オカメインコ 画像。 オカメインコの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

オカメインコの種類と価格、画像、特徴まとめ

オカメインコ 画像

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 オカメインコから引用 2008. 24 14:52 オカメインコ(Nymphicus hollandicus)とは冠羽(かんう)[1]がある全長30cmほどのオウムである。 解説 オカメインコはオウム目オウム科に属するオウムである。 和名はインコとされるがインコの仲間ではない。 和名「阿亀鸚哥・片福面鸚哥」は、顔の橙色の斑点をおかめの面になぞらえたものである。 オウムの仲間では最小。 尾が全長の半分を占める。 精神状態によって冠羽が立ったり寝たりする。 驚きや緊張を感じた時や危険を察知した状態では立ち、リラックスした状態では寝ていることが多い。 飼い鳥として日本でもポピュラーな種である。 他種と一緒にいても平穏に生活し、人にもよくなつく。 また容易に繁殖するが、オスメスの判断は種類によって異なる。 尻尾の模様の有無や顔の模様で判断するがルチノーやアルビノなどでは外見からの識別は無理である。 DNA鑑定があるが費用は高い。 通常口笛を覚える方がオスである。 種類によって価格に著しい差がある。 品種は14種類あるが、一般的には流通しているのは10種類程度である。 長年日本で簡単に巣引きされているため、中型インコと比較して最も安価で手に入る。 オーストラリアに広く分布し、群生する。 オーストラリアでは最速の鳥といわれている。 成長過程 産卵 オス・メス双方(雌雄)の親鳥が巣を作り、メスが巣に産卵する。 たいていは数個の卵を産む。 卵の大きさはウズラの卵程度で、普通は白い卵である。 雌雄共に抱卵し、日に数回餌を食べるために巣から離れる。 この時期の親鳥の餌は、粟などの栄養価の高いものは控える。 体力が有りすぎると、抱卵しなくなるからである。 孵化 抱卵してから3週間程度で孵化する。 孵化したばかりの雛の体長は、卵の大きさから想像できるであろう。 巣箱には数個の卵があることが通常であり、残りの卵も孵るまでたいてい抱卵する。 生後3週間 雛は「ジーッ、ジーッ」と鳴きながら餌をねだる。 親鳥は餌を食べて巣箱に戻り雛に餌を戻して口移しで餌を与える、ということを休むことなく繰り返す。 この時「キュッキュッキュッ」と音がするので、巣箱を覗かなくても餌を与えていることがわかる。 オカメインコを手乗りとして育てたい場合には、生後2 週間(雛を育てるのに慣れてない人は3週間)経ってから巣箱から取り出すのが良い時期と言われている。 この頃の雛は、まだ羽はない。 生後数ヶ月 ヒナを飼い始める場合、いつまでも挿し餌を続けると病気にかかる恐れがある。 だがオカメインコはなかなか一人で餌を食べようとしない。 周りに他の鳥がいるとそれを見て食べるようになったりする。 雛の購入はなるべく自分で餌を食べられるようになった個体を選ぶのが無難である。羽はだいぶ生え揃うがまだ完全には開いておらず、一本一本がストロー状の薄い膜に包まれている。 成鳥 生後12ヶ月も経てばオスの顔の羽の色は黄色になり、雌雄の区別が容易になる。 メスはお腹のあたりの羽に、波状の模様がある。 もうしばらく経てば、雛を産むことができる身体に成長する。 このころ、人間の年齢に換算するとおよそ18歳程度と思われる。 平均寿命は15年程度で、個体によっては20年近く生きるものも珍しくない。 飼育 手乗り オカメインコは最も人に馴れる鳥の一種である。 そのため手乗りの雛を売っている。 雛はひと月あまりでかなり成長し、ふた月も経つと親と同じぐらい大きくなる。 ただこの段階では自分で食べる事ができない。 挿し餌さをして育てるがなかなかひとりで餌を食べるのが遅い。 また雛のうちは病気に対する抵抗力が弱く死にやすい。 だいたい4ヶ月もすれば成長がとまり、どの個体もひとり餌になっている。 人に馴れている個体の場合は雛から育てなくても手乗りのなる事も可能である。 手乗りの個体の多くは飼い主にべったりし肩にいつも止まっている。 ケージに入れておくと、外で遊んでほしいと鳴きさけぶ個体が多い。 オカメパニック(Night frights) 基本的に大人しく繊細な性格のオカメインコは、夜中に大きい物音がすると暴れ回る。 このことを日本ではオカメパニック、英語ではNight frights(夜の恐怖)と呼んでいる。 朝起きて羽が下に落ちていることがあれば、夜の間にこの現象が起きた可能性が高い。 対策としては常夜灯をつけておいて部屋を真っ暗にしないこと、飼い主が起きて優しく声をかけてやること等がある。 たまにオウム独特の金切り声を上げることもある。 普段おとなしくても飼い主の気を引くために大声を出す。 自分から寄ってくるが触られることを嫌う個体が多い。 個体によっては毛づくろいと同じ時間鼻をほじる。 また目の前に飼い主がいても注目させようと泣き叫ぶ個体が多い。 これは人間にはそれほど害はないと言われているが、水浴びが好きでないオカメインコはこのフケのような物を取り去ることは困難である。 特に自分で餌を食べずにいつまでも粟玉やパウダーなど流動食を与えていると、そ嚢炎や食滞を起こす。 朝食べなくなったら直ぐに病院に連れて行き抗生物質とビタミンをもらう必要がある。 無理矢理に粟玉やパウダーを注射器等で注入してもいつまでもそ嚢の中に餌が残り、逆にそこにばい菌が繁殖して命を落とす。元気なうちならヨーグルトなど乳酸菌を与える事で予防できる。 品種 品種は主に体の羽色と模様、顔部分の色で区別される。 ルチノー系は色素が薄いため、黄色をしている。 さらに目が赤くて、本来のオカメインコより目が悪いと言われている。 ルチノー系の他にグレーの原種のものをノーマル、うす茶色のものをシナモン(イザベラ)、色素がなく真っ白なものをアルビノ(WF・ルチーノ)、部分的に色抜けがあるものをパイド、羽にうろこ模様が入っているものをパール、ほっぺの日の丸が淡い黄色のものをイエローフェイス、オレンジのものをパステルフェイス、日の丸がないものをホワイトフェイスと呼ぶ。 下記のGalleryにある画像も参照。 しかし、ルチノーなどの品種が開発されると徐々に人気が上がり、現在ではペットショップで普通に見かけるほどになった。 ここまで.

