静岡 女子 旅。 【特集】熱海でインスタ映え女子旅♡観光&グルメスポット13選

旅色|大人の女性の旅をナビゲート

静岡 女子 旅

富士ミルクランドでちちしぼり体験 「富士ミルクランド」といえばやっぱり牛乳、そして牛乳といえば牛ですよね! 私たちもしっかり「ちちしぼり体験」をさせていただきました。 お腹に赤ちゃんがいるお母さん牛の「ひまわりちゃん」で体験しましたが、本物の牛は間近で見るとその大きさに驚きです。 スタッフの方に教えていただきながら"ぎゅーっ"と絞るとすごい勢いでミルクが出てきてまたビックリ。 かなり強い力で搾らないと出ないのですが、赤ちゃん牛のお乳を吸う力はすごいんですね。 もちろん、富士ミルクランドで搾った牛乳のソフトクリームや、ものすごく濃厚なヨーグルトドリンクが売店にあります。 これは絶対おすすめ、すごく美味しい! パワースポット「浅間大社」とお宮横丁でおやつタイム 静岡の「富士宮市」はパワースポットとしても有名な「浅間大社」の門前町として栄えた街です。 「浅間大社」の向かいには門前町らしくどこか懐かしい憩いの場「お宮横丁」があって、「富士宮やきそば学会アンテナショップ」の他、やきそば専門店、カフェ、お土産物屋さんなどが軒を連ねています。 私たちは静岡名産のお茶が飲める「菓子処 藤太郎」に寄って、冷たくておいしい「静岡冷茶」と、第一回富士山グルメコンテストで金賞を受賞した「黒蜜豆腐」、それにシュークリームをいただきました。 お店の自慢になっている「黒蜜豆腐」は、富士山の雪解け湧水と国産の大豆で作ったという風味のよいお豆腐に黒蜜をかけた和風スイーツ。 このホテルは全室がオーシャンビューになっていて、絶景をゆっくりと楽しむことができるホテルです。 シンプルで清潔感のあるお部屋の洗面台は鏡が大きくて使いやすく、女性に優しいホテルだなぁという印象。 バラを基調とした欧風ロビーのインテリアや、映画のワンシーンに出てくるような螺旋階段も優雅でステキですよ。 このホテルは「月が日本一美しく見えるホテル」なのだそうで、施設内には海と空が眺められる素敵なテラスがありました。 とにかく広い敷地の園内にはテーマの異なるガーデンがいくつもあって、まずはバスでガーデンがある山の頂上まで連れて行ってもらって、山を下りながら散策していきます。 メインの「ローズガーデン」の他にも立派な日本庭園やイングリッシュガーデン、ハーブがたくさん植えられているお庭とかがあって、たっぷり楽しませてくれます。 「プロポーズガーデン」という名前の可愛いお庭では結婚式を挙げることもできるそうです。 初級コースとはいえ、その高さにハラハラドキドキ!安全のためのハーネスを2本も装着していますが、それでも慣れない木の上での移動が新鮮! アクティビティの一つ一つは、細い綱の上を渡ったり、不安定な木の足場を進んで行ったりと、女性の体力でも十分チャレンジできます。 日帰りビューティスパ「森の城 美ing」でランチ&スパ 初島アドベンチャー「SARUTOBI」での汗と疲れを流しに訪れたのは、『美』『癒』『食』がコンセプトの日帰りのビューティスパ「森の城 美ing」です。 山奥にある、ちょっと隠れ家的なスポットですが、地元の方をはじめ、首都圏からもリピーターが多いのだそう。 ちょっと遅めのランチにいただいたのは「野菜ビビンバ」と「参鶏湯」。 みんなでシェアしながらいただきました。 野菜ビビンバはお肉を使わずとってもヘルシーですが、キムチの辛さがしっかりきいていて十分な満足感がありました。 一方、アツアツの参鶏湯は体の芯から温めてくれるので循環を促すのによいとのことで、ビビンバとは対照的な優しいお味でした。 日帰りビューティスパ「森の城 美ing」の女性専用スパ 熱海の「森の城 美ing」は女性専用のスパなので、館内ではリラックスしてくつろげるように、専用の部屋着に着替えて過ごします。 建物の1階がデトックスフロア、2階はリラックスフロア、そして3階はビューティフロアになっていて、漢方湯や檜風呂、泥パックやよもぎ蒸しなど話題のエステも体験できます。 こんなに空気の美味しい山奥で開放的な温泉は、心も解放されるし、ものすごくデトックスにいいですね。 大自然を満喫できる女子旅にピッタリな静岡。 皆さんも体験してみてはいかがでしょうか? 静岡 とっておき情報 静岡のおすすすめ土産・グルメたびーらが実際に試しました!.

