インスタ ブランド コンテンツ ツール と は。 無理なくフォロワーを増やす。無料で使えるインスタグラム分析ツール26選|モバイルマーケティング研究所|モジュールアップス

インスタ自動化!いいね、フォロワー増&解析ツール35選 │ pitiria

インスタ ブランド コンテンツ ツール と は

ツール機能・内容 ハッシュタグ登録 ターゲティングしたいフォロワーを意識して、自動いいねなどをするハッシュタグを登録します。 なお、自身の投稿やフォローしているユーザーがよく利用しているハッシュタグは自動で集められます。 スポット登録 あらかじめ登録したスポットに来たお客様をロボットが自動で接客してくれます。 その他チューニング その他の細かな設定をすることで、安全で効率的に、インスタグラムを運用することが出来ます。 レポートログ フォロワーの増加や、獲得いいね数などを管理画面でチェック出来、メールレポートでも送信してくれます。 また、自動フォローとフォローバックのないアカウントに対して自動アンフォローをします。 レポートチェック 管理画面で簡単にフォロワーの増加などのレポートをチェックすることが出来ます。 ダウンロード型ではなく、クラウド型なので、PCの電源ONOFF関係なしの、24時間対応です。 ツール機能・内容 事前予約投稿 イベントやキャンペーン投稿など、スケジュールに合わせて事前に投稿設定を予約することが出来ます。 ハッシュタグ設定 最大15個までハッシュタウ設定が可能です。 いいね、フォロー間隔設定 自動いいねや自動フォローをお好みで設定可能です。 自動アンフォロー設定 フォローバックの無いアカウントを自動でフォロー解除します。 メールサポート メールでお問い合わせ可能です。 費用:2. 珍しい1回買い取り型で、月々の利用料は、かかりません。 ツール機能・内容 複数アカウントタブ設定 タブをクリックするだけで、複数アカウントの切り替えが簡単に出来ます。 (マルチパッケージ型なら、最大10IDを同時動作可能です。 ) 自動アクション設定 自動でいいね、フォロー、アンフォロー、自動コメントを設定することが出来ます。 ミスマッチな無駄フォローをせずに、インスタグラムを効率よく運用していきます。 一括実行 フォローやいいねを一括実行することが可能です。 リアルタイム活動表示機能 アカウント管理画面で、複数アカウントを管理し、リアルタイムな活動表示を見ることが出来ます。 ツール機能・内容 エリア選択 自動いいね・フォローなどを狙ったエリアのアカウントに限定することが出来ます。 自動メッセージ フォローしてくれたユーザーに対して、自動的にメッセージを送信します。 自社の効果測定はもちろん、競合他社の動向もチェック出来ます。 インスタグラムキャンペーンの効果測定も出来ます。 機能・内容 ハッシュタグ分析 いくつ?どんな?最適なハッシュタグをつける為の目安となります。 投稿時間帯分析 どの時間帯にフォロワーが増えているかなどを可視化出来ます。 投稿分析 いいね数、コメント数、エンゲージメント率をランキング表示してくれるので、共感が得られやすい投稿が分かります。 キャンペーンハッシュタグ分析 インスタキャンペーンで使用したハッシュタグに対して、インスタグラム全体から投稿数、投稿者、最大リーチ数などを表示し、キャンペーンの効果を分析できます。 費用:1. 自社、他社共にハッシュタグ分析などの基本となる機能が備わっています。 CSVダウンロードも可能です。 ハッシュタグ検索機能 人気ハッシュタグが一目で分かり、今使うべきハッシュタグを把握することが出来ます。 ツール機能・内容 フォロワー解析 どのエリアであなたの投稿が人気なのかを分析してくれます。 フォロー解除すべきアカウントが見つかりやすくなります。 投稿のリーチ最大化の手助けをしてくれます。 