恋 の ツキ 漫画。 恋のツキ/漫画最新刊7巻発売日はいつ?単行本を電子コミックで読む方法!

まんが王国 『恋のツキ 2巻』 新田章 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

恋 の ツキ 漫画

恋のツキ7巻(最終巻)のネタバレ感想と、漫画を無料で読む方法を紹介しています。 しかし一方でイコは映画製作を理由にワコと過ごす時間を減らしていました。 そんなイコの気持ちなど知りもしないワコでしたが、ついにイコから「好きな人ができた」と告げられ!? ではここから最終巻のネタバレです! 32話|さようなら 「・・・いつから?イコくんこの前うち来た時フツウにエッチしたよね。 」 やれるならやっとこーって感じ? その子のこと考えながらしたの? やっぱりあのピアノの子? もう付き合ってるんでしょ? ワコの問いにイコは全て違うと答えますが、ワコにはもうなにも信じられませんでした。 「私は前の彼氏のこと振ってイコくんを選んだんだよ?30過ぎてるのに。 しかしそれはイコには伝わっていませんでした。 ワコは出掛けるのをやめて部屋で1人涙を流します。 未練がましくメッセージを送るのですが、イコから返ってきた返事は冷たく・・・。 そんな自分の姿をふうくんと重ね、ワコは泣きながらイコの連絡先を削除するのでした。 イコとの思い出の物は処分し、髪をばっさりとカットしたワコ。 (・・・よかった。 これでイコくんの知らない私だ) お花見日和の休日、ワコはカレーとコーヒーの良い匂いに誘われお店へ入るのですが、店内は満席でコーヒーだけをテイクアウトして家に帰ります。 熱々だったのに、家に着いた頃にはもう冷めてしまっていました。 (大丈夫、いつかこうなるってどこかで覚悟してた) (そんなに酷い終わり方じゃなかったよね・・・?) その時、姉から写真と共に出産報告のメッセージが届きます。 「あーお腹減ったな」とワコは涙を流すのでした。 33話|初夏 土屋にはイコと別れたことは教えていません。 プロポーズを断ったワコに、たわいのない連絡をくれる彼には正直少し救われていました。 だけどイコで空いた穴はイコでしか埋まらないのです。 ワコは簿記と秘書の資格を取る為、勉強に精を出すのですが結局両方とも落ちてしまいました。 せっかくの終末なのに、1人部屋で落ち込んでいると、土屋からメッセージが届きます。 そしてワコの部屋で一緒に映画を見ることに。 話しの流れでイコと別れたことを話すと土屋は近寄ってキスをしてきました。 そのまま服を脱がされて身体を重ねる2人。 外ではもうセミの鳴き声が聞こえています。 (不思議だなぁ) (今年の夏はふうくんともイコくんともいないんだ) 34話|呪い 結局土屋とは最後までできませんでした。 「土屋くん、ごめん。 ムリだ・・・。 」 イコへの気持ちはもう諦めがついている気がするのですが、それより土屋とこのまま付き合ってもしかしたら結婚するのかと思ったら、急に怖くなってしまったのです。 ワコはもう自分が誰かのために頑張れる気がしないのです。 (土屋くん怒ってた?悲しんでた?) (あんな顔させてしまった) (次会ったとき私も好きになれるかな) (無理ならその次、その次・・・) (私誰かを幸せにできるのかな) そんな中、母が家で倒れて救急車で運ばれたと連絡があります。 覚悟して田舎へと帰省するワコ。 しかし母は更年期障害による眩暈で気を失っていただけでした。 病室で眠っている母に話しかけるワコ。 「お母さん、ごめんね私こんなときしか帰ってこなくて。 仕事頑張るつもりで頑張ったけど資格も全部落っこぢでさ。 結婚ももうよぐわかんないや。 もうこっちに帰って仕事探そうかね。 そうすれば私でもお母さんとお父さんの役には立てるがね・・・?」 眠っていると思っていた母ですが、実は起きていました。 「ワコは頑張り屋さんだなぁ。 好きな場所があるならそごで元気に笑ってくれてればいい。 それで充分親孝行だよ。 だけど自己嫌悪が無力な自分に呪いをかけていただけだったのです。 