次の

【特集】熱海でインスタ映え女子旅♡観光&グルメスポット13選

静岡 女子 旅

山頂にロープウェイで登る、旅行のベタなパターンで終了と思われたあなた、本日の主役はこの展望台の奥に鎮座しているのだ。 それがこちらの「富士見テラス プレミアムラウンジ」である。 広々とした空間を、友達や家族と独占! デイベッドでくつろぎながら、富士山や駿河湾などの景色を楽しめる。 歩きっぱなしで疲れがちな観光スポットに燦然と輝く、リラックス空間なのだ。 な、なんじゃこのVIP感! まるで豪華ホテルのスイートルーム(泊まったことないけど)のバルコニーにいる気分! 一瞬でピークに達する「ウチら今マジセレブじゃね?」感。 この景色とプライベートに区切られた空間が1時間2,000円で2名まで利用できる(要予約)というのだから、お得と言わざるを得ない。 隣接しているカフェでフードを注文すると、ここでダラダラしているだけで運んでいただける。 VIPだ。 VIPすぎる。 さっそく伊豆名物である「富士見だんご」をいただく。 ばくっ。 もち〜。 「んっ、んまい……」 自然を眺めながら食べる甘味ほど、おいしく感じられるものはないのだ。 加えて、手に持てる食べ物の写真はモテる。 〜数十分後〜 おわかりいただけただろうか……。 満腹になり、ガチで睡眠した私である。 夢に富士山が出てきた。 空間すべてがベッドという、横になるほかないこの空間。 寝るのが好きだが旅行もしたいというナマケモノミーハーにはうってつけ。 楽しみ尽くしたところで、本日の宿へ向かうことに。 修善寺の旅館で温泉&グルメを満喫! 伊豆長岡駅まで戻り、伊豆箱根鉄道駿豆線で15分ほど揺られて修善寺駅へ。 駅からバスに乗り約10分、「みゆき橋」停留所で降りれば、すぐそこ。 これが今日お世話になる旅館「」。 これぞ豪華旅館といった内装にワクワクしつつ、部屋へ向かう。 隅々まで洗練されたデザインの和室、とにかく広い……! 修善寺温泉はアルカリ性単純温泉。 冷え性や筋肉痛、疲労回復に効能を発揮してくれるという。 露天風呂を含め湯船は4つあり、どの湯船に浸かっていても周囲の自然が目に入る。 体の芯から温まったところで、食事処「花咲小路」へ。 旅館の食事をヘラヘラと楽しむコツは、 おしゃれな食器に合うようにデザインされて盛り付けられた一品たちに、「かわいいね」とか「お皿がよく似合ってるよ」とか話しかけながら、丁寧に食べていくことである。 ここで、ずっと憧れていたものを初めて食べることになる。 そう、アワビの踊り食い!!!!! 私が今回お相手をさせてもらったアワビは新鮮の域を超え、皿の上で元気に生きていた。 火をつけ醤油を垂らすと、アコーディオンのように体をくねらせ、ジュワジュワとBGMを奏でている。 命に感謝しつつ、ステーキのように豪快にいただく。 コリコリとした肉厚の食感が、やみつきになる〜! お部屋に戻り、明日のプランを確認してバタンキュー。 ハア〜、旅行っていいなあ。 涼しい午前中に温泉街を散策 翌日は、涼しいうちに温泉街のお散歩! 実際に歩いてみた、おすすめ散歩コースを紹介しよう。 修善寺温泉街の中心を流れる清流・桂川。 この川に架かる5つの橋に願いをかけながら渡ると、恋が成就するといわれてるんだって! この橋めぐりは1時間半もあれば回れ、修善寺温泉の観光スポットを通るので、ぜひ試してみて。 というわけで修善寺前の渡月橋からスタート! 2つ目の虎渓橋を渡ったところにある甘味スポット「」がにぎわっていたので、入ってみることに。 黒光りする饅頭を発見。 この「源楽胡麻饅頭」、竹炭を使って黒くしてるんだって。 あんまで黒い! ぱくっ。 胡麻の風味が香ってウマ〜〜! 5つの橋の中でもひときわ写真映えするのが、3つ目に渡った桂橋!(別名:結ばれ橋) 友達と恋愛成就を祈願しながら写真を撮り合うのも楽しそう。 桂橋を越えると現れる「竹林の小径」は、京都の嵐山にある竹林と同じ名前なだけでなく、景観もそっくりで、修善寺が伊豆の小京都といわれているのが納得できる休憩地。 ベンチに座って深呼吸するだけで、みるみるHPが回復して癒やされる……! そのまま楓橋を通り、レトロな町並みを越えて最後の滝下橋を渡ると…… 今回の散策コースのゴール、赤蛙公園に到着。 ここは人が少なめの穴場スポット。 取材時は桜が満開! ランチでジビエを使った話題の「イズシカ丼」を堪能! おなかがすいたところで、温泉街の入り口にある「」へ。 ここでは野生の動物の食肉を使った、ジビエ料理が食べられるというのだ。 伊豆では増えすぎて農作物などに被害を与える野生のシカをハンターが駆除しており、その生命を無駄にしないよう、おいしくいただく取り組みが進んでいるのだそう。 今回のお目当て、「イズシカ丼」が到着! 想像よりもかわいい見た目。 女子ウケの匂いがするぞ。 肉厚のもも肉に、松の実、クルミ、アーモンドを思いっきり散らしていただきます! あかん、甘い焦がし醤油ダレの匂いだけでよだれが……! 「はむっ」 「肉汁じゅわ〜〜〜〜!」 なんだこれ、見た目は女子ウケしそうなキュート、味は完全に男子ウケ! ガツンとくるスタミナフード感、たまらん! ウマイウマイと騒いでいたら、優しそうな店長さんが登場。 「ここのお肉は食肉処理後30分以内に血抜き処置をしているので、よく言われる野生の肉の匂いが気になりません。 鹿は脂分が少ないので、ただ焼くと硬くなってしまいがち。 」 初の鹿肉、ここでよかった……! ジビエ料理への理解も深められたし、大満足。 期待を込めながら、修善寺温泉街から車で20分ほど移動した「東府や」の中にある、日帰り客も立ち寄れる「」というカフェへ。 ど、どっひゃ〜〜〜! これは……セレブが休暇にお忍びで来る場所……? 水辺を眺めながら、足湯で吉奈温泉が楽しめるという超絶贅沢スポットに来てしまったらしい。 しかも飲食代だけで、入場料は不要。 お得すぎる……。 奥のベーカリーでドリンクやケーキ、パンを買って席まで運んだら…… ご覧いただけるだろうか…… ば、映えざるを得ない…… 足湯に浸かりながらお茶をする、というアイデアが 私たち新しもの好き女子の心をくすぐってやまないのだった。 びっくりするほど足が軽いのに驚きながら帰宅。 身も心も癒やされる中伊豆のインスタ映え旅、ぜひ訪れてみてはいかがだろうか。 この記事の内容は2019年6月14日現在の情報です。 photo/.

