チーター と ヒョウ の 違い。 チーターやヒョウの模様や速さの違いについて

ヒョウ・チーター・ジャガーの違いは?ネコ科動物の見分け方

チーター と ヒョウ の 違い

まじめに答えちゃうぞ? ネコ科最大の巨躯を持つのがライオンとトラ。 体重はだいたい200キロほど。 オスでは 300に達するようなモノもいるようです。 このうち、アフリカにいるのがライオンで、 体には模様がありません。 オスはたてがみを 持つのが特徴です。 集団生活をします。 トラはアジアにいます。 数種類いますが、 どのトラも基本的に黄色い体に黒い虎縞を 持っています。 ライオン・トラは極めて近縁で、骨格標本に すると区別できないほどです。 チーターはアフリカに分布。 体重は60キロあるかないか。 体の大きさはヒョウほどだが、比べれば ずいぶんスリムな体つき。 最大の特徴は 体に比べて小さい頭部、長い脚、尻尾。 出っ放しの爪もこの種の特徴。 体には黒い斑点が全体に分布。 ここに挙げられた4種のうちでもっとも 高速で走ります。 ヒョウもアフリカ。 体重は70キロほどまで。 チーターよりがっしりした体つき、大きな 頭部。 体にはチーターのように斑紋が あるけれど、前者のように単独の斑点では なく、花びらのように4~5個の斑点が まとまっているのが外見上の特徴。 木登りが非常に上手なうえ結構な怪力の 持ち主で、とった獲物を樹上に引っ張りあげて 食べます。 この種には劣性遺伝として 全身真っ黒のクロヒョウが生まれることが あります。 確率四分の一とかなんとか。 地味でデカければライオン。 虎模様があればトラ。 点々あってスマートならチーター。 点々あってごつければ、あるいは 全身真っ黒、ならばヒョウ、です。 この中で特徴的なのがライオンとチーターです。 元々ネコ科というのは食肉目の中で森林に住むことを選んだ生物と考えられています。 対照的にイヌ科は草原を生息域に選んで進化をし続けました。 森林だと獲物を見つけることは難しいのですが、見つけてしまえば木々が邪魔をして獲物はハンターを見つけることも逃げることも困難です。 一方、草原はその逆で見つけることは容易ですが、逆に獲物からも気づかれやすく、簡単に逃げられてしまいます。 ネコ科の動物が長距離走が苦手でイヌ科の動物がその逆なのはそういった理由です。 ネコ科の中で草原に出ることを選んだのがチーターとライオンです。 そのため、ライオンは集団で狩りをすることを覚え、チーターは陸上動物の中でも最速の脚を身につけました。 後、トラとヒョウですが、一般的にトラとライオンは生息域は重なりませんがヒョウは重なるんです。 そのため、ヒョウは木登りをして、餌を食べるのも含めて樹上で生活をします。 トラもライオンも木登りをしますが、体重がはるかに重いのでヒョウが暮らしている枝まで上ろうとすると枝が折れてしまうのでそこには辿り着けません。 後、詳細な違いはこちらを参照してください。

