ビジネス メール こちら こそ。 「こちらこそ」のビジネス上での正しい使い方と+αの表現

「こちらこそ」は正しい敬語?意味とビジネスでの使い方、類語、英語表現を解説

ビジネス メール こちら こそ

『こちらこそ』の意味は何か? 『こちらこそ』という言葉は相手からの感謝やお詫びの表明を受けて使う言葉です。 『こちらこそ』の「こちら」は代名詞で、話し手自身、または話し手の側を指しています。 「こそ」は係助詞で、強調する意味があるでしょう。 相手の感謝やお詫びを認め、受け入れた上で、自分の方にも非があったと謝罪や、感謝していることを伝える際に使用します。 「本来であれば、こちらから言うべきことです」というニュアンスも含んでいます。 ビジネスで利用する場合は、自分の状況や立場、相手のお詫びや感謝の意図を踏まえて、失礼だと相手に思われないように気をつけましょう。 『こちらこそ』の漢字表記 『こちらこそ』は漢字で表記すると、「此方こそ」とすることはできます。 しかし、「こちら」を漢字で表記することはビジネスシーンでもほとんどないので、ひらがなで「こちらこそ」と使ったほうが無難でしょう。 また以下の記事ではお詫びや謝罪の際に役立つ情報を解説しています。 緊張するような場面でも、適した対応ができるようになるビジネスパーソンを目指しましょう。 ビジネスでの謝罪・お詫びメールの件名・本文・結びの書き方と例文集 4 こちらの方 ほう とはいわない 1や2は、基本的に、お詫びする側、感謝する側の方が立場が低いので、自分たちが相手より、より深くお詫びもしくは感謝しなければいけない場合、 自分は相手より立場が低くなければいけません。 『こちらこそ、申し訳ありませんでした。 』『こちらこそ、ありがとうございました』だけでは、相手のお詫びや感謝を受け入れてしまうことで、対等な立場になってしまい、相手に不愉快な思いをさせてしまう可能性があります。 省略せずに、何に対して謝っているのか、感謝しているのかをしっかりと相手に伝えましょう。 上司「今日は遅くまで手伝ってくれてありがとう。 」 自分「いいえ、とんでもありません。 こちらこそ、今日は間近で課長の仕事を拝見できて、とてもいい勉強になりました。 ありがとうございました。 」 3の場合は、本来、相手は詫びる必要も感謝する必要もないにも関わらず社交辞令でいったことを、自分が相手のお詫びや感謝を受け入れてしまうことで、 相手にはお詫びや感謝の必要性が本当にあったかのようになってしまい、相手に不愉快だと思われかねません。 3の場合にも、「とんでもないです」などの表現を付け加えるといいでしょう。 4の『〜方』というフレーズ(「お釣りの方、お返しいたします」など)は言葉の聞こえが柔らかくなると好意的な意見と日本語としておかしいと批判的な意見に分かれるので、 使わない方がよ いでしょう。 相手「先日は大変ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ありませんでした。 」 自分「いいえ、とんでもございません。 お忙しい中、ご足労いただき、ご迷惑をおかけしたのは、わたくしどもです。 申し訳ございませんでした。 」 『こちらこそ』を使ったよく聞くフレーズ 『こちらこそ』は、ビジネスシーンのカジュアルな会話でもよく使われます。 ・ 「こちらこそです」 かなり短縮された表現なので、近しい同僚や先輩には使えるフレーズでしょう。 しかし、何に対しての「こちらこそ」かわからないので、相手は前後の話などから予測しながら意味をくみ取らなければいけないでしょう。 目上の人には失礼になる表現なので、使うシーンを選びましょう。 ・ 「こちらこそ、どうぞよろしく」 挨拶として、またこの先に対しての期待などを伝える時に使うフレーズでしょう。 目下の人に対して使うにはいいですが、このフレーズもカジュアルなので、使う時には注意が必要です。 ・ 「こっちこそ、ありがとう」 「こちらこそ」をさらにカジュアルに使う時に、「こちら」を「こっち」に言い換えることもあるでしょう。 ビジネスシーンでは、あまり使わないのが無難です。

次の

「今後とも」のビジネスでの使い方や「引き続き」との違いは?メール例文も紹介!