次の

【特集】熱海でインスタ映え女子旅♡観光&グルメスポット13選

静岡 女子 旅

山頂にロープウェイで登る、旅行のベタなパターンで終了と思われたあなた、本日の主役はこの展望台の奥に鎮座しているのだ。 それがこちらの「富士見テラス プレミアムラウンジ」である。 広々とした空間を、友達や家族と独占! デイベッドでくつろぎながら、富士山や駿河湾などの景色を楽しめる。 歩きっぱなしで疲れがちな観光スポットに燦然と輝く、リラックス空間なのだ。 な、なんじゃこのVIP感! まるで豪華ホテルのスイートルーム(泊まったことないけど)のバルコニーにいる気分! 一瞬でピークに達する「ウチら今マジセレブじゃね?」感。 この景色とプライベートに区切られた空間が1時間2,000円で2名まで利用できる(要予約)というのだから、お得と言わざるを得ない。 隣接しているカフェでフードを注文すると、ここでダラダラしているだけで運んでいただける。 VIPだ。 VIPすぎる。 さっそく伊豆名物である「富士見だんご」をいただく。 ばくっ。 もち〜。 「んっ、んまい……」 自然を眺めながら食べる甘味ほど、おいしく感じられるものはないのだ。 加えて、手に持てる食べ物の写真はモテる。 〜数十分後〜 おわかりいただけただろうか……。 満腹になり、ガチで睡眠した私である。 夢に富士山が出てきた。 空間すべてがベッドという、横になるほかないこの空間。 寝るのが好きだが旅行もしたいというナマケモノミーハーにはうってつけ。 楽しみ尽くしたところで、本日の宿へ向かうことに。 修善寺の旅館で温泉&グルメを満喫! 伊豆長岡駅まで戻り、伊豆箱根鉄道駿豆線で15分ほど揺られて修善寺駅へ。 駅からバスに乗り約10分、「みゆき橋」停留所で降りれば、すぐそこ。 これが今日お世話になる旅館「」。 これぞ豪華旅館といった内装にワクワクしつつ、部屋へ向かう。 隅々まで洗練されたデザインの和室、とにかく広い……! 修善寺温泉はアルカリ性単純温泉。 冷え性や筋肉痛、疲労回復に効能を発揮してくれるという。 露天風呂を含め湯船は4つあり、どの湯船に浸かっていても周囲の自然が目に入る。 体の芯から温まったところで、食事処「花咲小路」へ。 旅館の食事をヘラヘラと楽しむコツは、 おしゃれな食器に合うようにデザインされて盛り付けられた一品たちに、「かわいいね」とか「お皿がよく似合ってるよ」とか話しかけながら、丁寧に食べていくことである。 ここで、ずっと憧れていたものを初めて食べることになる。 そう、アワビの踊り食い!!!!! 私が今回お相手をさせてもらったアワビは新鮮の域を超え、皿の上で元気に生きていた。 火をつけ醤油を垂らすと、アコーディオンのように体をくねらせ、ジュワジュワとBGMを奏でている。 命に感謝しつつ、ステーキのように豪快にいただく。 コリコリとした肉厚の食感が、やみつきになる〜! お部屋に戻り、明日のプランを確認してバタンキュー。 ハア〜、旅行っていいなあ。 涼しい午前中に温泉街を散策 翌日は、涼しいうちに温泉街のお散歩! 実際に歩いてみた、おすすめ散歩コースを紹介しよう。 修善寺温泉街の中心を流れる清流・桂川。 