次の

チーターとヒョウとジャガーの違いって?わかりやすく解説

チーター と ヒョウ の 違い

<動物園クイズ>チーター、ヒョウ、ジャガー…ネコ科動物の見分け方を飼育スタッフが解説 2020. 05 動物園でおなじみのチーター、ヒョウ、ピューマ、ジャガー…どれも名前を聞いたことのあるネコ科の動物ですが、いざ見分けるとなると正確に分かる人はとても少ないのでは?そこで今回は、チーターとユキヒョウ(ヒョウの仲間)が暮らすアドベンチャーワールドの飼育スタッフさんに、その見分け方について質問してみました。 「アドベンチャーワールド」のスタッフさんにお話をうかがいました! 約140種1400頭の動物が暮らす「こころにスマイル 未来創造パーク」をテーマとしたテーマパーク 「アドベンチャーワールド」とは、和歌山県南紀白浜のテーマパーク。 6頭のジャイアントパンダやイルカをはじめ、陸・海・空のさまざまな動物たち、自然とのふれあいを楽しめる施設です。 「アドベンチャーワールド」にはチーターとユキヒョウが暮らしていますが、この2種類は体の色や体の大きさが違うため、間違えることはないでしょう。 ですが、チーターとヒョウ、そしてジャガー、ピューマは?いざ見分けるとなるととても難しいのではないでしょうか? またネコの仲間には別名を持つものも多く、和名(日本語での名前)や英名(英語での名前)があるなど同じ動物で複数の名前を持っていることから、さらに間違えやすいのだそうです。 1問目:このコはだ~れだ? 頭部は小さく四肢は長くほっそりした体形で、淡黄色の地に多数の黒斑が見られます。 正解は… チーターでした! チーター 英名:Cheetah 体長:110~140 cm、体重:40~65 kg 生息地:サハラ以南のアフリカ、中近東、南アジア 足のツメは他のネコ類とは異なり、引き込むことはないそう。 野生では日中狩りをすることが多く、時速100km以上ものスピードを利用してガゼル、ウサギなどを捕食しますが、獲物をハイエナやライオンなどにうばわれることも多いんだとか…。 また、少し違う模様を持った「キングチーター」と呼ばれるチーターもいますが、同種なのだそうです。 2問目:このコはだ~れだ? 体色は、淡黄褐色から淡褐色で、黒い斑紋があります。 正解は… ヒョウでした! ヒョウ 英名:Leopard 別名:パンサー 体長:100~190 cm、体重:30~70 kg 生息地:サハラ以南のアフリカ、中部以南のアジア、アラビア、アムール 夜行性で、群れではなく単独で生活。 野生では、小・中型のシカ、レイヨウ類などを主に捕えてとしていますが、サル類、魚、爬虫類など幅広く捕食するそうです。 また、樹上を好んで、獲物を引っ張り上げて他の動物から守ったりもするそうですよ。 クロヒョウ(ブラックパンサー)といわれる黒変種もしばしば見られます。 一方「ユキヒョウ」は中央アジアなどの山岳地帯だけに生息するヒョウの仲間で、ヒョウより白く厚い毛が特徴です。 野生ではわずか数千匹しかいないとさえいわれている、とても貴重な動物です。 3問目:このコはだ~れだ? 頭は大きく、ヒョウに比べてずんぐりした体型で、体は淡黄色から黄褐色。 黒色の斑点のまわりに同色の輪状の斑が見られます。 正解は… ジャガーでした! ジャガー 英名:Jaguar 体長:110~150 cm、体重:60~120 kg 生息地:ニューメキシコからアルゼンチン北部 水にもよく入り、木にも登るという抜群の身体能力! 野生では、魚、ワニ、アルマジロ、バク、ペッカリーなどをエサとしているそうです。 4問目:このコはだ~れだ? おや、このコだけ体の模様がありませんね。 体は黄褐色で腹側は少し色が薄くなり、耳の裏が黒いのが特徴です。 正解は… ピューマでした! ピューマ 英名:Puma 別名:クーガー、マウンテンライオン 体長:95~150 cm、体重:25~80 kg 生息地:南北アメリカ がっしりとした頭と首、たくましい前半身とすらりとした後半身、筋肉質の脚を持っています。 野生での主な食物は、中~大型哺乳類。 シカ、コヨーテやヤマアラシ、ナマケモノなどの小型動物も食べるそうですよ。 チーター、ヒョウ、ピューマ、ジャガーの見分け方は? では、チーター、ヒョウ、ピューマ、ジャガーの詳しい見分けポイントを解説してもらいましたよ。 一番見分けやすいのは、チーターとピューマです。 体には黒の斑点模様と、目頭から涙状線と呼ばれる黒い模様があります。 体に模様などがないのがピューマ ピューマはあの有名ブランドのロゴにもなっている動物で、ピューマ(PUMA)をローマ字読みしたものがブランド名になっています。 ロッキー山脈やアンデス山脈にも生息しており、その姿は筋骨隆々といったイメージ。 特徴的な模様がないのが特徴です。 一番見分けが難しいヒョウ(右)とジャガー(左) そしてヒョウとジャガーです。 ジャガーのほうが大型で全体的にがっしりした体格。 生息域も違い、野生では生息域は重複しないそうです。 左がジャガー、右がヒョウ ヒョウとジャガーの体には斑紋がありますが、ジャガーはその斑紋の中に、ちいさな黒い模様があるのが特徴です。 模様を並べて見たら違いが分かりますが、遠目から見分けるのはなかなか難易度が高そうですね! まとめ いかがでしょうか?これで、動物園で本物を見たときに、間違えることなく見分けられるのでは? ネコ科には、まだまだたくさんの仲間がいます。

次の

「チーター」と「ヒョウ」の違い・意味と使い方・使い分け

チーター と ヒョウ の 違い

長年の悩みである「チーター、ヒョウ、レパード、パンサー、ジャガー、ピューマ、クーガーの違い」をこの機会に整理する。 生物学的見解から分類法が諸説あるようだが、どれもネコ科の捕食動物だ。 チーターは何となくわかる。 アフリカ大陸中南部の主にサバンナ(熱帯草原)、中東、イラン辺りに生息。 体長110〜150㌢、体重40〜70㌔。 特徴は胴が長く、脚が細長く、頭が小さい。 ネコ科で唯一、爪の出し入れが出来ない。 スパイクのように地面に食い込ませ疾走するため常に露出している。 スピードが武器。 代償としてパワーが劣る。 木登りが苦手。 黒色斑が散らばるだけの斑紋。 目の下に黒線。 「豹(ヒョウ)」は日本語。 和英辞書には「Leopard(レパード)」、「Panther(パンサー)」と表記されている。 パンサーは黒豹(Black Panther)をさす場合がある。 つまり言葉の違いだけで、どれも基本同じ種類。 アジア、アラビア半島、アフリカ大陸の広範囲に生息。 南北アメリカ大陸にはいない。 体長100〜190㌢、体重30〜80㌔。 尻尾が長く、脚はヒョウと比べたら短め。 木登りが巧い。 全身に梅花状の斑紋。 ジャガーは、メキシコから南アメリカ大陸のアルゼンチン辺りに生息。 アジア、アフリカにはいない。 川、湖、湿地の森林地帯を好む。 体長120〜180㌢、体重60〜130㌔。 脚が太く、顎が強く、顔が大きめ。 尻尾は短く体の半分ほど。 木登りはもちろん、泳ぎも巧い。 パンサーとジャガーの見分け方は、梅花状の黒色斑紋の中にさらに黒い点があったらジャガーだ。 またジャガーの方が体付きが頑丈でがっちりしている。 ピューマは、北と南、双方のアメリカ大陸に生息。 体長100〜180㌢、体重60〜100㌔。 幼い時は斑紋があるが、6カ月ほど成長すると消える。 アメリカン・ライオンとかマウンテン・ライオンともいわれる。 いわゆる日本語で「山猫」だ。 前脚に対して後脚が大きく、尻尾の先が黒い。 かつてのインカ帝国を作ったケチュア族が語源。 別名クーガーで、南アメリカのインディアンが語源。 つまりピューマとクーガーは基本同じらしい。 ご理解できたでしょうか? 皆、生き残るために長年それぞれの環境に進化適応してきたのです。 【長土居政史】.

次の