ピータン カロリー。 作り方や由来は知ってる?真っ黒い卵「ピータン」の正体はこれだ

アヒルの卵を熟成したピータン

ピータン カロリー

ピータンとは? アヒルの卵? ピータンと言えばアヒルの卵だと思っている方も少なくないのではないでしょうか? ピータンはアヒルの卵だけでなく、卵を独特の製法によって調理した食材のことを言います。 ピータンは中華食材です ピータンは中華食材の一つです。 その作り方はとても独特な製法を用います。 卵をアルカリ性成分の灰や泥や植物などを混ぜたもの中に入れて、数か月かけて発酵、熟成させるのです。 ピータンはアヒルの卵のことだと認識している人もいるようですが、正確には上記のようにアヒルの卵を熟成させたもののことです。 鶏卵やうずらの卵でもピータンを作ることは可能です。 もしも手作りでピータンをと考えているのでしたら、手始めに鶏卵で作ってみるといいかもしれませんね。 ピータンはどういう食材なのか? ピータンの見た目は、白身も黄身も黒くゼリー状に固まったものという感じです。 アンモニアや硫化水素などのような独特の匂いがあり、味もまた刺激的な風味を持つため、まずいと思う人も少なくないようです。 しかし、味わい深く、その珍味っぷりがたまらないと思う人もいるのも事実です。 ピータンの栄養成分は ピータンはその独特な味わいから、初めて食べる人はなかなかの衝撃を受けることも少なくありません。 そんなピータンには特別な栄養素が含まれているってご存知でしたか? ピータンにはさまざまな効能が期待できる ピータンには、レシチンやルテイン、ビタミンA・B2、鉄などが含まれます。 その効能はさまざまで、記憶力を向上させる作用から認知症の改善、癌の抑制、老化の予防などが挙げられます。 脳に効果がある食材だと考えると、希少価値がありますよね。 ピータンはいわゆる抗酸化作用が強く、活性酸素を除去する働きがあると考えられています。 また、体の粘膜を正常に維持する働きがあると言われており、このため、免疫力を強化し、感染症を予防する作用もあるとされるのです。 ピータンは体に良い効能を持っていますが、食べすぎは注意! どんなにからだに良いとはいえ、食べ過ぎは良くありません。 ピータンはその製造過程で鉛が含まれてしまうことから、以前は危険食材として噂が流れたくらいです。 特に子どもは要注意です。 珍味ですし、少し食べるくらいが丁度いいでしょう。 ピータンの鉛が特に良くないということで、無鉛ピータンというものが販売されるようになっています。 ピータン好きはこれを求めます。 ピータンは製造時に黄丹粉と呼ばれる一酸化鉛を使用するため、どうしても鉛に汚染されてしまいます。 「卵製品衛生基準」によって、ピータンの鉛含有量制限していますが、食べ過ぎると鉛を基準値よりも多く摂取してしまう可能性があるため、気をつけたほうが良いでしょう。 ピータンのおすすめレシピをご紹介 ピータンの効能などがおわかりいただけたところで、ここからはそんなピータンのおすすめレシピをご紹介します。 ピータンは珍味であることを前提にご覧ください。 お酒のお供にピータンはいかがですか? ピータンは珍味です ピータンは中華料理の中でも珍味の部類に分類されるでしょう。 日本人にとってはかなり衝撃的な香りと味わいなので、嫌う人もいますが、好きな人はハマってしまうこともありそうです。 食べ過ぎは良くありませんが、お酒のお供にたしなむことができると、大人な印象を周囲に与えることができるかもしれません。 ピータン豆腐 ピータンを使った料理の中でも特に有名なのがピータン豆腐です。 ピータン豆腐の作り方をご紹介します。 こちらはピータンさえ手に入れば簡単に作れます。 もちろん、ピータンから手作りしたいという方は、ピータンのレシピを調べて徹底的に手作りに挑戦してみると良いでしょう。 ここでは、ピータンは市販のものを使っていただければと思います。 ピータン豆腐の作り方は至ってシンプルです。 豆腐とピータンを1~2センチ大にこまかく切り、ネギやザーサイとたれを混ぜたものをかけるだけです。 このタレの味付けがポイントです。 醤油、みりん、酢、ごま油、ラー油を自分好みの割合で混ぜたものをタレにしてみてください。 ゴマ油の香りとピータンの風味が絶妙に合いますよ。 まとめ いかがでしたでしょうか。 ピータンは中華料理の中でも珍味と言われる食材ですが、その衝撃的な見た目や香りから、食わず嫌いの人も少なくありません。 しかし、実は深い味わいを知ると、ハマってしまう人も実は少なくないのです。 もしあなたも未知の世界なら、一度お試ししてみてはいかがでしょうか?.

