ハリソンズ オブ エジンバラ。 英国紳士の気品を感じさせる,ラウンジスーツの生地は何があ...

Harrisons Of Edinburgh

ハリソンズ オブ エジンバラ

「人生のステージを昇りゆく人」におすすめしたいハリソンズ。 その訳は? 入社して10年ほど経過すると、業界のさまざまな事情も分かってくれば、取引先とのコミュニケーションの何たるかも理解してきますよね。 その中で一歩一歩自分のなすべきことをしながら仕事上の、ひいては 人生のステージを昇ってゆく人達の、仕事で「攻め」ているからこその上昇ベクトルは素晴らしいものです。 しかし、攻めのリズムだけではいずれ壁にぶち当たるかも知れません。 そんな時に壁を悠々と超えさせてくれるもの、それは「優雅」な立ち振る舞いであり「エレガント」な佇まいです。 そんな、精神的にも見た目の上でも優雅であって欲しい人達に、ぴったりのオーダースーツが「ハリソンズ・オブ・エジンバラ」です。 ひたむきな服飾哲学に貫かれた服地で仕立てられたオーダースーツこそが、あなたに「優雅」という見えない服を纏わせてくれます。 ハリソンズ・オブ・エジンバラとはどのような生地ブランドなのか? 「ハリソンズ・オブ・エジンバラ(Harrisons of Edinburgh)」は1863年、後のエジンバラ市長になる サー・ジョージ・ハリソンによって創業されました。 近現代の英国を代表する名門の 服地マーチャント(毛織物商社)です。 最高グレードの服地を英国・イタリアはもちろん、全世界に発信しています。 ハリソンズ・オブ・エジンバラの生地の特徴とは? ハリソンズ・オブ・エジンバラがプロデュースする過程には、ある哲学が貫かれています。 それは 「最も優れた羊毛原料だけが、唯一真の最高級と呼べる服地を生み出す」ということです。 この服飾哲学を徹底し、原料の採取から染色、紡績、織り上げてから仕上げに至るまで、あらゆるプロセスに妥協というものがないのです。 打ち込みが良い上にしなやかでエレガントな趣きは、その哲学無くして生まれません。 だからこそ、世界中の頑固な仕立て職人からの絶対の信頼を得ているのです。 ハリソンズ・オブ・エジンバラの生地の世間からの評判は? 赤い表紙が印象的な「バンチ(生地のサンプル帳)」で展開されるハリソンズ・オブ・エジンバラの極めて高品質な服地コレクションは、世界中の名門ビスポークテーラーで取り扱われており、 ヨーロッパの王侯貴族や世界のVIPからこよなく愛されています。 最上級の原料のみを使って、各工程に妥協を許さない作り方で一貫しているので、生地の打ち込みの良さ(高密度で織られること)と相まって、 世界中のプロフェッショナルやヘビーユーザーが認めています。 ハリソンズ・オブ・エジンバラ生地のオーダースーツの価格帯は? ハリソンズ・オブ・エジンバラの服地を使用した、オーダースーツの価格帯をリサーチしました。 非常にバラつきがあります。 格安と言える税別55,000円ほどで作るところがありましたが、 一般的には税別88,000~118,000円ぐらいが相場です。 上は税別13万円を超えるものもあります。 ハリソンズ・オブ・エジンバラのオーダースーツはどの店舗で作るの? ハリソンズ・オブ・エジンバラの服地を使用したオーダースーツを作ることができる、東京エリアのおすすめのショップを紹介しておきます。 MARUNOUCHI グローバルスタイル 本店 「MARUNOUCHI グローバルスタイル 本店」でハリソンズのオーダースーツが作れます。 このショップは有名ブランドショップが軒を並べる東京丸の内にあります。 都内では最大級の売場面積を持ち、東京駅・有楽町駅・日比谷駅から徒歩圏内という行きやすさです。 スタイリングに関して、10パターン以上の多くの型紙から選べる豊富さは魅力です。 年齢やステータス、そして好みに沿ったスタイリングが選べます。 オーダー初心者から上級者まで、すべてのオーダースーツ志向者におすすめできるグローバルスタイルは、東京に9店舗あります。 その他のエリアは大阪・京都・名古屋・福岡に展開されています。 