次の

オカメインコの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

オカメインコ 画像

飼育環境の注意点 うるさい場所だとストレスを抱えてしまう場合があります。 インコが落ちつかなそうにしていたらなるべく静かな環境にしましょう。 インコは外が暗くなると寝る時間なので、なるべく部屋が暗くなるように休ませてあげてください。 明るかったり音がうるさいとインコは朝だと勘違いをして寝むれなかったりします。 あとは、オカメインコはほかのインコより暑さや寒さに弱く対策が必要です。 特に1歳までは重要です。 暑さ対策として、気温が上がると飲み水が熱くなっている場合があるのでこまめに替えたり、インコの性格にもよりますが水浴びをするインコもいます。 ぐったりしないようにエアコンをつけたり工夫をしましょう。 寒さ対策の例として大きな袋に窒息しないように空気穴をあけて鳥かごにかぶせる方法がありますが、ビニールを食べてしまうインコにはむきません。 今は便利な道具としてペットヒータがあります。 雄と雌のつがいで飼いたい場合 インコの場合相性が一番難しく、合わなかった場合殺し合いをするか、ストレスで自分を傷つけるかのどちらかになります。 店で買う場合は同じ籠にいるインコを選んだほうがいいが、それが無理な場合は別々の籠にインコを入れて近くに置いて1週間ぐらい様子を見ましょう。 もし口で餌をあげてたり求愛ダンスをしていたら一緒に飼っても大丈夫でしょう。 逃げ出し防止をしっかりと 一般的には、羽の外側で肉がないところを両方切ったりします。 だからと言って飛べないわけではないので窓はきちんと閉めてください。 たまに餌入れの扉をインコが持ち上げて遊んでいるうちに、逃げ出してしまう場合もあるので注意をしましょう。 病気について知っておこう インコは病気を隠す習性をもっています。 野性の中で生きて行くには弱っている姿を見せたら食べられるからです。 だから元気にしてても、隠れて様子を見ることも大切です。 一般的に多いのはダニ。 夜中にいきなり暴れだしたらダニに血を吸われている場合があるので籠全体を熱湯消毒するといいです。 定期的に続けると予防になります。 人に移る病気もありますのでキスや口移しで餌をあげるのは極力避けたほうがいいです。 オカメインコと飼い主の関係について インコはもともと警戒心が強く餌をくれたり、構ってくれる人ただ一人だけを信頼します。 性格にもよりますが、ほかの人が餌をあげた場合には食べない事があるので遠出する際には確認が必要です。 パニックについて知っておこう いつもと環境が違うとインコは籠で暴れてしまい怪我をしてしまう事があります。 その場合はアイコンタクトをとりながら優しい声で大丈夫と言ってあげるとと落ち着きます。 あと、窓ガラスに空が映っていたりすると勘違いしてガラスに突進する事があります。 状態が悪ければ即死にいたることがありますのでカーテンを閉めるなど注意が必要です。 突然死について インコは驚きすぎると心臓が停止してしまうことがあります。 後ろからいきなりなにかをかぶせたり、捕まえたりすると起こったりする場合がありますので、驚かさないようにゆっくり捕まえたりしましょう。 いかがだったでしょうか。 この記事を読まれている方の中には飼うのが不安だと思われている方もいらっしゃると思います。 大丈夫です。 飼い始めていくうちに色んなことをインコたちは教えくれます。 そして何時の間にかその可愛らしさにはまってしまいます。 オカメインコは一般的に愛嬌があり、性格も穏やかで優しいと言われていて初心者にも飼いやすい鳥です。 環境を整えてあげれば長生きをして貴方にとって愛する家族の一員になるでしょう。 もし、死んだとき悲しいから飼えないわと思ってるなら大丈夫です。 思い出してください、貴方がインコと過ごした時間をそこには最後のメッセージあるでしょう。 まとめ オカメインコの飼い方で注意すべき7つのポイント ・飼育環境の注意点 ・雄と雌のつがいで飼いたい場合 ・逃げ出し防止をしっかりと ・病気について知っておこう ・オカメインコと飼い主の関係について ・パニックについて知っておこう ・突然死について.