また、解析結果をインフォグラフィックや動画にしてくれるので、企業レポート報告やプレゼンテーションに活用しやすくなっています。 機能・内容 コミュニティの成長管理 インスタグラム運用の重要な部分を管理することが出来ます。 パフォーマンス測定 あなたの投稿のパフォーマンスを細かく測定することが出来ます。 機能・内容 メディア分析 効果的にリーチを広げるために、ソーシャルメディアなどへの影響力を測定してくれます。 クエリ分析 クエリを細かく分析し、自社キャンペーンなどに、良質なオーディエンスを発見することが出来ます。 キャンペーンレポート キャンペーンを追跡し、レポートを作成する。 機能・内容 レポート作成 フォロワーの増加推移、1ヶ月の投稿のまとめ、エンゲージメント率・いいねTOP5、時間帯投稿反応率、同時投稿ハッシュタグ分析、ハッシュタグの推移、写真・ユーザー分析など、会議用にしっかりとレポーティングしてくれます。 現状のフォロワー数やエンゲージメントなどの数字を伝えるだけでなく、アカウントの改善点を教えてくれます。 パソコンでもスマホでもいつでも好きな時に確認が出来ます。 本気で、インスタグラムをマーケティングツールとして運営していきたい人の為のツールですね。 機能・内容 指標別分析 PONYスコアと呼ばれる点数を表示してくれ、あなたのアカウントの影響力、潜在影響力、成長力、運用力、拡散力それぞれにランクをつけてくれます。 アカウント分析・投稿分析 アカウント自体の傾向やエンゲージメントの高いハッシュタグ、既存のフォロワーにマッチした投稿時間などを分析します。 ハッシュタグレポート、画像解析レポート、トレンド分析レポートはオプションとなります。 トレンドのハッシュタグや急上昇ハッシュタグ、ジャンルや使用回数ごとの写真ランキング、同時ハッシュタグ使用ランキングなどが分かります。 機能・内容 TREND インスタ上の使用急上昇ハッシュタグが分かります。 BEST 投稿いいね数のランキングが毎日表示されます。 ツール機能・内容 ハッシュタグ解析と検索 投稿の傾向やハッシュタグを解析出来ます。 人気有名人や人気ハッシュタグを探すことが出来ます。 カスタムフィード 見たいコンテンツを見逃さないようにリストを作成し、ご自身でフィードをカスタムすることが出来ます。 ツール機能・内容 アカウント管理・競合分析 コメントへの返信を追跡したり、エンゲージメント率を分析したり、競合アカウントを監視することが出来ます。 ツール機能・内容 ハッシュタグ検索 キーワードにメインのハッシュタグを入力して検索することで、そこから紐づくオススメのキーワードタグを検索結果として表示してくれます。 ツール機能・内容 ハッシュタグ人気度チェック ハッシュタグの使用されている数をチェックしてくれるツールです。 ツール機能・内容 片思い、両思いチェック フォロー中、フォロワーの中から、片思いと両思いをボタン一つで割り出してくれるツールです。 ツール機能・内容 キャンペーン構築 インスタグラムのハッシュタグキャンペーンを利用し、企業アカウントのフォロワーアップやブランディング構築が出来ます。 ツール機能・内容 キャンペーン構築 インスタグラムのキャンペーンを行う手助けをしてくれ、企業アカウントのフォロワーアップやブランディング構築が出来ます。 ツール機能・内容 投稿写真管理ツール キャンペーンやソーシャル写真コンテストなどで使える、投稿写真を管理するツールです。 企業のビジュアルブランディングや投稿の効率化、購買までの導線確保などの機能があります。 ツール機能・内容 プラットフォームのスケジュール SNSの投稿スケジュールを作ることが出来ます。 ワークフローを効率化 GoogledriveやDropboxに同期できるため、投稿の効率化がアップします。 