これからも不意に色んな呪いに囚われてしまうことはきっとあります。 でも大事な人が笑顔でいてくれたらまだ救われます。 だからどうか、どうか・・・。 ワコは東京行の飛行機を待っている間、土屋に「もう会うのはやめよう」とメッセージを送るのでした。 35話|ただいま ひっそりと33歳になったワコ。 同じ会社に勤めていた照井さんは昨日会社を辞めました。 デコトラで日本中を走り回るという目標を、当初の夢である2tトラックではなく軽トラで早めに夢を叶えるそうです。 今日は自慢の新車に乗せてやると言って、わざわざ家に迎えに来てくれました。 雑貨屋さんに行ったあと、ワコたちはコーヒーとカレーの素敵なお店へ。 「はぁ~自分の部屋でこんなのゆっくり飲みながら映画観たいなぁ。 」 そんなワコに照井は「喫茶店やれば?」と話します。 事務よりは博打ですが、事務だって次の会社がブラックだったら倒産しないかもわかりません。 それなら自分で何かを立ち上げるというのもアリだと。 数日後の今日は、ワコの呼びかけで久しぶりにイデヲンメンバーが集まります。 結婚願望がないと話すワコに周りの人間は気を遣い心配するのですが、ワコにとっては余計なお世話でした。 ワコが望むのは好きな人と、好きだというお互いの気持ち故に支え合って一緒にいる状態でした。 結婚という形式はワコの望む愛の条件ではないのです。 これから自分が何になるのか全然わからないワコ。 だけどとりあえず自分の為に美味しいコーヒーを淹れられるようになりたいと思っていました。 最終話 数年後。 ワコはリサさんとご飯を食べに来ています。 リサは2人目の子供を妊娠している時、旦那が風俗に行き性病をうつされてくるという地獄を味わわされました。 結局離婚はしませんでしたが、この夫婦がどんな気持ちを抱えて一緒にいるのかは誰にもわかりません。 リサさんと別れ、ワコが家に帰ると飼い猫のサチが出迎えてくれました。 餌をあげてお気に入りのカップでコーヒーを飲んでゆっくりしていると、誰かが部屋に帰ってきました。 「ただいま」という相手はイコくんです。 2人は2年前にある映画のイベントで再会しました。 趣味的に「いるかもな」くらいは思っていたので、運命なんてのは感じませんでした。 付き合うことになったのは、お互いそれなりに色々考えた上でです。 イコは大学の時に短編でちょっとした賞を取り、今は広告会社の映像班で働いていますが、まだ雑用ばかりの安月給で企画書すら見てもらえていません。 ワコは派遣の仕事をしながら丹下さんのところ(カレーと珈琲のお店)で修業していて、そのうちワコにお店を任せたいと言ってくれています。 「オレももっと勉強して頑張って面白い映画撮ってワコちゃんとサチを支えるんだ。 」 お互いこんな気持ちのままでずっといれたらいいな・・・とワコは思います。 (いつか最後のその時まで君と私は一緒にいられるのかな・・・) ずっと前に照井さんが「転職は賭けだ」と言っていましたが、人生そのものが博打みたいなものなのでしょう。 得たり失ったり傷つけたり傷つけられたり。 ワコはイコとの日々は「負けてもいい賭け」だと思っていました。 生きてる間はどうせ幸も不幸も尽きることはないので、もしハズレを引いたとしてもその巡り合わせを楽しめる自分でいたいのです。 人生はアタリが多めだと思えるように・・・! 完結 感想 高校生のイコくんから別れを告げられたあたり凄くリアルに感じました。 高校生だもん、一時の感情が全てだよね。 ずっとリアルな展開で30代女性の悩みや葛藤をうまく表現していただけに、ラストでイコくんとヨリを戻していたとこだけは「う~ん」と感じました。 大人になったイコくんがおばさんになったワコを選ぶ理由がよく分からなかったので、もう少し2人が再会し付き合った過程を掘り下げて欲しかったです。 だけど「負けてもいい賭け!」と思える人に出会えたのは「幸せ」だと思いました。 結婚してたって、子供いたって、幸せな人ばかりじゃないしね。 全巻通して色々考えさせられる心に残る漫画でした。

