監査 法人 バイト。 監査法人のアルバイト・バイト│仕事・求人情報満載!【フロムエー】

公認会計士のバイト事情 非常勤で働くという選択肢

監査 法人 バイト

公認会計士のアルバイト事情と聞くと、何それ?ってなる人もいると思います。 実は、 「独立開業してもアルバイトで生計を立てている公認会計士が一定数いる」というのが今回の話。 公認会計士試験に合格すると、多くの人が監査法人に就職することは、このブログでも何回か紹介してきました。 監査法人での経験を積んで独立する公認会計士も多いです。 業界あるある。 そんな公認会計士は、どうやって生計を立てているのか? 中には、親族の会計事務所を継いだりする人もいますが、今回このパターンについては割愛します。 親が会計士や税理士だから独立しても安泰という思考自体が嫌いだからです。 何の後ろ盾もない独立したての公認会計士が悩むのが収入源。 これは、どの士業でも共通かもしれませんね。 この収入源を埋めるために、アルバイトに乗り出す公認会計士が結構いるんです。 では、アルバイトって? もちろん、飲食店のアルバイトとか講師とかではありません。 笑 そう、監査法人での監査バイトです。 監査法人は、人手が足りていません。 大手監査法人でも人手不足だと言ってるぐらいだから、中小監査法人ならもっと足りないでしょう。 理由は明確で、受験生減少による公認会計士試験合格者の減少。 受験者数の推移については、に書きました。 一時期は、 公認会計士試験合格者数<4大監査法人募集人数 になってる時期もありました。 笑 嘘みたいなほんとです。 理屈上は、全員big4に就職できる状態。 ただ、現実はそううまくいかない。 big4もバカじゃないので、どんな人でも無制限に取るわけがないからです。 つまり、big4はただでさえ受験生が少ない中で、さらに採用を選別するのです。 中小監査法人にいたっては、面接に来ない受験生の方が多いぐらいです。 そんな中小監査法人を支えるのが、監査バイトの人員です。 監査バイトは結構時給も良くて、時給は6,000〜8,000円程度でしょうか。 結構幅はありますが、日給5万円程度はもらってるでしょうね。 会計士業界に強みを持ってる などの転職サイトでバイト先を探す人が多いですね。 あとは定番の や、管理部署の転職に強いなどでしょうか。 は、僕も登録してましたが、大手なので比較的情報に安心感がありますね。 月4日バイト行けば単純計算20万円です。 おいしいです。 ただ、注意しないといけない点も。 せっかく独立開業したのに、バイトに頼って日銭を稼ぐ生活をしてたのではいつまで経っても安定収入が得られません。 それどころか、顧問契約やコンサルなど、本来の独立開業事務所としての業務に力を入れるべきところを、それなりに稼げるという理由からバイトに流れる人も多い。 それなら独立しなくていいやん、って個人的には思ってしまいます。。 まぁ、背に腹はかえられないので、安定収入が得られるまでの期間限定ならありかもしれませんね。 一番気をつけないといけないなと思うのが、そのバイトの誘惑に負けてしまってそっち頼りになること。 これだけは避けなければいけません。 どんだけそのバイトを頑張ったって所詮はバイトですので、成果はすべてバイト先の監査法人のものです。 この辺りは価値観ですね。 独立したらこのあたりも意識していかないといけません。 メリットを上げるとしたら、そういった道(リスクヘッジ)も公認会計士にはあるよ、ということでしょうか。 なかなかこんな高給バイトありませんから。 笑 wankorokun.

