足利 エール 飯。 テイクアウトをタクシーで!足利エール飯

SNSで地元飲食店を応援 テークアウト料理をPR 足利のNPOが呼び掛け|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

足利 エール 飯

【足利】新型コロナウイルスによる影響を受けている市内の飲食店を応援しようと、市内のNPO法人「コムラボ」はこのほど、テークアウトできる地元の飲食店の料理などに検索の目印になるハッシュタグ「#足利エール飯」を付け、会員制交流サイト(SNS)での発信を呼び掛ける取り組みを始めた。 「#エール飯」は大分県別府市で始まった取り組みで、全国各地に広がっている。 同NPO代表理事の山田雅俊(やまだまさとし)さん(40)は4月初め、以前から交流があった別府市職員のSNSでこの取り組みを知り、足利でも「同じような取り組みができないか」と考えたという。 そこで、地元の飲食店やカフェの情報をまとめ、SNSでの発信を呼び掛ける特設サイトを立ち上げた。 13日現在で、足利市内の40店がサイトに登録。 すでにインスタグラムやツイッターなどのSNSに300ほどの投稿があるなど反響も出ている。 今後は、地元企業の足利ガスの支援で作った「#足利エール飯」PR用のチラシを足利商工会議所の広報誌に同封してもらい、より広く周知したい考えだ。 新型コロナウイルスの感染拡大が終息した後には、「店へ行って食べよう」と呼び掛ける活動に移行し、地域経済の活性化を目指すという。 山田さんは「飲食店は売り上げに影響が出ている。 市民の協力を得て、飲食店を守っていきたい」と話している。

次の

#足利エール飯【夫婦+子ども1名】オグラ金属への通勤に便利な賃貸・不動産

足利 エール 飯

[広告] 広報物デザインを担当したのは、市内在住のデザイナー、鶴見裕也さん。 活動周知に掛かる費用を足利ガス(錦町)が協賛した。 活動初期は、テークアウト品を情報共有し、その後は「店舗へ行って食べよう」と呼び掛ける継続的な活動を目指す。 山田さんは「大分県別府市の『 別府エール飯』がオリジナルの企画。 別府とは視察などでご縁があり、同様の活動をしたいと連絡したところ快諾してもらえた。 自粛を続けて足利の飲食店が減ってしまうのは自分にとっても、これからの足利にとっても良くないこと」と話す。 ポスターは「あの店のあの味を、今守れるのは、あなただ」と足利市民に訴える。 JR足利駅前のラーメン店「麺や松」(伊勢町)の店主、松島文久さんは「コロナ感染対策や、休校で子どもに食事を用意する保護者の助けになればと、テークアウトを宣伝することにした。 脂がのった柔らかいバラ肉を熟成だれに漬け込んでじっくり焼いた『肉めし弁当』と冷凍ギョーザがテークアウト可能。 コロナが終息したら、ぜひ店に食べに来てほしい」と話す。

次の

「#足利エール飯」投稿1千件超え 「新型コロナ」影響飲食店支援|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

足利 エール 飯

[広告] 広報物デザインを担当したのは、市内在住のデザイナー、鶴見裕也さん。 活動周知に掛かる費用を足利ガス(錦町)が協賛した。 活動初期は、テークアウト品を情報共有し、その後は「店舗へ行って食べよう」と呼び掛ける継続的な活動を目指す。 山田さんは「大分県別府市の『 別府エール飯』がオリジナルの企画。 別府とは視察などでご縁があり、同様の活動をしたいと連絡したところ快諾してもらえた。 自粛を続けて足利の飲食店が減ってしまうのは自分にとっても、これからの足利にとっても良くないこと」と話す。 ポスターは「あの店のあの味を、今守れるのは、あなただ」と足利市民に訴える。 JR足利駅前のラーメン店「麺や松」(伊勢町)の店主、松島文久さんは「コロナ感染対策や、休校で子どもに食事を用意する保護者の助けになればと、テークアウトを宣伝することにした。 脂がのった柔らかいバラ肉を熟成だれに漬け込んでじっくり焼いた『肉めし弁当』と冷凍ギョーザがテークアウト可能。 コロナが終息したら、ぜひ店に食べに来てほしい」と話す。

次の