次の

【漫画】恋のツキ7巻(最終回)結末ネタバレと感想!

恋 の ツキ 漫画

6巻の見どころ 来るべきものが来た! 一言でいうならそんな感じの 6巻でした。 今回の 見どころは、32歳にもなって人生なめまくりの ワコと、 チョー高校級ヘタレ男子の イコが、やっぱり思ったとおりの行動をするところ。 正直この 『恋のツキ』を読んでると イライラしっぱなしで、 精神衛生上すごくお肌にも悪いし、ストレスもスゴイんだけど、 食べ物と一緒で、体に悪いものほど美味しいわけで… だから…新巻が発売されるとついつい買っちゃうんです。 イライラはするんだけど、やっぱりなんだか気になっちゃうし、 それに、自分自身のなかで答え合わせもしたくなってくるんです。 こんなヘタレ男の年下男子に惚れても自分が傷つくだけだよっていうことを・・・ なんだろ・・・ この感覚は? ただ・・・ 今回は、ワコがいろんなことに迷い、あがいて、初めて一つの大きな決断とその覚悟をしました。 「ごー、よん、さん」 たった今、ワコに言ったプローポーズの言葉の返事を、自分でカウントダウンしながら待っている土屋。 そして・・・ その返事の内容を二人の男がかたずを飲んで聞いている。 一人は…土屋。 もう一人は、祖母の家で通話中のスマホを耳に当てている イコだ。 5秒の間を置いてワコは、 「ごめんなさい」 と…土屋に返事を返した。 この時、土屋との未来を選んだら約束されたワコの生活が保障されていたはずだった… でも・・・ そんな結婚の ラストチャンスを自ら投げ捨てて、不確実で危ういだけの イコを選んだ ワコ。 その後・・・ 祖母の家からもどったイコと会ったワコは、改めて彼との危うい未来に不安を感じながらも、 今その時の幸せにどっぷりと浸る甘い時間を過ごしていた・・・ それぞれの「いろいろ」 ワコとイコには それぞれの「いろいろ」があって、 ワコは生活のために 派遣社員として事務の仕事をして好きな映画関係の仕事にたずさわっていない。 イコは自分の作品の主役である サトコを振ったことで、自主映画の撮影を続けられないでいた。 お互いに モヤッとした感情を抱きながらワコの狭いアパートで体を寄せ合いながら一日を過ごす。 幸せなんだけど、全部が満たされているわけではない日々。 ワコは、いろいろあって撮影がストップしているというイコに最後まで映画を撮影しろとハッパをかける。 ワコの言葉に触発されたイコは、もう一度サトコに出演交渉をしてみようと決めた。 だが・・・ この時のワコの説得が、後の二人にあんな結果を招くことになろうとはこの時まったく予想できなかった。 万事快調 元カレ・ ふう君の大学の先輩・ リサと久しぶりに再会することとなった ワコ。 ふう君と別れてからなんとなく会いづらくなっていた二人だったが、 リサが連絡をしてくれて、自信の妊娠を報告してくれたのだ。 ワコに関係する人々の生活が 万事快調に回り始めたのだ・・・ 夢 イコとの幸せな将来を 夢みながらも、派遣社員という現実の自分への不安が払しょくできないワコ。 中途半端な仕事をしているより、好きな映画関係の仕事をした方が・・・ そんな考えが頭をよぎるのは、イコとの関係が充実してきたからこその贅沢な悩みなのだが、 ワコ自身、考えないといけないことがたくさんあると思っていた。 しかし・・・ そんな時、ワコが務めてる会社の女性社員から、憑(つ)きものが落ちるような言葉をかけられる。 「そのためだけに頑張ればいい」 ワコにとっては、イコとお互いに仲良く穏やかに生活してゆくことが最大の 夢だった。 しかし・・・ そんなワコの気持ちとは逆に、だんだんと夢からさめてゆくイコの姿があった・・・ 春 アパートのお風呂を洗うワコの後姿を見て思わず自分の母親とイメージが重なったイコ。 この瞬間、彼の中のなにかが変わった。 そして・・・ 日を追うごとにワコへの愛情が薄れてゆくイコ。 それから彼は少しづつ、ワコとの距離を遠ざけようとしてゆく。 まるで夢から覚めたように・・・ まさかイコの心が自分から離れていようとは想像もしていないワコは、 けなげなまでにイコとの残り少ない時間を幸せな思いで過ごしていた。 一方でイコは、決定的な年齢差を感じ、ワコをもう母親にしか思えなくなっている。 そしてあの日がやってくる・・・ それは、寒い冬がさり、ポカポカ陽気のある晴れた 春の午前中だった。 決して、ワコが大人の女性として共感できる行動をしてきたとは思っていないけど、 6巻のラストで イコが ワコに放った言葉は、軽すぎるし、悲しすぎるし、子供過ぎる。 イコが16歳なのか17歳なのかは知らないけれど、時代が時代なら国を守るために戦争にだって出陣してる年齢だ。 なにを甘ったれたことばっかりやってるんだコイツは。 ワコにもかなりその責任はあるが、彼女は最低限イコとの将来を真剣に考え、悩み苦しんで、 32歳という適齢期の女性としてのリスクを承知でイコとの未来にかけた。 だけど・・・ その挑戦が始まってもいないのに、その相方がスタート位置から立ち去ったのだ。 せめてその危うくて先の見えないレースにだけはワコに参加させてあげたかった! たとえ残酷な結果がワコに待っていようとも・・・ 初めから大嫌いだったイコというヘタレ男子。