アカウント管理・分析 コンテンツの関連付けや視聴者の分析、商品などの購入をフィードから直接出来るようにします。 ツール機能・内容 画像加工 撮影した写真を簡単に加工してくれます。 1秒動画を無限ループさせるアプリケーションです。 インスタグラムをオンラインショップにする インスタグラム内で見つけたおしゃれなアイテムなどを、欲しいと思った時にすぐに購入することが出来たら、消費者側としても、売り手側としても、とても便利ではないですか?わざわざ似たようなものを、ECショップで探す手間も時間も省くことが出来ますね。 私もそんなインスタグラムに出来たらなと前から思っていて、商品として紹介する写真をアップし、本文に値段などを表記してということをしていました。 ところが通常の機能だとそこまでして、最後はプロフィール欄のショップURLに飛んでもらうことしか出来ませんでした。 コンバージョン導線が長すぎる… そう思っていた所、このようなスキームがあると、とても便利でいいなと思います。 導入は現状のインスタアカウントの影響力などを見て、要検討ですが。 一応やり方の流れを記載しておきます。 1、プロダクトタグを使うために、2017年からインスタグラム公式パートナーになった「Shop-fi」に登録します。 インスタグラムからショップに訪れた方に対して、クーポンコードなども発行出来るようです。 ECショップを運営している方は、試してみる価値はありそうですね。 トライアル検証結果 使用したアカウントは、私個人のプライベートなものです。 なぜ新しいアカウント、そして仕事用のアカウントを使用しなかったのかというと、いくつか理由があります。 どちらかというと、前から運用していて、フォロワーが集まらないなあと困っている方の方が、新規アカウントを開設したばかりの人が困るケースよりも多いと感じるからです。 作り直すのではなく、せっかく今あるインスタアカウントでどうにかしたい、と思う方は多いと思います。 それにプラスして、新規アカウントで検証している人(売り手側も含めて)の方が、圧倒的に多いと思ったからです。 仕事用に洗練されたアカウントよりも、あまり何も考えていないプライベートアカウントの方が、当然フォロワー増は期待出来ないと思います。 その中でなんとなくハッシュタグなどを設定し、ツールを起動させるだけでどのくらいの成果が上がるのか見たかった為です。 この数字よりも明らかに仕事用の洗練されたアカウントの方が、数字を期待出来るはずだと思ったからです。 新しいアカウント+ツールだと、スパム警戒される恐れがあります。 インスタユーザーだけではなく、インスタグラムを運営している企業側にも。 いくら個人のアカウントだからといっても、凍結や削除は想い出の写真が消えてしまうので、嫌です 笑 使用アカウントデータ1(2017年9月6日現在) 投稿147 フォロワー375 フォロー中685 プロフィールに個人運用ブログURLあり。 紹介文は英語。 投稿本文は、日本語8:英語2くらい。 使用アカウントデータ2(2017年9月30日現在) 投稿72 フォロワー101 フォロー中485 プロフィールに会社ECサイトURLあり。 紹介文は英単語。 投稿写真は、日本語でDIYやリノベーション関連。 プロフィール画像は、会社用各種アカウントののプロフィールなどでも使っているモノ。 というのも、フォロワー増加数はそこまで伸びていないですが、SNSマーケティングに必要なものは、だいたい揃っています。 初めの設定の段階から運用中まで、ストレスなく安心して使用することが出来ました。 登録メールアドレスに送られてくるレポートデータもスリムで見やすかったです。 もともとのフォロワーが少なかったことと、アップしている写真に統一性があることがフォロワー増加を加速してくれたのかなと思います。 (ツールトライアル期間は一切写真のアップ更新はなしでした。 ) ただもともとフォロー数と一緒だったフォロワー数が、フォロー数の約4倍もの数になっていて、ちょっとバランスが悪くなりました。 (ツールの自動設定でバランスを調節することが出来ます)が、この数字には満足しました。 フォロー返しやいいねからのフォローなどのタイムラグがあるからだと思います。 ので、手動でやっていくか、自動設定もかなりゆっくり設定するかの方が良いと思います。 トライアル終了後も引き続きこのツールを使って検証していきたいと思います。

