バッタ日本に来るのか。 サバクトビバッタの大群は日本に来る?日本への影響は?

東アフリカのバッタ大量発生 日本に来る可能性はあるのか?

バッタ日本に来るのか

バッタが生き残っていく本能みたいなものなのかな…。 2020年6月現在、 サバクトビバッタは インドにいます。 今年の頭、コロナのインパクトで忘れてしまってた中東でのバッタ大量発生のニュース。 数兆匹まで増えてそろそろ中国へ襲来するんじゃないかと思ったら 実際はヒマラヤ山脈を越えれないらしい 、中国では別のイナゴが大量発生して食物を食い荒らしてるらしい。 サバクトビバッタは東アフリカからサウジアラビアへ入り、そこからイエメン、オマーン、アラブ首長国連邦へ広がりました。 本来であれば、バッタが入国すると分かれば、軍を動員してバッタを駆除するそうですが、中東は紛争をしているので、軍をそちらにさけなかったそうです。 Sponsored Links サバクトビバッタは日本にくるの? サバクトビバッタは、群れになるとものすごい跳躍力を発揮すると言われています。 しかし、今回大量発生している サバクトビバッタは日本へはやって来ないのではないかと言われています。 その理由として、サバクトビバッタは寒さに弱く、パキスタンやインドと中国の間にそびえる ヒマラヤ山脈を越えるのが難しいと予想されているからです。 またヒマラヤ山脈は、世界一高いエベレスト山 8,850m をはじめ、7,000mを超える山が100以上もあり、群れになると身体能力が向上するサバクトビバッタでもなかなか難しそうです。 そもそも今回のサバクトビバッタの大量発生は、 大雨が降ったことが理由ではないかと言われています。 大雨が降って餌となる草がたくさん生えると、バッタが大量発生すると言われています。 現在、莫大に人口が増えているアフリカですが、常に食料危機と戦っています。 そのなかでサバクトビバッタ2000億匹が、人間の食物を食べていってるのが問題になっています。 ケニアは食料を食い荒らされ、人間の食物はほぼ全滅。 その場所に食料がなくなったら、バッタは次の国へ行きます。 通常であれば、他国が支援の手を差し伸べますが、現在各国はコロナの影響を受けそれどころではありません。 またバッタ駆除には、農薬を撒くのが一番手っ取り早いですが、農薬は土壌が死んでしまうため、食糧危機の地域では得策ではありません。 日本でも明治時代にバッタの大量発生が問題になったことがありました。 1879年 明治12年 に北海道の十勝平野でトノサマバッタが大量発生し、数年間続いて大きな被害が出ました。 その数年のあいだで、バッタの大群は札幌など石狩地方にまで至りました。 バッタの大群が空を覆い、作物を食い尽くす様子は日食のように太陽が陰り、住民はただ茫然とその惨状を見守るしかなかったそうです…。 想像するだけで恐ろしいですね。 このときバッタは、札幌付近止まりで本州へは入って来ませんでした。 その理由として諸説ありますが、 海を飛び越えられなかったんだろうと言われています。 しかし、今回のバッタは海を渡って来たこともあり警戒されていましたが、生態的にヒマラヤ山脈を越えられないだろうと言われているので、ひとまずは安心できそうですね。 中国側が懸念しているのは、コンテナなどに紛れ込んで侵入するのではと言われているそうです。 日本としても完全に安心できる状況ではないかもしれませんね。