店舗名:MARUNOUCHI グローバルスタイル 本店• 住所:東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル1F• 電話番号: 03-6256-0886• 営業時間:平日/11:00~21:00 土日・祝日/11:00~20:00• ハリソンズ・オブ・エジンバラ生地使用のおすすめアイテムはこれだ! ハリソンズ・オブ・エジンバラの服地を使用して作るオーダースーツで、おすすめのアイテムが二つあります。 エレガンスを体現する服地の趣きを活かしたスーツはやはり 「モダンブリティッシュ」のテイストに決まりです。 モダンブリティッシュとは英国のクラシックの根本的な要素はそのままに、変化しゆくトレンドの中で数少ない定着してきた部分、つまり 普遍的になった要素を織り込んだ現代のクラシックです。 そのカテゴリの中から特におすすめの二つはこれです。 モダンブリティッシュ・ダブルブレステッドスーツ クラシカルながらも、 昔のものよりはラペル幅が若干細く、また胸元とけまわし(ヒップ周り)のゆとり寸法を少なめにした 現代感覚のブリティッシュダブルです。 6釦2ツ掛け(ただし下の釦は止めなくよい)は、クラシックのアイデンティティゆえにそのままです。 知的でエレガントなダブルで、目の前の課題に悠然と向かってゆきましょう。 モダンブリティッシュ・シングルスリーピース いかにも英国らしい柄を使用したシングルのスリーピースは、自信を持って着こなせばお洒落の王道を体感できます。 ウィンドウペイン(窓枠を模した格子柄)と呼ばれる大きいチェックや、 バンカーズストライオプ(幅広のはっきりした縦縞柄)などが特に雰囲気が出ます。 画像のように、ジャケットの胸ポケットと腰ポケットをパッチポケット(貼りポケット)にする「スリーパッチ」などのディテールにするのも、オーダー上級者向けの作り方です。 ハリソンズ・オブ・エジンバラのおすすめ人気生地5選 ハリソンズ・オブ・エジンバラのこだわった服地にハズレはありませんので、いずれもおすすめではありますが、特にこの記事を読んでもらいたい 30〜40代のビジネスリーダーの人達に向けてのおすすめを紹介します。 ハリソンズ・オブ・エジンバラのおすすめ生地1|メルソレア アイリッシュリネン(アイルランド産の麻)による打ち込みの良い素材です。 mer=砂浜、sol=太陽、air=空気の三つが組み合わさったネーミングが意味するものは、 春夏のリゾートであり最高の休日を楽しむことです。 汗ばむ季節にも心地よく着られる清涼感あるジャケット素材として、オフだけではなくビジネスカジュアル的にも軽やかなスタイルで決めたいですね。 ハリソンズ・オブ・エジンバラのおすすめ生地2|レクイエム 目付け240グラムのライトウエイトながらも、 双糸(2本を撚り合わせた糸)によって耐久・防しわ性も加味した春夏用スーツ向けの、 英国伝統柄をモチーフにしたウール100%(純毛)服地です。 5ミクロン)のメリノウールの上質感を、英国ファッションの王道「バンカーズストライプ」や「ピンヘッド(ピンチェックとも呼ばれる針の頭をずらりと並べたような柄)」などのクラシックテイストで存分に楽しめます。 ハリソンズ・オブ・エジンバラのおすすめ生地3|インディゴ メリノウール80%と上質なリネン20%の混紡の、春夏用のジャケット向けの素材です。 プレミアム感あふれる優雅で英国調かつスポーティなテイストを持ち、オフタイムあるいはオンタイムのビジネスカジュアルとしても最高ではないでしょうか。 320グラムという重厚な目付けによって、英国伝統柄が冴えわたります。 ハリソンズ・オブ・エジンバラのおすすめ生地5|スプリングラム 高価な超上質ウールであるチェビオット種が原料の半分以上を占める、 ずば抜けた防しわ性と堅牢度を誇る、トラベル用スーツ向けのスリーシーズン素材です。 2プライや3プライの、 複数の糸を強く撚り合わせた「強捻糸」をしっかりした目付けで織り上げた逸品です。 原毛の採取から始まり生地の最後の仕上げまでの全工程を、地元ハダーズフィールドでおこなう環境への配慮も付加された服地です。 まとめ こだわりの服飾哲学に貫かれているからこそ 「優雅」を表現するに足る服地、 「ハリソンズ・オブ・エジンバラ」を紹介しました。 それぞれのステージを昇りゆく人達のオンタイムのスーツ、そしてオフタイムのジャケットやトラベルスーツとして楽しみ、人生の景色を眺めながら優雅に振舞って欲しいものです。

