こちら こそ はじめまして 英語。 「こちらこそ」は正しい敬語?意味とビジネスでの使い方、類語、英語表現を解説

「初めまして」の英語|6つの基本フレーズと使い方を習得!

こちら こそ はじめまして 英語

<目次> 自己紹介の前にまずは挨拶 実践で役立つ!英語の挨拶フレーズ 自己紹介をする前に、「こんにちは」や「はじめまして」といった挨拶をしましょう。 挨拶はコミュニケーションの第一歩。 相手の目を見て、笑顔で挨拶ができると、相手に良い印象を与えられます。 以下にて、簡単な挨拶のフレーズをご紹介します。 直訳すると「あなたと出会えて良かった」ですが、「はじめまして」という意味合いで使われています。 )など、場所や相手に適した表現に変えましょう。 相手から先に挨拶された場合の挨拶フレーズ こちらから挨拶を切り出す前に、相手から挨拶されることもあります。 その際は、以下のフレーズを用いて挨拶を返してみましょう。 短いフレーズなので、3~4歳の子供でも覚えやすいです。 名前とニックネームを教えるフレーズ のときは、自分の名前とともに呼んでほしいニックネームも伝えましょう。 自己紹介のシーンによって、言うフレーズは異なります。 自己紹介のフレーズは2パターン 自己紹介のときに言うフレーズは、カジュアルな場面とフォーマルな場面とで使い分けが必要です。 子供が同年代の子供に挨拶するときはカジュアルなフレーズでも良いですが、年上の人に挨拶するときはフォーマルなフレーズを使うように教えましょう。 )が一般的です。 なお、外国人にとって日本の名前は聞き慣れず、聞き取りにくいことがあります。 ゆっくり、はっきりした発音を心がけると、相手に伝わりやすく親切です。 )と言います。 名字のみを名乗ることもありますが、フルネームを名乗るとより丁寧です。 日本語と違い、英語は名前名字の順番で名乗るのが普通。 )です。 英語は日本語とは順番が異なることを、子供に教えておきましょう。 ニックネームで呼んでほしいなら ニックネームで呼んで欲しい場合には、次のようなフレーズもつけ加えましょう。 自己紹介のときにニックネームを伝えるのは、相手に親しみを持ってもらえるだけでなく、印象に残り覚えてもらいやすいというメリットもあります。 たとえば本名が難しく発音しにくいという方の場合、ニックネームを伝えておけば相手も呼びやすくなります。 より詳しく自己紹介をしてみよう 自分のことを知ってもらう 挨拶と名前を伝えたら、より自分のことを知ってもらうために出身地や年齢、好きなものなども伝えましょう。 わかりやすくシンプルなフレーズなら子供でも覚えやすいですし、相手にも伝わりやすくなります。 家族について簡単に紹介する 家族について紹介したい場合には、次のようなフレーズがオススメです。 挨拶の後に繋げるフレーズ 自己紹介の後、相手へ質問したり一緒に遊んだりするとより仲良くなれます。 以下のフレーズを使ってコミュニケーションをとってみましょう。 ) スムーズな会話のコツは、適切なタイミングで質問することです。 ) 相手と仲良くなるには、一緒に遊ぼうと誘ってみるのがオススメです。 )などで返事をしましょう。 仲良く遊んだ後、次の約束をしよう 一緒に遊んで仲良くなれたら、以下のフレーズを使ってまた会う約束をしましょう。 子供が幼い場合は親が同伴するため、親同士の予定も確認しましょう。 場合によっては相手から聞かれることもあります。 )などといった返事のフレーズも覚えておきましょう。 簡単なフレーズから少しずつ覚えよう 上記のようなコミュニケーションを始めるきっかけになる英語のフレーズは、覚えておくととても便利です。 でコミュニケーションをとる練習をしておけば、大きくなってから外国人と接するときに臆せず話すことができます。 そして、もし英語で話す友達ができれば、子供の英語力もさらにアップするため、良い循環が生まれます。 自己紹介は友達作りの第一歩なので、親子で一緒に簡単なフレーズからひとつずつ覚えていきましょう。