次の

大量発生「サバクトビバッタ」の特徴と対応策、日本にも来るのか?|ウサギの情報発信簿ブログ

バッタ日本に来るのか

世界同時大量発生だ。 中東イエメンと南米パラグアイでサバクトビバッタが大量発生し、世界各地で猛威を振るっている。 収穫前の農作物を食べ尽くしながら移動するため、被害は周辺各国に広がっている。 このままでは世界中で食糧危機が起こると、改めて危惧されている。 サバクトビバッタは砂漠などの乾燥地帯に大量の雨が降ると大繁殖を始める。 今回、深刻なのは南米、ユーラシア、アフリカ大陸と複数の地域で発生していることだ。 今年に入り、アフリカ東部で発生したバッタはエチオピア、ケニアに広がり、イエメンで繁殖したバッタはイラン、イラクに北上、さらに南アジアのパキスタンやインドまで飛来している。 一方、南米のパラグアイでもサバクトビバッタが大量発生。 1日100~150キロを移動し、わずか1日でサトウキビやトウモロコシなど約3万5000人分の農作物を食い荒らしながら、先日、アルゼンチンに南下。 さらにブラジル、チリなど南米全体に広がる恐れが出ている。 インド政府などは被害を抑えるため、ドローンで殺虫剤を散布するなど駆除を試みているが、バッタに襲撃された地域では8割の農作物が食い尽くされるといわれ、国連食糧農業機関(FAO)は約30カ国で被害が出ると予測している。 日本への影響について農水省食料安全保障室の担当者は「これだけ世界各地で大量発生するのは珍しいことですが、そういった国々から(すべて)輸入しているわけではないので、現時点では影響はありません」と説明する。 しかし、東大教授の鈴木宣弘氏(農政)は「対岸の火事ではありませんよ」と、こう続ける。 「ただでさえ新型コロナウイルスの影響で人の移動と物流が止まり、世界中で農業生産が落ち込んでいます。 食糧危機が懸念される中、バッタショックで事態が悪化すれば、生産国は輸出規制の措置を取るでしょう。 まずは輸出を止めて食糧を確保し、自国を守ろうとします。 いくら日本にお金があっても手に入らなくなるのです」 日本は小麦、大豆、トウモロコシの輸入の大半をアメリカに頼っている。 世界中の生産量が減少すれば、流通量は少なくなり、価格は高騰、奪い合いになる。 輸入依存度が高い家畜の飼料が影響を受けるのは必至だ。 「農産物の自由化を進めてしまったため、自給率が下がり、輸入に依存せざるを得なくなった。 だからこういう事態が起こると耐えられない。 貿易自由化を進め過ぎた結果です。 米国主導の戦略が間違っていたのです。 今こそ各国が自給率を高めなければなりません。 日本の場合は家畜の飼料も輸入に頼っていますから、畜産は成り立たなくなります」(鈴木宣弘氏) サバクトビバッタが海を渡って我が国に来ることはないが、バッタショックが日本に飛び火する可能性はある。

次の

バッタの大量発生は日本にくる?2020年の現在地と移動ルートは?

