アイス ボーン 太刀 おすすめ。 アイスボーン太刀装備のおすすめはどれ?序盤の武器・防具編

MHWアイスボーン

アイス ボーン 太刀 おすすめ

導きの地に特化した太刀装備の紹介 導きの地周回で役立つスキルは主に3つ。 地質学:落し物が2つに増える• 不屈:攻撃力と防御力を上げた状態で周回できる• 不屈が付いていない装備に着替えると効果が消えてしまうので注意しましょう。 「 破壊王」を発動させることで、モンスターの部位破壊を狙いやすくしています。 「挑戦者」はレベル1だけでも会心率が5%上昇するので、挑戦珠IIを付ける必要はありません。 手持ちになければ2スロットの挑戦珠で代用してください。 武器は飛竜刀【月】を装備。 どのようなモンスターにも対応できるおすすめの太刀です。 モンスターに合わせて装備を変える必要がないので、快適に周回することができるでしょう。 睡眠属性の太刀でモンスターを眠らせ、ぶっ飛ばしを行うのがこの装備の狙いです。 ぶっ飛ばしが成功すればモンスターは落し物をするので、効率的に素材を回収することができます。 ゴールドルナのシリーズスキル「 真・会心撃【特殊】」を発動させるために会心率を高めるスキルも装備。 「 化合の装衣」と合わせることで、かなりの回数モンスターを眠らせることができるでしょう。 「スリンガー装着数UP」は、ぶっ飛ばしを行う際のスリンガー弾の消費を抑えるために装備しています。 睡眠太刀で落し物回収 落し物回収はガンナーの睡眠弾が主流ですが、睡眠太刀ならではの利点があります。 アイテム補充のためにキャンプに戻る必要がない ガンナーは睡眠弾を撃ち尽くした段階で一度キャンプに戻る必要がありますが、近接武器の場合は戻る必要がありません。 モンスターを倒すまで戦い続けることができます。 ダメージを稼ぐことが出来る 睡眠弾はダメージをほとんど与えることが出来ませんが、近接武器ならばダメージを与えながらモンスターを眠らせることができます。 落し物回収しつつ、地帯レベルを上げたい時に便利です。 まとめ 以上、導きの地に特化した太刀装備の紹介でした。 地質学、不屈、破壊王のスキルが役立ちます。 導きの地用の装備を考える際は、これらのスキルを積むことを考えてみてください。 装備を作るのが面倒であれば、いつも使っている装備に「不屈」と「地質学」を付けるだけで構いません。 効率的に素材を集めましょう!.

次の

【MHWアイスボーン】ブラキ太刀・大剣は覚醒武器より強い?ダメージ計算から考察してみました

アイス ボーン 太刀 おすすめ

スキル「 属性開放 Lv3」を発動させれば水属性600が発動するので(これがまた強い)、水属性が弱点のディノバルドやウラガンキン、ドスギルオス、テオテスカトル、パオブルムー亜種などに対して有効。 そこら辺の属性大剣より下手したら強い。 レア度は10で攻撃力759、切れ味ゲージ白、会心率15%、雷属性510と 雷属性の太刀としては序盤の最強候補の一角。 強化素材として「 惨爪竜の強硬筋」が必要になるが、探索で瘴気の谷のオドガロン(マスターランク)を狩猟すれば序盤からでも作れるようになる。 会心率が最初から15%あるのでドラケン装備の達人芸とも相性が良く、雷属性の利きやすいモンスターに対しては絶大な効果を発揮する。 トビカガチ亜種は最初は麻痺と毒で苦戦する厄介な相手かもしれないが、免疫の装衣を用意するなど、慣れてくると簡単に狩れるようになるので装備を作りやすい相手。 強化素材としてナルガクルガの「迅竜の重牙」が必要になるが、序盤から簡単に生産できる武器にしては破格の攻撃力を持ち、会心率が25%あるのでドラケン装備の達人芸との相性も良い。 作っておいて損はない。 このハンマーの強いところは高い攻撃力と会心率、そして麻痺蓄積地の高さである。 元々麻痺とハンマーの相性は良かったのだが、アイスボーンで追加された新アクション「クラッチクロー」のおかげで、アンジャナフなど 頭部の位置が高いモンスター相手でもスタンがとりやくすなったので、アイスボーンではハンマーが本当に強くなった。 今作ではベリオロスやナルガクルガなど素早く縦横無尽に動き回るモンスターも多いなか、麻痺とスタンで長時間モンスターを拘束できる麻痺ハンマーは特にマルチプレイで大活躍する。 レア度10の武器なので終盤で「 カスタム回復」を付けやすいのも評価点が高い。 ストーリークリア後の「導きの地」でも余裕で使える最強ハンマーの一つ。 【おすすめランス】トゥースランス(氷属性) トゥースランスはマスターランク6の任務クエスト「 凍てつく国の白い騎士」で登場する ベリオロスの素材から生産できる氷属性のランス。 トゥースランスのレア度は10で攻撃力は506、切れ味ゲージは白、会心率は25%で氷属性が330。 氷属性は オドガロンや ブラキディオス、 テオ・テスカトル、 アンジャナフ亜種などに有効で、特にランスとの相性が良い「 ディアブロス」や「 ディアブロス亜種」と戦うときに大活躍する。 最終強化先の「 セイバートゥース」もかなり強く、セイバートゥースは素の会心率が30%で、これに 見切り Lv7や カスタム会心を付ければ会心率が85%まで上昇する。 ベリオロスの素材から生産できるランスは終盤まで使える武器の一つなので、ランス使いならトゥースランスを一本持っておくことをおすすめします。 毒の有用性は攻撃を当ててなくても継続ダメージを入れることができること。 ランスにとって素早く動き回るベリオやナルガクルガが苦手な相手だが、毒状態にして継続ダメージを与える戦法が狙える。 空を飛ぶ頻度が多いレイギエナに対しても毒の攻撃が有効である。 毒属性武器のデメリットは部位破壊を狙うなら普通に弱点属性の武器で殴った方が早いこと。

次の

【これで楽勝!】アイスボーンマスターランク序盤おすすめ武器と装備!&おすすめ攻略法!イヴェルカーナ&ベリオロスまで!【モンハンアイスボーン】

アイス ボーン 太刀 おすすめ

クリア後の隠しモンスターの出し方なども掲載。 新クエストランクが追加され、手強いモンスターが待ち受ける、新たなる狩りの世界が幕を開けます。 新たな舞台は「渡りの凍て地」 雪と氷に閉ざされた非常に寒冷で過酷な気候の地。 独自の生態系が存在する未開の地で、『モンスターハンター:ワールド』の中でも一番広いフィールドを予感させます。 新モンスターが多数登場 渡りの凍て地では、新モンスターが多数登場します。 また、これまでのシリーズで登場してきたジンオウガやブラキディオス、ティガレックスといったおなじみのモンスターも多数登場します。 前衛拠点「セリエナ」 渡りの凍て地の調査拠点「セリエナ」。 生態研究所、加工屋、調査資源管理所など、アステラ同様の調査に必要な設備が備わっています。 おすすめ装備• 防具データベース• 特殊装具•

次の