次の

『恋のツキ』ネタバレ 6巻 |覚悟の先に見えた希望!

恋 の ツキ 漫画

〜もくじ〜• あらすじは? 女優の徳永えりさん(30)演じる主人公の平ワコ(31独身・映画館アルバイト)は 付き合って4年同棲して3年の彼氏青井ふうた(黒猫チェルシーの渡辺大知)ことふう君と、 当たり前になっている日常を受け入れ結婚と出産を真面目に考える一方で、愛し愛されるメルヘンな世界観にも憧れを持つごく普通の女性でした。 そんな日常が繰り返されていましたが、ある日、アルバイト先の映画館に16歳年下で最近引っ越してきたと言う高校生・伊古ユメアキ(神尾楓珠・15)が偶然映画を一人で観に来ていて、 関連記事 すごくタイプな男性だと思って、久々にトキメイていたら伊古が学生証を落としたことがきっかけでワコからアタックし急接近し、伊古に二股でもいいと宣言され、同棲を始めて3年目の彼氏・青井ふうた(渡辺大知)との結婚か、高校生伊古との焦がれるような恋愛かで揺れ動く、アラサー女子のリアルな日常、潜在的に抱える危険な欲望を露わにしていきます! 「そんなことないでしょう!」と思うストーリーですが、ワコの思いに共感する部分が多々あるアラサー女子は多いのではないかと思います! ワコは一体どんな結末を選ぶ(迎える)のでしょう。 ネタバレは? この原作漫画、まだ現段階(2018年7月)に結末を迎えていません! 5巻の27話まで進んでいて、 はじめの方は伊古と付き合おうとふう君との別れを考えますが、ワコは結局3年も同棲しているふう君に別れを切り出す決心ができず、ずるずる二股の状態を続けていました。 途中ふう君も、女の子からアピールがあり、ホテルまで行ってしまいますが、ワコを思い何もしないで引き返します。 (なれ合いの中で、ワコに雑な態度をとっているふう君ですが、ワコの何倍もしっかり相手を思っている様な) ここがふう君とワコの違いです。 ワコはふう君を裏切っているのですから・・・。 そして結局ワコから別れを切り出し、ふう君は別れてしまいます。 これで伊古とワコは新たな人生を歩み始めるかと思いきや、引っ越してきたときは、友達もいなく学校生活にも馴染めておらす、ワコだけあっだった伊古に変化が! 段々と学校生活を満喫して行く様に!!(そりゃそうですよね!!高校って一番青春真っただ中で、大抵は毎日がキラキラした事がそこら中に溢れているのだから。 ) おまけに伊古に恋するサカキサトコさん(今泉佑唯)も登場!! 一方のワコは一人暮らしを開始し、就職活動も始めていてようやく仕事が決まりますが、派遣社員と言う微妙なところで、この頃には32歳に! そして伊古とのデートも世間の目を気にして手も繋げない雰囲気に。 お金のこともシビアに考えるワコ。 「僕と平気で浮気してたもんな~」って冷静に考える様になる伊古。 ワコに子ども扱いされるとこも伊古は違和感を感じていて、まだお酒も飲めない、結婚もできないと不満を口にする伊古。 二人の世界が微妙にずれてきている様に感じます。 おまけに、二人の感覚のズレで弱っている時に、ワコの元カレの土屋(安藤政信)と5年ぶりに再会します。 もしやこのまま土屋に傾くのか!! と思いきや(漫画の26話)まさかの、告白を断ります! そして、男と会っていたことを通話で知ってしまった伊古も、ワコにあきれるのかと思いきや自分を選んでくれたと言う喜びからか、怒りませんでした。 以上が27話までの話なのですが、今後土屋はまだワコを諦めないとの展開の様で。

次の