あっ という 間 劇場。 【KAITO】「だんご3兄弟 あっという間劇場」歌ってもらった 音楽 ニコニコ動画のニコッター

あっという間

あっ という 間 劇場

「だんご3兄弟 あっという間劇場~全員集合!~」の収録リスト• こしあん党• レントゲン• 3兄弟のなぞ• なぞなぞ• かくれんぼ• ダンサーズの紹介• すうじの巻• 3兄弟のたし算• あこがれのもちよさん• ゆのみ3兄弟の紹介• きゅうすの穴• ゆでたまご なまたまご• おなじなまえ• でんわ• あめふり• どうして?• さまさことば• 石の松五郎• 兄弟げんか• もちつき• ジャムのふた• 中華まん• くりのきょうだい• どんぶりトリオ• コップの演奏会• 三男のすきなもの• たよれる長男• くしに感謝• シルエットクイズ• またまたシルエットクイズ• さかだちマヨネーズ• クロワッサン• 夢の月旅行• でんわのでんのすけ• 食パンさん• あいさつ• 2段アイスと勝負(前編)• 2段アイスと勝負(後編)• 松五郎しごと中• みずとりさん• かぜひき3兄弟• 深海魚• いちょうの木• みんなの冬眠• わたり鳥の三吉• つばめの小次郎• よいしらせ• きねんさつえい• お花見 お月見• つぶあん党• かぞえかた• じしゃくのおじさん• おはぎトリオ• 大福ファミリー• となりの竹の子• でめきんさん• たまごのひみつ• おむすび小太郎• かるいしさん• みんなのじまん• ウメコの青春• 花のたね• ティーバッグ• ちからうどん• 地球儀おじさん• にぎりずし• ティッシュペーパーさん• リモコンりも子• 人気のコロッケ• おべんとばこさん• くしのつどい• しんじゅのゆびわ• お月さまへんげ• 小次郎の連れ• かえるの唄• こどもダンサーズ• のり巻き4兄弟• めざましねぼう• あんだんごにインタビュー• 次男はかんがえる• はっぱのわがし• 茶わんのしるし• ふうりんさん• おわんの坊や• めおとぢゃわんのうわさ• ひるねのなぞ• 松五郎さんピクニック• カステラさん• 「ん」のなやみ• まふゆのバケツ• となりのミケ• バウムクーヘン• 風呂敷のすすめ• くしの休み• 本のひも• 松五郎むかしばなし• ばちの兄弟• 3兄弟旅にでる(前編)• 3兄弟旅にでる(後編)• おまけ 「だんご3兄弟 あっという間劇場~全員集合!~」にまつわるエトセトラ 完全に盲点でした。 うたの兄姉にしか興味がない私は完全にスルーしていました。 が、なんかのついでに裏表紙を見たときに、 おぉ~、歌:杉田あきひろ・つのだりょうこ!!って書いてあるじゃん!何を歌っているの???と思っていたら、その上にさらに興奮材料が!!! え?語るの巻???っということで、すぐに仕入れましたよ。 内容的にはちょっとシュールで、その名の通り、一話一話があっという間に終わります。 今の「ひとくちどうわ」みたいな感じでしょうか。 語り手があき兄とりょうこ姉だから楽しく視聴しました。 でもやっぱり、特典映像の「語るの巻」ですよー。 時期的には就任の終盤ですね。 発売自体も卒業と同時くらいのタイミングなので、もしかしたらこの特典映像の収録は通常放送の収録が終わってからだったのかもしれません。 ボソッとしゃべるあきひろ兄。 何言ってるかわかりません 笑 でもね、なんだかりょうこ姉との会話がのほほんとした雰囲気で、とてもホッコリしました。 ・・いや、ニヤニヤしながら観ていました。 うん、これニヤニヤビデオです。 私のニヤニヤビデオは何本かあるんですが、これもそのラインナップに堂々と仲間入りしました 笑 お話のタイトルだけを見ても、なかなかに楽しいです。 などなど。 ま、一話一話真剣に見るというより、さらっとBGM的に流しておくのが良い感じと思いました。  Rekidai Navigation.

次の

【おかあさんといっしょのDVD】だんご3兄弟 あっという間劇場~全員集合!~

あっ という 間 劇場

善男善女の皆様、ごきげんよう。 11月も半月越えて、今年もすぐに終わってしまいそうですわよ。 ヒメも伊勢に来てそろそろ2年になりますか。。 ある時は燦々と輝く太陽の下で陽気に散歩、またある時は濁流の中で、バタバタ犬かき。 やっと掴まった小さな岩に、垂れ下がるは蜘蛛の糸。 スルスル登って着いたところは地獄かはたまた天国か。。 ここは違うと一気に飛び降り、雲にのって、空中ブランコ。 命綱をしっかり締めて、地上に落ちたら全身打撲。 「立てぬなら這って進もうウズメヒメ。 」山あり谷あり。。 気がつけば逞しい大根足が生えてるではないか! 「世紀末大根足役者ウズメヒメ、ここに在り」 まあこんな感じですか。 人生はドラマだもの。 展開に次ぐ展開の方が演じ甲斐があるってものでしょうよ。 ねえ、皆さんそう思われません?.

次の

あっという間

あっ という 間 劇場

善男善女の皆様、ごきげんよう。 11月も半月越えて、今年もすぐに終わってしまいそうですわよ。 ヒメも伊勢に来てそろそろ2年になりますか。。 ある時は燦々と輝く太陽の下で陽気に散歩、またある時は濁流の中で、バタバタ犬かき。 やっと掴まった小さな岩に、垂れ下がるは蜘蛛の糸。 スルスル登って着いたところは地獄かはたまた天国か。。 ここは違うと一気に飛び降り、雲にのって、空中ブランコ。 命綱をしっかり締めて、地上に落ちたら全身打撲。 「立てぬなら這って進もうウズメヒメ。 」山あり谷あり。。 気がつけば逞しい大根足が生えてるではないか! 「世紀末大根足役者ウズメヒメ、ここに在り」 まあこんな感じですか。 人生はドラマだもの。 展開に次ぐ展開の方が演じ甲斐があるってものでしょうよ。 ねえ、皆さんそう思われません?.

次の