次の

オカメインコの色の種類|顔、体、羽のカラーや模様の写真

オカメインコ 画像

(写真提供:じゅげむ) おっとりした性格でのんびり屋さんのオカメインコ。 でも実は、野生では一日に何kmも飛び、水場を求めて過酷な環境を生き抜くことができる、たくましい鳥さんなのです。 今回は、オカメインコの魅力を、オカメインコと暮らす筆者がお伝えします。 野生でのオカメインコの暮らし 野生のオカメインコはオーストラリアの乾燥地帯に生息しますが、一ヶ所に定住せず、快適な気候と水場を求めて、オーストラリア全土を何㎞も移動します。 基本的には2羽から10羽程度の集団で行動し、大移動をするときには100羽以上の集団になることも。 食べ物はアカシアの種子やフルーツの樹皮、草など植物性のものに加え、昆虫なども食べます。 繁殖は雨期に行います。 雨が降ることによって穀物が実り、食餌に困らずに子育てをすることができるからです。 体の長さは、尾羽を入れると30~33cm、体重は80~110g程度(体格によって、最適な体重は変わります)。 明るい色の品種がたくさんいますが、原種はこの写真のように少し地味なグレーです。 男の子はヒナの羽から大人の羽に変わる時に、顔に黄色い羽がはえますが、女の子はグレーのままです。 ちなみに、オカメインコの名前の由来ともなった「ほっぺのオレンジ」。 このオレンジの羽をかき分けると、耳の穴が隠れています。 オカメインコってどんな鳥? ~母性本能をくすぐる可愛らしさ~ では、オカメインコはどのような性格なのでしょうか。 気を許した人間には、頭を差し出して「掻いて」と迫ります。 ただ、掻き方が気に入らないと、くちばしをパクパクさせて威嚇する子が多いので、喜んでもらえるようこちらも真剣になってしまいます(笑)。 そんなオカメの特徴を表すものに「オカメパニック」があります。 夜中に地震でも起きようものならパニックになってしまい、ケージのなかで大暴れして羽が抜けたりケガをしてしまうこともあります。 パニックを起こしやすい子の場合はケガをしないよう、なるべくケージ内をシンプルにしましょう。 夜も薄明りをつけておくことで、パニックを防げる場合もあります。 そんな、ぶきっちょな、放っておけない可愛らしさを持っています。 一羽にすると隣近所に響き渡るほど大きな声で呼び鳴きをすることがあります。 そのため、防音性の低いお住まいや普段窓を開けているご家庭では、ご近所さんの理解が必要になるかもしれません。 オカメインコはとても頭が良いので工夫次第で過度な呼び鳴きを減らすこともできますが、鳥さんは声でコミュニケーションを取る生き物です。 拾ってあげるとまた落とし、こちらの顔を見て、拾うように何度でも要求します。 その姿は、まるでパトロールをしているかのようです。 洗濯物を引っ張って遊ぶのも好きなので、自分のテリトリーであることを主張しているのでしょうか? オカメインコお迎えの注意点 オカメインコに限らず、インコやオウムは「脂粉」という白い粉を出します。 きれいな羽を維持するのに必要な脂粉ですが、毛づくろいをすると白くもやっとしたものが舞い散り、掃除が大変になることも。 ケージを覆う専用のアクリルケースなども売られているので、こういったものを利用すれば、部屋の清潔さは維持できますが、鳥さんのためにはアクリルケース内の定期的な掃除をしましょう。 また、黒い服を着ている時に肩に乗せると、かなりの確率で服が白くなるので、お出かけ前は要注意です! 甘えん坊のオカメは、一人餌(自分で餌をついばめる状態)になるのが遅いことで有名です。 頻繁に挿し餌ができない場合には、一人餌になっている子をお迎えしたほうがよいでしょう。 日中、家を空ける時間が長いご家庭では、寂しくないようにペアでのお迎えがおすすめです。 逆に、家にいる時間が長く、オカメちゃんのパートナーになれる方であれば、一羽でお迎えするとラブラブなオカメライフを楽しむことができるでしょう。 寿命が長く、30年ぐらい生きる子もいるので、長い間お世話をすることが可能かどうかもお迎え時にしっかり考えましょう。 【どうぶつの病気に関するデータを公開】 アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、品種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができるサイトです。

次の