次の

Instagramのブランドコンテンツ広告とは?特徴や設定方法・手順をわかりやすく解説

インスタ ブランド コンテンツ ツール と は

1.この記事でわかること インスタグラムで集客する際に、自社アカウントの運用だけでは流入が頭打ちになると感じたことはありませんか? インスタグラムはシェアや拡散の機能において、TwitterやFacebookなどの他のSNSよりも劣るという特徴があり、ハッシュタグやインサイト機能の活用で工夫をしたとしても、新たな顧客をドバっとたくさんは取り込みにくい特徴があります。 もちろん、費用をかけて広告を展開するといった施策を打つことで、リーチしえない顧客の流入を期待することもできますが、その前に試しておきたいのがブランドコンテンツ広告です。 この記事では、そんなインスタグラムにおけるブランドコンテンツの基礎知識から、最近実装されたブランドコンテンツのタグ付け機能の利用方法を説明します。 ブランドコンテンツを仕掛けていくために必須の知識となりますので、活用するしないの判断材料にしていただき、更に活用される場合も参考にしてください。 2.ブランドコンテンツとは インスタグラムのブランドコンテンツとは、ブランドや企業のもつ商品・サービスに関する投稿コンテンツのことを指します。 コンテンツの内容は投稿する人によって様々ですが、特に商品・サービスの宣伝を目的とした第三者による投稿を「ブランドコンテンツ広告」と呼びます。 インスタグラム上には著名人をはじめ、インスタグラムで数万・数千規模のフォロワーを抱える影響力をもつインフルエンサーの存在感が大きく、そうした人々による紹介で、商品・サービスの認知度を上げたり、好感度をアップすることは一般的な宣伝手法です。 しかし、著名人やインフルエンサーのアカウントは、同時にその人自身のプライベートな投稿もなされることから、投稿を見ている人にとって、宣伝とプライベートな投稿との区別がつかないことよくあります。 例えば、プライベートな投稿として「このバックを愛用しています」と言われるのと、企業の宣伝として「このバックを愛用しています」と言われるのとでは、同じバックを愛用している投稿でも、受け取る印象や評価は大きく異なりますよね。 それにも関わらず、バックに関するコメントしかなく、宣伝であることを記載しなければ、受け取り手は、純粋にその人が愛用しているという勘違いをしてしまう可能性があります。 つまり、プロモーションを仕掛けるブランド・企業側は、そうしたインスタグラムの特性を理解したうえで、ユーザーに宣伝か否かの情報も含め、正確な形でコンテンツを仕掛けることがとても重要です。 では、どのようにするのが良いのか? ここから説明していきますね! 3.ブランドコンテンツのタグ付け機能とは? インスタグラムのブランドコンテンツのタグ付け機能とは、ブランドコンテンツを投稿する人が、企業やブランドの持つアカウントを連携できる機能です。 また、紐づけられた企業・ブランドのアカウントには、投稿の通知が届き、その投稿のインサイトを確認することができます。 つまり、コンテンツを受け取るユーザーに対して、その投稿が宣伝ということを明確に伝えられるうえに、宣伝される企業やブランドはどれくらい効率的に狙ったユーザーにリーチできているかを知ることができるのが、通常の投稿とは大きく異なる点です。 