次の

「ピータン」の作り方・味・歴史・名前の由来・栄養・料理のレシピ

ピータン カロリー

漢字では皮蛋と書くが、中国では松花皮蛋という。 刻んで冷や奴の上にのせたり、豚ひき肉やにんにくと一緒に炒めたり、春巻きの具にするなど、いろいろな食べ方で楽しめるのが魅力だ。 とはいえみなさんの中には、ピータンに対してあまりなじみがないという人もいるだろう。 殻をむく前のビジュアルは一般的な卵より少しグレーがかっており、黒い斑点があるのが特徴だ。 見ためはコーヒーゼリーのようだが、風味がアンモニアっぽく独特なので苦手な人もいるかもしれない。 そんなピータンのカロリーは、100gあたり214kcalといわれている。 ちなみに普通の鶏卵のカロリーは100gで151kcal、うずらの卵は 179kcalなので、卵の中でもカロリーは高いほうだ。 普通の鶏卵にはカルシウム・鉄・マグネシウム・リン・亜鉛・ビタミン・葉酸などの栄養成分が豊富に含まれているが、ピータンの場合はどうだろう。 アヒルの卵を熟成させて仕上げたピータンには、良質なタンパク質や鉄・マグネシウム・リン・亜鉛・ビタミンA・D・E・K・炭水化物・カルシウムといった栄養成分が含まれている。 具体的な健康効果をみてみると、タンパク質は体力強化や免疫力アップに作用するという。 身体の中に3~4gあるという鉄は、赤血球を作るのに必要不可欠な栄養素だ。 健康効果は疲労回復と貧血予防である。 骨に50~60%ほど含まれるマグネシウムは、不足しがちだと骨から遊離しやすくなる。 健康効果はエネルギー作りをサポートしたり血圧を維持したり、神経の興奮を抑える。 体内中のリンの約85%は、カルシウム&マグネシウムとともに骨や歯を作るという。 残りの15%は脳・筋肉・神経に含まれており、エネルギーを作り出すのに欠かせないものだ。 亜鉛は二日酔い&抜け毛予防、味覚を正常に保つ効果がある。 ビタミンは人が健全に成長し健康維持する働きがあるが、身体の中ではあまり作ることができないため、食べ物から摂取するしかない。 炭水化物は血糖値を上昇する糖質と逆に上昇させない食物繊維がある。 食事をするときに食物繊維が多く含まれる野菜や海藻類を最初に食べておくと血糖値の上昇を緩やかにする効果があるという。 体重の1~2%くらいの重さで体内に存在するカルシウムは、骨や歯を作るのに欠かせない栄養成分だ。 幅広い健康効果が期待できるピータン、できれば積極的に味わいたいものだ。 ピータンは普通の鶏卵と比べるとタンパク質が1割ほど多く、脂質は約6割、コレステロールは5割以上あるという。 ちなみに1個で可食できる部分は60g程度だ。 前述したように100gのカロリーは214kcalなので、1個食べると約128kcalを摂取することになる。 カロリーオフして食べたいならピータンの量を少なめにするか、一緒に使用する食材をヘルシーなものにするとよいだろう。 たとえば、たっぷりの野菜を使用してサラダにしたり、こまかく刻んでおかゆに入れたり、そうめんの薬味にしたり、ピーマンと炒めたりすれば多少は低カロリーで味わえる。 ちなみに食べるときは殻をむき、カットしてからアンモニアの臭いが抜けるくらいおいてから食べるのがおすすめである。 さまざまなレシピサイトにピータンレシピが掲載されているので、参考にカロリーオフして作ってみてはいかがだろうか。

次の

ピータンとはどんな食材?驚くべき栄養価と美味しい食べ方は?

ピータン カロリー

「ピータン」とは、 アヒルの卵を灰や木炭や塩と一緒に粘土で包み、発酵させた中国の食品です。 そして、鶏卵やウズラの卵などでつくられる場合もあるそうです。 その特徴はやはり見た目でしょうか。 黒い(厳密には茶色です)ゼリー状の部分が白身で、中心のグレー部分が黄身にあたります。 高級品になると、白身の表面にアミノ酸の結晶による松の枝のような紋様がつくことから、「松花蛋(しょうかたん)」と呼ぶこともあるのだとか。 これは、「松の紋様の卵」という意味だそうです。 ちなみに、英語ではcentury egg(センチュリーエッグ)といい、『100年たった卵』という意味のようです。 そんなピータン、中国や台湾ではスーパーなどで普通に売られています。 発酵食品なので保存も効き、使いやすい食材としてなじみ深いのでしょう。 日本でいうところの、海苔や佃煮に近い感じらしいです。 ピータンは、日本では中華食材を扱うお店や、最近ではスーパーでも見かけるようになりました。

次の