次の

Harrisons of Edinburgh 2014 SS|オーダースーツ専門店 GlobalStyle

ハリソンズ オブ エジンバラ

オーセンティックな色柄をしっかり押さえながら、 「次世代クラシック」をテーマ にしたデザインの数々はモダンな完成を見せてくれます。 気軽にフランネルを愉しむことができるWORSTED(ウーステッド・梳毛)と、洋服好き垂涎のWOOLLEN(ウーレン・紡毛)の2つのマテリアルから、用途とお好みに合わせてお選び頂ける生地になります。 4 大定番!ハリソンズ オブ エジンバラのファイン・クラシックス FINE CLASSICS ファイン・クラシックス FINE CLASSICS は、 スーツの聖地サヴィル・ロウで長年愛され続けてきた定番クオリティーです。 しっかりと織り上げられた肉厚なボディーにより、 イングリッシュ・ドレープを作りだす抜群のハリとコシと、一生ものの スーツに相応しい耐久性が生みだされています。 実際に縫製に携わるテーラー達が高く評価するこれらの特性が、ビスポークスーツの伝統と文化を支え続ける名門マーチャント、ハリソンズ オブ エジンバラの矜持を表しています。 ストライプ、オーバーチェックのバリエーションが広がり、カラーもブルー系が多くセレクトされるなどますます充実のコレクションとなりました。 抜群のハリとコシを持つボディーが美しいドレープを生み出します。 ハリソンズ オブ エジンバラオーダースーツの価格帯とは? ハリソンズ オブ エジンバラの生地を用いたオーダースーツの価格感については、気になる部分かと思います。 生地やオーダー方法などによって、各テーラーでの設定価格が異なるのが実情ですが、そんな中、 安価なところでは、55,000円(税抜)からとなっており、通常価格では、88,000円(税抜)~118,000円(税抜)ぐらいが一般的な相場と言えます。 ハイグレードな生地においては、130,000円 税別 を超えるものもあります。 まとめ 今回はハリソンズ オブ エジンバラのスーツ特集として、歴史的な背景やブランドそのものの特徴をはじめ、ハリソンズ オブ エジンバラのおすすめしたい生地4選について、各コレクションの特徴をピックアップし紹介致しました。 格式が高く、歴史のあるハリソンズ オブ エジンバラで仕立てたスーツは、本格的な英国紳士を演出してくれること間違いなしです。 是非この機会にお試ししてみては如何でしょうか?.