次の

レッスンでよく使うフレーズ集

こちら こそ はじめまして 英語

「初めまして」に相当する、様々な表現が存在しますが、 カジュアルな場面での初めての挨拶に、「Hi」、「Hello」などは十分であり、一般的とされています。 ----------------------- Jane, meet my new friend Peter. ジェイン、僕の新しい友達のピーターだ。 ピーター、こんにちは。 ご参考までに、「Nice to meet you」、「Hi」、「Hello」以外の表現を、下記にいくつか記載しています。 こちらは比較的に丁寧な挨拶となります。 It's a pleasure. Delighted. It's an honor to meet you. Wonderful to meet you. How do you do? ----------------------- カジュアルな設定で年齢の近い相手に対して使う、よりくだけた挨拶が良い場合は以下が考えられます。 How's it going? What's up? Nice meeting you. ----------------------- 「初めまして」はいろいろな言い方がありますが、 Glad to meet you. これは I'm glad to meet you. のI'm を省略した形ですので、カジュアルな言い方です。 あるいは、長いこと会いたいと思っていて、ついに会えたというような場合でしたら、 I'm so happy to finally meet you. などのように、finally ついに)を入れるとよいでしょう。 その他、とてもうれしいという言いたい時は、 I'm delighted to meet you. のように、delighted という単語を使うと、一語で言い表せます。 その他、 Pleased to meet you. など、pleased などと使う言い方も一般的です。 (pleased は、ビジネスでもよく使われる単語です) ご参考になりましたら幸いです。 AJ Lim 先生の書かれているように、カジュアルな場での初対面でのあいさつは Hello! や Hi! が多い印象です。 これが、日本語ではあまりないことなので (「こちらが田中さんです。 」「はじめまして、田中さん。 (ふつうは はじめまして だけで、田中さんはつけないですよね)」) あいさつに相手の名前をつけるのに慣れるまでに時間がかかりました(私の場合)。 It's a pleasure to meet you. 少しかしこまった場での回答になります。 It is a pleasure to meet you=お会いできて嬉しいです。 (Nice to meet you より少し丁寧) 2. I am pleased to meet you=お目にかかれて嬉しいです。 では意味に差ほど違いはありません。 「pleasure」という言葉には、「喜び」や「光栄」という意味が含まれているので、より丁寧さが伝わります。 なので、相手への印象付けに使える表現であります。 対象は、何かと敬意を払っている人(目上や尊敬している人)に使うと良いです。 Nice to finally meet you in person=(ようやく/やっと)直接お会いできて嬉しいです。 これまで相手とのやり取りが電話やメールのみ、もしくは、その人の話を周りから聞かされていて直接の面識がなく、対面できたときに使う表現です。 finally は 「ようやく/やっと」と伝えたいときに付け加えることをおススメします。 Glad to meet you This can be used in informal settings. It can be used when you are meeting people you know well, friends or family. Delighted to make your acquaintance This is usually used in a formal or work setting when you meet someone for the first time. How wonderful to meet you This is appropriate to use in both formal and informal settings. In other words it can be used personally or professionally. This implies that the meeting was anticipated. It also gives you pleasure to meet that person. The noun 'pleasure' means a feeling of enjoyment, happiness, or satisfaction. The verb to 'delight' means 'to please someone greatly'. So, should you happen to meet someone for the first time today, other than saying 'nice to meet you', you may say: Pleased to meet you. or Its a pleasure to meet you. or I am delighted to meet you.

次の

「こちらこそ」の例文・敬語・類語|丁寧語/ありがとう/よろしく

こちら こそ はじめまして 英語

<目次> 自己紹介の前にまずは挨拶 実践で役立つ!英語の挨拶フレーズ 自己紹介をする前に、「こんにちは」や「はじめまして」といった挨拶をしましょう。 挨拶はコミュニケーションの第一歩。 相手の目を見て、笑顔で挨拶ができると、相手に良い印象を与えられます。 以下にて、簡単な挨拶のフレーズをご紹介します。 直訳すると「あなたと出会えて良かった」ですが、「はじめまして」という意味合いで使われています。 )など、場所や相手に適した表現に変えましょう。 相手から先に挨拶された場合の挨拶フレーズ こちらから挨拶を切り出す前に、相手から挨拶されることもあります。 その際は、以下のフレーズを用いて挨拶を返してみましょう。 短いフレーズなので、3~4歳の子供でも覚えやすいです。 名前とニックネームを教えるフレーズ のときは、自分の名前とともに呼んでほしいニックネームも伝えましょう。 自己紹介のシーンによって、言うフレーズは異なります。 自己紹介のフレーズは2パターン 自己紹介のときに言うフレーズは、カジュアルな場面とフォーマルな場面とで使い分けが必要です。 子供が同年代の子供に挨拶するときはカジュアルなフレーズでも良いですが、年上の人に挨拶するときはフォーマルなフレーズを使うように教えましょう。 )が一般的です。 なお、外国人にとって日本の名前は聞き慣れず、聞き取りにくいことがあります。 ゆっくり、はっきりした発音を心がけると、相手に伝わりやすく親切です。 )と言います。 名字のみを名乗ることもありますが、フルネームを名乗るとより丁寧です。 日本語と違い、英語は名前名字の順番で名乗るのが普通。 )です。 英語は日本語とは順番が異なることを、子供に教えておきましょう。 ニックネームで呼んでほしいなら ニックネームで呼んで欲しい場合には、次のようなフレーズもつけ加えましょう。 自己紹介のときにニックネームを伝えるのは、相手に親しみを持ってもらえるだけでなく、印象に残り覚えてもらいやすいというメリットもあります。 たとえば本名が難しく発音しにくいという方の場合、ニックネームを伝えておけば相手も呼びやすくなります。 より詳しく自己紹介をしてみよう 自分のことを知ってもらう 挨拶と名前を伝えたら、より自分のことを知ってもらうために出身地や年齢、好きなものなども伝えましょう。 わかりやすくシンプルなフレーズなら子供でも覚えやすいですし、相手にも伝わりやすくなります。 家族について簡単に紹介する 家族について紹介したい場合には、次のようなフレーズがオススメです。 挨拶の後に繋げるフレーズ 自己紹介の後、相手へ質問したり一緒に遊んだりするとより仲良くなれます。 以下のフレーズを使ってコミュニケーションをとってみましょう。 ) スムーズな会話のコツは、適切なタイミングで質問することです。 ) 相手と仲良くなるには、一緒に遊ぼうと誘ってみるのがオススメです。 )などで返事をしましょう。 仲良く遊んだ後、次の約束をしよう 一緒に遊んで仲良くなれたら、以下のフレーズを使ってまた会う約束をしましょう。 子供が幼い場合は親が同伴するため、親同士の予定も確認しましょう。 場合によっては相手から聞かれることもあります。 )などといった返事のフレーズも覚えておきましょう。 簡単なフレーズから少しずつ覚えよう 上記のようなコミュニケーションを始めるきっかけになる英語のフレーズは、覚えておくととても便利です。 でコミュニケーションをとる練習をしておけば、大きくなってから外国人と接するときに臆せず話すことができます。 そして、もし英語で話す友達ができれば、子供の英語力もさらにアップするため、良い循環が生まれます。 自己紹介は友達作りの第一歩なので、親子で一緒に簡単なフレーズからひとつずつ覚えていきましょう。

次の