バッタ日本に来るのか

大量発生したバッタは日本に来るのか? 中国人まじでヤバいやん! ;゜0゜ — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH 2020年の2月17日にケニアに来襲したバッタの群れの大きさは <2月17日のバッタの群れの大きさ> 縦:60キロ 横:40キロ 1日で100万食を食べてしまうと言われています。 もしこのまま行くと6月には500倍にもなると言われています。 そのバッタは日本に来るのでしょうか? その可能性は低いと考えれます。 その理由は ・砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本は耐えれない ・上海ー熊本の距離887キロ ・日本という土地を認識できない? ・サバクトビバッタは磁気センサーを持っていない 砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本は耐えれない すでにインドやパキスタンにまで到着しているやんけ!!!!!! — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH サバクトビバッタの主な生息地はサハラ砂漠やアラビア砂漠、インド北部と言われています。 これらは砂漠気候の地域です。 しかし 日本は殆どの地方が温帯に属していて、その中でも温暖湿潤気候です。 あまりにも生まれた環境と湿度などが違いすぎます。 サバクトビバッタは生息地が砂漠気候の生物なので日本まで来ることは、殆どないと考えられます。 また2007年には関西国際空港の第2滑走路で大量のバッタが発生しましたがこれは、カビの力によって終息しています。 人間にとっては小さな問題の湿度でもバッタにとっては重要な問題です。 上海ー熊本間の距離887キロを飛べない 中国の西側に当たる都市の上海から日本の九州の熊本県まででも直線距離にして887キロあります。 サバクトビバッタは一日に100キロ~200キロ移動できると言われていますが、そのサバクトビバッタでも飛びっぱなしで5日~8日かかります。 その間、休むことも餌を食べることもできません。 サバクトビバッタはこうした長距離を移動する環境で生息していないためにこれほどの期間飛び続けることはできないとかんがえれるので、日本にくることはできないでしょう。 日本をどうやって認識するのか? 海を見てその先に大陸があるとどうやって認識するのでしょうか・・・ そのために 生命をかけて900キロ弱を飛ぶくらいなら北や南に移動して餌を取るほうが虫の習性にあっていると考えられます。 サバクトビバッタは地磁気センサーをもっていない 渡り鳥があれほど性格に自分の位置を把握したり、迷わずに目的地にいけるのには理由があります。 それを可能にしているのは渡り鳥がもっているナビゲーションシステムです。 地球には惑星全体を覆う磁場(地磁気)が存在します。 渡り鳥は精密な地磁気センサーをもっているために方位と自分がいまいる場所の緯度を割りだすことができます。 なので全く別の地に連れて行かれてもすぐに自分場所を特定して元の場所に戻ることができるのです。 クジラや鮭もこのような地磁気センサーを脳にもっているといわれています。 しかしサバクトビバッタはそのようなシステムをもってません。 突然変異ですぐに生まれるようなものでもないので988キロ弱を渡ってくるのは無理だと考えられます。 大量発生したバッタが日本に及ぼす影響・被害は? 大量発生したバッタは中国にまで被害を及ぼすかは関係なく日本に影響を与えると考えられます。 主に考えられるのは <日本に与える影響> ・食料の全体的な値上がり ・砂漠化・黄砂の恐れ ・中国人の来日 が考えられます。 ひとつづつ補足していきます。 食料の全体的な値上がり サバクトビバッタはケニアやエチオピアですでにひどい被害を作っています。 ケニアでは70年に一度と言われているくらいの規模を記録していて、エチオピアでは25年に一度の規模を記録しています。 それらの地方では豆やコーンなどの穀物を中心に作っていました。 コーンなどは家畜の肥料にもなります。 加工しやすい食料になればなるほど、人間の食べ物全体に影響を与えることになります。 なのでコーンや豆と直接関係のない家畜などの値段も上がると考えられます。 また 代替え用品として小麦などの値段も上がると考えれます。 砂漠化・黄砂の恐れ サバクトビバッタが通過した後は何も残らないと言われています。 小さな群れでも一日300万人分の食料を食い荒らします。 それが毎日、こうしている今も人間の食料を食い減らしています。 サバクトビバッタは聖書やコーランにも登場してくるほど昔から恐れられていました。 なので サバクトビバッタが通過したあとは何も残らないために一時的でも砂漠化が進む可能性もあります。 またそうなれば、日本に飛んでくる黄砂の量も増える可能性があります。 中国人の来日 サバクトビバッタが中国にまで来て、中国が被害にあえば、中国人は日本に避難してくることが考えられます。 コロナウィルスでもこれだけ規制していても毎日大量の中国人が来日しています。 また中国と日本の物価の差はどんどん小さくなっています。 日本でカプセルホテルに止まって300円の牛丼でも食べていれば良いのでしたら中国人にとっては昔ほど負担ではありません。 まとめ 中国に大量のバッタが来るかは分かりませんが、来たとしても日本にまで飛んでくる可能性は極めて低いと考えられます。 理由は ・砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本には耐えれない ・上海ー熊本の距離887キロ ・日本という土地を認識できない? ・サバクトビバッタは磁気センサーを持っていない などが理由になっています。 また今回のバッタの大量発生による日本に及ぼす被害は ・食料の全体的な値上がり ・砂漠化・黄砂の恐れ ・中国人の来日 などが考えられます。 最後までお読みいただきましてありがとうございました!.

次の