ビジネス メール こちら こそ

1. 「こそ」は「それを取りたてて,強く指示する意を表す」という用法の係助詞ですから、「ありがたいと思っている気持ちは、こちらのほうがずっと強いですよ」という意味になるはずで、言葉の意味自体では、特に失礼に当たるとは思われません。 仮に失礼だという認識があるとすれば、そこには、次のような理由があるのかもしれません。 つまり、感謝の内容を先に相手に示させた状態で、自身は、それに乗っかる形で、感謝の内容を省略して表現しているので失礼。 (イ)「ありがとうございます」という相手の感謝を否定せず、当然のこととして受け取っているので失礼。 つまり、「とんでもございません」などと言って一旦否定した上で、「こちらこそありがとうございました」と続けるなら大丈夫・・・なのかな?(とんでもございません、は間違い表現という説もありますが、今回、それは、さておきます) 思いつく理由としては、こんなところです。 ただ、基本的にはシチュエーション次第で、全く失礼じゃない場合も多いと思います。 #2さんがお示しのサイトでも、店員の方が先に「ありがとうございました」と言っているので、それに対する客の「こちらこそ」は不自然でも失礼でもないでしょう。 しかし、これが逆で、店員さんのほうが後から「こちらこそ」では違和感が残りそうな気もします。 2. 「構わない」は、「差し支えない。 気にしない。 」という意味。 つまり、「十分に満足というわけではないが・・・」という含みを持たせた言葉なので失礼な印象を与える場合がある、ということだと思います。 「結構です」は、若干上から目線になる場合もあるかもしれませんが、特に問題なく使える場合もありそうです。 他では、「十分でございます」「差し支えございません」など。 こちらこそを失礼だと感じる方がいる理由のご説明にとっても納得しました。 なるほどです。 だからこちらこそに違和感を持つ方がいらっしゃるのですね。 基本的には失礼な表現には当たらないということでとても安心しました。 ただ今回私が使ったシチュエーションは、 >店員さんのほうが後から「こちらこそ」では違和感が残りそうな気もします。 だったかもしれず、だから指摘されてしまったのかもしれません。 また構わないについては、私も確かにちょっと上からかな?と思いつつも、他に適した言葉が見つからずに使っていました。 (対外的な文章に「大丈夫です」や「問題ありません」などと使うのはカジュアルすぎると思い) 人によって言葉の取り方や感じ方が違うというのはよく経験することですが、やはり日本語は難しいですね。 分かりやすく説明していただきありがとうございました。 とても勉強になり、ご説明を聞いてすっきりしました! ダイレクトすぎる、を改めて考えました。 こちら「こそ」ありがとうございます。 こちら「こそ」お礼を言うべきです。 とんでもない、お礼を言うべきは、こちら(のほう)です。 直接「こちら」を強調してしまった結果 受け取り方にもよりますが、もし、「こちら」を強調した内容が、量・質ととらえられると。 あなたの、ありがとうが50なら、こちらのありがとうは100です。 あなたのありがとうを金にたとえるなら、こちらのありがとうはダイヤです。 確かに失礼以外の何ものでも有りませんね。 少なくとも、相手の礼をそのまま受け、こちらも勝るとも劣らない程ありがとうです、の域を出ないのではと思えます。 こちらの「ほう」を強調すると、量・質は関係なく、どちらが(どちら側が・どちらの方が)礼を言うべきかの問題となり、答えとして「こちら」です、となります。 それと、参考ですが、いわゆるオーム返しの類になるきらいが有るのかも・・。 オーム返しは、相手のペースに乗るため、こちらの真意がつたわりにくいのも当然かもしれません。 A ベストアンサー チャットのように交互にリアルタイムにやりとりするなら、 「また宜しくお願いします」に対して即座に「こちらこそ、宜しくお願い致します」で良いと思います。 この場合は電話や直接会って話をしている感じになるからです。 ただ、普通のメールなら、引用でもしない限り「こちらこそ」はいらないと思います。 普通にメールを書いて、最後に「宜しくお願いいたします」だけで良いんじゃないでしょうか特にビジネスメールなら。 >個人メールでは『こんにちは』以外に 「こんにちは」だけで良いんじゃないですか。 メールに時候の挨拶を付けるのも変だし(基本的にメールは用件を手短に伝えるものだと思っていますから)突然用件というのも変ですから、はがきに書く感覚でいいと思いますよ。 前略のかわりと思えば。 私の場合は こんにちは。 から、必ず始まります。 (署名と一緒にテンプレートに入っています。 ) 参考までに。 >「どういたしまして」と「こちらこそ」の区別は何でしょうか。 それに、日本人の感覚的印象にとして、先方に言われたらどちらが好きですか。 言われたほうの印象としては、「こちらこそ」のほうがいいですね。 「いつもありがとうございます」に対して 「どういたしまして」は いいや、全然、気にしないでいいよ。 いいや、大したことないよ。 ・・・という、ちょっとこちらのほうがしてもらってる感じ。 「いつもありがとうございます」に対して 「こちらこそ(ありがとうございます)」は いえいえ、何をおっしゃるやら。 こちらこそお世話になっております、 という感じが出るので、向こうからも感謝の気持ちを感じ取れて、いい感じです。 「こちらこそ」のほうが、とっても感じがいいですが 「こちらこそ」だけじゃなく 「こちらこそ、お世話になります」 「こちらこそ、有難うございます」 って繰り返し言ったほうが、もっといいですね。 Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 」に関して補足しておこうと思います。 失礼致します。 は自分から席をはずしたり、いなくなるときに言いますよね?お客様対応なので、お客様より先に終わりにしたり、打ち切るのは駄目ですよね?質問者さんも話の終了の合図として使っているとの事ですので、「ありがとうございます」や「御免くださいませ」で、恐らくお客様より先に電話回線も切らないことになっているのでは? 「ありがとうございます」も、ご利用してくださっての意味での事だし、「御免くださいませ」もご利用も終了になるので電話対応を終了させてもらうのでって意味合いなので。 失礼致します。 には何もないですよね?(これは前回話しましたね。

