむパパとママのためのサイトです。 このサイトでは、実際に子育てをしているパパやママが自分の経験をもとに書いた子育てに関するコラム記事を読んだり、パパやママが経験からおすすめする商品・サービスを検索したりすることができます。 子育ては楽しいことばかりではないかもしれません。 けれども、独りで子育てを抱えないで、パパとママでチームになって一緒に子育てをしたり、 2人で解決できないことがあれば、先輩パパやママの経験談を参考にして子育てをしてみてください。 皆様が子育てを楽しむお手伝いをするLifull FaMのアプリとポータルサイトを活用して、子育てを楽しんでくださいね。

次の

さつまいもで便秘解消!その効果とおすすめレシピは?

便秘 サツマイモ

多くの女性が悩んでいる便秘。 日々、スッキリしないってツラいですよね。 肌荒れの原因になるし、メンタルにも良くないし…。 だから、できるだけ便秘解消に効果的なものを食べよう!と工夫している人も多いことでしょう。 でも、実はあなたが良かれと思っている食べものこそ、便秘の元になっているかもしれません。 さつまいもは便秘の味方じゃない? 便秘には食物繊維が良いというのは有名な話ですね。 食物繊維には2種類あって、これらの野菜に含まれているのは「不溶性食物繊維」と呼ばれるもの。 文字通り水に溶けず、水分を吸収して膨れ、便のカサを増やして便通を改善する、と言われています。 ここで問題が一つ。 それは摂り方を間違えると、さらに便秘が悪化するということ。 「不溶性食物繊維」が腸内で働くためには、適度な水分が必要なのです。 水分をあまり摂らずに大量の食物繊維を摂取すると、便の中で固まってしまいます。 特に便秘がちな人は、腸の働きが弱っている場合が多いので、消化されにくい「不溶性食物繊維」が詰まってオソロシイことに。 せっかく体に良いと思って食べていたのに、状態が悪化するなんて悲しすぎますよね…。 便秘を改善する上手な食べ方 ではどうすればいいの? と思ったあなた! ご安心ください。 「不溶性食物繊維」の逆で、水に溶ける「水溶性食物繊維」もあるのです。 意外と知られていませんが、「水溶性食物繊維」は水分に溶け、ゲル化する特徴を持っています。 つまり腸内で便を柔らかくする働きがあるのです。 そして、腸の働きを改善するためには「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」をバランス良く摂ることが大事です。 みなさん、「不溶性食物繊維」を多く摂りがちなので、意識して「水溶性食物繊維」を摂るようにしましょう。 「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」、それぞれの食物繊維を多く含む食材をご紹介します。 【不溶性食物繊維が多い食材】.

次の