4.ブランドコンテンツのタグ付け機能を利用するメリット インスタグラムで集客を行っている企業やブランドのアカウントにとって、ブランドコンテンツのタグ付け機能を利用することで得られるメリットは3つあります。 通常、自社アカウントではリーチできないような、ブランドコンテンツ投稿者の持つフォロワーに対して露出できるため、自社ブランドや商品等を認知してもらえ、そこからの流入やフォローが期待できます。 タイアップ投稿を一元管理できる タグ付けを許可したアカウントを、Facebook広告マネージャーで一括管理することができます。 そもそも、タグ付けを許可しない設定にしておけば、勝手にタイアップ投稿として公開されることないため、見えないところでブランド棄損にあたるような投稿がされるリスクを抑えることにもつながります。 また、異なる投稿アカウントの、それぞれの投稿内容はもちろんのこと、「いいね」「コメント」「シェア」数のデータを確認することができます。 効果の良い複数の投稿コンテンツから、よりユーザーに支持されやすい良質なコンテンツの開発につなげることもでき、次のコンテンツ投稿者の選定などに役立てることもできます。 ブランドコンテンツ投稿者との長期的な関係性構築ができる ブランドコンテンツを投稿する人にとって、企業やブランドの宣伝を委託されることはそれだけ知名度や影響力があることを認められた証にもなります。 つまり、投稿する側にとってもブランド価値が上がるメリットがあることで、お互いに価値を高め合えるWINWINな関係性を築きやすいという点も大きな特長のひとつです。 5.ブランドコンテンツタグ付け機能の使用方法 企業・ブランドとして、第三者に商品やサービスの投稿の際にブランドコンテンツのタグ付けを適用する場合、事前に設定をしておく必要があります。 プロアカウントに、ビジネスアカウントとクリエイターアカウントがありますが、ブランドコンテンツタグ付け機能は、どちらでも利用できます。 4.「ブランドコンテンツ」を選択します 5.ビジネスパートナーのタグ付けの条件を設定します 「タグ付けを手動で承認」をオフにしておくと、誰でもブランドコンテンツにタグ付けをすることができます。 「タグ付けを手動で承認」をオンにしておくと、タグ付けリクエストをしたアカウントを選定して承認することができます。 それにより、特定のアカウントのみにブランドコンテンツのタグ付けを許可することができるものです。 また、現時点ではブランドコンテンツのタグ付け機能自体が十分に認知されていない可能性が高く、勝手にタグ付けをするユーザーは少ないのではないかと思います。 そのため、上記のように設定をしておけば第三者から紹介される機会が増えるものではなく、紹介したいと思ったアカウント、もしくは、宣伝を発注したアカウントを管理するための機能として活用して頂くことをおすすめします。 6.ブランドコンテンツのタグ付けまとめ インスタグラムでは、第三者から商品・サービスを紹介してもらえることで、自社アカウントではリーチできない顧客の流入を期待することができます。 もし、インスタグラムの自社アカウントでの集客に限界を感じている場合は、まずは、すでに商品やサービスを利用していて、インスタグラム上に投稿をしてくれているユーザーにアプローチして、商品・サービスの魅力を拡散してみてはどうでしょうか。 広告費をかけてプロモーションを打つよりも、実際に利用したユーザーの投稿の方が愛用感のあるコンテンツとして、多くのユーザーを引き付ける可能性があります。 ぜひ、ブランドコンテンツのタグ付け機能を活用しながら、紹介するほうのアカウントにとってもメリットとなるような宣伝を作ってみてくださいね!.

次の

インスタで新機能が提供開始 ブランドコンテンツ広告とはどんな機能?