次の

公認会計士のおいしいバイト 非常勤会計士は稼げるのか

監査 法人 バイト

Contents• 非常勤会計士の実態 報酬はどれぐらい? 非常勤で一番気になるのは「 いくらもらえるの」です。 結論的には「 1日当たり3万5千円~5万円」が多いようです。 大手や準大手では時間給が多く、中小は日給が多いようです。 大手だから高いというわけではなく、むしろ中小の方が高いケースが多いように思います。 確認できた範囲で一番報酬が低いのは某大手監査法人で、定時終了の場合は 3万5千円以下とのこと。 一番高いのは某個人事務所で、 1日8万円だそうです。 ただし、この事務所は繁忙期のみの年間10日程度の稼働らしいですが。 準大手等で非常勤を使い慣れている法人は、担当する科目によって単価が変わったりするそうです。 例えば現預金なら4万円、税金なら4万5千円、主査をやるなら6万円等と変動するそうです。 どれぐらいの日数行くの? これは、契約次第ですが、思いっきり非常勤で働きたいなら準大手、中小の方がいいでしょう。 大手の場合は、人手不足になるのは繁忙期のみです。 ですので、多くても年間50日程度ではないでしょうか? 準大手・中小は、仕事がガンガン増えているところが多いようです。 これは大手がIPO絞っていたり、監査費用を下げたいクライアントが増えてきた、社会福祉法人・医療法人の監査が制度化され始めた、きっちり会社法監査を受けるように銀行が指導するケースが増えてきた等でクライアントが増加し、人手不足の法人が多いようです。 100日以上非常勤で入っている人もいるようです。 もはや、常勤と変わらないレベルではありますが、単価5万円なら500万円なので、たしかに普通に食っていけるレベルです。 どんな仕事をするの? これは普通に常勤の人と同様に監査をします。 大手にいけば普通に上場企業の監査をすることが多いでしょう。 中小の場合は、最近は社会福祉法人の監査義務化の影響で、社会福祉法人監査に行っている人がけっこう多いように思います。 中小の方が非常勤の仕事に幅がありますが、フォローは少なく本人の力量に頼られる傾向があるようです。 フォローといえば、非常勤はどうしても時間内に仕事が終わらないケースがありますが、大手・準大手は別の人がカバーしてくれるので、やりっぱなし状態で終わることも多い一方で、中小は最後までなんとか終わらせている印象を受けました。 一方で、レビューはやはり大手・準大手が厳しく、中小はザルレビューが多いようです。 どうやって非常勤の仕事を探すの? 非常勤の仕事の探し方ですが、これは意外とけっこう人それぞれな印象を受けました。 以下に羅列します。 (研修後の飲み会その他も含む。 小さい地域会の方がそんな話になりやすそうな印象。 ) ・転職エージェントを使った ・会計士協会のキャリアナビを使った なお、転職エージェントを使って非常勤を探す場合は、監査法人が紹介料として100万円程度払っているらしいです。 仮に契約日数50日で5万円とすると、会計士報酬年間250万円に対して100万円!高いな! 紹介料省くためにも直接コンタクトとって、むしろ紹介料分を報酬に乗せてもらうとか、飲み会とかで使ってもらう方が生産的ですね。。。 行きたい業界が決まっていますし監査法人なんてそんなに多くないので、自分でコンタクト取った方がwin-winかと思います。 結論 独立していく彼らの言い分は正しく、たしかに 「最悪非常勤で食べていけそう」です。 さらに、ここ最近は会計士界は人手不足で、非常勤業務はいくらでもあるみたいです。 みなさま、常勤やってた頃よりも顔色もいいですし、ハッピーそうでした!.

次の

公認会計士のおいしいバイト 非常勤会計士は稼げるのか

監査 法人 バイト

皆さまこんばんは、プンクスです。 監査法人は現在も人材難です。 足りないときは有資格者を期間限定で応援を募ります。 ここ数年毎年募集していますが、来年もどうも同じ状況のようです。 監査法人へのバイトは主として縁故による紹介で、望まれている人材、待遇を言える範囲で挙げると、概ね下記のとおりです。 ・シニア以上、主査経験ありが望ましい。 ・退職して2,3年以内が望ましい。 ・同監査法人のOBで知人がいれば望ましい。 ・時給は経験によって異なるが、概ね4,000円~5,000円。 監査の経験が鈍っていない方で、時間が取れる元監査法人会計士の方は是非、監査法人の知人にお問い合わせしてみると良いでしょう。 確実に喜ばれます。 この待遇は、一見それなりに良いように見えますが、主として超繁忙期の4月の期間限定の短期バイトで、GWを過ぎるとあまり必要とされませんので、総額としては大した金額にはなりません。 最近は4月下旬で既にお役御免のケースもちらほら聞きます。 監査法人を退職した方の多くは、できる方ほど忙しいはずで、この期間だけまとまった 時間を費やせる方は限られます。 多くの方は時給に対して不満があるというより、時間的制約があったり、そもそも企業内会計士は副業が禁止されたりする方が多く、応募が難しいという結論になります。 そもそも応募可能な母集団が少なく、たった1か月の傭兵のようなポジションですから、縁故などで知人から望まれない限り、進んでやりたがる方は少数のようです。 これが定期的に続くのであれば悪くないというか、良いお仕事なんですけどね。 監査の責任という意味でもより限定されますので。 私の場合正直なところ、仮に時間があったとしても、すっかり監査の実務から遠ざかってしまっているので厳しいところです。 普段同期に偉そうなことを言う割に、監査面では能力的に貢献できるとは思いません。 しかしながら、私も監査人のはしくれなので、本来能力は維持しておきたいものです。 長い人生、何があるかわかりませんし。。 民間でバリバリやっている方向けに、監査人実務研修のような機会があれば、勉強し直したいですけどね、とか周りに好き勝手言ってます。 今の私は、ここ10年間車に乗ったこともない、元ディーラーのようなものです(笑)。 しかしながら、今後そのような企業内会計士も、絶対数が増えるに従って実際に増えてくると予想します。 その頃は監査法人の状況も変わってそうで、バイト自体必要とされる環境かわかりませんけどね。

次の