次の

しなやかでエレガントな『HARRISONS of EDINBURGH

ハリソンズ オブ エジンバラ

ハリソンズ・オブ・エジンバラ CEO ジェームス・ダンスフォード ハリソンズ・オブ・エジンバラは1863年、後のエジンバラ市長サー・ジョージ・ハリソンによって創設された名門マーチャント(服地卸商)。 現在、英国内最大の家族経営マーチャント。 トレードマークの赤いバンチで展開されるその高品質かつ豊富な服地コレクションは、世界中の名門テーラー、オーダーサロンで取り扱われ、欧州の王侯貴族をはじめとした世界中のVIPから愛されております。 ジェームス・ダンスフォード氏(42歳)は4代目社長。 質問 : さっそくですが、本日のファッションのポイントは何ですか? ジェームス : もちろん英国生地であつらえたこのスーツです。 実は私のスーツ、父から受け継いだものが結構あるんです。 生地を裏返しにしてほどき、縫製も再度やり直すことで、父のものでもまだまだ着られるんです。 なにより、英国ハリソンズの生地は、30年以上は着用できる大変質の良いものですので(笑)。 質問 : そんな質の高いハリソンズの生地ですが(笑)、日本市場に対しておすすめのラインを教えてください。 ジェームス : 全部オススメと言いたいところですが、あえて選ぶとすれば「プルミエクリュー」「クリュークラッセ」「ファインクラッシック」の3つです。 どれも英国らしさがバランス良く出ているラインですし、日本の気候や好み、そして価格から判断して、この3つを挙げました。 もちろん、もっと高級なもの、例えば「マルチミリオネア」(スパンカシミア99%・ビキューナ1%)なんかは最高の一言です。 でも、それは TOO MUCH (やり過ぎ)というものでしょう(笑)。 質問 : 最近日本では「ミスティーク」が人気ですけど、イギリスではどうですか? ジェームス : 「ミスティーク」は平織りとしては最高級の生地ですよね。 イギリスでは25歳~40歳くらいの若い層に人気があります。 オシャレな人たちが通う人気店からの注文を多く頂きます。 それと、スーツの型はシングルが流行っていますね。 でも、シングルの前はダブルが流行っていましたし、今はシングルだけど次はまたダブルが流行るかもしれません(笑)。 ところで、あなたが今日着ているのは「クリュークラッセ」ですよね? 質問 : はい、その通りです。 これはカシミア混ということもあり、体が包み込まれる着心地がありますね。 程よい光沢もありますし、ビジネスシーンだけでなく、パーティーシーンでも気品あふれる生地だと思います。 日本では雑誌の影響もあり、イタリア生地がクローズアップされる傾向があります。 そのため、光沢のある生地が上質として人気を得ていますが、イギリスの価値観はいかがですか? ジェームス : 英国人は、光沢の強い生地を嫌います。 日本と逆ですね。 光沢がある生地は「安っぽい生地の証拠」と見る傾向が、高級好きな英国人からは特に多くあります。 今から10~15年前にイギリスでも光沢の強い生地が流行ったことがあるんですが、その時にかなり粗悪なテカテカした生地が多く出回ったんです。 だから、光沢がなく丈夫で耐久性のある生地こそが、品質の良い生地であるという価値観がイギリスにはあります。 質問 : イギリス、イタリア、日本、それぞれ光沢生地をめぐっては、色んな背景や解釈があるみたいですね。 ところで、ジェームスさんはファッションのお手本はどうしているのですか? ジェームス : 基本的にイギリスでは父親からファッションを教わるんですね。 まず、父親のなじみのテーラーに連れられて行かれる。 だからファッションはその家の伝統や好みが色濃く反映されているんです。 それに比べて、日本はみんなスタイルが似てますよね。 それは親からファッションを教わるのではなく、雑誌を参考にしているからだと思います。 質問 : ジェームスさんは昔からずっと同じお店でスーツを仕立てているんですか? ジェームス : そうですね、基本はずっと同じ店で仕立ててますね。 もちろん、父から受け継いだテーラーを変えることもあります。 例えば、藤原さんは自分のお父さんと同じ格好をしたいと思いますか? 質問 : 父親と全く同じはいやですかね(笑)。 ジェームス : ですよね(笑)。 そういった意味で父とテーラーを変えることは普通にあります。 特に若い時は色々とテーラーのつまみ食いをしたくなりますし。 あのブランドで作って、次はあっちで…というように。 しかし、結局は父親と同じテーラーに落ち着くのだから、不思議なものです。 質問 : 家族からファッションを教わるというのは、日本にはあまりない文化なので面白いですね。 そもそも、イギリスはファッション雑誌って少ないですよね? ジェームス : イギリスには、『メンズEX』や『レオン』のようなファッション雑誌がほとんどありません。 それと比べて、日本はテーラーや服に関して、情報がものすごい氾濫していますよね。 というより、日本の方はディテールを知り過ぎなぐらい(笑)。 質問 : 確かにディテールには細かいですね。 そういう私もこだわりがたくさんあるので、細かいかもしれません(笑)。 日本の感覚では、ディテールを自分好みにできるのがオーダースーツの良さとする部分もあるんです。 ジェームス : それは間違いなくオーダーの良さでもありますよね。 でも、どこまでこだわるかですかね。 例えば、イギリスを歩いている普通の人にビスポーク(オーダー)と吊るしのスーツを見せたとしても、おそらくどっちがどっちかわからないはずです。 所詮はそんなものでもあるのかなと。 質問 : ものづくりをする立場として、悲しい現実ですね(笑)。 とはいえハリソンズの品質は素人目にも一目瞭然だと思うのですが、いかがでしょうか。 ジェームス : 当然品質にはこだわっていますし、自信もありますよ。 ハリソンズは一貫して双糸(縦糸横糸)より、つまり耐久性のある強い生地にこだわっています。 これは意外と知られていないのですが、全世界の95%にあたる生地が双糸ではなく単糸なんです。 つまり、もろい。 そのような生産環境の中で、ハリソンズがかたくなに縦糸横糸(双糸より)を守ることは、それが我々の独自性であり、品質の評価につながっていると考えているからです。 質問 : 品質にはとことんこだわりたいですよね。 私たちもファイブワン製スーツを10年は着て欲しいと本気で考えているので、「ものづくり」の姿勢もそれだけ長く愛着を持ってもらえるものであるべきと、心がけています。 ジェームス : それは良い心がけですね。 ものづくりは「品質が一番大切」であると、家族経営の歴史で実感してきました。 それに、継続して品質の高いものを生産していると、品質が商品を適正な価格に導いてくれるんです。 品質は裏切りません。 質問 : ハリソンズが今後目指す方向性を教えてください。 ジェームス : ハリソンズの経営戦略は、「品質にこだわり続ける」ということです。 それはどんな経済情勢・社会情勢であろうとも、「高品質のものだけを作り続ける」という強い意志です。 高品質なものを生産するには手間暇がかかるので、安くはなく、誰にでも買えるものではないかもしれません。 だからといって、品質を落としたチープな商品を作り、市場に媚びるようなことは一切しません。 質問 : その姿勢が今のハリソンズの評価を物語っていますね。 ファイブワンもハンドメイドを続けているので大量生産はできないし、していません。 けど、品質を守るためならそれでいいのかな、と思っています。 最後に、日本のマーケットに期待することは何ですか? ジェームス : もし、ブリティッシュスタイル、つまりイギリスの服を好きと言っていただけるのなら、表面的なディテールだけでなく、イギリスの「生活のスピリッツ」とか、何を基礎としてそのスタイルになったのかという「文化的背景」なんかにも興味を持ってもらえると嬉しいですね。 質問 : 本日は長い間、ありがとうございました。

次の