インスタ ブランド コンテンツ ツール と は

インスタグラムの凍結とは インスタグラムの凍結とはどのようなものなのでしょうか。 凍結とは、規約違反などが理由で、アカウントの利用を制限されてしまう状態です。 最悪の場合、アカウントを削除される可能性もあり、今まで利用していたアカウントが二度と使えなくなることもあります。 ただし、通知なくアカウントが回復することや、一定期間内に異議申し立てれば回復する可能性もあるので、アカウントが停止してもあわてずに対応してください。 なお、アカウント復活については後述いたします。 凍結されやすいパターン インスタグラムでは、アカウントが凍結されやすいパターンが存在します。 ただし、インスタグラムでのアカウント凍結については基準が公開されていないので、あくまでも傾向になりますが、ご参考になれば幸いです。 利用規約に違反している アカウントが凍結される原因が、利用規約に反しているということです。 基本的には、利用規約に反しているから、アカウントが凍結されると考えていただければよいでしょう。 利用規約に抵触する具体的な禁止行為については、後半で詳しく紹介します。 商標登録されているものを無許可で投稿している 商標登録されているものを無許可で、インスタグラムに投稿した場合、アカウントが凍結されることがあります。 商標登録というと、ブランドロゴや社名などが挙げられます。 インスタグラムでの投稿の仕方にもよりますが、ブランドイメージを損なうことや、商売に対して悪影響を及ぼさなければ、問題ないと考えられます。 とはいえ、インスタグラムや商標登録元側が、悪質な投稿だと判断した場合には、アカウント凍結が行われる可能性があるので注意しましょう。 長期間放置している インスタグラムのアカウントを長期間放置していると、アカウントが凍結されることがあります。 これは、インスタグラムが放置されているアカウントをアクティブではないので、アカウントを停止しても問題ないと判断するためです。 ここでの長期間が、具体的にどれだけの時間なのかは判明していませんが、アクティブでないアカウントをお持ちの場合は、ログインはしておきましょう。 違反報告が多い インスタグラムでは、違反報告が多いアカウントも凍結されてしまいます。 違反報告は、インスタグラムユーザーが不適切だと判断した投稿やアカウントを、インスタグラム運営に報告する行為です。 ・規定回数以上の違反報告があった ・一定期間内に多数の違反報告があった このような場合にアカウントが凍結されると言われています。 違反報告されて、アカウントが凍結されることが一般的に多いと言われており、炎上などで違反報告が絶えない場合も、アカウントが凍結されることがあるようです。 インスタグラムの凍結に繋がる利用規約違反行為 「凍結されやすいパターン」のところで「利用規約違反」を挙げましたが、ここからはより具体的に利用規約で定められた禁止事項について紹介していきいます。 アカウントやフォロワーの売買 Instagramは利用規約でアカウントの売買やフォロワーの購入を禁止しています。 運用初期はなかなかフォロワーが増えないため、企業アカウントやインスタグラマーでもフォロワーを購入するケースは多いといわれており、実際にその様なサービスも数多く存在しています。 この様なサービスは凍結リスク0を謳っていることがほとんどですが、規約で禁止されている以上凍結のリスクは常にあると考えるべきでしょう。 また、先に紹介した違反報告を受けた際にも、アカウントやフォロワー、いいねなどを購入したことがバレて凍結を食らってしまう可能性があります。 著作権違反 Instagramは著作権に対しても厳しいスタンスを取っています。 APIを使って埋め込み可能にしている以上、著作権違反の画像投稿があふれるのはInstagramにとっても運営上好ましくない事態と考えられ、当然といえますね。 実際に著作権違反が発覚した場合には、アカウントの凍結や削除の対象となるため、著作権違反となる画像の投稿には注意してください。 性的・暴力的・差別的な投稿 Instagramは次の様な画像の投稿を禁止しています。 ・ヌード、全裸などの性的な投稿 ・性的サービスや違法ドラッグの売買に関する投稿 ・人種やセクシャリティなどに関する差別的な投稿 ・暴力的な投稿 ・テロや組織犯罪を支援する投稿 もし上記に該当する投稿を行っていた場合、いつアカウントが凍結されてもおかしくないため、過去の投稿を含めて見直しを行ってみてください。 意図的でなくても禁止事項に触れてしまう写真もあるかと思います。 特にヌードに関する投稿では、赤ちゃんの裸なども該当してしまうため、注意が必要です。 禁止ハッシュタグの使用 あまり知られていないのが、禁止ハッシュタグの利用によるアカウントの凍結です。 