次の

「こちらこそ」は失礼ですか

ビジネス メール こちら こそ

ビジネスメールでお礼を言われた際の、返し方について。 細かく考え過ぎかもしれませんが、あまり経験がないので教えて下さい。 ビジネスメールについてです。 私は事務職です。 社内で営業が取引先と打合せをしていたのですが、そこに私が呼ばれほんの5分ほど参加しました。 打合せ内容は私の担当業務にも関わる事でしたが、確認事項で少し回答したくらいで、話合いにはほとんど参加しておりません。 その取引先の担当者とは私も電話やメールではやりとりがあるのですが、打合せの翌日も別件でメールで連絡があり、「先日は打合せありがとうございました」という一文がありました。 ガッツリ打合せに参加したわけではないので「打合せさせていただいた」というにはちょっとおこがましい気がして、「打合せありがとうございました」と返していいものなのか考えてしまってます。 かと言って、なんと添えれば良いのかもわかりません。 「いえいえ!こちらこそ打合せに参加させていただきありがとうございました」という気持ちなのですが、ビジネスメールに「こちらこそありがとうございました」というのは変ではないでしょうか?(ビジネスメールで「こちらこそ」というのは、ちょっとくだけている気がします) こちらも何も考えずに「先日は打合せ頂きありがとうございました」と添えればいいでしょうか? 相手もそこまでメールの文面を見るわけではないと思うのですが、どういう返しが一般的なのか知っておきたくて質問しました。 宜しくお願いします。 補足ご回答ありがとうございます。 おっしゃるように担当窓口はあくまで営業なのですが、私の担当業務がありまして、その件で私が主となって担当者とやりとりをする事があります。 翌日のメールもその担当業務の件での連絡でして、それに対しては私から返事をしなければなりません。 打合せの件は挨拶程度に一文添えているだけだと思うので、こちらも一応一文添えたほうがいいのかと思っていたのですが、いかがでしょうか? 気にするほどの事ではない気もするんですが^^;.

次の