この川に架かる5つの橋に願いをかけながら渡ると、恋が成就するといわれてるんだって! この橋めぐりは1時間半もあれば回れ、修善寺温泉の観光スポットを通るので、ぜひ試してみて。 というわけで修善寺前の渡月橋からスタート! 2つ目の虎渓橋を渡ったところにある甘味スポット「」がにぎわっていたので、入ってみることに。 黒光りする饅頭を発見。 この「源楽胡麻饅頭」、竹炭を使って黒くしてるんだって。 あんまで黒い! ぱくっ。 胡麻の風味が香ってウマ〜〜! 5つの橋の中でもひときわ写真映えするのが、3つ目に渡った桂橋!(別名:結ばれ橋) 友達と恋愛成就を祈願しながら写真を撮り合うのも楽しそう。 桂橋を越えると現れる「竹林の小径」は、京都の嵐山にある竹林と同じ名前なだけでなく、景観もそっくりで、修善寺が伊豆の小京都といわれているのが納得できる休憩地。 ベンチに座って深呼吸するだけで、みるみるHPが回復して癒やされる……! そのまま楓橋を通り、レトロな町並みを越えて最後の滝下橋を渡ると…… 今回の散策コースのゴール、赤蛙公園に到着。 ここは人が少なめの穴場スポット。 取材時は桜が満開! ランチでジビエを使った話題の「イズシカ丼」を堪能! おなかがすいたところで、温泉街の入り口にある「」へ。 ここでは野生の動物の食肉を使った、ジビエ料理が食べられるというのだ。 伊豆では増えすぎて農作物などに被害を与える野生のシカをハンターが駆除しており、その生命を無駄にしないよう、おいしくいただく取り組みが進んでいるのだそう。 今回のお目当て、「イズシカ丼」が到着! 想像よりもかわいい見た目。 女子ウケの匂いがするぞ。 肉厚のもも肉に、松の実、クルミ、アーモンドを思いっきり散らしていただきます! あかん、甘い焦がし醤油ダレの匂いだけでよだれが……! 「はむっ」 「肉汁じゅわ〜〜〜〜!」 なんだこれ、見た目は女子ウケしそうなキュート、味は完全に男子ウケ! ガツンとくるスタミナフード感、たまらん! ウマイウマイと騒いでいたら、優しそうな店長さんが登場。 「ここのお肉は食肉処理後30分以内に血抜き処置をしているので、よく言われる野生の肉の匂いが気になりません。 鹿は脂分が少ないので、ただ焼くと硬くなってしまいがち。 」 初の鹿肉、ここでよかった……! ジビエ料理への理解も深められたし、大満足。 期待を込めながら、修善寺温泉街から車で20分ほど移動した「東府や」の中にある、日帰り客も立ち寄れる「」というカフェへ。 ど、どっひゃ〜〜〜! これは……セレブが休暇にお忍びで来る場所……? 水辺を眺めながら、足湯で吉奈温泉が楽しめるという超絶贅沢スポットに来てしまったらしい。 しかも飲食代だけで、入場料は不要。 お得すぎる……。 奥のベーカリーでドリンクやケーキ、パンを買って席まで運んだら…… ご覧いただけるだろうか…… ば、映えざるを得ない…… 足湯に浸かりながらお茶をする、というアイデアが 私たち新しもの好き女子の心をくすぐってやまないのだった。 びっくりするほど足が軽いのに驚きながら帰宅。 身も心も癒やされる中伊豆のインスタ映え旅、ぜひ訪れてみてはいかがだろうか。 この記事の内容は2019年6月14日現在の情報です。 photo/.

次の