ハッシュタグの中には運営によって利用を禁止されているものがあり、設定しても黒字のままでハッシュタグとして機能せず、濫用するとシャドウバンと呼ばれる一時的な凍結となってしまう場合もあります。 次のようなものが該当します。 ・アダルトな表現 投稿と同様に、性的な表現はハッシュタグでも禁止されています。 具体的には、「 porn」「 sexy」といったものですね。 」というメッセージが表示されるようになっています。 ・スラングや差別的な言葉 「 fuck」「 bitch」といったスラングや差別用語をハッシュタグに使用した場合も凍結の対象となるため、注意してください。 ・どんな投稿にも当てはまる言葉 ハッシュタグは投稿の特徴を表すために使われるものなので、「 like」「 instagram」といったポピュラー過ぎる単語は使用NGとなっています。 ハッシュタグによるシャドウバンは2週間程度ハッシュタグ検索等に引っかからなくなるというごく軽い凍結であることが多いものの、 一時的に露出が劇的に減ってしまうため、アカウント運用を行う際には適切にハッシュタグを使う様にしてください。 DMやコメントを使ったスパム行為 Instagramではスパム行為もアカウント停止や凍結の原因になりやすいものの一つです。 具体的にはコメント、もしくはDM機能を用いて、不特定多数のユーザーに対して自社の宣伝やアフィリエイトリンクの貼り付けなどを行うといったものです。 コメントの場合はフォローをしていない複数のユーザーに対して機械的なコメント投稿を行うと凍結されやすいため、健全にアカウント運営をしたい場合には自動化ツールなどは絶対に使わないようにしてください。 また、DMはフォローしていない複数のユーザーに対して多くのメッセージを送ると、送信機能が制限されることがあります。 制限は一時的で時間が経てば解除されますが、繰り返すことで凍結されてしまう場合も。 もしかしたらフォロワーを増やすノウハウなどとしてDMを使った手法が出回っているのかもしれませんが、凍結のリスクが高い方法ですので決してマネをしないようにしてください。 自動ツールの使用 インスタグラムでは、自動ツールの利用をするとアカウントが凍結されます。 SNSで多用されている自動ツールですが、インスタグラムでは自動ツールの利用を禁止しています。 これはインスタグラムのコミュニティガイドラインに明記されています。 「いいね!」、フォロー、シェアを人為的に集めたり、同じコメントやコンテンツを繰り返し投稿したり、利用者の同意を得ずに商業目的で繰り返し連絡したりしないでください。 スパムのない環境を維持しましょう。 自動で投稿やフォローを行うツールは使わずに、地道にインスタグラムを運用しましょう。 インスタグラムを凍結から復活させるには 万が一、インスタグラムのアカウントが凍結された場合、アカウントを復活させる方法も存在します。 凍結されたアカウントを復活させるための手順を解説いたします。 14日以内に異議申し立てする アカウントが凍結されてから14日以内に異議申し立てを行えば、アカウントが復活することがあります。 インスタグラムでは、稀に身に覚えのないアカウント凍結が起こることがあるようです。 そんな時には、アカウント凍結14日以内に「インスタグラムヘルプセンター」へアクセスし、異議申し立てを行いましょう。 アカウントが復活する可能性があります。 事業内容証明書類を提出する 異議申し立てを行うと、事業内容証明書類の提出を求められます。 ・事業免許 ・確定申告書の写し ・請求書 ・会社設立契約書 以上のような書類を1つ提出しなければなりません。 写真でも問題ないようですので、わざわざPDFなどに変換する必要はなさそうです。 自分の顔が写った写真を送る 事業内容証明書の提出が終わると、1通のメールが届きます。 メールにはIDが記載されており「メールに記載されているIDと名前とインスタグラムのユーザーネームを白い紙に書いて、その紙と顔が映った写真を送付してください」という旨の指示が書いてあります。 その指示の通り、紙を手に持ち、顔と一緒に納まっている写真を送付すれば、異議申し立ては完了です。 近日中にアカウントが復活します。 まとめ インスタグラムでは、アカウントが凍結することがあります。 アカウントが凍結すると、インスタグラムの利用を制限され、最悪の場合、アカウントを削除される可能性もあります。 企業が利用しているアカウントに関しても、凍結されることがあるので、凍結されないよう、利用規約に則った活用をしましょう。 万が一、アカウントが凍結してしまっても、復活できる可能性もあります。 アカウント凍結から14日以内に異議申し立てを行えば、アカウントが復活するかもしれません。

次の